キャンティ(CHIANTI)/飯倉片町

日本のイタリアンレストランの草分けであるキャンティ。創業者の川添浩史と妻の梶子は「日本には本格的なイタリアンレストランがまだないから、自分達でつくってしまおう」と1960年、飯倉片町の地にオープン。店名はもちろんワインの「キャンティ(CHIANTI)」が由来です。
地階がメインダイニング、1階がカフェ、2階がバーという誂えの建物。全盛期の当店は午前3時まで営業しており、遅い夕食をとる放送・芸能関係者や財界人のアフターに付き合うホステス達で深夜まで賑わったそうです。

彼らは「キャンティ族」と呼ばれ、例えば荒井由実(松任谷由実)は中学生時代に実家の八王子からキャンティに通い、芸能界の重鎮を捕まえては自分の歌を披露してデビューのチャンスを勝ち取ったし、三島由紀夫が割腹自殺する前の晩に夕食を食べたのも当店です。このあたりの登場人物はwikipediaに整理されています(レストランがwikipediaって凄い!)。一見の価値あり。
ディナーは客単価2万円の高級店であるため、まずは平日ランチで様子見。お邪魔したのは1Fのカフェ。正午過ぎのピークタイムに訪れたのですが、ゲストは私ひとりだけでした。

注文は「平日 パスタランチ ROSSO」。前菜3品に本日のお勧めパスタ、パン、デザート、コーヒーが付いて2,800円です。
注文してすぐに前菜が到着。げ、「前菜3品」ってこれだけ?それなりの価格なので3皿出てくるものだと勝手に妄想していたのでうが、まさに字面通りの3品でした。ぐぬぬ。
柿に生ハム。今あなたが想像している通りの味わいであり素材を盛り付けただけ。レストランで食べる必要は無いかもしれません。
マスタード風味のサラダ(?)。やはりコチラも見た目の通りの味わいであり、家庭料理の延長です。ハムとサラダの風味が支配的であり、先の生ハムと味覚が重複する。
こちらは一口カプレーゼでしょうか。半切りのトマトにリコッタチーズをのせ、オリーブオイルで調味します。やはり料理というよりも材料です。
パンも一般的なバゲットであり、特筆すべき点はありません。

この辺りで常連客と思しき港区おじさんと2まわりも3まわりも年下の女子が登場しました。大声で電話し、クチャクチャと咀嚼し、ガハハと女の腰に手を回す。USBとファックスの違いもわからないタイプです。まさに私が思い描いていた通りの客層であり、心がときめきメモリアル。
菜の花とカラスミのパスタ。乾麺を柔らかめに茹で上げ、オイルとカラスミを塗し、菜の花をトッピングします。決して不味くはありませんが、プロ専業主婦の作品と言われても違和感のないクオリティです。

ちなみに当店のスペシャリテはスパゲッティ・バジリコ。創業当時はまだまだ日本の流通も食材市場も発展途上だったので、イタリア本国と同じ材料を揃えることは難しく、バジルの葉の代わりにシソの葉を用いたり、オリーブオイルの代わりにバターとサラダ油を混ぜたりと代替品で試行錯誤しており、当時のレシピを今でも変えずに提供しているそうです。
デザートは苺のショートケーキ。思ったよりも大きなサイズであり、血糖値スパイクが約束される味覚です。前菜・パスタと量は少な目だったのですが、このケーキで一発で腹が満たされました。
コーヒーは中々美味しい。本日一番のお皿です。難しいお店でした。
社会的・歴史的な意義は充分に理解しているつもりなのですが、純粋なイタリアンレストランとして捉えると、古臭くて時代遅れの割高なレストランに映ります。近場で同じ金額を払うのであれば六本木「ラ ブリアンツァ」のほうが圧倒的に上質であるし、もう1,000円上乗せすれば麻布十番「ラパルタメント ディ ナオキ」で次元の異なる最先端のイタリア料理を楽しむことができます。

まあこのあたりは思い出と闘っても勝てないので、日本におけるイタリア料理歴史博物館に訪れるような心構えで行きましょう。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番はイタリア料理屋も多い。ただし、おっ、と思えるお店は少数です。個人のお店のランチが狙い目ですね。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

アーンドラ・ダバ(Andhra Dhaba)/神田

神田駅西口徒歩1分。マッサージ店などが入居する怪しげな雑居ビル2Fにある南インド料理屋(写真はぐるなび公式ウェブサイトより)。御徒町「アーンドラ・キッチン (Andhra Kitchen)」の支店です。「アーンドラ」とは地域名であり、「ダバ」は食堂の意。
平日ランチタイムはセットもので6種ほど。私は最高値1,350円の「タンドーリ ミールス がっつりお肉とカレー」という、心惹かれるネーミングのメニューをチョイスしました。
注文して7~8分で着丼。。。あれ、思ったよりも迫力が無い。。。「がっつりお肉」ということで200~300グラムの肉塊を期待していたのですが、右上のチキチキボーン3切ぐらいの肉片しかございません。連れのセットもお皿は立派なのですが、私と同じく可食部は小さく、ポジティブ・イリュージョンがあるお店なのでしょう。
チーズクルチャ。ナンの中にとろけるチーズが入っている系の食べ物です。これは誰もが好きな食感ならびに味覚です。アッツアツのチーズがみょーんと伸びて至福のひと時。本日一番のお皿でした。
カレーは3種からのチョイスであり、「がっつりお肉」をサイドでオーダーしているため、カレーは野菜主体のものを選びました。が、先に述べた通り「がっつりお肉」が全然がっつりしていなかったため、ああ、これならチキンカレーにでもしておけば良かったかなという印象。「がっつりお肉」の功罪ばかりに気を取られ、味が全然頭に入ってこない。
ライスはインド料理特有の香り高い米、というわけでもなく、パラパラボソボソとした食感の白いお米でした。
主題の「がっつりお肉」。この短小な肉棒3本をして「がっつり」と認める日本人は少ないのではなかろうか。これは言語的コミュニケーションの問題に違いないと、Google翻訳で「がっつりお肉」をヒンディー語に変換を試みたのですが、「जिद्दी मांस」と訳され、結局何が何なのかわかりませんでした。
オマケのサラダとピクルス(?)は見た目通りの味わい。

うーん、期待ハズレでした。「がっつりお肉」という響きに引っ張られすぎたのかもしれません。具体的な説明はなく「Aセット」のような抽象的なネーミングで供されていればまた印象は違ったことでしょう。にしても1,350円は少し高いなあ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
カレーって美味しいですよね。インドカレーも日本カレーも大好き。ただしそれほど詳しいジャンルではなく、スパイスマニアには逆立ちしても勝てないので、意外性のあるオススメカレーをご紹介。

カレーにまつわる単語が辞典形式にまとめられ、知っていそうで全く知らないカレーエピソードがたくさん詰まっています。気合を入れてカレーを食べに行く前に目を通してから臨むと楽しさ倍増!

関連ランキング:インド料理 | 神田駅新日本橋駅淡路町駅

オルグイユ(L'orgueil)/外苑前

外苑前と乃木坂から共に徒歩10分ほど。普通の地理感覚を持った方であればまず迷うであろう立地のフランス料理店。オープンして1年も経たずにミシュラン1ツ星を獲得し話題沸騰。加えてシャンパーニュ地方のワインしか置いていないという徹底した拘りが耳目を集めました。
「今夜、キミは僕だけのものだ」とも言うべきシェフズテーブルがひとつにホールに数卓。物理的には十数人は入りそうですが「料理のクオリティが落ちるので満席にはしない」と言い切る加瀬史也シェフ。大学を中退して料理の道へと入り、フランスの3ツ星「ミッシェル・ゲラール」、2ツ星「レ・クレイエール」、帰国後は3ツ星「カンテサンス」で研鑽を重ね、2016年冬に当店をオープンしました。
お酒はシャンパーニュとコトー・シャンプノワ、ロゼ・デ・リセのみという潔いラインナップ。当然にペアリングでお願いしました。小さなメゾンのものが多く、私にとってほとんどが初体験のものばかりです。
タルトフランベ。ほんわかと温かく、サクっとした食感とねっとりとした舌ざわりの対比を楽しみます。アミューズから実に手が込んでおり、この時点で当店はきちんとした店であるとの確信を得ました。
ピノ主体で骨格があり飲みごたえ抜群の1杯。ブリオッシュの香りがプンと漂い、ふくよかな味わいです。
カリフラワーにホタテ。ホタテはホールケーキをカットするように包丁を入れることが多いですが、この料理については横に薄切り。酒炒りよろしく40度の日本酒でのんびりと火を入れ独特の食感と凝縮感。カリフラワーの大地の風味もホタテにピタリと寄り添います。
こちらはムニエ主体。桃のような白系果実の香りが支配的であり酸味も豊か。余韻には柑橘系の風味も感じられ、複雑かつ爽快。
アンコウをこのような形で食べるのは初めてです。皮や肝などを余すことなくテリーヌとして押し固め、プルンとしたゼラチン質、セクシーなフォア、皮の弾力、アンコウの魅力全てが詰まったスライスです。手前は身をシンプルに焼いたものでありスポーティな味わい。
みんな大好きドラピエちゃん。ピノ100%のドサージュ・ゼロであり、元気いっぱいの赤系果実を感じさせるアロマ。しかしながら口当たりは実にドライであり、スパイシーと評しても良いかもしれません。
トップにアカザエビ、ボディにトントロ。海の幸と山の幸を掛け合わせる変幻自在の芸風。もうこれは食べる前から美味しいと知っています。エビがキラリと「オレは旨いぞ」と語り掛けてくるような輝きを放っています。

正直わたしはこれまでトントロを牛角でしか食べたことがなかったのですが、当店のそれはまるで別の素材ですね。野性味に溢れ重厚な味わい。全体として味覚の解像度が緻密であり、重層的な味わいが感じられます。本日一番のお皿です。
ロゼ、続く。ピノ主体でイチゴやチェリーのようなチャーミングな香りで満たされます。味覚もやはり赤系果実が支配的であり、若干スパイシー。
立派なサワラ。バリっとした表面に、中心に近づくにつれて変わりゆく食感のグラデーションが堪らない。「こういった素晴らしい素材を出せるのは小さなお店ならではなんですよ。大箱の店で数十食も用意することはできないので」と素材を愛でるシェフ。このひと本当に美味しいものが好きなんだろうな。
お次の肉にはコトー・シャンプノワ。ビオなワインであり、ややフラットながらも逞しさを感じられる味わい。なんとも健康的な1杯です。
メインは仔羊特集。純真無垢な肉に結構な思いきりの良さで火を入れ旨味を凝縮しています。写真上にあるポロネギのツルンとした甘さとロニョン(腎臓)の深みのある味わいが実に美味。付け合わせのジャガイモも素朴ながら存在感のある一口です。
〆シャンが出るのが嬉しいですねえ。熟した果実のようなピノの力強さを感じつつも、全体としてのバランスが良い。コクがありつつも酸がフレッシュです。
デザート1皿目はイチゴにギモーブ(マシュマロ)。凍らせたイチゴに温かいギモーブなどの対比が面白い。パクパクと軽く食べることのできる、何ともセンスの良い1皿です。
最後に追加でもう1杯、ラタフィアをお願いしました。シャンパーニュ地方で造られる、甘みを残した酒精強化ワインです。気品あふれるアタックに、心が和むトロンとした甘味。ポジティブなため息がたっぷりと出る、そんな1杯です。
デザート2皿目の主役は「あんぽ柿(あんぽがき)」渋柿を硫黄で燻蒸したドライフルーツの一種であり、柿の美点がギュっと詰まった逸品です。脇を固めるショコラの風味も抜群の取り合わせ。シェフは料理人としてだけでなく、菓子職人としても大成しそうです。
プティフールはスコーン。ありそうでない一口ですね。最後まで一切妥協のない心意気。ごちそうさまでした。結構飲んで、ひとりあたり2.5万円。これを良心的と言わずして何と表現しようか。聞くと、サービス料は取らず、ミネラルウォーターチャージが1人あたり600円のみとのこと。この支払金額でこのクオリティの食材、多種多様多量なシャンパーニュが楽しめるのは世界のフランス料理屋を探しても当店ぐらいでしょう。
ごく少人数でお店を回しているにも関わらず、忙中閑ありと、シェフやソムリエがおしゃべりにやって来てくれるのが良いですね。その姿勢は実に自然体であり、新進気鋭の料理人にありがちな暑苦しく押しつけがましい雰囲気は一切ない。店名(フランス語で「傲慢」の意)からしてどんな半グレがやっているのかと思いきや、良い意味で適当な、アドリブのきくバイトリーダーのようなあんちゃんであり、なんとも居心地の良い食事でした。私は愛想が良いほうではなく、特に理由が無ければ笑顔など見せないタイプであり店とは距離を置きたい主義なのですが、この日は珍しく良く喋ったような気がします。それは楽しかったから。

「最近の飲食業界は荒れてますよねえ。だから僕は自分が行きたいと思えるお店を作った。何か月も前から予約とかすんの、かったるいじゃないっすか」このようなヴェルキンゲトリクスのような芸風はオーナーシェフならでは。

最近は「オーナーシェフ」と称しつつ実はパトロンがいる場合が殆どですが、当店は正真正銘のオーナーシェフであり、その気持ちの余裕が料理や酒の自由奔放さにあらわれているような気がします。箱の小ささと食材の質、客への請求金額を考えれば絶対に大儲けはできないお店だと思うのですが、後世になっても後ろ指をさされない大義名分がここにはある。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

関連ランキング:フレンチ | 外苑前駅乃木坂駅表参道駅

瓦そば専門店 瓦(ぐらむ)/芝公園


「瓦そば」をご存知ですか?山口県下関市発祥の麺料理であり、チンチンに熱した瓦の上に茶そばと具材を載せて、温かいめんつゆで食べる料理です。「逃げるは恥だが役に立つ」で登場し一気にスターダムへのし上がりました。
もともとは1961年に川棚温泉で旅館を営む高瀬慎一が宿泊者向けの料理として開発し(西南戦争の際に薩摩軍の兵士たちが野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話に参考にしたそうな)、「川棚温泉の名物料理」から「山口県民のソウルフード」にまで格上げされました。
山口県内では家庭向けに蒸した茶そばとつゆのセットがスーパーマーケットなどで売られており、瓦の代わりにホットプレートでみんなで囲んで食べるそうです。
さて当店はその瓦そばの専門店。芝公園駅から歩いて5~6分、世界一美味しいハンバーガー屋である「マンチズ バーガー シャック」のすぐ近く。狭い店であるためピークタイムでは少し並びます。
調理場すぐ近くのアリーナ席をゲット。ゴウゴウと火を立てながら瓦が空焚きされているのが見て取れます。ちなみに入り口すぐ近くには自家製麺を作るための機械がディスプレイされていました。
瓦そばに馴染みのない我々のために指南書が掲げられています。生卵がこぼれないように野菜で土手を作ったりする点はもんじゃ焼きに似ています。ちなみに私は初めてお邪魔するくせに、スタンダードナンバーである「瓦そば」ではなく、「濃厚胡麻坦々瓦そば」を注文。プラス150円で野菜増しにしてもらいました。
注文後すぐに提供される「濃厚胡麻坦々瓦そば」。茹で時間の短い麺を瓦の上に並べ、トッピングをわしゃわしゃと重ねていくシステムです。奇妙なクリスマスツリーのような造形であり、間違いなく今までに出会ったことのない料理です。
土砂崩れが生じないよう、慎重に慎重を重ねて瓦の上に具材を広げていきます。広島風お好み焼きよろしく麺がパリパリと焼けていき、野菜が多い茶そばの焼きそばのような料理ですね。味はまあ、普通です。蕎麦の割には香りに乏しく、焼きそばの割には最近の流行りのような弾力が無く、どっちつかずな料理に感じました。
つけ汁も決して不味くはないのですが、よくあるつけ麺屋の坦々つけ麺的な味わい。茶そばと特に合うというわけでもありません。
味変用に無料の生卵を頂きました。続いて終盤に固まった麺をゴッソリ投入。見た目は斬新ですが、味は凡庸です。
コンセプトとしては面白いのですが、純粋な味覚としてはどうでしょう。最初だからもっとベーシックなメニューを選ぶべきだったのかなあ。

SNS全盛の現代、フォトジェニックな点において集客は見込めるとは思いますが、1回写真撮って終わりな客も多いのではないでしょうか。麺そのものを味わいや、つけ汁のクオリティがさらに高まることを期待したいと思います。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
芝公園あたりは飲食店が少ない。その中でのお気に入りをご紹介。
知っていそうで意外と知らない浜松町のモノレールについて路線、車両、駅、歴史を詳述。ここに書かれた情報を飲み会で話すと結構ウケます。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 芝公園駅三田駅田町駅

【3/24(日)まで!】十番のおばちゃんからハシゴ酒

十番を歩いていると手作り感満載の興味深いチラシを発見。公式ウェブサイトを見てみると、十番きってのスピリチュアル・スポット「十番のおばちゃん」が基点となってグルメイベントを開催するとのこと。参加すれば1杯目は390円均一、または自慢の一品とセットで1,000円という大変お得なシステムです。3/20(水)~24(日)の5日間限定なのでご注意を。


■十番のおばちゃん/麻布十番
https://www.takemachelin.com/2016/12/blog-post_3.html
前売り券も当日券も同じチケット料だったので、当日の夕方にお邪魔しました。
参加店が記されたマップを頂き、ひとりあたり500円の代金を支払ってリストバンドを購入。十番の街へと繰り出します。


■Gyoza Bar Chaozu(ギョウザバーチャオズ)
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13231526/
1軒目は2月にオープンしたばかりのコチラ。ドラゴンボール世代には堪らないコンセプトならびに店名です。
カウンター席がいくつかにテーブルが数卓。トータルでは15席ほどのコンパクトなお店。餃子屋とは思えないほど小綺麗な空間です。「当店では現金の取り扱いを行っておりません。クレジットカード、QR決済、電子マネーでのお支払いをお願い致します」と時代の最先端。
1,000円でカヴァ(スペインのスパークリングワイン)と餃子のセットを注文。まずはシュワシュワで喉を潤しつつ、、、
餃子がやってきました。博多調のある小さめ一口サイズ。焼き目がハッキリと付いており香ばしい。具には下味がしっかりとついており、タレを付けずともそのままでOK。パクパクと後を引く美味しさでついおかわりしたくなります。


■OSTERIA dieci(オステリア ディエチ)
https://www.takemachelin.com/2016/12/dhiechi.html
2軒目はイタリアン。以前にも訪れたことがあり、リーズナブルな価格で本格的なイタリア料理が楽しめたという記憶が濃厚。
イベントメニューは「自家製ラグーのニョッキ」。ミートソースもニョッキも自家製と、飲み物とワインがセットで1,000円とは信じがたいクオリティです。
ミートソースがワインとも良く合う。ちなみに当店は十番では珍しく店内もペットOKという、徳川綱吉のような気概のあるお店です。たまたま同席した隣のチワワがずっと私に話しかけてきて可愛かった。


■豚タツ(ぶたたつ)
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13034295/
芋洗坂の下腹部。六本木ツタヤはもうすぐそこの立地の「豚しゃぶダイニング」。
家庭的な雰囲気の店内。カウンターがいくつかにボックスシートがいくつかの小体なお店です。
こちらも1,000円のセットを注文。飲み物はビールをチョイス。
自慢のグルメは「冷しゃぶ 」。野菜で嵩を増すことは無く、豚肉オンリーでかなりのボリューム感です。しっかりと火を通しているのにも関わらず、ふんわりと柔らかい食感が残っており、濃いめの味付けと相俟って、個人的にかなりツボなオツマミでした。


■バルレストランテ ミヤカワ (BARU-RESTAURANTE MIYAKAWA) 
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13001223/
この店はようわからん。イベントに参加しといて予約で満席ってどういうこっちゃ。受け入れる気が無いなら最初から参加しなきゃいいのに。でも字が凄くキレイなのが羨ましい。


■十一(TOPPIN)
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13201660/
カラペティ・バトゥバ!」などが入居するグルメビルの一画。1,000円のイベントに参加するとは思えないしっかりとした誂えの鉄板焼き屋。
イベント限定の飲み物ということはなく、日本酒を除いて何をオーダーしても良いという太っ腹。私はアメリカン・レモネード(レモネードに赤ワインをフロートさせるカクテル)、連れはモヒートを注文。これ普段だと1杯1,000円しますからね。
自慢のグルメは「A5和牛 肉寿司 〜3貫食べ比べ〜」。飲み物とセットで1,000円というのは奇跡の価格設定であり、肉そのものは大変美味しいのですが、シャリがちょっとボンヤリした味わいでした。


■Tomi Jaz(トミジャズ)
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13204252/ 
〆にジャズバーを訪れました。行き慣れていないだけに背筋が伸びる思いですが、お店の方々の感じが良く、緊張感が解けていく。
自慢のグルメはローストビーフにシーザーサラダ。イベントメシというわけでは決してなく、きちんと美味しいツマミで驚きました。
合わせるお酒はスモーキーな赤ワイン。先のローストビーフと合わせて1,000円というコスパの良さはガチヤバイ!? リアルガチでやばいかも!?

十番は割高な飲食店が多く、座って飲んでちょっとつまむと秒で5,000円を突破することが殆どであることを考えると、何とも費用対効果の良いイベントでした。もちろん1,000円程度では各店の本気の実力を味わえるわけではないかもしれませんが、自分の肌に合った雰囲気を掴むには最適な企画です

土日祝は15:00~オープンしているお店もあり、昼飲みのサク飲みにもちょうどいい。公式ウェブサイトをご覧になって、アタリを付けて行きましょう。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。