モンゴリアン・チャイニーズ BAO(バオ)/新橋

新橋駅のSL広場から徒歩5分の距離にある「モンゴリアン・チャイニーズ BAO(バオ)」。怪しさ全開の飲み屋街に似合う怪しい外観、そして店名。
扉を開けた瞬間に流れ出てくる羊の香り。まさにムンムンという表現がピッタリの匂いの濃さであり、真っ赤に塗りつぶされた壁が事件性を感じさせます。

店主のBAOさんは中国の内モンゴル出身で、30年ほど前に留学生として来日したそうで、通訳としてのキャリアを過ごしたのち、一子相伝の羊料理を提供する当店をオープン。レシピなどはなく、味見をしながらアバウトに調味するそうです。
生ビールは600円と相場通り。連れは薬膳のサワーやらモンゴルのヨーグルトのサワーやら珍しい飲み物を色々と注文していました。「何このセンス信じられない面白すぎ」と、グルメな女性は懐も深いのだ。
まずは「パクチー入り辛いサラダ」。語感は激しいですが、攻めた中華料理店よりも全くマイルドな調味であり、辛味が苦手な方でも充分に楽しめます。キュウリがサッパリしていて美味しい。
定番の「羊の塩ゆで」。まさに塩ゆでしただけの骨付き羊肉であり、「温カイウチニ脂ノ部分カラ食ベテ!」と機敏な動きのスタッフから指導が入ります。なるほど脂の甘味が濃厚で実にミルキー。鼻に膨らむ香りは羊肉特有のものであり、牛豚鶏とは一線を画す豊かさがあります。塩ゆでしただけでこんなに美味しい肉は、おそらくマトンだけでしょう。ラムでもまだ弱いかもしれません。
「ボーズ」はモンゴル風の水餃子。自家製の生地の内側にはシンプルに羊肉と玉ねぎのみ。やはり密度の濃い風味が立ち込めており、肉まんサイズで食べたいほどです。小籠包よろしく羊のスープもたっぷりだ。
粗挽きの羊肉を生ピーマンで包みます。濃厚な羊の味覚にシャキっとした食感のピーマンが良く合う。程よい青い香りが羊独特の臭みを一掃してくれます。
羊と玉ねぎのクミン炒め。バリバリにクミンがきいており食欲をそそる味覚です。その他のスパイスも調味に骨格を与えており、何なら白ゴハンと共に定食にしてしまいたいほどです。
白菜の漬物入り田舎煮込み。羊肉とジャガイモと白菜の漬物をグツグツ煮込んだ料理であり、やや黄色がかった外観が印象的。白菜につき、辛味抜きのキムチというか何というか酸味が実に豊かであり、甘いジャガイモ・味の濃いマトンとのコンビネーションが見事です。
〆は汁なし担々麺。お肉はもちろんマトンです。羊肉の魅力については既にたっぷり述べましたが、麺もしっかり旨いですね。モチモチとした独特の食感で、25キロの小麦粉袋が置かれていたことから自家製麺なのかもしれません。これ単品のヌードルショップとしてもやっていけるほどの美味しさです。
以上、5千円のコースにビールやサワーをガンガン飲んで(結構辛いので酒が進む)お会計はひとりあたり8-9千円といったところ。しっかりと旨い変わりダネ料理を腹いっぱい食べてこの支払金額なら大満足。初台「シルクロード タリム ウイグルレストラン(SilkRoad Tarim Uyghur Restaurant)」を彷彿とさせる食後感です。珍しい味覚に理解のあるグルメな友人たちと共に、ワイワイとした飲み会で利用しましょう。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
それほど中華料理に詳しくありません。ある一定レベルを超えると味のレベルが頭打ちになって、差別化要因が高級食材ぐらいしか残らないような気がしているんです。そんな私が「おっ」と思った印象深いお店が下記の通り。
1,300円としてはものすごい情報量のムック。中国料理を系統ごとに分類し、たっぷりの写真をベースに詳しく解説。家庭向けのレシピも豊富で、理論と実戦がリーズナブルに得られる良本です。

パークハイアット京都 (Park Hyatt Kyoto)/高台寺

春のパークハイアット京都 。高台寺に隣接した丘陵地に建つ1877年創業の料亭「山荘 京大和」の敷地内にあり、二寧坂沿い、八坂神社や祇園は徒歩圏内という、相変わらずの最強ロケーションです。
前回はお正月にお邪魔しましたが、今回は桜が満開の時季。館内の至る頃に桜のフラワーアレンジメント(?)が飾られておりテンアゲです。またお正月に比べるとゲストが少ないのか、スタッフ全体から余裕めいたものを感じました。
この日は「ガーデンテラスキング」にご案内頂きました。前回のお部屋と逆サイドに位置し間取りはほぼ同じです。
チェックイン手続きはロビーではなくお部屋で済ませます。ウェルカムドリンクも部屋までお持ちして下さり、イチゴと共にちょっとしたパーティー気分です。売れないインスタグラマーであれば角度を変えて100枚は写真を撮ることでしょう。
お部屋の案内に参りましょう。こちらは入ってすぐの玄関エリア。といっても3-4畳はありそうな広々とした空間であり、私の実家の自室とそう変わらない広さです。
広さは45平米と、ふたりで滞在するには充分な広さな上、動線設計が上手く、数字以上の広さを感じます。テレビがめっちゃデカい。ここ数年お邪魔したホテルの中ではトップクラスのテレビの大きさです。
テラス(?)は坪庭仕様になっており、自然な光が柔らかく差し込んで心地よい。
ミニバーは全然ミニでなく、「フォションホテル京都」よりも全然大きい。お水やネスプレッソ、お茶類などは無料。酒やジュース、ツマミなどは有料といった一般的なラインナップです。
動線はやはり良く、扉をパタっと閉じれば通路から個室に変身する仕組みは忍者屋敷のようです。デッドスペースを上手くクローゼット化しており、この造りは好きだ。
ウェットエリアも広々。至る所に巨大な鏡が設置されており、バックミラーよろしくメイクをしながらテレビ画面を見ることもできます。洗面台に置かれたコップが無駄に薄はりで割ってしまわないかとヒヤヒヤします。
バスルームにはゆとりがあり、シャワースペースとバスタブが独立して存在しています。豪華タワマンのバスルームのような誂えです。お湯たまるのめっちゃ早い。
アメニティは「Le Labo - Santal 33」。京都の新風館にフラッグシップを掲げるニューヨークのパフューマリーです。東京にも最近店舗が増えて来ましたな。
お手洗いは独立型。空間としてはウェットエリアと地続きなのですが、ガッチリとした引き戸で隔離されているので安心感があります。高級ホテルで時たまある、透けたガラス戸のトイレのゴールはどこにあるのだろう。
ちなみに今回はスパなどは利用せず、お部屋でまったりと過ごすことが中心。共用設備についての紹介は前回の記事をご参照下さい。
ところで当館はクラブラウンジが無いのですが、グローバリスト(上級会員)向けにロビーラウンジでシャンパーニュのフリーフローサービスが用意されています。数カ月前にお邪魔した際は当該サービスなどは無かっただけに嬉しい誤算です。
スタッフが気前よく先述のルイナールをジャンジャン注いでくれるので、17-18時のみのサービスではあるものの、かなり酔えます。やはりこちらにも桜のフラワーアレンジメント(?)が飾られており、ちょっとしたお花見気分。売れないインスタグラマーであれば角度を変えて100枚は写真を撮ることでしょう。
朝食は別館1階の「KYOTO BISTRO (キョウト ビストロ)」へ。通常は欧米系の食事の提供なのですが、宿泊者は特別に同敷地内にあるミシュラン1ツ星「山荘 京大和」謹製の朝食を注文することができます。
しかしながら、馴れとは恐ろしいもので、今回の和朝食はあまりピンと来ませんでした。前回はお正月の特別料理で気合が入っていたのかもしれません。そんなに混んでいるわけでもないのにオペレーションが悪くTBSだったのも一因でしょう。
食後は桜散策。まずは当館から30分ほどの場所にある将軍塚へ。一般的にはタクシーでぐるぐる山道を登っていくのですが、足腰さえしっかりしていれば円山公園の「未在」の裏手あたりからちょっとした山登りで辿り着くことができます。知恩院とセットで訪れると良いでしょう。
こちらはパークハイアット京都のお隣、高台寺のしだれ桜。円山公園のように桜が咲き乱れているわけではなく、しだれ桜一本勝負というのが潔いです。
夕食はメインダイニングの「八坂(やさか)」へ。パリ「LA TRUFFIERE」でシェフとしてミシュランの星を獲得した久岡寛平シェフが当館の開業に合わせて招聘され、そのフレンチの技法を鉄板焼きで表現するという面白い試みです。詳細は別記事にて
今回も素敵な滞在でした。お花見真っ盛りの時季ではあったものの、お正月に比べると街が幾分落ち着いた雰囲気であり、オペレーションにも余裕があったのが一因かもしれません。傑作は余裕から産まれる。次回は紅葉の時季にお邪魔したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング


関連記事
京都はとにかく和食がリーズナブルですね。町全体の平均点が高いのはもちろん、費用対効果も良いことが多い。その文化に影響を受けてか、欧米系のレストランにも目が離せない魅力がある。
JR東海「そうだ京都、行こう。」20年間のポスターから写真・キャッチコピーを抜粋して一冊にまとめた本。京都の美しい写真と短いキャッチフレーズが面白く、こんなに簡潔な言葉で京都の社寺の魅力を表せるのかと思わず唸ってしまいます。

白金台こばやし

白金台・目黒駅・広尾駅からそれぞれ徒歩15分ほどという陸の孤島に位置する日本料理店「白金台こばやし」。食べログではブロンズメダルを受賞し、百名店にも選ばれています。
店内はカウンター8席のみ(写真は公式ウェブサイトより)。品の良い内装で、適度に明るく健康的な印象を受けました。

小林和道シェフは関西出身で、そのキャリアの大半を関西で過ごし、2013年に当店をオープン。寡黙で真面目一徹。血管が浮き出る上腕がセクシーで、麻布十番「鮓ぱんち」と双璧をなす筋肉っぷりです。
お店の格に比べると酒の値付けは良心的で、たっぷりサイズのビールは900円。日本酒の種類も豊富で一律1合1,400円。気の良い女将さんがどんどん注いでくれるので、気持ちよく酔っぱらうことができます。
まずはサっと揚げた白魚。黒いのも実は白魚で、イカスミを用いて着色するという遊び心。
お雛様の時季だったのでちらし寿司。日本料理は鮨にくらべてこういった洒落たことができるのが良いですね。
お椀のタネもハマグリを起用しひな祭り仕様です。澄んだお出汁に貝のメタリックな味わいが響き、じんわりと身体に沁み込む美味しさです。
お造りに入ります。まずはサワラ。軽く炙って風味を引き出しシットリとした味わいです。写真右下の泡状の醤油が面白く、それだけで食べて美味しい。レンゲでジャブジャブいきたいくらいです。
ねっとりと官能的な舌ざわりのイカに健康的な鉄分を感じるメジマグロ。対極的な味覚の配置ながらいずれもがベリー美味しい。
八寸もお雛様のようなプレゼンテーションであり、店主の美意識の鋭さが窺えます。いずれもひと口サイズながらきちんと美味しく、これだけで1合飲めてしまうかもしれません。
アマダイは味噌焼きで。これまでのお料理はさりげない調味のものが殆どでしたが、ここはらはイケイケな味付けです。味噌の旨味がコッテリとしており、やはり酒の進むひと皿です。
続いてアイナメ。品が良く綺麗な味わいであり、白ワインも合いそうです。
箸休め(?)にひと口のお肉。そういえば、ここに辿り着くまで殆ど肉を食べてないなあ。それでいてこの食べた感。余は満足じゃ。
フグの白子のお鍋。トロンとした口当たりに濃厚なクリーム感。健全なアサツキとのコンビネーションもグッドです。
お食事に入ります。こちらはホタルイカの土鍋ごはんであり、ホタルイカの大人の苦みが食欲を再起させます。
続いておじゃこご飯。お腹に余裕があれば他にも数種類用意しているとのことであざまる水産。。
続いて牛丼。何と高貴な味わいの牛丼でしょう。そのへんの牛丼屋のそれとは別格の味わいであり、この品質を達成してこそ生娘シャブ漬け戦略と言えるでしょう。
大トリは先の白子のお鍋の雑炊。やっぱ炭水化物って旨い。日本人とは畢竟、米なのだ。
食後の甘味はタンカン(だっけ?)のゼリーにアイス、おもち。日本料理店におけるスイーツは素っ気ないことが多いですが、当店のそれはきちんと愛情込めて作っていることがよくわかるフィニッシュでした。

以上、お食事のコースが19.800円に気前よく酒を飲んでお会計はひとりあたり2.8万円といったところ。暴騰に暴騰を重ねる東京の和食事情を鑑みると、大変良心的な価格設定であり、日本料理に対する愛情、ゲストをもてなそうとする料理人魂を感じました。

とても良い店でした。会食とかグルメ会とかじゃなくて、2-3人の親密な関係でお邪魔したい日本料理店です。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
日本料理は支払金額が高くなりがち。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの日本料理ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い日本料理なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。