ミシュラン星付きレストランを400軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が400に達しました。

記念事業的に全記事を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2019年7月3日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ Chez TAKA ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★天本 ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   
★epoque+ azabu

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン クラフトワインエヌ ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 ★ナポレオンフィッシュ 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 串右エ門 ちかっぱ博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

太魯閣晶英酒店(Silks Place Taroko)/太魯閣(台湾)

台湾有数の絶景を誇る太魯閣国家公園。その中にある唯一のホテルがココ「太魯閣晶英酒店(Silks Place Taroko)」。ホテルグループ「リージェント台北」のラグジュアリーブランド「Silks」を冠した台湾屈指のリゾートホテルです。
なのですが、外観はちょっとダサい。外壁に所々ボロが感じられ、下手をすると日本の国民宿舎とそう変わらないレベルです。エクステリアはちょっとサゲ。ちなみに太魯閣への観光の拠点「花蓮駅」からホテル専用のシャトルバスが出ています。所要時間70分。前もって予約しておきましょう。
館内に一歩足を踏み入れると、なるほどラグジュアリーリゾートの雰囲気がビンビンに伝わってきます。視界の中には常に誰かが掃除しており、今まで訪れた台湾の建物の中で最も清潔に感じました。チェックイン時にもちろん英語は通じるし、何なら日本語もチョイチョイいけます。
ピピピピと鳥の声がするなあと目をやるとカナリヤが飼われていました。鳴き方と鳴き声にバリエーションがあり、ずっと眺めていても飽きません。深呼吸するとめっちゃカラダ膨らむねんで。
案内された部屋はワンルームではありますがめちゃんこ広い。恐らく70平米前後でしょうが、仕切り壁など視界を遮るものが何もないので心理的にとても広く感じます。
テレビは地上波だけでなくYouTubeなどの各種ネットアプリにも接続可能。ライティングデスクは武骨ではありますが欠点もなし。wifiはチョッパヤです。
テレビには1億円は入りそうな巨大な金庫に飲み物。冷蔵庫の飲み物は自由に飲んで良いのですが、コーラなど砂糖水系飲料が殆どです。
バスルームも広く、とにかく仕切りが無い。
つまり洗面所もトイレもシャワーもバスタブもシームレスに繋がっているため、誰かがひとつでも使用するとその他のゲストは何も使えなくなってしまいます。これだけ広いのだから、せめてトイレだけでも分けて欲しいところ。
館内巡りスタート。うーん、やっぱり外観ダサいよなあ。なんか学校みたい。
なんと!屋上にはテニスコートがありました。テニスコートがあるホテルって久々見たなあ。
また、テニスコート近くには立派な花壇があり、蝶々が山ほど舞っています。日本で見ることのない柄ものものが多く、思わず見入ってしまいました。
こちらは焚火の広場。夜はコチラで原住民音楽のコンサートが催されます。
屋上プール。ちょうどこの時、地下の屋内プールで子供向けのイベントが開催されていたためガラ空きでした。緑豊かな渓谷の中にあるプールもオツなものです。

せっかくなのでプールサイドのデッキチェアでカキ氷でも食べようと2種類注文すると「1人1杯はトゥーマッチ」とのアドバイスを頂戴したので、1杯のみオーダー。
なるほどこれはトゥーマッチである。台湾の一般的なカキ氷の3~4杯はあろうかというボリュームであり、マンゴーに至っては5個は投入しているのではなかろうか。付け合わせはセミドライのマンゴーであり、この日世界で最もマンゴーを食べた人間は私に違いない。
あまりに大きいので食べるのにも時間がかかります。氷が徐々に溶けていきスムージーへと形態が変化していくのですが、これもまた美味しい。
おやつの後は運動です。こちらはヨガ広場。とにかく広い。時間帯によってはレッスンなども開催されます。
フィットネスセンター。器具は必要最低限といったところ。ガラス窓が広く太魯閣の渓谷を眺めながらの運動もまた一興。
地下の室内温水プール。この時間帯は子供向けの「浮かびながら映画を観よう!」のプログラムが開催されており、皆、思い思いの浮き具をつけて映画を観ていました。もちろん大人の参加もOK。
単なる四角いプールなのですが、映像を流したりアヒルを山ほど浮かべたりするだけでとても楽しそうな空間に様変わり。外観はアレですが、内装ならびにソフト面のセンスは長けたホテルです。
室内プール隣にある遊び場。アスレチックジムやレゴの広場、卓球、キッザニア的なゴッコ遊びの場など、家族連れに優しい空間です。
PS4の、身体の動きを読み取って遊ぶゲームも4台ありました。ちょっと試してみるかと始めてみると面白くって、何だかんだで1時間以上プレイしていました。汗だくや。
お食事の会場は2つあって、我々は昼と夜にメインダイニングの「梅園中餐庁(Mei Yuan Restaurant) 」を利用。詳細は別記事にて
朝食はビュッフェ形式のレストラン「衛斯理自助式餐廳 (Wellesley Restaurant)」のみの営業です。詳細は別記事にて
夜は焚火の広場で原住民音楽のコンサートが催され、それなりに盛り上がるのですが、アーティストが歌う時間よりも喋る時間のほうが長い、やしきたかじんのような野郎であり、中国語を解さない我々にとってはサッパリぷーです。
さて、「台湾屈指のリゾートホテル」「最高級」などと記事中で脅してきましたが、1泊1室朝食付きで3万円強でした。食事と酒、カキ氷の代金を含めても当館で5~6万円しか使っていません。もちろん1泊の滞在費としては高価ではありますが、これだけの品質を考えれば実にお買い得。ハワイで同じことをやれば10万円越えは堅い。費用対効果抜群のリゾートホテルでした。


食べログ グルメブログランキング

人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:その他 | 花蓮

梅園中餐庁(Mei Yuan Restaurant) /太魯閣(台湾)

台湾きってのラグジュアリーリゾートホテル「太魯閣晶英酒店(Silks Place Taroko)」のメインダイニング。メニューには「原住民料理」とあり、ローカルフードを中心に提供してくれるお店です。店員は全般的に感じがよく、たまに英語・日本語を話す人もおり、日本語メニューもあります。
この日のランチは「原住民料理」に絞って注文。まずはタケノコとシイタケの炒め物。シャキシャキとした歯ごたえは好きなのですが、どうにも調味が薄く、まるでお湯を食べているような感覚。
豚肉の味噌炒め。コチラは美味しいですねえ。豚肉は薄切りなのですが、品質が極めて高く旨味と甘みにあふれています。味噌の味付けもコッテリとしていて美味しい。先の皿と併せて食べるとちょうど良い。
月桃の葉で包んで蒸したゴハン。月桃の香りは良くエキゾチックなのですが、ゴハンそのものには調味がほとんど施されていません。舌触りもパサパサであり全然美味しくありませんでした。
お会計はひとりあたり2千円チョイ。アルコールを飲まなかったこともありますが、高級ホテルのダイニングでアラカルト注文してこの価格は安い。ただしコッテリした味付けの料理以外は正直微妙なので、注文の仕方により満足度は大きく変わるでしょう。
ここからはディナーです。昼のスタッフの動きは素早かったのですが、夜はお客が多くてんてこまいのようで、ファーストドリンクでさえも提供に随分と時間がかかりました。
お通しにシジミの紹興酒漬け(?)。旨味とちょっとしたお酒の香りがクセになる味わい。キムチは甘みと苦味が強く好きじゃありません。
酔っぱらい鶏。蒸した鶏肉を紹興酒に漬けているのでしょう。鶏そのものはミミガーのような食感で悪くないのですが、味付けはやはりランチ同様に素朴で単調。よだれ鶏的なバリっとした味付けのほうが私は好きなようです。
鍋料理の具材はヤリイカをチョイス。ニンニクがゴロゴロと入っておりパンチ力抜群。強めの醤油風味も美味しく、やはり当店は濃い口が良いですね。ヤリイカの食べごたえが良く、ホウトウのような麺もクセになる味わいです。
ベタにチャーシューの炒飯。王道中の王道であり外さない美味しさです。量は1合近くあり、複数人で注文すると良いでしょう。
料理はいずれも1皿1,000円前後で特大サイズ。味はまあまあなので、高級ホテルの中華と考えればお買い得な部類でしょう。とにかく量が多いので、大勢で訪れて色々と注文するのが吉。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
それほど中華料理に詳しくありません。ある一定レベルを超えると味のレベルが頭打ちになって、差別化要因が高級食材ぐらいしか残らないような気がしているんです。そんな私が「おっ」と思った印象深いお店が下記の通り。
1,300円としてはものすごい情報量のムック。中国料理を系統ごとに分類し、たっぷりの写真をベースに詳しく解説。家庭向けのレシピも豊富で、理論と実戦がリーズナブルに得られる良本です。

関連ランキング:台湾料理 | 花蓮

おにまる/麻布十番

「待った?ごめんね遅くなって」サークルクラッシャー出身の彼女はそっと私の肩に手をかける。相変わらず綺麗な肌だねえ、ルーブル美術館に飾りたいぐらいだよ。「そう?ありがと。このまえ肌年齢をはかってもらったんだけど、16歳だって。やっぱりあたしは神の最高傑作ね」ちなみに彼女はシラフです。
「ゆうべ、そこの商店街を自転車押して歩いてたんだけどさ、急にナンパされたわけ。ちょうどおなか空いてたし、いいイタリアンがあるって誘うから、ついていってみた」おい、知らない人についていってはいけませんと学校で習わなかったのか。
「でも、全然イマイチなお店でガッカリ。なんか雰囲気がファミレスっぽいんだよね。料理は不味くはないけど美味しくも無い。だからすぐに帰っちゃった。偽名しか伝えて無いからその後は特に何もないんだけど」イタリアン?ファミレス?そんな店、十番にあったっけ?
「うーんとね、ちょっと半地下っぽくなってる店で、目の前が広場になって開けてる感じ」なるほど、それは間違いなく「ラ・ボエム」です。当該男子は見上げた度胸だ。チャリを押している女の子にピンで声をかけ、ファミレスに毛の生えたようなお店に連れ込む。こういう漢がビッグになるのであろう。
でも、カレシいるんじゃなかったっけ?いいの?そんな簡単にナンパなんかについていって。「ああ、あんなの別れた。LINEで別れた。ノーカンノーカン。忘れて」彼女は手をひらひらさせて一口でチキン南蛮にかぶりつく。
「そもそもあたしに付き合ってる意識は無かったし。2回目のデートで映画に行って、エンドロール流れている時にいきなり『付き合って欲しい』とか言われたんだもん。ハッピーエンドの祝福系のラストで、まわりの客もみんなニコニコしてる雰囲気だから、どうにも断れなくって」あれは新手のフラッシュモブね、彼女は小さくため息をついた。
「まだ会って数回なのに『一緒に住もう、これからは僕が君を守るから』とかまで言ってくる。何よそれ、一体あたしにどんな危機が迫ってるっていうの?」音順篤実な彼女がここまで眉根を寄せるのは珍しい。
「だいたいさ、『守ってあげる』って何?大して歳も変わらないのに、あんたはどれだけ大物だっていうわけ?それともあたしが価値のない女ってこと?いいかげんに白金台」
まあまあ、それは一種のプレイだよ。SNSでパーソナルトレーナーとワークアウトするタイプだね。そういう男は結局のところ頭の悪そうなニコニコ顔の巨乳と結婚するんだよ。この特徴を覚えておくのは円周率を30桁まで知っているのと同じくらい意味があるから、覚えておくといい。

 食べログ グルメブログランキング

関連記事
我々のおにまるクロニクルは下記の通り。心からくだらない部室のようなやりとりばかり。ヒマで死にそうな時に時間つぶしにどうぞ。
  • 2019年9月 ←そういう男は結局のところ頭の悪そうなニコニコ顔の巨乳と結婚する
  • 2019年8月 ←ヒトという生き物は、自身の財産には執着しますが、他人のカネやモノに対しては無頓着なのかもしれません
  • 2019年7月 ←借金の踏み倒し方について
  • 2019年6月 ←どうして女という生き物は妙な駆け引きをするのか
  • 2019年12月 ←ストーカー気質。少し気持ち悪い。
  • 2018年10月 ←19歳の女子大生と飲み会した結果www
  • 2018年10月 ←「どうしてそんなにモテるのか、一度、真剣に考えてみたんだけど」
  • 2018年8月 ←タケマシュランは女性の婚期を遅らせる有害図書だ
  • 2018年7月 ←彼女は根っからのキャバ嬢気質に溢れている
  • 2018年4月 ←久しぶりにじっくり料理に向き合いました
  • 2018年1月 ←身代金要求1兆円パーティ
  • 2017年11月 ←2017年タケマシュランお誕生日パーティ
  • 2017年11月 ←あたしって、すごく顔は整ってるじゃないですか。いるだけでとっても絵になると思うんだけどな」
  • 2017年10月 ←再び既婚者という身分を隠して独身女性と遊ぶ男たち
  • 2017年10月 ←既婚者という身分を隠して独身女性と遊ぶ男たち
  • 2017年7月 ←1日2回「タケマシュランさんですか?握手して下さい!」
  • 2017年6月 ←差別に苦悩する中野区民
  • 2017年4月 ←「らめぇええええ!ずっと一緒に居てくれなきゃやぁだぁああ!」
  • 2017年4月 ←25歳にして東京レストラン事情に精通する神童たち
  • 2017年3月 ←ダメだこいつらやっぱバカだ
  • 2017年3月 ←私の顔面偏差値は65である
  • 2017年1月 ←3人なのにすげえ食べた
  • 2016年11月 ←2016年タケマシュランお誕生日パーティ
  • 2016年11月 ←東京カレンダーへの報復
  • 2016年10月 ←低脳未熟大学の陸の王者たち
  • 2016年10月 ←予約必須の水炊き
  • 2016年10月 ←ハゲマシュラン
  • 2016年10月 ←シイタケ嫌い生誕祭。
  • 2016年9月 ←壁にマッキーで「魑魅魍魎」と書く酔っ払い。
  • 2016年8月 ←斬新な味わいで、イタリアの未開の村の郷土料理を食べているかのよう。
  • 2016年8月 ←何そのクソブログ聞いただけで超読みたくねえ。
  • 2016年8月 ←オマエと言うと1,000円
  • 2016年8月 ←ひとりの夜は結婚式のビデオを繰り返し見る中年。
  • 2016年7月 ←「デブとか絶対にムリ」などと言う口の悪い女と付き合うメリット。
  • 2016年5月 ←「俺を殺しにかかってますね」
  • 2016年4月 ←営業日数25のうち8はご来店。
  • 2016年4月 ←からの朝までカラオケ。
  • 2016年3月 ←精彩を欠いている山田さん。
  • 2016年3月 ←美人局。
  • 2016年2月 ←スーパーバイザーの誕生日会。
  • 2016年2月 ←ヒルズ族というのはまやかし。
  • 2016年2月 ←「しゃ、写真を一緒にいいですくゎ?」
  • 2016年1月 ←カンテサンスに1日2度行く女。
  • 2016年1月 ←シューツリーの受け渡しのはずがどうしてこうなった。
  • 2015年9月 ←伝説の○○○○初登場。
  • 2014年5月 ←一番食べた日。
  • 2014年8月 ←イスラエル人が闖入し大騒動
  • 2014年8月 ←初訪問。もう2年も前なのですね。
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

おにまる
関連ランキング:居酒屋 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅