高級レストラン"また行きたい"偏差値【2023年1月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

SAVOY(サヴォイ)/麻布十番

みんな大好き「SAVOY(サヴォイ)」が麻布十番に帰ってきました。以前の坂道の店舗は日常的にお邪魔していたのですが建物の老朽化のため閉店。このたび麻布十番駅出てすぐの路面店へと移転オープンです。昔々は「Pizzeria Fantasista DUE」というピザ屋があったところですな。
以前の店舗は客席数が少なくランチタイムは常に行列ですが、今回の店舗は3倍近い広さがあり、空間使いに余裕が感じられます。なお、この新店舗では「3つの異なる窯料理を楽しむ」とのコンセプトであり、疑似的に3つのお店が入居しているように見えるのですが、ランチタイムは統一メニューで客席も共有されているように見えました。詳しい運用は知らない。
当店はお冷でなくピーチティーが無料で供されます。どこか郷愁を感じさせる甘さであり、お代わりも気前よくジャンジャン注いでくれます。従業員の仲も良さそうで、みな楽しそうに働いています。こういうお店は大抵アタリです。
ランチに付随するサラダ。それほど新鮮ではなく若干ヘナヘナ丸ですが、1,100円で旨いピッツァとサラダとピーチティーを楽しめるのだから、文句を言ってはいけません。
マリナーラ。トマトソースにニンニクとオレガノを用いたシンプルなピッツァ。それでも注文後に生地を成形し、その場でシュシュシュとニンニクを削り出す本格派。モチモチとした生地の旨さにトマトソースの酸味が良く合います。
プラス900円で2枚目に突入することができます。こちらはマルゲリータ。まさに王道といった味わいであり、先ほどのマリナーラと合わせて食べてサラダとドリンクもついてジャスト2千円とは信じがたい費用対効果の高さです。
美味しかった。個人的にナポリピッツァって、ある程度のレベルを超えればどれも美味しく有意な差を見い出せなくなってしまうので、そこから先は安ければ安いほど私ハッピーというゾーンに入ってしまう(そういう意味で「PST」は美味しいけれど高杉)。

したがいまして、私にとって当店は世界最強クラスのピザ屋なのでした。めでたしめでたし。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
東京はピッツァのレベルが恐ろしく高い都市です。世界的に見てもナポリの次の世界2位ではないでしょうか。百花繚乱の東京ピッツァ市場をまとめました。
本格的なピッツァ指南書。読むと論理的にピッツァを理解することができ、店での愉しみが広がります。もちろん家でピッツァを作る際のレシピにも。2,000円でこの情報量はお得です。

ごはん処 矢尾定(やおさだ)/四条烏丸(京都)

1909年創業の「矢尾定(やおさだ)」。元々は仕出し料理屋として長い年月を積み重ねてきたのですが、その定食屋部門として2008年に当店をオープン。四条烏丸の風情ある街並みに溶け込む町家をリノベーションした建屋です。食べログでは百名店に選出されています。
内装にも雰囲気があり、外国人をお連れすると喜ばれそうです。実際わたしが訪れた際にも外国人グループがおり、従業員が普通に英語でコミュニケーションを取っていました。公式webサイトにも丁寧な英語ページが用意されており、早期にグローバル化を果たした定食屋と言えるでしょう。
私は看板メニューの「蒸し寿司」を注文。1,350円です。また、焼き魚が得意なお店のようで、シャケやサンマ、サワラやグジなど様々な定食がオンリストされていました。東京で言うところの十番「あん梅」のようなお店です。
まずはサイドメニューから。お漬物とおひたしのあいの子のような小鉢であり、見た目以上にお野菜たっぷりで美味しい。
炊き合わせも丁寧な味わいで今後の展開が期待できます。ところで当店は夜も営業しており、この小鉢のクオリティであれば定食屋としてではなく、上質な居酒屋として訪れるのもアリかもしれません。ちなみに嵐山には「京料理矢尾定」という日本料理店を2020年に開業したそうです。
お味噌汁は白味噌ベースで優しい味わい。こちらにも野菜がたっぷりと詰め込まれており、身体に沁みわたる美味しさです。
主題の「蒸し寿司」。これはどういう料理なのだろう。いわゆるちらし寿司を温めたような食べ物であり、ちょっと慣れない味覚です。どうにもシャリとはある程度冷えたものであるとの先入観があるのかもしれません。
別皿でちらし寿司のトッピングのようなブツが置かれ、途中で寿司の中に放り込むのですが、当初の味覚とはまた違ったベクトルの調味であり、私ちょっと食べ方間違っているかもしれません。
肝腎の「蒸し寿司」が私の口に合わなかったのは残念ですが、その他の丁寧な料理から勘案するに実直な商売をされていると感じました。やっぱ焼魚の定食にすれば良かったなあ。何なら通い詰めて全種類制覇するのも良いかもしれん。また来よう。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
京都はとにかく和食がリーズナブルですね。町全体の平均点が高いのはもちろん、費用対効果も良いことが多い。その文化に影響を受けてか、欧米系のレストランにも目が離せない魅力がある。
JR東海「そうだ京都、行こう。」20年間のポスターから写真・キャッチコピーを抜粋して一冊にまとめた本。京都の美しい写真と短いキャッチフレーズが面白く、こんなに簡潔な言葉で京都の社寺の魅力を表せるのかと思わず唸ってしまいます。

酒肆SHIROKANE(しゅししろかね)/白金高輪

どの駅からも遠い陸の孤島の住宅街にある「酒肆SHIROKANE(しゅししろかね)」。その立地が幸いしてか、予約ナシでも割といつでもお邪魔できるので、二次会使いに大変重宝しています。
相変わらずサービスの方のテンションが高く、こちらまで楽しい気分になってきます。場所柄ドリンクの価格は高めですが、大人の雰囲気や独特の客筋を考えれば妥当な価格設定でしょう。
夕食は済ませて来たので軽くつまむ程度に注文します。「せせり焼きネギソース」はズバっと調味が決まっており酒を呼ぶ味わいです。ネギの風味も爽やかで後を引く美味しさ。
「里芋竜田揚げ」は不思議と納豆のようなニュアンスがあり、そのニッチャリとした食感も相俟って不思議な美味しさを奏でています。
エビ春巻きはギッチギチに海老が詰まっており尊い。脇のソースが見た目とは裏腹にびっくりするほど辛く、シェフの遊び心を感じました。
まさに隠れ家といった雰囲気で大人の遊び場感が強く、それでいて食事は高くなくしっかりと旨い。個人的に2次会としては最強のお店であり、いずれは1次会から本気で食べに行きたいと考えている。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事
「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

和琉鉄板くだか/牧志(那覇)

2021年夏に国際通り沿い牧志郵便局となりにオープンした「和琉鉄板くだか」。沖縄の食材を用いた創作鉄板焼料理店であり、肉は沖縄県産の黒毛和牛のみを提供しています。
店内はL字型カウンターで10席ほど。お食事だけだとひとりあたり1万円ほどでしょうか。我々は「和(なごみ)」という、鮑が付くコースをお願いしました。13,000円です。
グラスのスパークリングワインが900円だったのですが、信じがたいスモールサイズでの登場であり、一般的な量で換算すれば超割高です。目黒「古澤亭(ふるさわてい)」のフランチャコルタを思い出した。ワインを楽しみたい方は嫌な思いをしないためにもボトルで注文したほうが良いでしょう。
先付は鴨肉。店主は日本料理店の経験もあるそうで、なるほど早速本質的な美味しさに出遭うことができました。
クエをお椀で頂きます。ほどよく脂が乗って美味。スープもクドクドしくなくサッパリとした味覚でグッドです。
お造りはミーバイとカラスミを重ね合わせて頂きます。いずれも美味しいのですが、ミルフィーユ状態で提供する必然性は感じられませんでした。
アワビはシンプルにバター醤油で。これはもう議論の余地のない美味しさであり、本日一番のお皿でした。
お肉の付け合わせのお野菜は別皿でやってきます。島豆腐をじっくり焼いたブツはありそうでない料理であり個人的にツボでした。
主役の沖縄県産黒毛和牛。デフォルトだとロースであり、ミディアムレアで頂きます。やや脂が多く鉄板焼きで食べるにはクドかった。炭火の網焼きで食べたい肉でした。
連れは千円の追加料金でヒレに変更。いくらか頂きましたが、こちらはキレイな赤身の味わいを愉しむことができ、素直に美味しかった。
450円の追加料金で白ゴハンをガーリックライスに変更。このガーリックライスはバリ旨いですねえ。意図的にオコゲをクリエイトしており、サクサクと心地よい食感。「サムズセーラーイン」のそれとは全くの別物であり、レベルの違いを見せつけられました。
赤出汁にはたっぷりの島豆腐が用いられており、しみじみ旨い。肝腎の鉄板焼き料理よりもこういった日本料理的な品々のほうが心に残ったかもしれません。
イチゴゼリーでフィニッシュ。ごちそうさまでした。

以上を食べ、いくらか飲んでお会計はひとり2万円。鉄板焼きとは高価な料理なので、まあこんなもんかもしれませんが、冒頭のスパークリングワインの量の少なさについては未だに根に持っています。酒飲みと下戸では受ける印象が違うかもしれません。私は酒飲みなので、同じ国際通りの鉄板焼きであればビールが500円の「碧 国際通り松尾店(へき)」のランチでいいかなと思ったディナーでした。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
寒い季節は沖縄で暮らしているので、旅行やゴルフだけで沖縄に来る人よりかは一歩踏み込んでいるつもりです。沖縄の人ってネットに書き込みしないから、内地の人が知らない名店が結構多いです。
沖縄通を気取るなら必ず読んでおくべき、大迫力の一冊。米軍統治時代は決して歴史のお話ではなく、今の今まで地続きで繋がっていることが良くます。米軍の倉庫からかっぱらいを続ける悪ガキたちが警官になり、教師になり、ヤクザになり、そしてテロリストへ。沖縄戦後史の重要な事件を織り交ぜながら展開する圧巻のストーリー構成。オススメです。

バンコク/六本木

六本木三丁目の裏路地にある「バンコク」。開業は1983年であり、東京で2番目に歴史のあるタイ料理店です(1番は有楽町の「チェンマイ」)。
オープン直後にお邪魔したのでポールポジションを獲得することができました。それでも5分もすれば近隣の勤め人の昼食で7割方埋まり、人気のほどが伺えます。
注文してものの数分でランチセットが到着しました。このスピード感は是非「みもっと」にも学んでいただきたいところです。
ランチセットは一律千円で、私が選択したのは「鶏ご飯」。いわゆるタイ風チキンライスの「カオマンガイ」でしょうか。ドーンとでっかい蒸し鶏が特徴的で、200グラム以上はありそうです。
基本的にアッサリとした味付けなのですが、脇に添えられたイケナイ調味料を注ぐと途端にメリハリが出始めます。仄かに辛く、ひとつひとつの毛穴が自然と開いていくのがわかります。
+100円で追加できる「トムヤムヌードル」。いわゆるトムヤンクン風のスープを米麺で頂きます。コクは乏しくフラットな味わいですが、100円なので文句を言ってはいけません。
ちなみにお食事の他、ミニサラダにスープ、タピオカミルクもセットに付随します。六本木でこれだけ色々ついて千円ポッキリというのは大変お値打ちと言えるでしょう。
ランチセットのメニューは6種あり、追加100円のメニューも4種あって、近所に住んでいれば確実に全種類制覇を目指すことでしょう。100円メニューを2-3個追加するのもアリなんかな?夜は夜で飲み放題付き5千円コースなどもあり、会社の飲み会などにも活躍すること間違いなし。次回は夜にお邪魔してみたいと思います。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
六本木は難しい街です。おっと思えるリーズナブルな店から、高くてギラギラしてるだけのハリボテのようなお店も多い。私が好きなお店は下記の通りです。
レストランの在り方に迫るというよりは、六本木の今にクローズアップした特集。ラグジュアリーで儚い夜の街へと誘うガイドブック。紙媒体は売り切れちゃうのでお早めに。