空也(くうや)/銀座

心意気や気持ちが最も伝わる手土産と言えば空也(くうや)。創業130年。「吾輩は猫である」にも登場するなど、夏目漱石をはじめとする文豪や梨園の人々が贔屓しつづける伝統の最中。銀座を語る上で空也を知らない人はモグリです。
「ここ銀座で、安くて美味しく、体に優しい安全な和菓子を出来る範囲でつくり、その日のうちに売り切る」のをモットーとし1日の販売数は7,000個に限定。発送・配達などは一切行わず、実際に店舗に来ないと買うことができない幻の和菓子です。クレジットカードなんて死んでも使えません。
行けば買える、というわけでもなく、事前の予約が必須であり、随分先の日程まで売り切れ状態。かと言って電話をすれば予約できる、というわけでもなく、全然電話が繋がりません。私の場合など、時間を変えて10回以上は鬼電したのですがサッパリ繋がらず、もう面倒になったので直接店舗にお邪魔して予約しました。
第一印象はシンプル。もはや素材、だと言っても良いほど極限まで追求された素朴さです。わざとらしい甘さは一切なく、ああ、これが本来の小豆の味なんだなと思わず唸る朴訥な味わいです。実に気軽であり、リラックスしてパクパク食べることができる甘味。私は10分で4個も食べてしまいました。
もちろん1個100円という価格なので味覚に限界はあり、欧米系の華やかでややこしい菓子とは音楽観がまるで異なるため同じ土俵で比べるわけにはいきませんが、これはこれでありよりのあり。
日持ちするというのも手土産として最適ですね。保存料・添加物等は一切使用していないものの、小豆と砂糖を充分に込んでいるので1年を通じて常温で1週間はもちます。時間が経って硬くなった場合は5~6個まとめて手鍋に入れて水を加えて煮れば立派なおしるこに。
10個入りで1,000円。こんなに意義深い1,000円はないでしょう。30個入りからは木箱にも入れてもらえるので、お持ちした先で山分けされる際に「あの人はよくわかっている人だ」と、あなたの株がウナギ登りとなること間違いなし。銀座近くに住んでいるのであれば毎週数箱は自宅に常備しておきたいレベルです。オススメ!


食べログ グルメブログランキング

関連記事
男、かつ、左党の割にスイーツも大好きです。特にチョコレートが好きですね。JPHが基準なので、スイーツの評価は厳し目かもしれません。

難解な理論をユルいトーンで柔らかく読み解く専門書。チョコレートに係る基本的な素養から、文学や映画など芸能との関係まで解かり易く解説。ぜひチョコレートを食べながらのんびりと読んでみましょう。

関連ランキング:和菓子 | 銀座駅東銀座駅日比谷駅

Bonne qúela(ボン クラ)/大手町

大手町フィナンシャルシティの路面店として入居する「Bonne qúela(ボン クラ)」。「qúela」ってどういう意味かなあ。辞書ひいてもわかりませんでした。大規模商業施設に入居するお店は家賃の影響もあって割高に感じることが多いので、半信半疑のまま入店。
店内はこれぞビストロといった風情。席数は20チョイといったところでしょうか。1人客はカウンター席に滑り込めるからか、ピークタイムであっても待たずに入店することができました。
ランチタイムの最低価格は1,280円と強気の価格設定です。もちろんきちんとしたビストロのランチとしては適正価格。あるいはこのメニュー構成で一通り食べて2,500円税サ込というのは割安ではないかと考えコースで注文。
パン。バターでなくリエットが出てくるのが嬉しいですね。パンそのものの味わいは中くらいですが、正統的なリエットの味覚の存在が大きい。秒で食べきるとすぐにもう1セット、リエットも新品で持って来てくれ、随分と気前の良いお店です。
コーンスープ。リッチなクリームとコーンの粒の触感で飲み応え抜群。やや甘味が強すぎるきらいがあり、最初の一口としては重く感じる人もいるかもしれません。
前菜は「美食家風サラダ・グルマンド + キッシュ・ロレーヌ」 。うわーお、これは物凄いボリュームです。なんでもかんでも二郎盛にしたというわけでは決してなく、キッシュなど堂に入った美味しさです。キャロットラペ、鶏肉入りのポテサラ、サーモン、パテドカンパーニュ、ハムなどビストロ料理のスター選手たちが百花繚乱。並のOLであればこの1皿で満腹でしょう。
メインは「本日の鮮魚ポワレ 濃厚なスープ・ド・ポワソンで」を選択。本日の鮮魚はマダイでした。魚の身はスマホ1台強はありそうな大サイズ。スープ・ド・ポワソンも凝縮に凝縮を重ねたドロドロ具合であり私好み。ワガママを言えば魚の量を減らしてもっとスープを味わいたかった。
デザートはショコラテリーヌ。クリームはマスカルポーネチーズです。見た目通りのヘヴィ級の味わいなのですが、きちんとカカオの風味が強い。この価格帯のお店としてはかなり高品質なクーベルチュールを用いているのではなかろうか。激しく甘くはありますが奥行きも感じさせる上質な甘味でした。
コーヒーもきちんと美味しい。専門店で500円は取れるレベルです。

驚きのクオリティでした。2,500円税サ込でこれは凄い。夜なら5,000円請求されても納得しそう。そういえばお隣の「ステーキ&トラットリア カルネジーオ」も驚愕の費用対効果を誇るので、もしかするとこのビルは家賃がめちゃんこ安いのかもしれません。立地を考えるとそれぐいらい違和感のある食後感でした。もちろんポジティブな意味で。

基本に忠実な料理の美味しさはもちろんのこと、サービスの空気感も素敵ですね。カウンター席だったので厨房の様子が丸見えだったのですが、スタッフの仲がとても良く、ニコニコと楽しそうに仕事をしている様が心に残りました。良い会社だなあ。星付きだの予約困難話題店だのは二の次で、やっぱりこういう雰囲気の良い職場が一番ですね。それは食べる側にとっても。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

関連ランキング:ビストロ | 大手町駅竹橋駅神田駅

ラ ブラスリー(La Brasserie)/日比谷

仏検準2級の面接試験、無事合格しておりました。わーいわーい。さて次回は2級を受験しようと、身近なフランス語の達人にアドバイスを乞うことに。

訪れたのは帝国ホテルタワー棟地下レストラン街にあるフランス料理店。「ブラッスリー(brasserie)」とはフランス料理の業態のひとつであり、元々はドイツ系の人々向けのビアホールのようなレストランを指し、現代ではカフェ以上ビストロ未満という位置づけの飲食店です。
しかしながら当館は世界に誇る帝国ホテル。「ブラッスリー」を標榜しつつもランチで5,000円を超える高級店。外套はレセプションで恭しく預けられ、行きかうスタッフはホテルマンそのものの身のこなしであり、襟元にソムリエバッヂを備えた方が良く目に付く。
客層は年配客が多く、丸の内のようにビジネスパーソンらしきゲストはひとりも見かけませんでした。若いカップルがデートで訪れる店とは絶対に違うのご注意を。

前菜・スープ・メイン・デザート・コーヒーがつくランチコースを注文。5,800円に税サが付いて6千円を超えてきます。グラスシャンパーニュは2,000円を超え、2時間ビール飲み放題プランは3,800円でした。
前菜はウサギを用いたテリーヌ(?)。ウサギ肉は割と好きな食材ではあるのですが、この料理に関しては冷凍焼けというか何と言うか、独特の臭気と後味が感じられあまり好みではありませんでした。

さて、連れは純ジャパではあるものの、小中高と暁星学園でフランス語を学び、大学をフランス語受験で合格したという変わり種。物心ついたばかりの世間知らずの状態で、どうしてフランス語を第1外国語にしようって思ったの?勉強法に入る前にまずは素朴な疑問から。

「それにはまず、暁星学園という存在から説明しなければなりません」彼は小さく咳払いをし、静かに語り始めた。
パンはクルミのパン、ゴマのパン、バゲットなど。クルミやゴマなど中に何か入っている系のものが美味しかったです。

「暁星には軍隊的な規律、いや、カースト制度があるんです。クラス替えは全て成績に基づいて実施され、上位クラスの雲上人の優秀さと言ったらない」彼の声色は闇を見つめるに等しい。「そいつら全員、東大ですわ。大して勉強しているふうでもなく楽々と。今ではみーんな医者か弁護士か官僚。俺が奴らと同じ小学校だっただなんて、口が裂けても言えないっすよ」
スープはオマールのビスクを選択。これはもう、文句なしに美味しいですね。奇をてらわない真っ直ぐな調理であり、素材の風味が剥き出しとなっています。濃縮にして濃密。本日一番のお皿でした。

「上位クラスの連中は何故か運動神経も良くって。サッカーとかやらせるともう大活躍。俺なんか成績もスポーツも中くらいで嫌んなっちゃいますよ」なるほどここで暁星の代名詞とも言えるサッカーが出てくるのが面白い。ちなみに松木安太郎は暁星出身ですが、学業とサッカーの両立が難しくなり、途中で暁星を去ったそうです。
メインは「豚肩ロースのコンフィ・ブーランジェール風」。豚肉のコンフィの第一印象は悪くないのですが、先のウサギ肉のようにやはり冷凍焼けのようなニュアンスを感じてしまいます。調理は悪くないと思うので、素材が異なれば全く異なる料理に化けるでしょう。

「ブーランジェール風」とは「パン屋風」の意味であり、パン釜の余熱でのんびりと調理することをイメージした料理です。原型を留めないほどトロトロに詰まったジャガイモが実に美味であり、主役を食うほどの存在感です。

「小学校低学年の時分から、もうどうやったって勝てない奴らを知ってしまうんですよ。幼心に圧倒的な劣等感を植え付けられる。こいつらと正面から戦っちゃだめだって、小学校低学年で人生を悟りました」だからフランス語を選択したんですよ、彼は自嘲気味に笑う。
デザートはワゴンから好きなものをチョイスする方式であり、脊髄反射で「ぜんぶください」とお願いしました。これ1皿で1,000は超えるキロカロリー。とりわけ左奥のプリンが美味。昨今、様々な飲食店の自慢のサイドメニューで「○○のプリン!」的に推されていることが多いですが、当店のそれは黙っていても本物のプリンです。

コーヒーは淹れ置きではありますが、さすがのホテルクオリティ。食後にのんびりしていても、ザブザブおかわりを持ってきてくれるので心が満たされます。
外さないレストランでした。全体的に品がよくサービスも完璧であり、気軽な会食などにちょうど良いかもしれません。が、冒頭に述べたようにゲストを含めた雰囲気が重厚であり、料理も今風とはかけ離れているので、若者がお友達とランチしたりデートしたりするのは少し違う。加えてめちゃんこ高い。親戚など3世代が揃った会食などにちょうど良いかもしれません。

でも、よかったじゃん、おかげでフランス語できるようになったんだから。ゴーンの言ってることとかわかるんでしょ?すげえじゃん。私の天真爛漫な問いかけには何も答えず、彼は穴が開くほど私を見つめる。「まったく、相変わらずお花畑ですね。あんたが目指しているゴールはどこなんですか」彼は小さくため息をついた。

まあ、一緒に這い上がろうぜ。「負けたことがある」 ってのは、いつか大きな財産になると思うよ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

関連ランキング:フレンチ | 日比谷駅内幸町駅銀座駅

白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ(chez tomo Natural Cuisine )/白金高輪

女子会で圧倒的な人気を誇る「銀座シェ・トモ」が白金の地に新店をオープンしました。題して「Natural Cuisine」。有機自然農法の野菜などを主軸として、オイルや調味料、パンにまでオーガニックに拘ります。
木の温もりが感じられる品の良いカジュアルな空間。カウンターがたっぷりあって夜でも気軽に使えそうなのがいいですね。大きな窓に囲まれた半個室的な空間も会食に重宝しそうです。
乾杯は特製イチゴのカクテル。日本の飲食店では春先になると一斉にイチゴフェアを開催するのですが、これには違和感。日本人はクリスマスケーキに苺を多用し、また何でもかんでも初物をありがたがる民族性であるため冬からビニールハウスで無理くり生産する商習慣となっていますが、もともとイチゴは夏の食べ物である。「うるさいなあ、もともとが夏なのか何なのかしらないけど、今の日本は春にたくさん出回るんだから、それでいいじゃない。あんた絶対に厄介な老人になるよ」
私が選んだ前菜はフォアグラのフラン。フォアグラの風味は良く言えば雑味がなくクリアな味わいなのですが、悪く言えば印象に乏しい。他方、周囲を固めるクロックムッシュはわかり易い味わいでグッド。ブルーチーズ風味のベシャメルソースがトロトロと押し寄せ記憶に残りました。
連れの前菜は燻製のサーモン。先のフランもそうですが、当店はプレゼンテーションが可愛らしいですね。目で美味しい。女の子ウケするわけだ。
パンに至るまで当店はオーガニック。自家製のものであり、プレーンな味わいながら噛みしめるほどのしみじみと旨い。
スペシャリテの無農薬野菜盛り合わせ。「食材至上主義。氏、素性の正直な食材は決して作り手も、食べ手も裏切らない」と標榜するだけあって、目が覚めるような野菜の味の濃さが楽しめます。食材の種類は30近くもあり、同じ白金の「ブラッスリー ハルナ(HARUNA brasserie)」であれば大変な皿数となることでしょう。
私のメインはウズラのロースト。台座となるのは大根のコンフィであり、ザクっとした食感を保ちつつもしっかりと味は沁みており、ヨーロピアンなおでんと言えるでしょう。
うずらの内部にはプラム・レーズン・クルミ・アーモンド・ニンニク・パテなど尖った味覚が百花繚乱。これまた「最小限の足し算料理。1+1は2でしかない」と大見得を切るだけあって、それぞれの構成要素は何か、いま何を食べているかがハッキリと理解できる、納得感の厚い料理です。これはめちゃくちゃ旨いなあ。3,000円かそこらのコースのメインとは全く思えない。
連れのメインは海の幸のクラムチャウダー。パイでしっかりと包まれておりポールボキューズのややこしいスープを想起させる。「うるせーよピザデブ、カツ丼でも飲んどけよ。いちいちこの料理はこうだ、あの料理はどうだとか考えるの止めたら?ハゲるよ?」安心しろ、我が家は代々ハゲの家系だ。もう覚悟はできている。
デザートは3種からのチョイス。私はチョコ。ムーズの中に濃度の高いガナッシュ(生チョコ)がたっぷり。トップを飾るのはブルーベリーのアイスクリーム。これはもう文句なしに美味しいですねえ。サロン・デュ・ショコラで提供すれば行列間違いなしのクオリティです。
連れはイチゴ関連のスイーツを。あれだけ言ったのにイチゴを注文しやがる。トッピングされている焼き菓子(?)がフーバーダムのようで心和む。
コーヒーや紅茶まで有機もの。有機かどうかまで分別する味覚は持ち合わせてはいませんが、純粋に、実に美味しいコーヒーでした。

お会計はひとりあたり3千円と少し。大大大大大満足です。素材よし、腕よし、雰囲気よし。何もかもが完璧なコース料理が3千円って幸せかよ。バカみたいに高いレストランが増え続ける中、この費用対効果の素晴らしさは東京フランス料理界における一筋の光明です。黒板にかかれたアラカルトメニューはどれも旨そうであり千円前後。次回は夜に、フラっとカウンターで飲んでみよう。


食べログ グルメブログランキング

関連記事

白金高輪は粒揃いの佳店が多いです。ちょっと不便な立地も良いんでしょうね、若い子たちを寄せ付けることが無くて。

関連ランキング:フレンチ | 広尾駅白金台駅

キャンティ(CHIANTI)/飯倉片町

日本のイタリアンレストランの草分けであるキャンティ。創業者の川添浩史と妻の梶子は「日本には本格的なイタリアンレストランがまだないから、自分達でつくってしまおう」と1960年、飯倉片町の地にオープン。店名はもちろんワインの「キャンティ(CHIANTI)」が由来です。
地階がメインダイニング、1階がカフェ、2階がバーという誂えの建物。全盛期の当店は午前3時まで営業しており、遅い夕食をとる放送・芸能関係者や財界人のアフターに付き合うホステス達で深夜まで賑わったそうです。

彼らは「キャンティ族」と呼ばれ、例えば荒井由実(松任谷由実)は中学生時代に実家の八王子からキャンティに通い、芸能界の重鎮を捕まえては自分の歌を披露してデビューのチャンスを勝ち取ったし、三島由紀夫が割腹自殺する前の晩に夕食を食べたのも当店です。このあたりの登場人物はwikipediaに整理されています(レストランがwikipediaって凄い!)。一見の価値あり。
ディナーは客単価2万円の高級店であるため、まずは平日ランチで様子見。お邪魔したのは1Fのカフェ。正午過ぎのピークタイムに訪れたのですが、ゲストは私ひとりだけでした。

注文は「平日 パスタランチ ROSSO」。前菜3品に本日のお勧めパスタ、パン、デザート、コーヒーが付いて2,800円です。
注文してすぐに前菜が到着。げ、「前菜3品」ってこれだけ?それなりの価格なので3皿出てくるものだと勝手に妄想していたのでうが、まさに字面通りの3品でした。ぐぬぬ。
柿に生ハム。今あなたが想像している通りの味わいであり素材を盛り付けただけ。レストランで食べる必要は無いかもしれません。
マスタード風味のサラダ(?)。やはりコチラも見た目の通りの味わいであり、家庭料理の延長です。ハムとサラダの風味が支配的であり、先の生ハムと味覚が重複する。
こちらは一口カプレーゼでしょうか。半切りのトマトにリコッタチーズをのせ、オリーブオイルで調味します。やはり料理というよりも材料です。
パンも一般的なバゲットであり、特筆すべき点はありません。

この辺りで常連客と思しき港区おじさんと2まわりも3まわりも年下の女子が登場しました。大声で電話し、クチャクチャと咀嚼し、ガハハと女の腰に手を回す。USBとファックスの違いもわからないタイプです。まさに私が思い描いていた通りの客層であり、心がときめきメモリアル。
菜の花とカラスミのパスタ。乾麺を柔らかめに茹で上げ、オイルとカラスミを塗し、菜の花をトッピングします。決して不味くはありませんが、プロ専業主婦の作品と言われても違和感のないクオリティです。

ちなみに当店のスペシャリテはスパゲッティ・バジリコ。創業当時はまだまだ日本の流通も食材市場も発展途上だったので、イタリア本国と同じ材料を揃えることは難しく、バジルの葉の代わりにシソの葉を用いたり、オリーブオイルの代わりにバターとサラダ油を混ぜたりと代替品で試行錯誤しており、当時のレシピを今でも変えずに提供しているそうです。
デザートは苺のショートケーキ。思ったよりも大きなサイズであり、血糖値スパイクが約束される味覚です。前菜・パスタと量は少な目だったのですが、このケーキで一発で腹が満たされました。
コーヒーは中々美味しい。本日一番のお皿です。難しいお店でした。
社会的・歴史的な意義は充分に理解しているつもりなのですが、純粋なイタリアンレストランとして捉えると、古臭くて時代遅れの割高なレストランに映ります。近場で同じ金額を払うのであれば六本木「ラ ブリアンツァ」のほうが圧倒的に上質であるし、もう1,000円上乗せすれば麻布十番「ラパルタメント ディ ナオキ」で次元の異なる最先端のイタリア料理を楽しむことができます。

まあこのあたりは思い出と闘っても勝てないので、日本におけるイタリア料理歴史博物館に訪れるような心構えで行きましょう。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番はイタリア料理屋も多い。ただし、おっ、と思えるお店は少数です。個人のお店のランチが狙い目ですね。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。