高級レストラン"また行きたい"偏差値【2022年7月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

ピアット スズキ チンクエ(Piatto Suzuki Cinque)/岩瀬(富山)

富山で今いちばんイケてるエリア、岩瀬。江戸時代から海運業で栄えた港町であり、満寿泉の5代目当主が再生を手掛け、古い町並みを残しながらも現代的な観光地へと変貌しました。そのエリアの目玉とも言うべきレストランのうちのひとつが「ピアット スズキ チンクエ(Piatto Suzuki Cinque)」。駐車場にはズラりと高級車が並びます。
軽井沢のリゾートを思わせる空間で、有閑マダムたちが平日の昼間から気持ち良さそうに歓談しています。

鈴木五郎シェフは麻布十番の名店「ピアット・スズキ」で腕を磨き(苗字が同じなのはたまたま)、富山でオチアイ系のレストランを経た後に独立。「チンクエ(Cinque)」とはイタリア語で5の意味であり、ご自身のお名前を活かした店名だそうです。
ランチはABCDの4種類で、私は2番目に皿数の多い「Pranzo C」を注文。オーダーして間もなく、恐るべき出際の良さで付き出しが供されます。ノドグロを炙ってオリーブオイルのパウダーを散らしたものであり、県外客にとってあげぽよの食材使いです。
前菜盛り合わせが豪華。当店流のポテサラにカポナータ、サワラの昆布締め、マグロのタルタル、水ダコにパテ、オムレツと、これだけで1本飲めてしまいそうな勢いです。雲の泡泡はお出汁の風味がきいていて洒落てます。
トリッパのトマト煮込み。 トリッパとはイタリア語で「第二の胃袋」を意味し、日本で言うところの「ハチノス」です。下処理は完璧で臭みは一切感じさせず、トマトの穏やかな甘味と酸味が心地よい逸品です。
トンナレッリ。トンナレッリとは卵入りの切り口が四角いロングパスタなのですが、これが麺料理であることを忘れさせるハマグリのサイズ感。見た目の味も怪物的であり、度肝を抜かれたひと皿でした。
続いてカラスミのリゾット。先のパスタはハマグリが凄すぎて炭水化物を摂ったかどうかの記憶が曖昧なのですが、こちらは純粋に糖質オン。カラスミの旨味と塩気が目立ちますが、どことなく酸味を感じさせる調味が印象的。
メインは魚か肉かの選択性で、私は魚をチョイス。この日の鮮魚はアマダイであり、バリっと炙った焼き目が香ばしい。白眉は付け合わせであり、四捨五入すると野菜ではないかと思うほどのベジタブル・パラダイス。これは身体に良さそうだ。
以上を楽しみ、お食事だけだと5,500円。うひょー、これはちょっと信じられない費用対効果の良さです。こんなに素敵な空間でこんなに美味しい料理をこんなに食べてマジかコレ。

これはもう、「ピアット・スズキ」よりも私は全然好きですね。あそこは完璧に十番らしいお店であり、それはそれで存在意義はあるのですが、当店のカラっとした空間で陽キャな料理を楽しむリゾート感は唯一無二のもの。次回は夜にお邪魔したいと思います。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
富山は食の宝庫。天然の生け簀である富山湾にジビエや山菜が豊富な山々、そして米と水。レストランのレベルは非常に高く、支払金額は東京の3割引~半額の印象です。だいぶ調子に乗ってきた金沢が嫌な方は是非とも富山に。
観光地としてあまりパっとしない富山県につき、「幸福県」すなわち「恵まれた自然環境の下、住居・労働・教育などの都市機能が整備されている県」であることに目を付けた富山本。富山の魅力を様々な観点から紐解いています。

対玄(たいげん)/厳原(対馬)

対馬の中心地、厳原の飲み屋街にある居酒屋「対玄(たいげん)」。外観は雑な飲み屋ですが、地元の方にも観光客にも人気のお店。予約が必須なわけではないのですが、フリーの客がことごとく撃沈していたので、旅行者は必ず予約してから訪れましょう。
酒はいずれも500円かそこらであり、気持ちよく酔っぱらうことができます。オススメは対馬の地酒である「白嶽」シリーズ。大吟醸でも1合千円と良心的です。
お通しはアラを炊いたもの。お魚はブリかな?カンパチかな?骨が多く食べづらくはありますが、脂とゼラチン質がコッテリしてて味そのものは上々の仕上がりです。
お造りを舟盛りで。目玉はやはり穴子の刺身ですね。ゴリゴリと筋肉質な食感で、脂が強く白身魚(?)ながら迫力のある味覚です。小骨が多いのはご愛敬。そのほかの魚も地元のものが殆どで、マグロなんか無くても人生は楽しいと勇気づけられました。
穴子の天ぷら。ズバっとした一本を勝手に想像していたのですが、カット(?)されていました。それでも味そのものは対馬の穴子なので充分に美味しい。
従業員が釣ってきたキスを天ぷらに。このキス天はべらぼうに旨いですねえ。先の穴子の天ぷらを凌駕する味わいであり、東京の専門店の平均の遥か上を行く美味しさです。ところで釣ってきた魚を提供した場合の会計処理ってどうなるんかな。
観光客に気を使ってか、郷土料理の「とんちゃん焼き」も用意されています。「とんちゃん焼き」とは対馬発祥の豚肉料理であり、醤油、味噌などをベースにした甘辛の焼肉ダレに漬けこんだ豚肉を料理。韓国が目と鼻の先である対馬ならではの料理です。が、味は今あなたが想像している通りであり、わざわざ旅行先で食べるでもないかもしれません。
気を取り直してカサゴのから揚げ。こちらも従業員が釣ってきた魚であり鮮度は折り紙つき。バリっと高温で一気に揚げ切っており、皮目がジュンと縮んで凝縮感のある味わい。このひと皿が600円なんだからもはやワロタレベルではない。
〆はあなご重。ベロンと広がるアナゴがダブルで配備されており文句なしの美味しさ。ゴハンもきちんと炊かれていて、観光地の居酒屋とは思えないレベルの高さです。おなかは一杯に近づいていたのですが、瞬で食べきってしまいました。
以上を食べ、結構飲んでお会計はひとりあたり5千円強。くわー、何なんだこの費用対効果は全盛期かよ。今回はアラカルトメニューからの注文でしたが、前日までの予約で「あなごづくしコース」なるものがあり、また、飲み放題も付けることができるようなので、対馬への旅行が決まれば前向きに検討するよろし。季節によってはノドグロも登場するようなので、あれば即注文ですな。夢は広がる。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:居酒屋 | 対馬市その他


人気の記事
「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

JOINT(ジョイント)/目黒

目黒通りと山手通りの交差点近く、「目黒寄生虫館」のお向かいあたりにオープンしたハンバーガー屋「JOINT(ジョイント)」。芸能人御用達のタコ焼き屋「頑固蛸 目黒本店」の並びです。
店内は濃いグレー一色で、スポーツジムやクラブハウスのような印象。ローテーブルを囲むソファ席にテーブルがいくつか。カウンター席もありましたが、この日はキャッシャーとしての役割を果たしていました。ワンオペの店であり、現金をジャラジャラ触った手でそのままバンズやレタスを掴んで調理を進めていたのは時節柄気になるところです。
店名を冠した看板メニューの「JOINTバーガー」が着盆。しかし、おや?チーズが無い。どうやらSNSで見かける頭からチーズをぶっかけたブツは、追加トッピングを駆使したスペシャル・エディションだそうで、デフォルトではチーズ無しのようです。
バンズにパティにアボカド、トマト、オニオン、レタスという陣容。レタスやトマトがフレッシュであり、また、アボカドの熟れ具合も丁度良く美味。他方、バンズは山パン調のニュアンスで、パティについてもチェーン店のそれを少しサイズアップしたテイストであり印象に乏しい。ソースについては青っぽい風味があるハーブを用いており、ハンバーガー業界としては面白い試みかもしれません。
ポテトが自動的に付随し、くし切りタイプでかなり攻めた揚げっぷり。スパイシーな調味で程よくジャンクで後を引く味覚です。
以上、「JOINTバーガー」が1,460円。うーん、ちょっと高いなあ。味については「不味くは無い」程度であり、六本木「ALDEBARAN(アルデバラン)」芝公園「マンチズ バーガー シャック」と同じ価格帯なのかと思うと、色々と考えることが多いディナーでした。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:ハンバーガー | 目黒駅不動前駅


関連記事
目黒は焼鳥やトンカツ、カレーにラーメンと生活に密着した飲食店が多く、そのいずれのレベルも高い。地味ですが豊かな食生活が約束されている街です。
市や区など狭い範囲で深い情報を紹介する街ラブ本シリーズ。2015年の『目黒本』発売から約4年の年月を経て、最新版が登場!本誌は目黒に住んでいる人や働いている人に向けて、DEEPな目線で街を紹介するガイドブックです。

対馬バーガーKIYO/厳原(対馬)

対馬で一番の繁華街、厳原の中心にある「対馬バーガーKIYO」。対馬の名産品を用いたご当地バーガーを提供するお店として2009年にオープンしました。
入口で検温・消毒を済ませスタッフの案内で奥のテーブル席へとご案内頂きます。テイクアウトやデリバリーも盛んなようで、厨房は客席の入り以上に忙しそう。注文してから20分近く待たされました。
ランチタイムはバーガーと一緒に飲み物を注文すればポテトが無料でサービスされるというキャンペーンを実施しており、であればとハートランドを注文。飲食店でキンキンに冷えたビールがポテト付きで500円というのはお買い得。
ポテトはどう見ても冷凍バリバリのもので、すっかり釣られてしまった感があります。ちなみに先の写真の奥のジュースは「はちみつレモン」であり、対馬の特産物のハチミツを用いているのですが結構甘く、ハンバーガーに合うとは言い難かった。
「ダブルテリヤキエッグバーガー」は990円。見た目の迫力こそあれ、特に美味しくはありません。マクドナルド以上マクドナルド未満といった味わいであり、ある意味ではマクドナルドの規律のある味わいのほうが安心して楽しめる気がしました。
対馬名物「とんちゃん焼き」を挟み込んだ「とんちゃんバーガー」。「とんちゃん焼き」とは対馬発祥の豚肉料理であり、醤油、味噌などをベースにした甘辛の焼肉ダレに漬けこんだ豚肉を料理。韓国が目と鼻の先である対馬ならではの料理です。が、ハンバーガーの具材としてはどうでしょう。不味くはありませんが、美味しくもありません。
一番人気の「対馬バーガー」。パティに特産品のヒジキを練り込み、またその上にはイカがトッピングされています。こちらも企画モノであり、無理くりご当地バーガーに仕上げたという印象です。「道後の町屋(どうごのまちや)」もそうですが、ご当地バーガーって全般的にイマイチなことが多い。
色々と工夫して地域を盛り上げようという心意気は良いのですが、全てが「不味くは無い」という程度のクオリティで終わらせるのは残念。一方で、価格は良心的ではあるので、コンビニよりも美味しいものをというノリで腹を膨らませに行くという動機で訪れるのであれば悪くないかもしれません。シャレのわかる友人と共にどうぞ。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:ハンバーガー | 対馬市その他


人気の記事
「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

祇園ゆたか/京都

京都屈指の牛肉料理店「祇園ゆたか」。ディナーコースは2.2万円~で、酒を飲んだら5万円は当たり前というメガトンスマッシュなお店。食べログでは百名店に選出されており、銀座にも支店があります。
2012年に祇園町北側から南側へ移転。メインは厨房に面した1本のカウンター席で、真っ赤な天板とお庭が素敵です。そのほか1階に個室、2階には舞台のあるお座敷まであるというのはさすが祇園といったところでしょう。
ディナーはべらぼうに高価なお店ではありますが、ランチは「ハンバーグランチ」が3,300円とひと桁異なります。しかしながらランチも夜のステーキと同じ最高級の国産黒毛和牛を使用しているそうで、これをお買い得と言わずして何と言うのだ。
私は「ステーキ重」を注文。4,400円です。この日のゲストは私を含めて全員がコチラを注文していました。お肉は赤身主体で雑味などは一切なく、まさに「飲める」牛肉です。クドい脂は感じられず、引っ掛かりなしに健やかに胃袋に沁みわたっていく。
ライスはごくごく上品な量が薄く敷き詰められており、成人男子であれば物足りない量です。だがしかし肉の味が旨すぎて、量だの何だのと語る隙を与えない、実に高次元・パーフェクトな味わいでした。
美味しかった。その辺の牛丼屋がハイボールだとすると、当店の「ステーキ重」はグランクリュのシャンパーニュといったところでしょう。牛肉文化が発達しているだけあって、「にくの匠 三芳(みよし)」にせよ「はふう」にせよ京都には素晴らしい牛肉料理屋が沢山あるなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング


関連記事
京都はとにかく和食がリーズナブルですね。町全体の平均点が高いのはもちろん、費用対効果も良いことが多い。その文化に影響を受けてか、欧米系のレストランにも目が離せない魅力がある。
JR東海「そうだ京都、行こう。」20年間のポスターから写真・キャッチコピーを抜粋して一冊にまとめた本。京都の美しい写真と短いキャッチフレーズが面白く、こんなに簡潔な言葉で京都の社寺の魅力を表せるのかと思わず唸ってしまいます。

ラーメン一心 富山駅前本店

富山駅の南口を出て数分の所にある「ラーメン一心 富山駅前本店」。富山で初めての「化学調味料を一切使用しない完全無添加のラーメン」というコンセプトが受け、行列の絶えない人気店となりました。
が、あり?ガラガラやんか。昼と夜では客層が異なるのでしょうか、それにしてもゲストが少なく店員の方が多いほどです。
自慢の「煮玉子醤油ラーメン」は930円。いわゆる富山ブラックな外観であり、煮玉子・チャーシュー・メンマ・海苔・青ネギに玉ネギといった陣容です。

が、私の口には合いませんでした。スープが醤油を湯で溶いただけのような味わいでボディが無く、レーダーチャートの小さい味覚です。
麺は自家製麺だけあって中々の美味しさ。小麦の風味が豊かであり、いっそのこと麺を主軸に置いたまぜそばを選択すれば良かったかもしれません。
旅先での貴重な一食を外してしまったなあというお気持ちです。人気店なのにどうしてこうなった。その日の調理がたまたまイマイチだったのか、私の体調がいかれてたのか、それともその両方か。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
富山は食の宝庫。天然の生け簀である富山湾にジビエや山菜が豊富な山々、そして米と水。レストランのレベルは非常に高く、支払金額は東京の3割引~半額の印象です。だいぶ調子に乗ってきた金沢が嫌な方は是非とも富山に。
観光地としてあまりパっとしない富山県につき、「幸福県」すなわち「恵まれた自然環境の下、住居・労働・教育などの都市機能が整備されている県」であることに目を付けた富山本。富山の魅力を様々な観点から紐解いています。