クッチーナ アッラ バーバ(Cucina alla Baba)/六本木

この本で、新富町「CHIUnE(チウネ)」の古田シェフが普段使いするお店として紹介されており、私の自宅からも近いということですぐ予約。西麻布「ヴィノーブル」や白金「リストランテアッラバーバ」で活躍した馬場シェフのお店です。
芋洗坂を下ったあたりにある由緒正しき雑居ビル3階。ドアには「会員制」というプレートが掲げられており一瞬怯みますが決してそういうわけではなく、恐らくはスナックか何かの居ぬきなのでしょう。
カウンター席が中心で小さなテーブル席がふたつ。食に目が無い善男善女が集まっているなという印象。店名の「アッラバーバ」とは「馬場風」の意味であり、北イタリアでの修業時代に培った技術に日本の食材が加わります。
黒板に記されたアルコールはグラスで千円前後。ボトルの泡は5千円のプロセッコに始まり、フランチャコルタは6千円、サテンでも8千円とリーズナブル。もちろんボトルで参ります。
お通しのオリーブにグリッシーニ。塩に旨味がありシンプルながら旨い。
お通し、続く。これだけ手の込んだものを出してくれるのであれば席料500円もなんのその。
鶏のレバームースは鉄分を感じる豪胆な味わい。シナモン風の香りが漂う秘密のスパイスを振りかけ味変もOKです。
生ハムにイチヂク。ついさっきイチヂクを食べたばかりなのに、また手が伸びてしまいました。美味しいのですが、1,800円はちょっと高いかな。先日の赤坂「コム・ア・ラ・メゾン(COMME A LA MAISON)」で食べた生ハムが常識外れに旨かったので同レベルを求めてしまいました。
ブッラータのカプレーゼが旨い。ブッラータの美味しさはもちろんとして、添えられたトマトの鮮度に力強さを感じました。ところでブッラータの中身は生クリームではなく「Stracciatella(ストラッチャテッラ)」というものであり、イタリアのジェラート屋さんでは割に定番なフレーバーです。
ジェラートと言えば、「Venchi(ヴェンキ)」が日本に進出するらしいです。これはマストでバイですねえ。
馬肉のカルパッチョ。貧血気味の生肉原理主義にうってつけの料理です。付け合わせの野菜の独特の苦みにババっと振りかけられたチーズの旨味もグッド。欲を言えばもう少し肉の量を。
メインは鶏もも肉。スカモルツァをトロリと溶かし唐突にパクチーを添えるセンス。水分を保った鶏肉がジューシーで密度がある。思いのほか腹が膨れ、パスタまでたどり着けずにごちそうさまでした。
以上を食べてふたりで1本飲んでお会計はひとりあたり8千円ほど。これはリーズナブルですねえ。酒は安く料理が旨いというグッジョブなイタリアンです。加えて営業時間が朝の5時と、六本木深夜酒難民の駆け込み寺にもなりそう。老眼鏡が必要なほどメニューが豊富なのも魅力的。次回は注文があってから粉を練る手打ち麺にトライしたい。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
六本木は難しい街です。おっと思えるリーズナブルな店から、高くてギラギラしてるだけのハリボテのようなお店も多い。私が好きなお店は下記の通りです。
レストランの在り方に迫るというよりは、六本木の今にクローズアップした特集。ラグジュアリーで儚い夜の街へと誘うガイドブック。紙媒体は売り切れちゃうのでお早めに。

みどり屋食堂/宜野湾(沖縄)

地元民にょり「県内最強の煮付け」と紹介され、ちょうど車を調達できたので行ってみることに。宜野湾市立図書館の横、「みどり屋食堂」。デカい駐車場あり〼。
店内はたくさんのテーブル席にぐるりと取り囲む座敷。少人数はテーブル、グループ客は座敷と自然な流れができていました。ローカル客多し。 メニューは丼物に汁物、チャンプル、すば、カレー。沖縄の一般的な定食屋のラインナップです。
一番人気の「煮付け」。沖縄で「煮付け」というと魚のそれではなく、おでん的な料理を指します。
三枚肉、ゴボウ、ジャガイモ、大根、コンニャク、ピーマン、昆布、ニンジン、卵焼き、ランチョンミート、天ぷら、サバと、ガルグイユもかくやという種類の食材が盛り込まれています。出汁がきいた醤油ベースの味わい。これだけ食べて650円というのはかなりの費用対効果です。
ライスは一一般的な定食屋の味覚です。沖縄らしく量は多め。
味噌汁と思いきや、沖縄そばでした。出汁が強く相当旨い。次回はフルサイズのそばにチャレンジしたくなりました。
もういひとつの目玉商品である「カツカレー」。ウコンでも入ってるのか真っ黄色なカレーであり、粘度が高くシチューのような触感。スパイスのかけらもなく、ブラインドで食べればカレーとは気づかないほど。美味しくないを通り越して不味かった。
ライスの量は多く1合近くあります。カツの味わいはスーパーの総菜レベルであり、旨くも不味くもありません。そうそう、「カツ丼」は丼に盛られたゴハンの上に野菜炒めがのり、その上にトンカツがのっかって、とんかつソースをかけて食べるという斬新な仕様でした。
「県内最強の煮付け」という前評判はその通りであり、沖縄通を自称するのであれば必食と言ってよいほどのレベル。ただしカツカレーは絵的には面白いですが味わいは先述の通りです。迷うことなく煮付けを頼みましょう、迷うことなく煮付けです。大事なことなので二度言いました。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

関連ランキング:定食・食堂 | てだこ浦西駅

おにまる/麻布十番

飲みが持ち上がって1分未満に確定。話の早い女の子って大好き。家も近いので、予約が要らずスルっと入れる旨いもの屋、おにまるへと向かう。
何だかすごく肌がキレイじゃない?これまで会った中で一番仕上がってるよ。何かあったの?「うーん、いつも会うのって、あたしの会社帰りだからかなあ。今日はホラ、休みでしょ?週で一番状態が良くて、月曜日から日に日に消耗していくのよ」20代後半の独身女性は小さく溜息をついた。
「最近、あたしの周りで不倫の話が多くって。そういう年ごろなのかなあ。しかも社内不倫が多くってさ。閉鎖空間で苦楽を共にして、同じ釜の飯を食うから盛り上がっちゃうみたい。あたしのガードはカテナチオのつもりだったんだけど、この歳で独身でカレシもいないでしょ?だからそういう標的にされやすくって」
うーん、本当にそうなのかな?今から僕が述べるのは僕の意見では無くて、チームアラフォーとしての一般論だけれど、独身でカレシがいない女の子のほうが不倫の対象としてはハードルは高いと思うよ。W不倫が関係としては一番安定していて、結婚を前提としたカレシがいるのも悪くない。独身で恋人もいない真っ白の女の子が一番重くって、なまじ責任感のある男は手を出せないと思うけどね。あくまでチームアラフォーとしての一般論だけれど。
「あなたは奥さんと上手くいってるから余裕があるのよ。不倫したがってる連中の常套句は『家族と上手くいっていない』なんだよね。そういう弱音にコロっといっちゃうと奴らの思う壺で、結局はあたしたち側が辛い思いをするんだけど」思う壺とは一体どんな壺なのか。
うーん、本当にそうなのかなあ。不倫事例は辛いものしか世に出回らないだけなんじゃないの?本当にイケてる男は口が堅いし、相手としてもそういう女の子を選ぶ。絶対にバレないようにするし、別れる時も上手くやる。不倫相手とは共犯者であって互いに墓場まで持っていくから、素敵な不倫の物語は世の中に出回らないんじゃないの?あくまでチームアラフォーとしての一般論だけれど。
「ふうん、2流と3流が無理な恋愛をするから互いにズタボロになって罵り合うってわけね」そう、背伸びをしても苦しむのは結局自分自身である。あくまでチームアラフォーとしての一般論だけれど。

 食べログ グルメブログランキング

関連記事
我々のおにまるクロニクルは下記の通り。心からくだらない部室のようなやりとりばかり。ヒマで死にそうな時に時間つぶしにどうぞ。
  • 2019年12月 ←最近、あたしの周りで不倫の話が多くって
  • 2019年11月 ←#MeTooとか言ってる連中はブスばっか
  • 2019年9月 ←そういう男は結局のところ頭の悪そうなニコニコ顔の巨乳と結婚する
  • 2019年8月 ←ヒトという生き物は、自身の財産には執着しますが、他人のカネやモノに対しては無頓着なのかもしれません
  • 2019年7月 ←借金の踏み倒し方について
  • 2019年6月 ←どうして女という生き物は妙な駆け引きをするのか
  • 2019年12月 ←ストーカー気質。少し気持ち悪い。
  • 2018年10月 ←19歳の女子大生と飲み会した結果www
  • 2018年10月 ←「どうしてそんなにモテるのか、一度、真剣に考えてみたんだけど」
  • 2018年8月 ←タケマシュランは女性の婚期を遅らせる有害図書だ
  • 2018年7月 ←彼女は根っからのキャバ嬢気質に溢れている
  • 2018年4月 ←久しぶりにじっくり料理に向き合いました
  • 2018年1月 ←身代金要求1兆円パーティ
  • 2017年11月 ←2017年タケマシュランお誕生日パーティ
  • 2017年11月 ←あたしって、すごく顔は整ってるじゃないですか。いるだけでとっても絵になると思うんだけどな」
  • 2017年10月 ←再び既婚者という身分を隠して独身女性と遊ぶ男たち
  • 2017年10月 ←既婚者という身分を隠して独身女性と遊ぶ男たち
  • 2017年7月 ←1日2回「タケマシュランさんですか?握手して下さい!」
  • 2017年6月 ←差別に苦悩する中野区民
  • 2017年4月 ←「らめぇええええ!ずっと一緒に居てくれなきゃやぁだぁああ!」
  • 2017年4月 ←25歳にして東京レストラン事情に精通する神童たち
  • 2017年3月 ←ダメだこいつらやっぱバカだ
  • 2017年3月 ←私の顔面偏差値は65である
  • 2017年1月 ←3人なのにすげえ食べた
  • 2016年11月 ←2016年タケマシュランお誕生日パーティ
  • 2016年11月 ←東京カレンダーへの報復
  • 2016年10月 ←低脳未熟大学の陸の王者たち
  • 2016年10月 ←予約必須の水炊き
  • 2016年10月 ←ハゲマシュラン
  • 2016年10月 ←シイタケ嫌い生誕祭。
  • 2016年9月 ←壁にマッキーで「魑魅魍魎」と書く酔っ払い。
  • 2016年8月 ←斬新な味わいで、イタリアの未開の村の郷土料理を食べているかのよう。
  • 2016年8月 ←何そのクソブログ聞いただけで超読みたくねえ。
  • 2016年8月 ←オマエと言うと1,000円
  • 2016年8月 ←ひとりの夜は結婚式のビデオを繰り返し見る中年。
  • 2016年7月 ←「デブとか絶対にムリ」などと言う口の悪い女と付き合うメリット。
  • 2016年5月 ←「俺を殺しにかかってますね」
  • 2016年4月 ←営業日数25のうち8はご来店。
  • 2016年4月 ←からの朝までカラオケ。
  • 2016年3月 ←精彩を欠いている山田さん。
  • 2016年3月 ←美人局。
  • 2016年2月 ←スーパーバイザーの誕生日会。
  • 2016年2月 ←ヒルズ族というのはまやかし。
  • 2016年2月 ←「しゃ、写真を一緒にいいですくゎ?」
  • 2016年1月 ←カンテサンスに1日2度行く女。
  • 2016年1月 ←シューツリーの受け渡しのはずがどうしてこうなった。
  • 2015年9月 ←伝説の○○○○初登場。
  • 2014年5月 ←一番食べた日。
  • 2014年8月 ←イスラエル人が闖入し大騒動
  • 2014年8月 ←初訪問。もう2年も前なのですね。
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

おにまる
関連ランキング:居酒屋 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

長一楼(ちょういちろう)/石垣島

11月下旬に予想外の台風が発生しダイビングが全て中止に。暇になってしまったので石垣島在住の女の子にメッセージを送ると、仕事を抜けてランチに付き合ってもらえることになりました。何ていい子なんだ。
指定を受けたお店は「長一楼(ちょういちろう)」。ランチ千円前後の定食屋ながら、緑の生い茂ったアプローチを抜けていく演出には心が躍ります。
テーブル席にカウンター、座敷と店内は結構広い。新城長一シェフは高校卒業後、大阪の料理店で腕を磨き、30代半ばで石垣に戻りホテル日航八重山の料理長を務めました。
最高値1,350円の「長一楼定食」を注文。ウヮオ、これはすごいボリュームだ。連れは「魚フライ定食」なのですが、そちらも野菜たっぷり魚たっぷりのしっかりした定食。「フライ、一個、いる?」と彼女。何ていい子なんだ。
刺身はイカに白身(?)にサーモン。イカがネットリとした舌ざわりで美味。
揚げ出し豆腐。コチラの豆腐はガッシリとした組織を持つ豆腐を用いるため、おっかなびっくり食べる必要がないのがいいですね。
揚げたての天ぷらもたっぷり。エビなんて2本も入ってます。
これは鶏肉をラフテーっぽく煮付けた料理でしょうか。味がよく染み込み、皮目の脂と共に酒が欲しくなる味わいです。
おかずに負けずライスの量もたっぷり。つい数時間前に朝食をしっかり摂ったばかりだというのに、全てを平らげてしまう自分が怖い。暇は人を太らせる。
味噌汁が美味。カツオの出汁がしっかりときいており、私の好きな方向性のスープです。
もずくも沖縄らしく1本1本が力強い仕様です。
食後にアイスコーヒーまでついてきました。いやはや、これだけの量を食べて1,350円というのは実に割安。
居心地も良く、素敵なランチでした。沖縄らしさや美食を追求した味わいというわけではありませんが、しっかりと食べれて外さないという意味では良いお店です。近所にあったらリピしそう。今度は夜に飲みに来てみたいな。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

関連ランキング:割烹・小料理 | 石垣市

しき/麻布十番

地元民に愛される鰻居酒屋「しき」がリニューアルオープン。以前はボロい(失礼)建物だったのですが、すっかり近代的なビルへと生まれ変わりました。8階には焼鳥の名店「TORISAWA CA10AL(トリサワ カジュアル)」も入居しています。旗の台にも分店あり。
齊藤四郎シェフは近所の「ふぐ武」で鰻・河豚・すっぽんの取り扱いの経験を積んだのち1983年に独立。特に鰻については志村けんが週5日も通って食べたという逸話も。とは言え店内はテレビが流れ至ってカジュアルな雰囲気。居酒屋的な料理も多く気取らないお店です。
瓶ビールは700円。十番の居酒屋としては良心的な部類でしょう。その他、サワーやハイボールも同価格帯であり、日本酒は1合で千円弱といったところでした。

「最近、物凄く口説かれているんだけど」彼女は新しいおもちゃを見つけたかのように言う。「初デートで自分のプレゼン資料を持ってくるの。パワポ20枚。家柄だとか、大学だとか、仕事だとか」
お通しが旨い。既製品を出しただけで500円を奪っていく意識低い系の飲み屋とは異なり、きちんと手が込んでいます。おっちゃんが作っていましたがまさにおふくろの味。

いるなあ、そういう男。自分の中身の話はしないでブランドの話ばかりする。旦那なんて、それなりに休みがとれて、家事を一緒にやってくれて、実家がややこしくなければ充分だということを知らずに。
れんこんのきんぴら。外食では家庭での調理が面倒なものから注文するのが鉄則。シャクシャクとした食感に出汁がきいて美味。

「でも、そろそろ結婚はしたいなあ」彼女は頬を膨らませながら言う。「結婚してないと、社会不適合者みたいに思われるでしょ?だから、何とかしなきゃって、自分で自分を追い詰めちゃってるんだよね」あたしは充電が90%を切るとソワソワするタイプなの、彼女は小さく付け加えた。
舞茸の天ぷら。ベーシックな味わいですが心温まる味わい。オマケでついてきた大葉も良い香りで素敵なアクセント。
牛もつ煮込み。丁寧に処理されたホルモンに臭味はなく、ピリ辛な調味と共にごはんが欲しくなる味わいです。
から揚げは大山鶏を用いており堂々たる美味しさ。ちなみに焼鳥メニューも充実しており、それらにも大山鶏を用いているそうな。

「結婚しなきゃって強迫観念に悩まされてるの。もう、何もかもが嫌になって、ひとりで強いお酒を飲んだくれたりすることもある。自分が何をしようとしているか分からない。でも、何をするか分からないことは分かってる」彼女はそこに答えが書いてあるかのように、グラスをじっと見つめた。
塩さば。ほんのりとした塩味に凝縮感のあるサバの旨味。大根おろしをたっぷりつけて、これが日本の食卓である。

うーん、考えすぎじゃない?フランス人なんて誰も結婚してないし、したとしてもすぐに離婚してる。小さな子供がいる家庭ぐらいだよ、結婚してるのは。閣僚は全員が離婚してて、週刊誌なんかも男女間のスキャンダルには興味なし。キミにとっての結婚のゴールは何?基準を日本社会じゃなくて、自分においたらどう?
主題の鰻料理に入ります。旨きは2,500円と中々の価格設定ですが、オムレツほどの卵の量にたっぷりの鰻が。割と雑めな調理ではありますが、この鰻の量で2,500円というのは悪くないディールです。
4番サード、うな重。鹿児島県産の330グラムの鰻を用いており、並の鰻屋の特上レベルのポーションです。産地は鹿児島ではありますが調理は関東風の蒸しスタイルでふっくらフワフワと磯山さやか的な味わい。他方、タレは思ったよりサッパリしています。個人的には鰻は関西以西のバリっと焼いた形式(特に鹿児島であれば「うなぎの美鶴」だ!)のほうが好きですが、まあそれは神学論争のようなものでしょう。
肝吸いにはしっかりと肝が入っており、ここが雑居ビルに入居する居酒屋であることを忘れるほど高潔たる味わいです。

「あなたは何度も結婚してズルい。格差社会とかいうけれど、お金なんかよりも恋愛格差のほうが人間にとって問題なんじゃないかしら?私の今日は、私が生きたかった未来じゃないの。最後に残ったピスタチオは開けづらいものなのよ」
深みのあるお新香もグッド。ごちそうさまでした。

飲んで食べて〆は鰻重と贅沢な飲みでしたがお会計はひとりあたり8千円ほど。立地と鰻料理を食べたことを考えれば実にリーズナブルであり、高級食材を除けば5千円に収まりそうな勢いです。加えて店は空いており、お店側も感じは良いが客に干渉してこないスタイルで居心地が大変良かった。「十番の何でもない居酒屋なんだけど、〆は鰻重なんだよね」みたいなデートのお誘い、すごく素敵じゃないですか?


食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番には日本料理店も結構多いのですが、割高であることが多いです。外すと懐が大ダメージを受けるので、信頼のおける口コミと、味覚が似た友人の感想に頼って訪れましょう。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:うなぎ | 麻布十番駅赤羽橋駅