レイクサイドヴィラ翠明閣(LAKESIDE VILLA SUIMEIKAKU)/支笏湖(北海道)

支笏湖のほとりに佇む「レイクサイドヴィラ翠明閣(LAKESIDE VILLA SUIMEIKAKU)」。8室のみのスモールラグジュアリーであり、どの部屋にもプライベートな温泉が備え付けられているのが自慢の宿です。
1泊2食付きふたりで10万円近くする、かなりの高額ホテルなのですが、サービス面は微妙ですね。バレーパーキングの応対が何かヘンだし、ウェルカムドリンクを出すタイミングも何かヘン。決定的な問題があるかというとそうでもないのですが、この価格帯のホテルのサービスとしては首を傾げる場面が多々ありました。
お部屋に入ります。元々は王子製紙の保養所(?)だったそうで、無理矢理リノベした感は否めません。使い捨てのスリッパの用意はなく、案内してくれたスタッフがズカズカ土足で部屋の中を歩き回るのは何かやだ。
デスク周りなどは古いビジネスホテルといった仕様であり、骨董品クラスの三菱のテレビに胸熱。マッサージチェアはところどころ黒ずんでいたりカバーが破れていたりと、これで1泊10万円かとかなり心が閉じた瞬間です。また壁が薄いのか何なのか、常にどこかからドスドスバタンといった重低音が聞こえてくるのがつらたんまる。
洗面所もビジネスホテルと大差ない誂えであり、ロマンティックの欠片もありません。アメニティも激ショボであり、バスルーム内に至ってはディスペンサー方式のシャンプー等と、健康ランド気分です。
他方、泉質はトロっとしたタッチであり私好み。ただし常にお湯がチョロチョロと流れており、その音が寝室にまで聞こえてくるのでうるさくて眠れません。そう、私は神経質なのである。
仕方が無いのでタオルを用いて湯の流れを変え、チョロチョロと音がしないように改造しました。タオルが落ちないようにペットボトルで重しを置くのがポイントです。ピタゴラスイッチ出身の私としてはこのような作業は朝飯前である。
ミニバーにつき、「冷蔵庫のものは全てご自由にお楽しみください!」と胸を張るのですが、缶ビール2本にジュース1本、ウーロン茶1本に水が2本と、下宿生の冷蔵庫の中身のようなラインナップであり、これでドヤリングされても反応に困る。
貸切温泉が2タイプあって、どちらかひとつだけ1回限り予約制で使用できるのですが、隣の温泉の乳繰り合っている声が普通に聞こえてくるので落ち着きません。もちろんそれはお隣にとってもそうであり、お互い様なのかもしれませんが。
朝食は事前に時間を指定しておき、それに合わせてお釜でゴハンを炊いてくれます。朝から刺身が出るという豪華版でおなかいっぱい。
ということで、食事は悪くなかったのですが、1泊10万円の割にハードもソフトも安普請に感じました。一番のピークシーズンに泊まったのが良くなかったのかな。時期や曜日を選んでキャンペーンなどを上手く活用すれば半額ほどで泊まれるでしょうから、であればまあそんなもんかというお気持ちです。「アズーロ(azzurro)」はランチであればビジターも利用可能なので、まずはそちらで雰囲気を掴んでみると良いでしょう。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:旅館 | 千歳市その他

東山 和今(ひがしやま わこん)/ひがし茶屋街(金沢)

ひがし茶屋街の高級ホテル「薪の音 金澤(MAKI NO OTO)」に併設されたダイニング「東山 和今(ひがしやま わこん)」。のれんをくぐり両手を広げることができないほどの細い道を抜け、くぐり戸を通って入店という雰囲気のあるアプローチです(宿泊客は館内から直接アクセス可)。食べログでは無名ですが、ゴエミヨでは15.5と高得点。
店内は厨房を取り囲む大きなL字カウンターとお庭に面したテーブル席。照明がグっと抑えられており、シックなデート向きでしょう。今井友和シェフは主計町「嗜季」の元料理長であり、2018年に当店を開業しました。
まずは枝豆のお豆腐。ワサビもきいて、爽やかな出だしです。
カマスとマイタケを炭火でバリっと焼きました。香ばしく食欲をそそる味わい。付け合わせの昆布のせんべい(?)も旨味が強く美味。
イチヂクに熱を入れ、サツマイモソースをとろり。悪くないのですがデザートのようにも感じてしまい、序盤に食べるにはどうにも甘ったるく感じました。
アカイカ特集。土台はシャリを詰めてイカめしに。トップにはモロヘイヤと少し炙った刺身。ようやくボリューム感のあるひと皿が登場し、空腹が落ち着いた瞬間です。
お椀は甘鯛に松茸。おおー、こちらは見事な美味しさですねえ。ザクザクとした鯛の皮目にプンプン香る松茸の風味。本日一番のお皿です。
お造り(?)はアジ。美味しいですが量が少ない。
太刀魚も表面はパリっと炙り、身は半生で美味しいのですが、なんせ量が少ない。
蒸したアワビはへた紫なすを付け合わせに肝のソースで。王道中の王道の味わいでグッド。ソースが極上で、スパチュラが欲しくなりました。
子持ち鮎はカラっと揚げて栗と一緒に。思いきりペコリーノ・ロマーノを振りかけるのですが、果たして合うとは言い難く、意図がわかりかねる工夫でした。
メインは能登牛。え!これで終わり!?しかも肉の量が少なく焼肉1~2切れといった程度であり、食後にワンチャンラーメンあるかもしれんと連れと頷き合った瞬間です。
〆のお食事はそこそこ量があって胸を撫でおろす。しかしながら腹が満たされていないことには変わりなく、おかわり分を持ち帰ることなくその場で全て食べきりました。
甘味はナシに酒粕をどないかしたやつに、、、
黒豆羊羹と抹茶で〆。

マンボウでお酒は飲めず食事だけでしたが、それでもひとりあたり1.5万円強であり、ちょっと色々と割高だなあというお気持ちです。お料理はそれぞれ美味しくはありますが、少量多皿かつ色々と手の込んだ料理なので、結果として何を食べたのか印象に残りづらい。メモリが64MBしかない私の頭では、結局〆の鰻とゴボウご飯しかきちんと記憶できませんでした。

お酒があって飲みながらであればまた印象が違うのかな。サンセバスチャンあたりの気鋭の和食店を訪れるつもりでどうぞ。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
日本料理はジャンルとして突出して高いです。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの日本料理ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い日本料理なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。

RESTAURANT DAZZLE(ダズル)/銀座

ミキモトギンザ2(三越近くの本店じゃなくてデビアスのほうにあるミキモト)の8-9階に入居する「RESTAURANT DAZZLE(ダズル)」。食べログ百名店に選出されています。ディナータイムは8階から入店し厨房を覗きながらダイニングに向かう、という演出があるそうなのですが、ランチタイムは9階のダイニングに直行直帰する仕組みです。
わ!凄い活気!漫画であれば「ゥアアァアアアォオア」というカタカナが背景に描かれそうなほどの賑やかさです。週末のランチタイムに訪れたからかゲストの9割以上が女性であり華やかな雰囲気。結婚式の2次会に丁度良さそう。
お酒は覚悟していたほど高くありません。グラスの泡は1,400円、ボトルでも1万円を切り、シャンパーニュであったとしても1万円前後からのスタートだったような気が。もちろんイタリアンレストランなので、イタリアのワインが主力のようです。
100席近くある大箱なのですが手際は物凄く良いです。食前酒を楽しんでいるとすぐに前菜が供され、しかもそれぞれが結構美味しい。リゴレット系なので、失礼ながらあまり食事は期待していなかったのですが、その予想の遥か上を行く美味しさです。
パンは系列のベーカリーで毎朝焼き上げているそうで、これまた結構、いやかなり美味しい。水分と油分を適度に保っておりジューシーな味覚です。
パスタは自家製の手打ちスパゲッティ。見た目は日本蕎麦のような色合いですが、ベースとなる味覚はアーリオオーリオであり、サンマの旨味と苦み、レンコンの食感、カラスミの破壊力抜群な塩気と猛々しい美味しさです。
お魚料理はタラ。素朴な食材ではありますが、チーズを焦がして纏わせたりと凝った調理であり、照準の定まった調味と相俟って納得感のある味わいです。この大箱でこの予算でこの料理のクオリティ。当店のシェフは凄腕に違いない。
メインは牛肩ロースの網焼き。平板な肉質ではありますが、調理と調味が料理を上手く補っています。思いのほかさっぱりとした口当たりであり、軽めの赤はもちろんのこと、泡や白でも楽しめるでしょう。
デザートは紅芋とリンゴのモンテビアンコ(モンブラン)風。イタリアンのデザートは素朴な仕様であることが殆どですが、ちょっときゃわたんで意識の高さが伺えました。アフタヌーンティーとしての営業もしているそうなので、そのあたりのテクノロジーが活きているのかもしれません。
紅茶で〆てごちそうさまでした。以上を食べ、お食事だけだと4,700円。銀座という立地でこれだけ食べてこの価格は実にお値打ち。銀座の女子会の王者は「シェ・トモ(GINZA chez tomo)」と結論づけていたのですが、イタリアン部門であれば当店ですね。まずはランチで、女の子同士でどうぞ。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。

日本のイタリア料理の歴史から現代イタリアンの魅力まで余すこと無く紹介されており、情報量が異常なほど多く、馬鹿ではちょっと読み切れないほどの魅力に溢れた1冊です。外食好きの方は絶対買っておきましょう。

料理屋 素(りょうりや そ)/円山公園(札幌)

円山公園駅から歩いて数分に位置する「料理屋 素(りょうりや そ)」。ミシュラン2ツ星。お向かいには「すし善」、近くには「日本料理とらや「姫沙羅(ひめしゃら)」など、和の名店が集結しています。
店内は4~5席のカウンター席と個室のみであり、美食を堪能するにはちょうど良いサイズ感です。貸し切りであれば子連れもOK。ピリっとした空間ではありますが、気の良い大将と奥様のみでやられているので居心地は抜群です。

姉崎貴史シェフは北海道出身。京都と香川で腕を磨き、2005年に当店をオープン。予約時に道外から訪れる旨を伝えておくと、地元の食材を中心に仕入れて組み立ててくれます。
まずはイシガレイ。生姜酢でサッパリと調味されており暑い夏にぴったり。コリコリとした食感のたっぷりのポーションも嬉しい。
お凌ぎに小さなウニ丼。しばらく稚内に滞在しあの辺のウニを連日山ほど食べてきましたが、やはりウニとは今回のように、冷静に適量を摂取するのがベストなのかもしれないと考え込んでしまいました。例えばキャビアやトリュフのように。
毛ガニ。脚の部分はお刺身で、抱き身の部分は少し火を通して、カニ味噌と合わせながら頂きます。毛ガニを生で食べる機会は少ないですが、なかなかどうして絶品じゃないですか。「川㐂(かわき)」のハリウッド映画のようなカニも良いですが、「足るを知る者は富む」と心に直接語り掛けてくるような仕様も乙なものです。
お椀はアブラガレイ。これはもう、出汁が抜群に美味しいですねえ。凛とした風味を湛えるお出汁とコッテリとした身のお魚が良く合う。
八寸も旨いところが凝縮されており、とりわけミンククジラの力強さとホワイトショコラ(トウモロコシの品種名)の甘味が記憶に残りました。
お造りはマグロにアナゴにイシガキガイ。マグロの美味しさについてはご覧の通り極上そのものですが、アナゴの存在感も見逃せません。アナゴって生で食べるの初めてかも。そういえばこの前は淡路島で生のハモを食べたなあ。ここのところニョロニョロ系が充実しているライフスタイルです。
ナスに伏見とうがらし。素朴な料理ですが、堅実で抱きしめられたようにホッとする味わいのひと皿です。
チンチンに焼いた石(?)の上にアワビとタコを並べ、セルフで焼き上げます。ほとんど生で食べるもよし、しっかり熱を入れるもよし。火入れによって甘味や旨味、食感が変化するのが楽しい。
琵琶湖の天然鰻。ぐわー、これはもう、問答無用で美味しいですね。脳にビバーチェに旨味が行き届く。この料理を惜しくないという者は人類に対して害意あるものとみなす。
〆のお食事は素麺。これはもう、素麺そのものが美味しいですね。つるんとした喉越しながら食感もタフ。量がしっかりあるのも嬉しい。紫蘇の香りが充満するおつゆをたっぷりつけて大満足。
食後に水菓子で味蕾を整えたのちに、、、
葛餅でフィニッシュ。黒蜜独特の甘味が大人の味わい。ところで黒蜜って世界的に見ても独特の味覚であり、フランスあたりに持っていけば大ヒットするかもと常々考えているのですが、どなたか仕掛人の方はいかがでしょうか。抹茶が流行るんだから黒蜜もいけると思う。
ジャパニーズ・エスプレッソで〆てごちそうさまでした。以上を食べ、お食事だけだと2.5万円弱。同じ質・量のものを銀座で食べることを考えれば実にリーズナブルです。店名の通り基本的に「素」であり、奇をてらうことなく素直に率直に美味しい日本料理の数々。気の置けない仲間と貸し切りでお邪魔するのも良いかもしれません。札幌で日本料理ならここですな。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
日本料理はジャンルとして突出して高いです。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの日本料理ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い日本料理なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。