高級レストラン"また行きたい"偏差値【2024年最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

ここ数年で滞在した高級・有名とされているホテルを一覧化し◎〇△×と記した

年間を通じて外泊が多いので、ここ数年で滞在した高級・有名とされているホテルを一覧化しました。

◎〇△×と記していますが、これは私が滞在した時点における感想であり、価格や為替の変動、混雑度合い、当時のスタッフの対応など偶然に因る部分も多いので、話半分に捉えてください。また、ハイアットやヒルトンは最上級会員であり、ひらまつは株主なので、素で予約する場合とは対応が異なるかもしれません。

費用対効果も重要視しています。お金に糸目をつけないお金持ちの方々とは観点が異なることをご承知おきください。

ところで、私は子連れ客とそれをコントロールできない宿泊施設を憎んでおり、そういった客層が支配的なホテルは自然と△や×が多くなります。しかしながら、これは見方を変えれば家族旅行に向いたホテルを選ぶ指標となり得るかもしれません。


【ハイアット】

<北海道>

<関東>
△:ハイアットリージェンシー東京ベイ

テアトロ アッカ(Teatro Acca)/神泉

世田谷区豪徳寺の人気イタリアン「テアトロ アッカ(Teatro Acca)」が2021年末に神泉へ移転リニューアルオープン。渋谷駅からも歩いて10分強で、このあたりイケてる飲み屋が集まっています。食べログでは百名店に選出。ゴエミヨにも掲載されています。
店内は不思議な間取りで厨房が二手に分かれており、それに従いカウンター席も2パターンあります。テーブル席もいくつかあって、トータルでは20席ほどでしょうか。

原郁人シェフは筋金入りのイタリア料理人であり、そのキャリアも長い。店名の「アッカ」はイタリア語の「H」の発音であり、お名前の頭文字で、さしずめ「原劇場」といったところでしょうか。
ワインリストは無く泡はコレ1本のみで12,000円。税サを考えればまあまあ高い。ピッツァも良く出るお店なので、ビールで充分だったかなあ。そのほかグラスワインもお願いしたのですが思いのほか高くついたので、左党に厳しいお店です。
寿司に見立てたアミューズ。シャリの部分は水牛のリコッタチーズで、タネの部分はトマトやらニンジンやらを使っているんだったっけな。ちなみにシェフのご実家はお寿司屋さんだそうです。
ブッラータに生ハムの風味を付けたパンナコッタ。ブッラータの美味しさは当然として、パンナコッタからリアルに生ハムの風味が感じられ、面白いひと品です。たっぷり注がれたオリーブオイルも実に上質。
唐突にピッツァがやってきました。何でも当店の看板メニューのひとつであり、店内には薪窯もあり本格的。めちゃんこ美味しいのですが事前知識無しに訪れた我々は面食らってしまい、気持ちの整理に少しの時間を要します。
ホワイトアスパラガスにアスパラソバージュ。それぞれの素材の良さはもちろんのことコッテリとしたソースが良いですねえ。深みがあって、アクセントのキャビアも活きています。
続くピッツァはウニ・ホタテ・タラバガニ。海の幸オールスターズとも言うべきラインナップであり、極め付きにはカニ味噌ソースと、旨くないわけがありません。
これはメインディッシュという位置づけなのでしょうか、薪窯で焼かれた「土佐あかうし」がやってきました。この肉は旨いですねえ。見た目は赤身まっしぐらなのですが程よく甘味も感じられ、獰猛な美味しさです。薪の香りも食欲を刺激します。敷かれたリゾットも秀逸で、スカモルツァ(チーズの名前)も組み込まれておりバリ旨い。
おや、再びピッツァだ。花ズッキーニの存在が目を惹きますが、ゴールドラッシュとトリュフのソースという二面作戦も興味深い試みです。
パスタの盛りつけも面白く、まずはタリオリーニがしっかりあって、その上にオレキエッテ(耳たぶみたいなやつ)をのっけます。具材はホタルイカにカラスミと、サディスティックな旨味を感じさせるひと品です。
〆のピッツァはマリナーラ。オレガノの風味をビンビンに感じる香り高い逸品。白いトッピングはフグの白子のようですが。ソースの味覚に圧倒されてしまい、ちょっとよくわかりませんでした。
デザートはクマさんとウサギさんの最中。可愛らしいけど味は別にアレでした。普通にジェラートとかでいいのにな。食後のお茶はイタリアの上質なコーヒーを用いているそうで、そうとは知らずにティーバックのカモミールティーを注文してしまった私を殴ってやりたい。
以上のコース料理が1.5万円で、ふたりでワインを1本飲んで、税サを含めてお会計はひとりあたり2.5万円。いずれの料理も美味しいのですが、炭水化物主体の割にちょっと高いなあという印象を受けました。店内もどこか雑然としており、ゲストがギュウギュウに詰め込まれた雰囲気もロマンチストな私の価値観には合わなかったのかもしれません。

また「ドンブラボー(Don Bravo)」でも同じことを思いましたが、ピッツァはピッツェリアで、リストランテではリストランテならではの料理を、という趣味嗜好が私にはあるのかもしれません。これは好みの問題であり、私が狭量で保守的なだけとも言えるでしょう。自己分析が進んだディナーでした。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。
イタリア20州の地方料理を、その背景と共に解説したマニアックな本。日本におけるイタリア風料理本とは一線を画す本気度。各州の気候や風土、食文化、伝統料理、特産物にまで言及しているのが素晴らしい。イタリア料理好きであれば一家に一冊、辞書的にどうぞ。

炭火焼とり 寛(かん) 泉崎西店/旭橋(那覇)

泉崎の裏路地にある人気の焼鳥屋「炭火焼とり 寛(かん)」。私の推しのラーメン屋「トルネコパーパ (TORUNEKO PAPA)」の近くです。ゆいレールだと旭橋駅と県庁前駅の間にあります。
店内はカウンター席が10席ほどにテーブル席が結構あって、奥にはちょっとしたお座敷もあります。ゲストや従業員に外国人が結構いて、外国語のメニューも用意されています。こんなに渋めなのに思いのほか国際派なお店です。
オリオン生は600円ぐらいだったかな。那覇の焼鳥屋としては珍しく焼酎や日本酒が充実しており、いずれもお値段は控えめ。懐の深い飲み屋です。
お通しとして小さなサラダが出ます。これはまあ、オマケといった量および質ですね。そのへんの定食屋のランチに付いて来るミニサラダ程度の味覚です。
すぐに出る「ヒネ皮」というひと品。どうやら鶏皮ポン酢的なものであり、ミミガーの鶏版といったグニグニとした噛み応えがあります。酒のツマミにピッタリだ。
「地鶏のたたき」は筋肉ムッキムキの歯ごたえで、噛めば噛むほどに旨味が滲み出てきます。このクオリティで750円とは目黒「鳥芳(とりよし)」の費用対効果を超えてくるかもしれません。
「とうふサラダ」はお通しのサラダ同様あまりパっとしません。当店における唯一の弱点はサラダなのかもしれない。
「レンコンフライ」ジットリと深く揚げられており、ソースとカラシをたっぷりつけて程よくジャンキーな味覚です。
焼鳥に入ります。まずはレバーで、トロリとした口当たりが印象的。ちなみに注文時に「混みあっているので焼き物は時間がかかる」との案内があったのですが、注文後7-8分で提供されるというスピード感です。
「こころ」は所謂ハツの部分。グニグニという食感がたまらなく旨い。味付けは塩だけなのに、深みのある味わいを奏でます。ちなみに当店の鶏肉は県産の「やんばるハーブ鶏」を用いているそうです。
せせり。ゴリゴリした食感にたっぷりの脂も含まれており、また、備長炭の香りも強烈に薫って来ます。ビールにピッタリだ。
島らっきょうが出始めたとのことで天ぷらにしてもらいましたが、見て下さい、このボリューム感を。この量を食べて500円かそこらなんだから堪らない。
つくねが凄い。目の前のミンチ肉の状態から綺麗に成型し、何とも旨そうにこんがりと焼き上げられていきます。これぞ自家製中の自家製。ちょっとしたハンバーグほどの食べ応えがあり本当に美味しかった。
焼き台の目の前に座っているので、眺めていると食べたいものがドンドン増えて来ます。こちらは豚バラで、自身の脂でジュワジュワと揚がっていくほどのファットマンです。
つくねがバリ旨かったので、同じ方向性の「ピーマン肉詰め」を注文。こちらは鰹節をハラリと塗し、ポン酢(?)で食べるスタイルで、こちらもとっても美味しいです。
食事にじっくりと丁寧に焼き上げられる焼きおにぎりを注文。カリカリとした表面の歯ざわりにフワリと香るバターと醤油の香り。ごくごくシンプルな料理なのに、どうしてこんなにも旨いのでしょうか。
ラストは鶏スープでシッポリと〆。ごちそうさまでした。以上を食べ、軽く飲んで5千円ほど。これは良い。すごく良い。このまま天に召されそうになるほどの満足度の高さです。
ここのところ東京の焼鳥屋はエヌビディア級に暴騰に暴騰を重ねており、客単価1万円超えは当たり前で、客単価3万円オーバーで予約は1年待ちなんてこともしばしば。もちろんそういう店も美味しいは美味しいのですが、どうも心から楽しめない自分がいて、当店のように当日予約で腹いっぱい飲み食いして5千円みたいな店が私の性には合っているのでしょう。こういう店が、私は好きだ。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
寒い季節は沖縄で暮らしているので、旅行やゴルフだけで沖縄に来る人よりかは一歩踏み込んでいるつもりです。沖縄の人ってネットに書き込みしないから、内地の人が知らない名店が結構多いです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝島(上) (講談社文庫) [ 真藤 順丈 ]
価格:924円(税込、送料無料) (2024/2/4時点)

沖縄通を気取るなら必ず読んでおくべき、大迫力の一冊。米軍統治時代は決して歴史のお話ではなく、今の今まで地続きで繋がっていることが良くます。米軍の倉庫からかっぱらいを続ける悪ガキたちが警官になり、教師になり、ヤクザになり、そしてテロリストへ。沖縄戦後史の重要な事件を織り交ぜながら展開する圧巻のストーリー構成。オススメです。

ムッシュヨースケ(Bar à Vin Monsieur Yosuque)/中目黒

中目黒と池尻大橋の間にある「ムッシュヨースケ(Bar à Vin Monsieur Yosuque)」。1999年に開業した老舗のフランス料理店ですが、もともとはカレー屋でフランス料理はサイドメニューの位置づけだったという面白いお店。「STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO」のすぐ近くです。
店内はバーカウンターとテーブル席に分かれていて、トータルでは20席弱ほどでしょうか。フランスのビストロそのものといった雰囲気の内装です。

ワインはシャンパーニュが9千円~と悪くない価格設定で、6-7千円台のボトルも多数用意されています。マダムの感じの良い接客を含め、全体として温かみを感じる空間です。
アミューズに新玉ねぎのポタージュ。玉ねぎの甘味がビンビンに伝わって来、大地の豊かさを感じさせてくれる逸品です。
スペシャリテの「ズワイガニとエノキ茸のキッシュ」。その名の通りの料理であり、カニがギッチギチに詰まっていて旨味爆発。エノキ茸の食感もアクセントにちょうど良く、丸ごとテイクアウトして食べ尽くしたい衝動に駆られます。
コンポテ。ナス・トマト・ズッキーニのテリーヌであり、野菜そのものの風味を愉しむことができます。ニンニクも用いられているようですが、決してくどくなく円みのある味覚です。
太刀魚とベビーリーフのサラダ。太刀魚はシェフの釣果であり、程よく脂がのってバリ旨い。ベビーリーフも非常に質が高く香りが上質。こういう料理を毎日食べたい。
トラフグ。こちらもシェフ自らが釣ってきたものであり、日本料理として食べるのと全く異なるアプローチで心に響きました。フキノトウのリゾットやホロホロ鶏のコンソメなど脇役陣にも抜かりなく、本日一番のお皿です。
メインは「三元豚のグリエ」。シンプルな料理ですが豚肉の味わいが快楽的で、その脂身でさえ甘く旨味が感じられるほどです。
デザートは5種から選択することができ、私は定番の「クレーム・キャラメル」をチョイス。ガッチリとハード系なクラシックタイプであり、素材そのものの味わいが強く伝わってきます。昨今の滑らかさだけが取り柄のプリンとは一線を画す頑強さを感じました。
ハーブティーでフィニッシュ。ごちそうさまでした。

お会計で驚愕。上記のコース料理は8,300円と信じがたい費用対効果の良さです。ワインを含めてもひとりあたり1.4万円程度に着地し、感動的とさえ言える食後感の良さ。素材の持ち味を活かした真面目なフランス料理であり、ワインも接客も申し分なし。キャビアとっ散らかしてトリュフを削りまくるアホなレストランは見習ってほしいものです。
アラカルトでの用意もあり(むしろそっちが主力)、旨そうな料理名が並ぶので、次回はそちらで注文してみたいと思います。「シメのカレー」とか魅力的すぎるんだけど。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。