ル マルタン ペシュール(LE MARTIN PECHEUR)/吹上(名古屋)

名古屋で最も著名なソムリエのひとり、ムッシュ那須亮のお店。住宅街のクールなマンションの地下にあり、何しろ目立たない。外壁に小さくLMPとだけ灯りが点いているのでそちらを目印にどうぞ。
テーブル席はあるものの、少人数であればカウンター席に座るのが良いでしょう。那須亮ソムリエは腰の低い鮨屋の大将のような雰囲気であり、ワインの楽しさを気さくに嫌味なく伝えてくれるのでとても楽しい。
おくちどりには洋風茶碗蒸し。生地そのものが旨いのは当然として、小さなカップの中にギンナンやアナゴ(?)がぎっしりと詰まっており、イクラと自家製カラスミなどのトッピングも酒を飲ませにかかってきます。
イシダイのカルパッチョ。お魚に上手く野菜を組み込んでおり魅力的なプレゼンテーションです。自家製の鴨の生ハムの旨味もナイスなアクセント。
手前は自家製のパンで、奥は買いのバゲット。できることとできないことを自己分析して割り切る姿勢が素晴らしい。素朴で堅実な味わいです。
白子には小松菜のソースを流し込み、チーズのおせんべいで固めます。チーズのサクっとした濃密な旨味に濃密な白子の舌ざわり、小松菜の滑らかな苦みと大人の味わいです。
お魚料理はアマダイ。ウロコ焼きにしたものと、ホタテと共にムースに仕上げパイで包んで焼いたもの。いずれも旨そうであり、さてどっちから食べようと胸の躍るような悩みを抱え、そして実際にいずれも旨い。とりわけムースについては大きな毛布で包まれているようなやさしさを感じました。
メインは蝦夷鹿。肉の取り扱いについては文句のつけどころがなく、加えてポワロネギの思いきりの良いポーションやキノコの旨味の忍ばせ方など神韻縹渺に趣深い。「肉を食べた」ではなく「肉料理を食べた」という印象の強い1皿でした。
この規模のレストランとしては驚きのチーズの品揃え。熟成も綿密に行われており、フランス料理という文化に対する並々ならぬ愛情を感じました。ちなみにコミソムリエールはチープロでもあり、若者ながらめちゃんこ感じが良い。このサービスの子は素敵だなあと感じたのは恵比寿「ALTRO!(アルトロ)」の以来です。
デザートは濃厚なバニラアイスクリームにリンゴたっぷりのタルトタタン。これぞ王道、タネも仕掛けも無いストレートな味わいであり美味しかった。
ハーブティーと小菓子で〆てごちそうさまでした。

お料理のコースはチーズ込みで1万円。ワインはグラスで色々合わせてもらって結局1本近く飲んで、総額ではひとりあたり2万円強。わおー、なんてリーズナブルなのでしょう。料理の美味しさはもちろんのこと、ワインとの組み合わせがやはり素晴らしいですね。決して押しつけがましくなくサラっと上手く合っており、シェフとソムリエが綿密に打ち合わせをしている証拠でしょう。客層も居心地も素晴らしく、常連になりたくなるお店です。ワインラヴァーと共にどうぞ。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
仕事の都合で年間名古屋に200泊していたことがあり、その間は常に外食でした。中でも印象的なお店をまとめました。

食通たちが鰻の魅力とこだわりを語り尽くす一冊。よしもとばなな、沢木耕太郎、さくらももこ、椎名誠、村上龍、村上春樹、島田雅彦、五木寛之、遠藤周作、群ようこ、などなど最強の布陣が送るアンソロジー。

珉珉 Otemachi One店(みんみん)/大手町

2020年夏にオープンしたばかりの商業施設「Otemachi One」に入居した「珉珉(みんみん)」。1953年に大阪千日前で創業した老舗です。
大手町という金融インベストメントリッチシティながらランチは7百円台~と安い。そのへんの弁当屋でさえ千円に迫る価格設定である街であるだけに良心的な価格設定です。
私は店名を冠した「ミンミンセット」を注文。スペシャリテの焼餃子と水餃子の両方がつく定食です。焼餃子は回転が良く断続的に焼き続けているからか、注文後数秒での提供です。水餃子はちょっと待ってね。
主題の焼餃子。なのですが、これはまあ普通の餃子ですね。780円の定食だからあれこれ言うべきではないのですが、それにしても普通の餃子です。公式ウェブサイトに「珉珉が強力粉100%にこだわる」との記載があったのですが、別に胸を張って自慢するべきことでもない気がします。
水餃子も餃子そのものはプレーンな味わいなのですが、スープがいわゆる町中華的アーティフィシャルな味わいでジャンクに旨い。汁気があるぶん焼餃子よりも胃袋に溜まって心に残りました。
ライスも一般的な定食屋で食べるそれと同等です。公式ウェブサイトに「珉珉では創業以来、新潟産コシヒカリを使用しています」と大見得を切っていましたが、別に胸を張って自慢するべきことでもない気がします。
杏仁豆腐は思いのほか旨い。ゼラチン主体のカタカタのものを期待していたのですが、思いのほか滑らかなタッチで美味しかった。

お会計は780円。量と質から判断するにまあこんなものかもしれませんが、立地を考えれば良心的な価格設定です。夜に飲みに来た方がその威力を発揮するかも。理想の男性を射止めるのは難しいですが、自分の理想のライフスタイルを実現してくれる男性を射止めるのは意外に簡単なものである。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

うどん錦/栄(名古屋)

名古屋の歌舞伎町的な歓楽街「錦(にしき)」にあるうどん屋。このあたりで飲んだ後の〆のうどん店として有名であり、深夜2時までの営業と酔客の心強い味方です。食べログでは百名店入りと人気があり、てっぺんを周っても行列が続いていることもしばしば。
並びたくなかったので、開店と同時にお邪魔しました。それでもその後に続々とゲストが入って来、その全員が「カレーうどん」を注文しています。結構な種類のフレーバーがあるというのに皆カレーうどん。人類みな麺類である。
麺はある程度茹で置きされているので注文後すぐに着丼。「特製カレーうどん」、800円です。カボチャのような色合いでオレンジからイエローにかけてのスープが特徴的。具材は厚揚げがゴロゴロと入り、肉・ネギが少々。
スープの味わいはかなりマイルド。なのですが、あとからヒタヒタと辛味が迫ってきます。出汁がきいていて結構、いやかなり美味しいです。麺は讃岐ほどではありませんがコシがしっかりとしており、モチモチと美味。
私はこれまで名古屋でうどんと言えば「うどんの千」一辺倒でしたが、なるほど当店も人気なだけあって美味しい。量は少なめなので、ガチな食事というよりはオヤツやそれこそ飲みの帰りの〆などにちょうど良いでしょう。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
カレーって美味しいですよね。インドカレーも日本カレーも大好き。ただしそれほど詳しいジャンルではなく、スパイスマニアには逆立ちしても勝てないので、意外性のあるオススメカレーをご紹介。

カレーにまつわる単語が辞典形式にまとめられ、知っていそうで全く知らないカレーエピソードがたくさん詰まっています。気合を入れてカレーを食べに行く前に目を通してから臨むと楽しさ倍増!

ル・シーニュ(Le Signe)/銀座

銀座のエルメスのすぐ近くにある雑居ビル6階。イノベーティブ系レストランとしてワンチャンあった「盡(じん)」の跡地にオープンしたフレンチ「ル・シーニュ(Le Signe)」。店名は英語だと「the sign」すなわち「兆し」。
「盡(じん)」から誂えは殆ど変わっておらず、フランス料理ではありますが割烹料理店のような雰囲気があります。客層は非常に厚くエレガント。港区あたりのチャラついた成金連中とは重みが違います。

上野宗士シェフはアラン・デュカス(史上最年少三ツ星シェフ)の薫陶を受け、帰国後は「ベージュ アラン・デュカス東京」などで腕を振るい、旧軽井沢ホテル内「ル・シーニュ(Le Signe)」のシェフを務めた後、その看板を銀座に持ってきました。
ところで先日、日本ソムリエ協会の機関誌に当店、いや、当店の支配人の有馬純平ソムリエが大きく取り上げられており、紹介されている料理もワインもパワー系の組み合わせで実に美味しそう。これはそのへんのアホな自称フランス料理とは格が違うぞと期待して予約を入れました。
アミューズが凝っている。もう食べずとも外観だけでこのお店の料理が素晴らしいことがよく分かります。入店から着席までほんの数分だというのに、こんなに込み入ったアミューズをスっと出せる手際の良さにも脱帽。味ももちろん申し分なし。特に左下のイカをオシャレにしたやつが美味しかったです。
一見、地味な状貌ですが、その奥には松葉ガニやウニがギッチギチに詰まっています。濃密にして濃厚な海の味覚。これこれ、これですよ、と思わず連れの肩を叩きたくなる美味しさです。
サンマのタルト。サンマの香ばしい香りに強烈な旨味が舌から喉まで広がります。鉄っぽいニュアンスもワインに良く合う。パプリカやハーブなどを複雑に組み合わせた風味など見どころが満載です。
バターは12種からのチョイス。私はフラッグシップの海藻を練り込んだもの、連れは燻製したものを選択。小麦の風味が強く活きた自家製のパンと共に、これだけでひとつの料理として成立する美味しさです。
伊勢海老。パートブリック(春巻き的なパリパリ生地)で包んであげて、カレー風味のバターで仕上げます。これは桁違いの美味しさですねえ。私は海老を目の前にすると、全くと言っていいくらい抑制がきかなくなってしまう程の海老好きなのですが、その好き嫌いの程度を超越した圧倒的名作としての美味しさがこの皿には詰まっています。
特大のホタテ。俺はフランス料理だと言わんばかりの力のあるソースが自慢であり、その上にファサっと削られるアルバさん。口に含むと白いダイヤの香りが爆発し、続いて料理の美味しさが五感に殺到します。
お魚料理はキンキ。これは食感が印象的ですねえ。これまでキンキと言えば雑に煮付けられてはいるものの魚の美味しさで結局美味しい、みたいなパティーンが多かったのですが、このキンキはふっくらと、実に愛情を持って丁寧に調理されているのが分かります。ソースもやはり込み入っており、風雅たる味わい。
フィニッシュはやはり肉。キンキと同様、監視の対象であるかのように実直に調理されており、文句などあるはずもない火入れです。付け合わせにも手抜きがなく、この一画だけを切り取っても上質な料理と言える美味しさです。
ワインのペアリングについては素晴らしいの一言。金をかけているとか気前が良いとかそういう次元の話ではなく、ワインの意図を理解した上で料理との相性をシェフとソムリエで綿密に議論しているからこその結果であり、客から何を手に入れるかよりも何を与えるかに血道を上げていることが良くわかる構成でした。ソムリエの、お気に入りのオモチャを自慢するかのような解説も楽しい。
デザートにしてスペシャリテの「黒雪」。アイスクリームに冷凍したトリュフを鰹節のようにワサワサと削りかけていきます。マイナス20℃から36℃(体温)への急激な温度変化に伴って、黒いダイヤの芳香が体内で爆発。鮮烈で官能的な香りが鼻腔で陽動する。ありそうでない、というか、理論上はわかっていても凍らせるには中々に勇気が要る工夫です。
〆はウイスキーやコーヒーなどを繊細に再構築したもの。仄かな甘味に渋い香りが満ちており、大人のスイーツです。
お茶と一緒に太めの試験管に入った宇宙のような小菓子。お腹がいっぱいの場合はこのまま持ち帰っても良いのは小食女子には嬉しい気遣い。けっきょくこの場で全部食べたけど。
お腹に余裕があればということで、最中にショコラのクリーム(?)的なものを詰め込んだ小菓子も頂けました。やはりクドクドしい甘さはなくアダルトな味わいです。

美味しかった。ところどころ映えている部分はありますが本質的に美味しく、最終的には紛うことなき正統的なフランス料理に着地します。力強いソースに比肩する力強いワイン。フランス料理店としての深い滋養にあふれたお店。フランス料理とはワインがあってこそ、と考える方にピッタリなレストランでした。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

ザ・リッツ・カールトン日光(The Ritz-Carlton Nikko)/日光

 


日光国立公園内に2020年7月にオープンした「ザ・リッツ・カールトン日光(The Ritz-Carlton Nikko)」。避暑地外交の舞台である「レーキサイドホテル」の跡地であり、日光のリゾート地としての復権を企図して東武鉄道とマリオット・インターナショナルがタッグを組みました。
中禅寺湖畔に佇むスタイリッシュな建物。現代的ではあるものの周囲の景観に見事に溶け込んだ外観です。お隣のバッタみたいな色をした「星野リゾート 界 日光」と比べると格の違いが感じられました。
入館して肝をつぶす。ゲストのチェックインが重なったのかロビーがしっちゃかめっちゃかです。ゲストリレーションズの隊長みたいな人に「順番にご案内しますので、コチラでウェルカムドリンクをお楽しみください」と案内されますが、15分以上そのまま放置されました。

ウェルカムドリンクなど1滴も用意される気配がなく、もしかして忘れられているのかと思い、通りがかったスタッフに声をかけると「すぐにご案内します」と答えるのみで、結局さらに15分待つことに。根拠もなしに簡単に「すぐ」って言っちゃいかんよなあ。ちなみに彼は翌日のチェックアウトの際も「すぐ」を連発していたので、恐らくは口癖なのでしょう。滞在中、我々の間で彼のあだ名は「すぐお君」と相成りました。
それにしても、開業して半年も経ってないハンデを差し引いたとしてもこのグダグダ感は有り得ない。1泊10万円を取るホテルにしてはレベルが低すぎます。私はこれまでホテルチェーンの中でもリッツカールトンを贔屓にしており、沖縄東京大阪京都香港サンフランシスコシンガポールワイキキと好んで利用してきましたが、その中でも当館はダントツでクオリティが低い。私の中でのリッツカールトン愛が目盛り2つか3つ分減りました。
激おこぷんぷん丸の状態で部屋へと向かいます。男体山ビューのお部屋であり、広さは60平米ほど。なんだか随分と縦長に感じる間取りです。
スタッフに部屋の仕様について一通りの説明を受けた後、ようやく人心地つくのですが、その数分後にターンダウンサービスがやって来ました。こいつらアホか。なんで入室してすぐにターンダウンやねん。夕食はきちんと予約を入れているのだから、その時間帯を見計らって来るのがスジでしょう。ターンダウン本来の目的を見失い、ただ作業として順々にこなしているだけの思考停止を感じました。
リビングスペース。ちょっとしたテラスがあり男体山がよく見えます。ミニバーは充実しているのですが、無料なのは水・コーヒー・お茶だけであり、酒類の値付けは葬頭河婆のような迫力を感じました。
バスルームはスタイリッシュではあるのですが、動線が悪く使い勝手が悪い。蛇口の位置が高すぎて水滴がバチバチと鏡に跳ねるし、ここでこの薄さかよと使うのが怖くなるほど洗面所のグラスは繊細。各種スイッチ類はお洒落すぎて直感的に使いづらかった。
部屋にお風呂はあるのですが、共用設備として温泉の大浴場もあるので、この空間についての重要度はそれほど高くはないでしょう。
こちらがその温泉大浴場(写真は公式ウェブサイトより)。リッツカールトン初の温泉施設です。内風呂・外風呂・サウナのみのシンプルな構成ですが泉質は良く、私のバディがうるるとさららです。ところで脱衣所の清掃員が20代の女の子であり、これはちょっとどうなのでしょう。エロビデオの撮影か何かと思いびっくりしましたが、その筋の趣味の人にとっては堪らない演出かもしれません。
24時間営業のフィットネスセンターもあるのですが、今回は利用しなかったので意見差し控え(写真は公式ウェブサイトより)。
ランチを遅い時間に摂ったので夕食は軽めにしようと、誰でも手軽に利用できそうな「ザ・ロビーラウンジ (THE LOBBY LOUNGE)」にお邪魔することにしました。詳細は別記事にて
食後にバーをのぞいてみると、会社員風の団体がどんちゃん騒ぎで盛り上がっていました(写真はチェックイン時にヒマすぎて撮ったもの)。そういった連中を取り締まらず品格を維持しようとしないホテル側が一番悪い。
朝食は日本料理レストランで和食を頂きます。が、ここでもひと悶着あって、チェックイン時に「ソーシャルディスタンス確保のため席が限られており、ご案内できるのが10:15になる」とのこと。あのさあ、どうして朝食付きプランで販売しているくせに、その販売数を処理しきれないわけ?何でもかんでもコロナのせいにするなよ。
結局ゴネたら7:45に案内してもらえることとなり(ゴネられたらソーシャルディスタンスはどうでもよくなるのも撞着している)、席に着いてしまえば食事は美味しく接客も完璧であり、気持ちの良い気分で一日を始めることができました。
そう、対面するひとりひとりのスタッフは実に感じが良くチャーミングでありサービスマンとして申し分ありません。なのですが、個々の能力はすごく高いにも関わらず、チームになると途端にダメになるのが当館の特徴。何か問題があれば組織で対応しようという意識に乏しく、「オレの担当は別にあるから関係ないもんね」という外資系の悪い部分のみが目立ちます。各部門の縦割り感が半端なく、河野太郎ですら突破できない厚い壁を感じる酷い職場であり、たった十数時間の滞在で客にここまで悲憤慷慨させたという事実を、当館の首脳陣は重く受け止めるべきでしょう。
風光明媚な場所にスタイリッシュなハコをおっ建てて、ラグジュアリーな看板をかけさえすれば一丁あがりという考え方はもう古い。いま一度、このホテルはどこへ向かっているのか、何を大切にし、どのような社会的価値を創出したいのかを会社として真剣に議論すべきなのかもしれません。話はそれからだ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング 

関連記事
大所のホテルブランドであればリッツカールトンが好き。その街にリッツがあれば極力泊まるようにしています。


従業員の面接を、宿泊客と同様にもてなすリッツ・カールトン。ドアマンとピアノの生演奏が志願者を迎えるとか冗談みたい。そりゃあ凄いサービス集団が生まれるわけです。