高級レストラン"また行きたい"偏差値【2023年1月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

ラ ベデュータ (La Veduta)/本町(大阪)

「セントレジス大阪(The St. Regis Osaka)」のメインダイニング「ラ ベデュータ (La Veduta)」。ディナータイムは客単価数万円の高級店ですが、午前中は朝食会場として活用されています。
天井は高く余裕のある空間設計なのですが、客席数は50弱ほどであり、宿泊客の朝食をカバーするには心許ない。我々は9時と遅めの時間のお邪魔したにも関わらずしばらくロビーで待つ必要があり、このクラスのホテルとしてはお粗末な運用です。
最初の一杯は折角なので大阪名物「ミックスジュース」を注文。なるほど大阪のミックスジュースとしては目を瞠るクオリティですが、ラグジュアリーホテルのジュースとしては甘味が強く飽きの来る味わいです。
朝食は洋風か和風を選ぶことができ、私は洋風をチョイス。しかしながらビジネスホテルのビュッフェを小綺麗に盛り付けだけのような代物でありテンサゲです。不味くはありませんが美味しくもない、実に普通な朝食です。
卵料理はオムレツなど数種類から選ぶことができ、私は「アスターベネディクト」を注文。ちなみに「アスター」とはセントレジスの創業者の名前であり、なるほど名前を冠しているだけであって朝食時に口にした料理の中ではレベルが高い。とりわけ濃厚な黄身の風味がお気に入りです。
連れは「和朝食」。先付として見るからに美味しそうな豆腐とナスが登場し嫉妬してしまいます。
しかしながらメインのプレートは大戸屋の定食以下の見栄えであり、このホテル大丈夫かいなと心配になりました。同格のホテルであるパークハイアットの朝食とは次元の異なるレベルの低さです。
一通りの食事を済ませると、込み料金で追加の料理もオーダーすることができます。
私は「本日のスープ」を注文。やってきたのはオニオンスープであり、これまでの朝食は何だったんだと思わせる美味しさです。ビストロで食べれば2千円近くは請求されそうなクオリティであり、セントレジスの懐の深さを垣間見ました。
連れは女子力を発揮して「リコッタパンケーキ」を追加注文。見た目はスフレの規模を大きくした外観で美味しそうなのですが、全くリコッタチーズ感はなく、何ならアイホップのパンケーキと変わらない味覚です。
この、料理によってレベルが全く変わる感じは何なんだろう。ニセコのリッツみたいに何食べても全部不味いならまだ理解できますが、オニオンスープのように光る料理もあれば謎のシャケ弁のようなヘッポコプレートもあったりと味覚にバラつきがあるのが解せない。これでひとりあたり5,000円(税サは別?よくわからん)というのはやりおったなという印象です。

上級会員で無料で朝食が付いて来るのであれば悪くないですが、平会員がお金を払って楽しむにしてはちょっとアレかなと感じた朝食でした。おはようございました。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事
「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

セントレジス大阪(The St. Regis Osaka)/本町

マリオット系のホテルでは最高級に位置する「セントレジス(The St. Regis)」。もともとは1904年にニューヨークで創業したホテルであり、日本では唯一大阪にだけあります。場所は本町で、地下鉄御堂筋線から直結とアクセス至便。新大阪駅からでもタクシーで15分ほどです。
商業ビルの11階以上が当ホテルであり、ロビーに通りすがりのオバサンみたいなのが居ないのが良いですね。客室数は160数と小さいホテルであり、座ってゆったりとチェックインすることができます。
我々は「グランドデラックスプレミアルーム」にご案内頂けました。いわゆる角部屋であり採光が最高です。内装や家具に落ち着きがあり、旅行でバーンとラグジュアリーに楽しむというよりは、グローバル企業のエグゼクティブが出張で泊まるのに向いた設計でしょう。
広さは恐らく50平米弱であり、土足で入るには気が引けるほど立派な絨毯が全面に敷かれています。ゆったりとしたコーナーソファにライティングデスク、ボタン一つで開閉できるカーテンなど設備としては文句のつけようがありません。
ミニバーは抜群の収納力を誇り、よくもまあこれだけ詰め込んだなと感心します。ネスプレッソやティーバッグのお茶は無料ですが、その他の飲料は非人道的な価格設定でした。
ウォークインクローゼットも使い勝手が良く、やはりビジネス客の長期滞在を意図して設計されている印象です。
ところで玄関脇に謎の小窓があり、この空間は何に使うのだろうと悩んでいると、ベッド脇のコントロールパネルに「バトラーボックスにお届け物アリ」的なランプがあり、なるほど部屋ごとの宅配ボックス的な用途なのですね。

試しに朝のドンクサービス(無料)を「バトラーボックスに置いておいてください」とお願いすると、確かにバトラーボックスに配達されました。アマゾンの置き配的であり刑務所の食事的でもありますが、もうメイク落としちゃったし誰とも会いたくないわみたいなシチュエーションに活きるかもしれません。
ちなみにこの「セントレジス バトラーサービス」、私は全く使いこなせませんでした(画像はセントレジス公式ウェブサイトより)。スーツのアイロンがけをしてくれるって言ってもスーツ着てないし、荷解き&荷造りサービスがあると言われても自分の荷物触られたくないし…。やはり当館のターゲットはグローバル企業の出張族のような気がします。仕事で長期滞在するのであれば、それらの執事サービスは活きてくるでしょう。
ウェットエリアに参ります。真っ先に目に飛び込むのは窓に面したバスタブであり防水テレビまで完備されています。夜景はもちろん大阪随一。
ところでバスタブのほかシャワーブースも用意されているのですが、シャワーで身体を洗った後バスタブに移動するまでに床をビッタビタにしてしまうおそれがあり、かといってシャワーの後に身体を拭いてから再びバスタブに浸かるのも納得がいかない。一体、正解はどこにあるのだ。
トイレは独立型と見せかけてドアの上部と下部に隙間があり、またドアも不透明なガラスで使用者のシルエットは判別できる仕様であり、なぜこんな中途半端な仕様にしたのか小一時間問い詰めたい気分です。
バスアメニティは「BYREDO LE CHEMIN」であり、ベイシンの石鹸は「LE LABO」、ボディクリームは「REMEDE」と、とりとめのないラインナップです。資本関係が連なってるとかそんな理由なのかもしれません。
共用設備に参ります。といってもフィットネスセンターぐらいしかなく、プールもクラブラウンジも存在しません。必要にして充分な設備ではありますが、ホテルステイのみを目的とするにはコンテンツ不足な気がしました。
朝食は12階のメインダイニング「ラ ベデュータ (La Veduta)」で。詳細は別記事にて
素晴らしい滞在先であるのは間違いありませんが、なかなか一般の方には使いこなし辛いホテルに感じました。再三記している通り旅行者がホテルステイそのものを楽しむにはコンテンツ不足であり、そのわりにめちゃんこ高い。「ハイアットセントリック」とハード面はそう変わらないというのに。

そういう意味ではハイパー・ラグジュアリー・ビジネスホテルであり、自腹で泊まるには納得感に乏しい気がしました。海外からの出張者のために会社の経費で予約を入れ、ついでに自分もアテンドの都合で泊まります作戦でいきましょう。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事
「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

タンドール料理ひつじや/日比谷

日比谷シャンテ地下2階の飲食店街にある「タンドール料理ひつじや」。新宿を中心に展開するひつじやグループ(?)の一員であり、食べログでは百名店に選出されています。
店内はかなり広く、50席近くはありそうです。今回我々は飲み目的で訪れましたが、ランチはもちろん夜にもカレー定食を提供しており、おひとりさまでも楽しめそうです。

アラカルトメニューはうんざりするほど料理の数が多く選球眼が試されるところ。なぜかケイジャン料理が豊富に取りそろえられているのが面白い。
アルコールがあたおかな安さです。このボトルのワインは730円だっけかな。「原価プラス100円の激安価格でワイン、ビールがお楽しみいただけます」との案内がありましたが、原価の時点ですら安い。ちなみにこのワインはイタリア産ですが、東欧や南米など新世界を中心とした意欲的なラインナップであり哲学を感じました。
アラビアサラダ。浅学の私にとってどのあたりがアラビアなのかはわかりかねますが、キュウリの味がしました。
ひつじのレアステーキ。いわゆるローストビーフの羊バージョンであり、肉の味わいが濃厚です。冷菜なので酒のツマミがてらサッパリと食べることができるのが良いですね。
野菜の天ぷら。インド的な正式名称はあるのでしょうが、スタッフは「天ぷら」と表現していました。こちらもサクサクパクパクとスナック感覚で楽しめるひと品であり、飲み会向きの料理です。
チュニジアのぎょうざ。注文時に「人数分?」と問われ餃子に人数分も何も無かろうと不思議に思ったのですが、なるほどこのサイズ感でしたか。ナイフを入れると卵の黄身とチーズがトロりと流れ出るのでシズル感抜群。挽肉もたっぷり詰まっており、釣り込まれる美味しさです。この料理は必ず注文して下さい。必ずです。
スペアリブのタンドール焼き。いわゆるラムチョップ的な料理であり、羊特有のミルキーな風味を愉しむ逸品です。

以上を食べ、ワインをひとり1本飲んでも3千円かそこらで済みました。神回です。ちなみにカレーのセットであればカレーが2種にナンやサラダが付いて、シシカバブのようなオカズもいくらか付いて千円かそこらです。

隣の会社員風のグループはさんざん飲み食いした後〆にカレーを食べており、何てセンスの良い飲み会なんだと感心しました。オススメです。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
カレーって美味しいですよね。インドカレーも日本カレーも大好き。ただしそれほど詳しいジャンルではなく、スパイスマニアには逆立ちしても勝てないので、意外性のあるオススメカレーをご紹介。

カレーにまつわる単語が辞典形式にまとめられ、知っていそうで全く知らないカレーエピソードがたくさん詰まっています。気合を入れてカレーを食べに行く前に目を通してから臨むと楽しさ倍増!

サンク (cinq)/代官町(名古屋)

名古屋は高岳駅から歩いて10分ほどの代官町にある「サンク (cinq)」。ナチュラルな雰囲気のエクステリアが印象的なフレンチレストランであり、食べログでは百名店に選出されています。
インテリアもエクステリアの曲調を引き継いでおり、自然体の内装です。(写真には映っていませんが)お花のセンスも素晴らしく、全体として女性的な感性が感じられます。

伊藤旭彦シェフは名古屋のフランス料理店などで経験を積んだのちフランスへと渡り、グランメゾンからビストロ、フュージョンなど様々なスタイルのお店で学んだそう。イタリアンレストランの厨房も預かったことがあり、守備範囲の広い経歴です。
ウェルカムドリンクとして玉露。温度はかなり低くちょっとびっくりするのですが、その奥に信じられないほどの甘味と深みが感じられ、これが緑茶かと思わず唸ってしまいました。ボトルワインの値付けがお値打ちだったので、我々はボトルを中心に楽しみましたが、ノンアルコールのペアリングひいてはお茶とのペアリングも面白そうです。
まずはフラン。主役は奥底にある栗だそうですが、何よりもまず蟹の量に圧倒され、その旨味に味蕾が無力化されます。悔しいが旨い、それが蟹。
カツオ。がっちりと厚切りでムシャムシャとした食感が楽しい。こういうカツオって和食のお店で食べることがほとんどですが、中々どうしてお洒落な料理に仕上がっています。
白子を揚げたやつ。これはバリ旨いですねえ。揚げたてのサクっとした食感をまず楽しみ、続いてトロりとした舌ざわりを感じつつ濃厚かつクリーミーな味覚に淫する。ほんのひと口ですが強烈な印象を残してくれるひと品です。
車海老についても和食のようんたテイストで供されます。魚介類を多用し旨味を強調する料理であり、一般的なフランス料理店とは全く異なる世界線で動いている。
「桃太郎ゴールド」という、桃太郎トマトのオレンジ版を用いたひと皿。凛とした酸味が心地よく、何とも華のある味わいです。
香箱蟹。泡泡で隠れていますが、中には卵たっぷり肉もたっぷりで、英語でこれを言うとデリシャス。こればっかしは日本酒が欲しくなりますな。
ブリオシュは王道の美味しさ。上質なバターを感じるリッチな味わいであり、パンというよりもひとつの料理として捉えることができるレベルの高さです。
ちょっと隠れてしまっていますが、クエです。やはり和食で食べることが殆どの食材ですが、なるほどフランス料理に転用しても魅力のある素材であり、シェフのセンスを感じさせるひと皿です。
こちらも隠れていますが、伝助穴子です。やはり一般的な使い途からはかけ離れており、ある種の逸脱を感じさせる料理です。加えて、きちんと美味しいのが良いですね。アバンギャルドな料理は総じて味はイマイチですが、当店の料理はどれも手堅く美味しいのだ。
サワラ。精緻なグラデーションを感じさせる火入れであり、味わいの移り変わりを楽しむことができます。
繊細な魚介類料理が続いていましたが、メインは一転してパワフルなシカ料理。素材の力強さを前面に押し出しており、頑強な美味しさです。
デザートに参ります。まずは安納芋を用いたプリン(?)。ザラっとした舌ざわりが心地よく、芋よりも芋の味がします。
こちらはモンブラン。見た目こそ白くて丸くて何じゃらほいですが、中身はコンベンショナルと評して良い程にしっかりとした味わいです。
紅玉を多用したアイスクリーム。やはりリンゴよりリンゴの風味が強く、シェフは素材の魅力を最大限に引き出す能力に長けているのでしょう。
お茶菓子も凝っていて、やはりシェフひとりで全ての調理を担うお店は素敵だなと再認識しました。分業制のお店はその中で最もレベルの低い料理人に味が引きずられてしまうので。

美味しかった。とても美味しかった。ただ美味しいだけでなく、揺らぎの余地や可能性を感じさせてくれるのが良いですね。この食材にこんな活躍の場があったのかと気づきの多いディナーでした。普段着で楽しめるものの味は抜群に良く、独創性も感じられるお店。オススメです。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:フレンチ | 高岳駅新栄町駅車道駅


関連記事
仕事の都合で年間名古屋に200泊していたことがあり、その間は常に外食でした。中でも印象的なお店をまとめました。

食通たちが鰻の魅力とこだわりを語り尽くす一冊。よしもとばなな、沢木耕太郎、さくらももこ、椎名誠、村上龍、村上春樹、島田雅彦、五木寛之、遠藤周作、群ようこ、などなど最強の布陣が送るアンソロジー。