韓国食堂 入ル 坂上ル(いる さかあがる)/恵比寿

大阪のコリアンタウン・鶴橋の老舗「韓味一(かんみいち)」に起源を持つサムゲタン屋「韓国食堂 入ル 坂上ル(いる さかあがる)」が東京に進出。恵比寿駅の西口を出て線路沿いの坂を上がり、「亀戸ホルモン」「中村 玄」、最強ワンオペフレンチ「mori」などあのへんです。
一般的な韓国料理店とは大きく異なり、コンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュな内装。店員はド金髪のギャルだらけでびっくりするのですが、みな総じて感じがよく、気もよくきいてスタバを超えるホスピタリティ。私がJYPなら酔った勢いでスカウトしていたかもしれません。ヨジャチングちょあー。
特別なマッコリや焼酎はさすがに値段が張りますが、その他のスタンダードナンバーについては居酒屋価格。エビス中ビン700円とかすげえ居心地良い。
お通しとして海苔の佃煮が供されます。韓国海苔を細かくちぎって調味したものであり、旨味と甘みがナイスなバランス。ビールが無限に飲めてしまいます。
キムチが旨い。辛味よりも旨味の複雑性に心を奪われる逸品であり、思わずお土産のテイクアウトをお願いしたほどです。量もたっぷり特大サイズで800円。ほんの数口で千円近く請求する気取った焼肉屋は反省するように。
和牛のプルコギ。大サイズを注文したら本当に大でした。のむちょあー。なるほど和牛らしく甘い脂が感じられ、その甘味を活かした独特の調味もクセになります。
イカフェはイカの刺身とセリをヤンニョム(辛いやつ)で和えたもの。美味しいのですが、先の和牛の豊潤さに負けてしまっている部分も大きい。海苔とキムチの間で食べた方が良いかもしれません。
メインはもちろん「韓味一の蔘鶏湯」。1人前2千円で写真は2人前なので、この鍋ひとつが4千円と考えれば中々の鍋なのですが、ローストチキン級の丸鶏が中央に鎮座していることを考えれば妥当な価格設定でしょう。
ギャルが食べやすいように鶏をさばいてくれて頂きます。ご覧の通りの美味しさであり、身体が大至急潤います。もち米少な目肉多めのローカーボっぷりも今風でグッド。クコの実、なつめ、高麗人参など家庭では真似できない風味です。

軽く飲んでお会計はひとりあたり5千円強と、オットケオットケな費用対効果です。いわゆる伝統的な韓国料理屋の押しつけがましさは微塵も無く(あれはあれで好きだけど)、スタイリッシュな空間でのんびり楽しむ韓国料理というのも乙な味。コラーゲンがパンチャパンチャなので女子会にも良さそう。恵比寿で鶏の鍋なら当店か「クンビラ(KHUMBILA)」で決まりだなあ。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindle Unlimitedだと無料で読める。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

宗像堂(MUNAKATADO)/宜野湾(沖縄)

那覇の北東、宜野湾の高台にある人気のパン屋「宗像堂(MUNAKATADO)」。百貨店の催事などにも積極的に出店しているのでご存じの方も多いかもしれません。天然酵母と石釜を使って焼き上げるパンが話題となり、沖縄における天然酵母パンの先駆者です。
外人住宅をリノベした建屋が印象的。イートインスペースとしてテラスが開放されており、買ったその場で食べることができます。コロナ的に店内で物色でいるのは1グループのみと限定され、軒先にいくらかの行列ができることもしばしば。
お店の規模としてはかなりの種類を誇ります。が、それぞれが残忍とも言える価格設定。最多価格帯は1個300円台であり、都心であったとしてもこの値付けは珍しい部類に入るでしょう。
せっかくなのでその場で調理してくれるパンのセットを2パターン注文しました。それぞれドリンクとスープがセットで千数百円です。
こちらは「ジャンボンブールー」。ハムとバターをパンに挟んだものです。なるほど旨い。深みのあるパンの味わいに気前の良いバターの量。フランスの(良い意味で)雑なパン屋の美味しさそのものです。
パニーニは「これってパニーニか?」という仕様ではありますが、質の高いトマトと伸びるチーズが油たっぷりジューシーなパンに挟まれ、ジュワジュワとヘヴィな旨さです。
こちらは棚に並べられているパンで、左はアオサとチーズ、右はバナナのパンだったかな。アオサの風味が強く美味。家に持ち帰って温めたほうが良かったかも。バナナも濃厚ながらも品の良い甘さであり、モチモチとした歯ごたえで深みのあるパンにしっくりきます。
スープが旨い。このままパスタソースにしても良さそうなほど濃厚な味わいであり、飲むというよりも食べるという表現がピッタリの比重の大きい1杯でした。
連れは酵素ジュース的なものを注文し、ひとくち味見させてもらったのですが(濃厚接触)、いわゆる自家製炭酸ジュース的な味わいでした。
私は大人なのでドリップコーヒーを。おおー、このコーヒーは美味しいですねえ。きちんとしたカップで都心で出せば千円近くしてもおかしくないクオリティです。これまで沖縄で飲んだコーヒーで一番美味しかった。
とは言えお会計は3千数百円と表参道価格。金に糸目をつけず究極にまで品質を高めた傑作揃いであり、パンとして美味しいのは間違いないけれど、沖縄の物価を考えればあまりに高杉です。
また、都内ならこんぐらいのパン屋100コぐらいあんのとちゃうの?というのが率直な感想でもあり、全国の名店を道場破りするようなヲタクにとってはふーんでしょう。巷間の雑誌記事やwebメディアは神格化しすぎ。費用対効果に無頓着な方にオススメです。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:パン | 浦添前田駅


関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

やんばるエリアにおけるジップラインとプライベート・ライアン現象

毎年10回は沖縄を訪れる私。しかしながら「やんばる(山原)」エリアにはこれまで足を踏み入れたことがありません。「やんばる」とは、沖縄本島の北部、山や森林など自然が多く残っている地域の総称であり、ここでは便宜的に大宜味村、東村、国頭村あたりを指すことします(画像は「国頭村観光協会」の公式ウェブサイトより)。
今回は「美ら海水族館」のある本部町に長く滞在していたので、せっかくだから「やんばる」まで足を伸ばしてみようと丸1日かけて彼のエリアを巡ってきました。


■やんばるアドベンチャーフィールド/東村
http://yambarunture.okinawa/lp/
ジップラインにつき私は1度だけチャレンジしたことがあるのですが、連れが未経験とのことで、手早くアレンジして差し上げます。アクティビティ中はカメラを持ち込めないので(スマホはOK)、画像は公式ウェブサイトのものをお借りします。
コーヒー園に併設のジップラインだからオモチャみたいなものだろうと高を括っていたのですが、想像以上に壮大で解放感のある設計。まさに森の中を飛び回る気持ちよさであり、来世はヤンバルクイナに生まれようと決意した瞬間です。

ジップラインってこんなに楽しかったっけな。こんなことならハイチを訪れた際に世界最長のジップラインを試しておけばよかった。確か200ドル近くしたからやめたんだっけな。「悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段なら止めておけ」という格言が心に沁みたひと時でした。


■又吉コーヒー園/東村
https://www.matayoshicoffee.jp/
前述のジップラインを抱えるエンタメ系コーヒー園。本業のコーヒー栽培だけでなく、宿泊施設やアトラクション、バーベキュー、カフェ、物販も手掛ける多角化農園です。
当園で採れるコーヒー豆のみを用いた「沖縄」。1杯1,400円とコーヒーハンター価格なのですが味は中くらいで人件費を飲むようなものです。人件費の高い日本人が全てを手掛ければこうなるのだ。

しかしながらこれだけの価格を取っておきながらコーヒーフレッシュという
ミルクもどきを添えるセンスがわからない。あまりコーヒーに興味ないのかな。


■前田食堂/大宜味村
https://www.takemachelin.com/2021/04/maeda.html
「二郎系沖縄そば」として有名な「前田食堂」。飲食不毛の地であるやんばるエリアに観光に出かけるのであれば是非立ち寄りたいところ。目の前の海はどこまでも広く青いので、この地域の観光名所のひとつとして捉えて訪れましょう。


■新道の駅おおぎみ やんばるの森ビジターセンター/大宜味村
https://www.yambaru-vc.com/
割に新しくできた道の駅。大宜味村を中心とした北部の野菜・肉・魚・弁当・パン・お菓子などを販売する直売所が充実しており、このあたりに居を構えているのであれば野菜を大量に買い込みたいところ。また、目の前の海がとても美しく、最も魅力的な眺望を携えた道の駅と言えるでしょう。
ちなみにずっと探し求めていた「ひがし食堂」のアイスを発見。いわゆるぜんざいとはまた違う味わいですが、これはこれでありよりのありでした。


■道の駅 ゆいゆい国頭(くにがみ)/国頭村
https://www.yuiyui-k.jp/
先の道の駅から車で十数分北上したところに再び道の駅が。この僻地に道の駅を連投するセンス。しかしながらこちらの道の駅はクラシックというか、売られているものが種々雑多な土産物であり、あまり美しくありませんでした。
ちなみにこちらでも地元の野菜を販売する直売所が充実しており、このあたりに居を構えているのであれば大量に買い込んでいたところ。畢竟、やんばるとは野菜である。


■辺戸岬(へどみさき)/国頭村
http://kunigami-kikakukanko.com/itiran/06.html
沖縄島の最北端の辺戸岬。ここまで来れば奄美群島の与論島や沖永良部島はすぐそこです。ところで道中、地元の名産品であるヤンバルイナが車に跳ねられたのか道路の真ん中でグッタリしており、その彼をもう一羽が必死に道路わきに引っ張って救護していた姿が心に残りました。まるで「プライベート・ライアン」のワンシーンを見ているかのよう。そういう仲間意識って、生物のどこまであるのかな。虫にもあるのかな。細菌とかウィルスはどうなんかな。


■大石林山(だいせきりんざん)/国頭村
https://www.sekirinzan.com/
やんばる国立公園内にある切立った岩山と亜熱帯自然林のトレッキングコースが整備された観光施設。ドラマ・映画・CMなどのロケ地として多用されています。
センスの無い変な資料館が併設されており、入場料が1,200円と微妙に高いのでどうしようなかあと一瞬悩みましたが入山して大正解。深い緑がたくさんのトレッキングコースがライトに整備されており、最高のお散歩ルートです。パワースポット的マイナスイオンな方は是非。

食べログ グルメブログランキング

関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

シェ・トモ(GINZA chez tomo)/銀座

女子会の王者「シェ・トモ(GINZA chez tomo)」。感度の良いギャルであれば一度はインスタでスペシャリテの写真を見たことがあるでしょう。私は「白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ(chez tomo Natural Cuisine )」のオープン時にお邪魔したことはあるのですが、銀座店は何気に初めてです。
銀座のポーラビル11階で受付し、ダイニングは2層に分かれています。我々は上階へとご案内。細長いビルの中としてはゴージャスな内装。ゲストの大半は女性でした。

市川知志シェフは1985年というかなり早い段階で渡仏し、3ツ星「ジョルジュ・ブラン」「トロワグロ」などで修業。帰国後は東京の名だたるレストランの厨房を預かり、2002年に独立。日本フランス料理界の重鎮です。
酒が安い。グラスワインは700円からで、銀座の一等地のフレンチレストランでこの価格設定はミラクルです。我々は食前酒の後にこのヴィオニエをボトルで頂いたのですが、芳醇でかなりの旨口ながら5千円ポッキリというハッピーな1本でした。
まずは「生ウニの貴婦人風」。やわやわの炒り卵(?)ならいびに茶碗蒸しにオマールのビスクやウニなどを流し込む、みんな大好きな味わい。自宅の冷蔵庫に常備したいレベルです。
前菜は左がタケノコならびにそのフラン(茶碗蒸し)、右はクレソンにキヌア、ホタルイカ。フランでちょっと麺被りしてしまいましたが、新鮮で上品なタケノコの風味に頬が緩む。キヌアがキューブ状にギュっと詰まっているのが面白かったです。
パンはベーシックなバゲットなのですが、写真左のジャム(?)が興味深い。様々な野菜をミキサーにかけてグツグツしたものであり、大地の甘味が程よくきき、ありそうでない逸品です。
スペシャリテの野菜盛り合わせ。露地栽培された野菜無農薬野菜を全て異なる調理法で臨んでいます。野菜ながら味が濃く、妙にワインが進みます。私はこういう料理を毎日食べたい。そういうものに、わたしははなりたい。
メインはお魚料理を選択。この日の鮮魚はイトヨリであり、淡泊な味わいながらバリっとした焼き目に旨味の強いアサリのソース、キャベツの甘味。お魚料理ながら非常に食べ応えのある1皿でした。
桜の季節だったので、デザートは桜特集。個人的には桜の枝を模した抹茶のチョロスがツボでした。
紅茶で〆てごちそうさまでした。

お会計はふたりで1.5万円。そう、ふたりで、です。明細を見ると食前酒付きの料理がひとり5千円、ワインは前述の通り5千円。もちろん消費税もサービス料もコミコミです。これはちょっと信じられないほどの費用対効果の良さですねえ。こうなってくると夜のコースにも俄然興味が湧いてくる。次回はディナーにお邪魔したいと思います。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

沖縄ぜんざい いいやんべぇ/南城市(沖縄)

南城市は国道331号線沿い「手登根(てどこん)」という名のバス停すぐ近くにある沖縄ぜんざい専門店「いいやんべぇ」。地元の主婦が住宅の車庫をリノベしてオープンし人気が赤丸急上昇。夏の間は常に行列が生じています。
ベースの「ぜんざい」は300円。こちらに様々なフレーバーがトッピングされていきますが、いずれにせよワンコインで収まる価格設定。ちなみに一般的に「ぜんざい」とは小豆を煮たホットなおしるこのようなものを意味することが多いですが、沖縄では煮た豆にかき氷を盛り付けたものをそう呼びます。
「ミルクぜんざい」は350円。おや、沖縄の「ぜんざい」は金時豆の煮汁をシロップがわりにしたシャバシャバとした口当たりが主流ですが、当店はあんこの部分の粘度が高く、厚みと説得力が感じられます。金時豆は4時間もかけてじっくり炊かれたものであり、艶やかな外観にしっかりとした噛み応え。本部「新垣ぜんざい屋」のそれにベクトルは近いかもしれません。
こちらは「きなこミルクぜんざい」。先の「ミルクぜんざい」にきな粉をたっぷりかけるのですが、香りを含めこれが良く合う。ちなみに氷の下にもあんこと白玉が詰まっており中々の重量なのですが、ズシンと重いのに不思議と食べ疲れない、そんなぜんざいです。
店名の由来は恐らく「いい塩梅」でしょう。店主と少しお話しましたが、「ウチはね、いい加減なの。寒いと閉めちゃう。不定休。でも、夏の間は働きっぱなしだから、それぐらい良いでしょ?」と屈託なく笑う。なるほど「いいやんべぇ」なぜんざい屋でした。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:かき氷 | 南城市


関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。