IRON HOUSE(アイロン ハウス)/目黒

目黒の権之助坂を下り、大人気焼鳥店「鳥芳 2号店(とりよし)」を少し過ぎた先にある「IRON HOUSE(アイロン ハウス)」。駅すぐの飲み屋ビル「サンフェリスタ目黒」の1階に入居する「TRUNK(トランク)」の系列店です。 
間口が狭く奥に細長い、まさにウナギの寝床といった雰囲気の店内。この狭小っぷりは何か見覚えがあるなと思い起こすと、「立飲ビストロシン(Bistro-SHIN)」の跡地なのかな。ゲストの殆どは自腹の女の子グループで、こういう客層の店は大抵アタリであることが多い。
飲み物は安く、生ビールが680円にグラスワインも千円を切ります。ハウスワインはデキャンタでの提供もされており、気軽にガブガブ飲むことができて私嬉しい。このあたりの思想は「TRUNK(トランク)」のそれを引き継いでいるように感じました。
お通しはトウモロコシのスープ。コクのある甘味が感じられ、さあ食べるぞという気持ちを高まらせてくれます。
帆立、海老、鮮魚のメリメロサラダ。「meli melo (メリメロ)」と言えば私が絶対に許さないレストランのひとつですが、もともとはフランス語で「ごちゃまぜ」という意味であり、なるほど新鮮な野菜の合間合間に魚介類が気前よく盛り込まれています。幸福感が全身を駆け巡る。
甘海老とイカ軟骨のフリット。いわゆる居酒屋の軟骨唐揚げ的なポジショニングであり、ビールが捗る捗る。こういうざっかけないツマミは大好きです。
一方で、パンはパっとしませんでした。どことなく水分が抜けてパサついており味気ない。私はジュワっとジューシーなフォカッチャが好きなのです。
牛ラグーのこぼれラザニア。これはもう、料理名のネーミングの勝利ですね。食いしん坊たちの琴線に触れる言葉選び。ラグーの肉々しさもバッチリで頼もしい美味しさです。
メインにアクアパッツァ。この日のお魚は鯛であり、貝のエキスを吸って吸って気持ち良い。素朴な料理ですがど真ん中真っ直ぐに美味しいです。ちなみに残った汁気を用いてパスタでもリゾットでもインプロビゼーションで料理してくれるとのこと。
しかしながら我々はスープのごとく全てを飲み切ってしまったので、別途追加でパスタを注文。根セロリとアナゴのパスタなのですが、ちょっとアナゴがわざとらしいぐらい甘かったので好みが分かれるところかもしれません。アナゴにつき、私はもう少しムキムキと食べ応えのある調理の方が好きなのだ。
デザートはコショウ風味のジェラート(?)にチョコタルトにバナナアイス。いずれも悪くはないのですがシンプルすぎるきらいがあり、コンビニスイーツの域を出ない。そのぶんの胃袋を料理に費やせば良かった。
とは言え、以上を食べてそこそこ飲んでお会計はひとりあたり8千円強というのは実にお値打ち。前述の「TRUNK(トランク)」はもちろん、「立飲ビストロシン サンテ(SHIN Sante)」「fours(フー)」など、目黒はこの価格帯の飲食店が非常に強い。気の置けない仲間と共にワイワイやりに行きましょう。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:ビストロ | 目黒駅


関連記事
目黒は焼鳥やトンカツ、カレーにラーメンと生活に密着した飲食店が多く、そのいずれのレベルも高い。地味ですが豊かな食生活が約束されている街です。
市や区など狭い範囲で深い情報を紹介する街ラブ本シリーズ。2015年の『目黒本』発売から約4年の年月を経て、最新版が登場!本誌は目黒に住んでいる人や働いている人に向けて、DEEPな目線で街を紹介するガイドブックです。

ここ数年で滞在した高級・有名とされているホテルを一覧化し◎〇△×と記した

年間を通じて外泊が多いので、ここ数年で滞在した高級・有名とされているホテルを一覧化しました。

◎〇△×と記していますが、これは私が滞在した時点における感想であり、価格や為替の変動、混雑度合い、当時のスタッフの対応など偶然に因る部分も多いので、話半分に捉えてください。また、ハイアットやヒルトンは最上級会員であり、ひらまつは株主なので、素で予約する場合とは対応が異なるかもしれません。

費用対効果も重要視しています。お金に糸目をつけないお金持ちの方々とは観点が異なることをご承知おきください。

ところで、私は子連れ客とそれをコントロールできない宿泊施設を憎んでおり、そういった客層が支配的なホテルは自然と△や×が多くなります。しかしながら、これは見方を変えれば家族旅行に向いたホテルを選ぶ指標となり得るかもしれません。


【ハイアット】

<北海道>

<関東>
△:ハイアットリージェンシー東京ベイ

Auberge eaufeu(オーベルジュ オーフ、宿泊・朝食)/小松市(石川)

小松市は観音下(かながそ)の西尾小学校を改装し、廃校オーベルジュとして再出発した「Auberge eaufeu(オーベルジュ オーフ)」。メインコンテンツは「RED U-35」という35歳以下の料理人を対象にしたコンクールで最年少26歳でグランプリを受賞した糸井章太シェフの料理であり、ゴエミヨに掲載され、食べログではブロンズメダルを受賞しています。
外観こそは小学校ですが、ロビーはインダストリアルな雰囲気で、コストコや成田第3ターミナルを超オシャレにしたような雰囲気です。ちなみにこのロビーはカフェとしても機能しており、ビジターでの利用も可能とのこと。
お部屋まで移動します。おおー、これは、廊下だ。なるほど小学校の空気を残すノスタルジックなデザインであり、思わず駆け出したくなる居心地の良さです。
お部屋は「デラックスツイン TYPE A」にご案内頂きました。広さは34平米とのことで、元々は音楽室があった場所だそうです。
寝具は正直イマイチですね。ギシギシとしたスプリングのマットレスにフニャフニャのベッドパッドが挟まっておりパっとしません。年の半分近くを外泊に費やしていると、こういう所にとても敏感になります。ちなみにヘッドボード上にある絵はムッシュ小川貴一郎の作品であり、館内には彼の作品が至る所に展示されています。
ひとりがけのソファとワーキングデスクも用意されています。ネット環境は思いのほか快適で、下りで80Mbpsは出ていました。また、テレビなどのディスプレイの類は一切置かれていないのがクールです。
クローゼットは一般的なものであり、1-2泊するには充分な大きさと言えるでしょう。
ミニバーについてはお茶とミネラルウォーターのみが無料であり、その他のアルコールやソフトドリンクは全て有料です。冷蔵庫の音がブーブーうるさいので、個人的には正直いりません。
ウェットエリアに参ります。音楽室をよくここまで今風にリノベーションしたなと感心する誂えであり使い勝手良し。他方、アメニティは有名どころのものでなく、ザ・消耗品といったところでした。
バスルームにはバスタブも設置されており広々としています。我々は夏に訪れましたが、雪の深い時期には有難い仕様かもしれません。
トイレは独立式で、当然にウォシュレット完備でした。
共用設備に参りましょう、と言いたいところですが、当館はフィットネスルームなどの気の利いた設備は存在せず、レストランと客室があるのみです。周辺の観光地も「観音下石切り場」だけであり、ああ、石が切られているなあという程度です。
屋上は「KANAGASO TERRACE(観音下テラス)」と称してゲストに開放されています。中央にあるのは臨時のサウナかな。特に案内は無く、使用されている形跡も見当たりませんでした。
待ちに待ったディナーは1階のダイニングで楽しみます。食事は全く素晴らしいものでしたが、アルコールペアリングの割高感が否めなく、完全にシェフの足を引っ張る仕様気の毒に感じました。詳細は別記事にて。
朝食は発酵をテーマとした和朝食。中でもだし巻き卵のジュワっと感と、キノコたっぷりのお味噌汁が心に残りました。もちろん美味しいのですが、ひらまつ系のオーベルジュのラグジュアリーな朝食に比べると地味地味であり、物足りなく感じました。
ディナーの味わいや全体を通してのストーリー性・完成度には目を瞠るものがあり、「レヴォ(L'evo)」と並んで北陸を牽引するフレンチでしょう。しかしながら宿泊施設としてはパっとせず割高なので、ビジターで訪れて食事を摂るだけで良かったかなというお気持ちです。

土日祝はランチも営業しているので、北陸旅行を終え〆のランチにお邪魔し、そのまま小松空港に帰るプランがベストなような気がしました。お疲れさまでした。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:イノベーティブ | 小松


関連記事
北陸新幹線開通前は秘境的な小京都として魅力があった金沢。開通後は客層が荒れだし、土日連休は東京のガチャガチャした人ばかりです。それは飲食店においても同様で、金曜日の夜から日曜日にかけての鮨屋など港区のちょづいた店と雰囲気は似てきています。きちんと食事を楽しみたい方は、連休を外して訪れましょう。
「大人絶景旅」と銘打ってはいますが、石川の名所をテンポ良くまとめています。グルメ情報も多くモデルルートの提案もあり、広告だらけのガイドブックとは一線を画す品質の高さです。

Auberge eaufeu(オーベルジュ オーフ、夕食)/小松市(石川)

小松市は観音下(かながそ)の西尾小学校を改装し、廃校オーベルジュとして再出発した「Auberge eaufeu(オーベルジュ オーフ)」。今回はそのメインコンテンツである夕食についてお届けします。ゴエミヨに掲載され、食べログではブロンズメダルを受賞しています。
外観や客室については小学校の空気を残すノスタルジックなデザインなのですが、ここダイニングに限ってはバリバリに今風な空間です。

糸井章太シェフは京都府生まれ。「メゾン・ド・ジル芦屋」「メゾン・ド・タカ芦屋」で経験を積んだのち、「RED U-35」という35歳以下の料理人を対象にしたコンクールで最年少26歳でグランプリを受賞。2022年より当館の料理長に就いています。
観音下(かながそ)は水がキレイなことで有名で、まずはその大地のパワーに敬意を表しそのお水を頂きます。ちなみに当館のお隣には「酒造りの神様」として有名な「農口尚彦研究所」があり、食中には仕込み水を提供して下さいます。
ワインはバリ高いですねえ。グラスシャンパーニュを除いたワインペアリングがハーフボトルほどの量で1.1万円。確かに料理には合っているのですが、酒屋で買ったらいくらなんだよというクラスのワインが続き、カクテルや日本酒でも杯数を稼がれ、相当にテンションが下がりました。それでもワインを飲みたい方は必ずボトルで注文しましょう。必ずです。
気を取り直してアミューズ。ワオ、なんて可愛らしいプレゼンテーションでしょうか、わたしキュンキュンしちゃいます。ひとつひとつの味も大変すばらしく、この時点で当店のシェフは只者ではないと実感しました。
続いて太刀魚に色んな豆が組み込まれたひと品。太刀魚特有のザラっとした旨味に健康的なお豆さんパワーが加わります。
こちらは岩ガキに新玉ねぎのペースト(?)を加え、トマトのジュレで整えたもの。アミューズ同様に随分と可愛らしい料理ですが、その味わいは晴れ晴れしく、無限に食べ続けたい欲望に駆られます。
花ズッキーニにはイワナが詰まっています。この食材にはモッツァレラチーズを詰めるのが定番であり、イワナを詰めた料理人は当館のシェフが世界で初めてかもしれません。ジェノベーゼっぽい青い風味も爽やかで、センスを感じるひと品です。
自家製のパン。バターは諸々の動物性を排除したものだそうで、ココナッツの風味が支配的。なのですが、私の趣味嗜好からすれば、これは別に普通のバターで良いと思いました。
おや、タコスだ。なんでもシェフは当店の厨房を預かる前にアメリカでも働いていたそうで、彼の地での食体験を具現化したそうです。とは言え具材は能登のイノシシに新鮮な葉物野菜、アスパラガスとテクっており、素材だけで勝負する仕事の遅いタコス屋に見習って欲しいところです。
お魚料理はサワラ。一般的には地味目な魚として認識されていますが、ニンニクの芽や山椒でバリバリに風味を強化しており、非常に香り豊か。東南アジアの香味野菜中心の料理に近いニュアンスを感じました。
メインディッシュは能登のイノシシ。思いのほかエレガントな味覚であり、ブラインドで食べればイノシシとは判別できなかったかもしれません。付け合わせのオクラの緑の風味が強く主張のある味覚です。
〆のお食事にリゾット。蛍米と言って、当館の周りのホタル舞う水田で栽培されたそうで、素朴でしみじみ美味しい。空豆の青い薫りも見逃せない美味しさです。
デザートひと皿目は酒粕のアイスにメロン。南方系の濃厚な甘味に仄かに酒の香りが漂うクリーミーな甘味が後を引く美味しさです。
メインのデザートはバナナ・キャラメル・ヘーゼルナッツ。バナナの濃厚な甘味にほろ苦いキャラメル、ヘーゼルナッツのナッティな風味。見た目以上に香り高いひと品であり、シェフは全編通して香りを大切にしているように感じました。
黒文字の風味をきかせた小菓子でフィニッシュ。ごちそうさまでした。

以上の料理が¥19,800(税込・サービス料別)。料理そのものの味わいや全体を通してのストーリー性・完成度を考えれば非常にお値打ちであり、レヴォ(L'evo)」と並んで北陸を牽引するフランス料理店と言えるでしょう。   
他方、前述した通りペアリングの割高感は否めなく、あのラインアップで1.1万円は無いよなあというお気持ちです。宿泊のページに記した通り、宿泊施設としては正直微妙なので、ほんと料理だけだなというお気持ちです。

土日祝はランチも営業しているので、北陸旅行を終え〆のランチにお邪魔し、そのまま小松空港に帰るプランがベストなような気がしました。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:イノベーティブ | 小松


関連記事
北陸新幹線開通前は秘境的な小京都として魅力があった金沢。開通後は客層が荒れだし、土日連休は東京のガチャガチャした人ばかりです。それは飲食店においても同様で、金曜日の夜から日曜日にかけての鮨屋など港区のちょづいた店と雰囲気は似てきています。きちんと食事を楽しみたい方は、連休を外して訪れましょう。
「大人絶景旅」と銘打ってはいますが、石川の名所をテンポ良くまとめています。グルメ情報も多くモデルルートの提案もあり、広告だらけのガイドブックとは一線を画す品質の高さです。