リストランテ チョッコ(ristorante ciòcco)/三軒茶屋

三軒茶屋は茶沢通りから少し路地を入ったところにある「リストランテ チョッコ(ristorante ciòcco)」。カウンター8席のみの、薪焼が自慢のイタリアンです。エレベータが無いビル3階にあり急勾配の階段を昇る必要があるので、足腰が弱い方はご注意を。
薪ストーブではメラメラと炎が燃え盛り、妙にときめく空間です(写真は公式ウェブサイトより)。本田克彦シェフはイタリア料理店でそのキャリアをスタートさせ、イタリアを訪れた際に薪焼き料理の魅力に憑りつかれ、2020年に当店をオープン。ソムリエにも認定されているそうで、自身の料理に合わせたペアリングが用意されています。
まずはコーンスープと生ハム。前者はコーンと水と塩しか用いていないそうですが、信じられないほどに糖度が高くふくよかな味わい。生ハムは自家製で松阪牛を用いており、独特の熟成香と甘味を楽しみます。
原木シイタケとタイの白子。シイタケはパワフルでジューシーな個体なのですが、酸味をきかせた調理で凛々しい味わい。トロリとした舌ざわりの白子との調和も見逃せない美味しさです。
自家製のフォカッチャ。レンコンを練り込んでおりシットリもちもちとした口当たりです。
パンのお供に佐渡の牛乳を用いたチーズ。乳脂肪の風味をビンビンに感じる上質なものであり、先のフォカッチャと合わせて無限に食べ続けることができます。
クロムツも程よく熟成させ、薪火でバーっと炙って魅力的な薫りを纏わせます。ソース(?)には茄子を起用しており、その深みのある味わいがジットリとした魚の旨味にマッチします。
鮎のフランは信じがたいほど旨いですねえ。ザラリと舌ざわりに鮎特有の苦味が伝わって来る大人の味わいで、セメント系煮干しつけ麺のつけダレを極限にまで上質化したような味覚です。量もたっぷりで私嬉しい。
パスタはジェノベーゼ風なのですが、山椒をたっぷりきかせており爽やかな風味を愉しみます。ホタルイカの旨味と重なり大人の味わいです。
牛肉は3か月近く熟成させたもので、薪火の香りと熟成の香りが食欲を刺激する。なるほどジュクジュクとした旨味が特徴的で、噛みしめるほどに熟した味わいが滲み出て来ます。濃いめの赤ワインにピッタリだ。
〆のゴハンの用意されています。この日はキノコの炊き込みごはんで、大ぶりのサクラエビが気前よくトッピングされています。サクサクとした食感が心地よく、食べ進める手が止まりません。蓋パカパカ美容系日本料理店のゴハンよりも3-4倍は美味しい。
デザートはパンナコッタでしょうか。生クリームでなく牛乳を用いているのか、フルフルと軽やかな口当たり。イチゴのジットリとした酸味と共に、素材が活きる構成です。
焼きたてのフィナンシェも非常に上質で、シェフの拘りが垣間見れます。ちなみに食中にはハーブをたっぷり漬け込んだお水を用意して下さり、食後のお茶としてもハーブをたっぷり楽しむことが出来るのが嬉しい。
以上を食べ、ペアリングのワインを結構飲んでお会計はひとりあたり2.3万円ほど。シェフの拘りが詰まりに詰まったギークなイタリア料理をたっぷり食べてこの支払金額はリーズナブル。六本木の「Mētis(メティス)」も薪焼が自慢で素晴らしいレストランですが、当店はそれを更に先鋭化させた秘密結社的な魅力を楽しむことができました。オススメです。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。
イタリア20州の地方料理を、その背景と共に解説したマニアックな本。日本におけるイタリア風料理本とは一線を画す本気度。各州の気候や風土、食文化、伝統料理、特産物にまで言及しているのが素晴らしい。イタリア料理好きであれば一家に一冊、辞書的にどうぞ。

ここ数年で滞在した高級・有名とされているホテルを一覧化し◎〇△×と記した

年間を通じて外泊が多いので、ここ数年で滞在した高級・有名とされているホテルを一覧化しました。

◎〇△×と記していますが、これは私が滞在した時点における感想であり、価格や為替の変動、混雑度合い、当時のスタッフの対応など偶然に因る部分も多いので、話半分に捉えてください。また、ハイアットやヒルトンは最上級会員であり、ひらまつは株主なので、素で予約する場合とは対応が異なるかもしれません。

費用対効果も重要視しています。お金に糸目をつけないお金持ちの方々とは観点が異なることをご承知おきください。

ところで、私は子連れ客とそれをコントロールできない宿泊施設を憎んでおり、そういった客層が支配的なホテルは自然と△や×が多くなります。しかしながら、これは見方を変えれば家族旅行に向いたホテルを選ぶ指標となり得るかもしれません。


【ハイアット】

<北海道>

<関東>
△:ハイアットリージェンシー東京ベイ

ワイノログ (Winolog)/広尾

2024年春、広尾の商店街を脇に入ったところで開業した「ワイノログ (Winolog)」。基本は中華料理なのですが、ワインに料理を合わせていくという逆ペアリングコンセプトで話題となりました。
店内は厨房に面したカウンター席にダイニングエリアにテーブルがいくつか。特等席は店内奥の円卓風の可愛らしい一角で、グループでお邪魔する際は是非とも指定したいところ。キッチンからジャラジャラと聞こえてくる油の爆ぜる音が食欲を刺激します。

皆川浩正シェフは「ザ・ペニンシュラ香港」で経験を積み、帰国後は「赤坂 櫻花亭」などの厨房を預かったのち、当店の総料理長へ。
ランチタイムにお邪魔し、ササっと冷たいお茶が供されるのが嬉しい。ちなみにディナータイムにはワインだけでなくティーペアリングまたはそれらの混合などのプランが用意されているそうです。
ランチに付随する小鉢。これが悲しくなるほど小さな量であり、こんなに惨めな思いをさせるのであれば出さないほうがマシかもしれません。もしくはもっと値上げして量を増やすか。
サイドメニューとして注文した豚焼売。悪くないのですが、冷凍焼けした肉のようなニュアンスが感じられ、これで440円というのは割高に感じました。もっと安ければ細かいことも言わないのだけれど。
ランチに付随するスープ。おー、このスープは美味しいですねえ。例によって量は少ないのですが、ディナータイムにフルポーションで注文したらきっと幸せだろうなと期待させる味わいです。
私は「ピリ辛ラムチャーハン」を注文。1,650円と中々の価格設定です。それでもチャーハンそのものの味わいは確かであり、羊肉のミンチがゴッソリと入っており惚れ惚れします。仄かに辛味を感じるのですが、食べ終わる頃にはジワジワと汗が滲み出て来、遅効性の美味しさです。
デザートに杏仁豆腐も付きます。町中華のゼラチンぎちぎち系とは一線を画す口当たりであり、豆腐というよりもリッチな生クリームのような味わいです。
以上を食べて2千円ちょっと。さすがは広尾とも言うべき価格設定ですが、スープ・チャーハン・杏仁豆腐のクオリティは確かであり、全く妥当な価格設定と言えるでしょう。「自家製ラー油入りチャーシュー麵」のような麺類も美味しそう。Makuakeを活用するなど商業主義的な面が気になりディナーに友人を誘いづらいのが難しいところ。いま「ユジンを誘いづらい」とタイポして微妙にテンションが上がりました。ちなみにIVEのほうです。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:中華料理 | 広尾駅恵比寿駅


関連記事
広尾は初デートに良い街です。謎にハイセンスな雰囲気と下町的な親しみやすさが同居する。飲食店も都内トップクラスの名店が比較的リーズナブルな価格設定に落ち着いています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京最高のレストラン2024
価格:2,420円(税込、送料無料) (2024/1/13時点)

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

小梅(こうめ)/安里(那覇)

牧志駅からオリオンホテル那覇方面へ歩いて5分ほどの場所にある「小梅(こうめ)」。国際通りの脇道「竜宮通り」に入ってすぐの「小桜(こざくら)」の姉妹店です。営業時間が11〜23時で中休みなしというタフな営業スタイルです。
店内は入ってすぐがカウンター席で、奥にはテーブル席と2階(ロフト)席もあり、トータルでは50席近くありそうです。我々は当日予約で入ることができましたが、フリーで訪れ満席NGのグループが何組もいたので、ピークタイムは予約をしたほうが無難でしょう。
瓶ビールが750円と、このあたりの居酒屋としては少々割高です。また泡盛を用いたサワーが人気のようですが、なかなか良い値段取ってるなあと言う印象を受けました。
まずは島らっきょう。当店の関係者が伊江島に縁があるようで、伊江島の食材を用いた料理が多く見受けられました。
ガツポン。豚の胃袋をシークワサーポン酢で頂きます。カットが大きく食べ応えがあり、程よい酸味が食欲を刺激します。
小梅サラダはお皿こそ小さめですが葉物野菜がギュギュっと詰め込まれており、ゆで卵もトッピングされ食べ応えがありました。パルミジャーノ・レッジャーノも削られており酒のアテとしても良いサラダです。
塩ナンコツソーキ。ハラリとほどけトロリととろけるソーキが後を引く美味しさ。なのですが、このひと皿が660円というのは少し高いなあというお気持ちです。そう、当店は全般的に料理のポーションが小さいんですよね。
グルグンのフライ。言わずと知れた沖縄の県魚であり、アジのような旨味が特長的。ただ、味は良いのですが、もう少し量を。
じーまみ豆腐の天ぷらに至ってはこの3粒で480円と、だんだん腹が立ってきました。厨房はダベりながらチンタラチンタラ仕事しており(カウンター席からよく見える)、「小桜(こざくら)」と同じ職業意識を感じます。
豆腐チャンプルーはガシガシと弾力のある豆腐に塩気の効いたスーチカー(豚の三枚肉の塩漬け)を用いており、豆腐チャンプルーとしてかなりの美味しさを誇ります。もう少し手早く作ってくれれば完璧なのに。
「貝塩焼きそば」は注文したことを忘れているんじゃないかと思うほど厨房はのんびりとしており、そんな気持ちの中で食べる〆の食事の味わいなど中くらいである。
立地は良く通し営業で便利な飲み屋なのですが、その魅力を補ってなお余りある欠点が多く、なるほど「小桜(こざくら)」の姉妹店だなあとお察し。私のようなせっかち界隈は、ランチタイム限定のカレーのみを注文しパっと食べて帰るような使い方が良いのかもしれません。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:居酒屋 | 牧志駅安里駅おもろまち駅


関連記事
寒い季節は沖縄で暮らしているので、旅行やゴルフだけで沖縄に来る人よりかは一歩踏み込んでいるつもりです。沖縄の人ってネットに書き込みしないから、内地の人が知らない名店が結構多いです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝島(上) (講談社文庫) [ 真藤 順丈 ]
価格:924円(税込、送料無料) (2024/2/4時点)

沖縄通を気取るなら必ず読んでおくべき、大迫力の一冊。米軍統治時代は決して歴史のお話ではなく、今の今まで地続きで繋がっていることが良くます。米軍の倉庫からかっぱらいを続ける悪ガキたちが警官になり、教師になり、ヤクザになり、そしてテロリストへ。沖縄戦後史の重要な事件を織り交ぜながら展開する圧巻のストーリー構成。オススメです。

タテルヨシノ 三國湊 (Tateru Yoshino Mikuniminato)/福井

「オーベルジュほまち 三國湊(みくにみなと)」のメインダイニング「タテルヨシノ 三國湊 (Tateru Yoshino Mikuniminato)」。フランス料理界隈のスーパースター吉野建がプロデュースするオーベルジュということで、はるばる福井の果てまでやって参りました。
「オーベルジュほまち 三國湊(みくにみなと)」と同様、三国の町家をリノベした建屋であり、モダンではあるもののジャパンな趣きを感じさせる独特の誂えです。店内奥にある中庭の存在が印象的。
ワインは全く東京価格ですねえ。もちろんワインは世界統一価格と言われればそれまでですが、当店のゲストは遠くから来た方ばかりなんでしょうし、もう少しうまくやれるんじゃないかなという気持ちはしないでもない。
アミューズはコンソメのジュレに玉ねぎのピュレ、ビーツのムース(?)。当店流の冷製ボルシチだとの説明ですが、なんで三国港くんだりまで来てボルシチなんだという気持ちと、そもそもボルシチってこんなん料理だっけというお気持ちです。
グリーンアスパラにフォアグラ。決して不味いわけではありませんが、なぜ福井の海沿いのオーベルジュに来てまで、東京の安いビストロみたいな料理を食べないといけないのかの疑問は残ります。
ホワイトアスパラガスにヒラメ、キャビア。これはもう、完全に披露宴の食事である。「越前蟹の坊(かにのぼう)」のランチのように、地元の食材を活かした料理はいくらでも考え得ると思うのですが、なぜこんな退屈な仕様としたのか小一時間問い詰めたい気分です。
グリーンピースのスープ。こうなってくると、遠くから来たゲストを馬鹿にしているのかもしれないという疑念が強くなりつつある。ふざけるのもいい加減にしろと言いたいところですが、そういえば和歌山の「オテル・ド・ヨシノ(hotel de yoshino)」もこんな感じだったなという記憶がしないでもない。
パンも普通に美味しいですが、とくにこれといった工夫は見られません。普通のパンです。
タテルヨシノのスペシャリテのひとつであるサーモンは、地元のサーモンを用いているそうで、なるほど確かに美味しい。なのですが、プレゼンテーションがいまいちダサく、披露宴料理の域を出ません。
メインは若狭牛。名前こそ地元のブランドが付与されていていますが、料理そのものから情熱が感じられません。呆れ半分諦め半分で臨みましたが、覚悟した通り無為無聊なひと皿です。
デザート1皿目は吉野シェフの故郷の名を冠した「喜界島アイスクリーム」とのことですが、何のことはない、喜界島の砂糖を用いただけでした。
デザート2皿目の披露宴感が満載で、不味くはないがうまくも無い、そんな甘味です。よし決めた、今夜は奮発してエスティー・ローダーのアドバンスナイトリペアを塗って寝よう。
取ってつけたようなお茶菓子でフィニッシュ。ごちそうさまでした。

心からがっかりしたディナーでした。「タテルヨシノ」というブランドを冠しただけの、時代遅れの披露宴料理店であり、わざわざ三国港くんだりまで来て食べる必然性が全く感じられない料理の数々。こんなことなら当店から徒歩10分の「越前蟹の坊(かにのぼう)」で暴飲暴食を重ねたほうがよほど満足度は高いでしょう。

秋元康が晩年になって名義貸しで雑なアイドルグループを乱発するニュアンスに近いものを感じたディナーでした。やっぱシェフ本人が居ないレストランはダメですね。お疲れ様でした。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。