ミシュラン星付きレストランを400軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が400に達しました。

記念事業的に全記事を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2019年10月1日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ ★鈴田式 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   


<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ★焼酉川島 ★TORISAWA CA10AL ★魚と牛じゃ 串右エ門 ちかっぱ博多 ばり博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
 ウルトラチョップ 旬熟成 ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

しき/麻布十番

地元民に愛される鰻居酒屋「しき」がリニューアルオープン。以前はボロい(失礼)建物だったのですが、すっかり近代的なビルへと生まれ変わりました。8階には焼鳥の名店「TORISAWA CA10AL(トリサワ カジュアル)」も入居しています。旗の台にも分店あり。
齊藤四郎シェフは近所の「ふぐ武」で鰻・河豚・すっぽんの取り扱いの経験を積んだのち1983年に独立。特に鰻については志村けんが週5日も通って食べたという逸話も。とは言え店内はテレビが流れ至ってカジュアルな雰囲気。居酒屋的な料理も多く気取らないお店です。
瓶ビールは700円。十番の居酒屋としては良心的な部類でしょう。その他、サワーやハイボールも同価格帯であり、日本酒は1合で千円弱といったところでした。

「最近、物凄く口説かれているんだけど」彼女は新しいおもちゃを見つけたかのように言う。「初デートで自分のプレゼン資料を持ってくるの。パワポ20枚。家柄だとか、大学だとか、仕事だとか」
お通しが旨い。既製品を出しただけで500円を奪っていく意識低い系の飲み屋とは異なり、きちんと手が込んでいます。おっちゃんが作っていましたがまさにおふくろの味。

いるなあ、そういう男。自分の中身の話はしないでブランドの話ばかりする。旦那なんて、それなりに休みがとれて、家事を一緒にやってくれて、実家がややこしくなければ充分だということを知らずに。
れんこんのきんぴら。外食では家庭での調理が面倒なものから注文するのが鉄則。シャクシャクとした食感に出汁がきいて美味。

「でも、そろそろ結婚はしたいなあ」彼女は頬を膨らませながら言う。「結婚してないと、社会不適合者みたいに思われるでしょ?だから、何とかしなきゃって、自分で自分を追い詰めちゃってるんだよね」あたしは充電が90%を切るとソワソワするタイプなの、彼女は小さく付け加えた。
舞茸の天ぷら。ベーシックな味わいですが心温まる味わい。オマケでついてきた大葉も良い香りで素敵なアクセント。
牛もつ煮込み。丁寧に処理されたホルモンに臭味はなく、ピリ辛な調味と共にごはんが欲しくなる味わいです。
から揚げは大山鶏を用いており堂々たる美味しさ。ちなみに焼鳥メニューも充実しており、それらにも大山鶏を用いているそうな。

「結婚しなきゃって強迫観念に悩まされてるの。もう、何もかもが嫌になって、ひとりで強いお酒を飲んだくれたりすることもある。自分が何をしようとしているか分からない。でも、何をするか分からないことは分かってる」彼女はそこに答えが書いてあるかのように、グラスをじっと見つめた。
塩さば。ほんのりとした塩味に凝縮感のあるサバの旨味。大根おろしをたっぷりつけて、これが日本の食卓である。

うーん、考えすぎじゃない?フランス人なんて誰も結婚してないし、したとしてもすぐに離婚してる。小さな子供がいる家庭ぐらいだよ、結婚してるのは。閣僚は全員が離婚してて、週刊誌なんかも男女間のスキャンダルには興味なし。キミにとっての結婚のゴールは何?基準を日本社会じゃなくて、自分においたらどう?
主題の鰻料理に入ります。旨きは2,500円と中々の価格設定ですが、オムレツほどの卵の量にたっぷりの鰻が。割と雑めな調理ではありますが、この鰻の量で2,500円というのは悪くないディールです。
4番サード、うな重。鹿児島県産の330グラムの鰻を用いており、並の鰻屋の特上レベルのポーションです。産地は鹿児島ではありますが調理は関東風の蒸しスタイルでふっくらフワフワと磯山さやか的な味わい。他方、タレは思ったよりサッパリしています。個人的には鰻は関西以西のバリっと焼いた形式(特に鹿児島であれば「うなぎの美鶴」だ!)のほうが好きですが、まあそれは神学論争のようなものでしょう。
肝吸いにはしっかりと肝が入っており、ここが雑居ビルに入居する居酒屋であることを忘れるほど高潔たる味わいです。

「あなたは何度も結婚してズルい。格差社会とかいうけれど、お金なんかよりも恋愛格差のほうが人間にとって問題なんじゃないかしら?私の今日は、私が生きたかった未来じゃないの。最後に残ったピスタチオは開けづらいものなのよ」
深みのあるお新香もグッド。ごちそうさまでした。

飲んで食べて〆は鰻重と贅沢な飲みでしたがお会計はひとりあたり8千円ほど。立地と鰻料理を食べたことを考えれば実にリーズナブルであり、高級食材を除けば5千円に収まりそうな勢いです。加えて店は空いており、お店側も感じは良いが客に干渉してこないスタイルで居心地が大変良かった。「十番の何でもない居酒屋なんだけど、〆は鰻重なんだよね」みたいなデートのお誘い、すごく素敵じゃないですか?


食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番には日本料理店も結構多いのですが、割高であることが多いです。外すと懐が大ダメージを受けるので、信頼のおける口コミと、味覚が似た友人の感想に頼って訪れましょう。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:うなぎ | 麻布十番駅赤羽橋駅

コーナーズグリル(CORNER’S GRILL)/石垣島

石垣島のハンバーガー屋、もとい、飲食店としてトップクラスの人気を誇る「コーナーズグリル(CORNER’S GRILL)」。当然に食べログでの点数も高く、このあたりに不案内な方であれば、いの一番に目指すであろう手軽なレストランなのですが、不定休かつ売り切れ御免、臨時の長期休業もアリと、観光客泣かせの営業スタイルです。
 軒先には『 昨今、お客様より「CORNER'S GRILL 千歳烏山店」についてのご質問を頂いております。当店「CORNER'S GRILL」(創業2008年)は、「CORNER'S GRILL 千歳烏山店」(創業2013年)とは経営上の繋がりも無く、石垣牛卸し元も異なっており、当店との関係は一切ございません。予めご了承くださいますようお願い致します。』と穏やかでない注意書きが。気になって千歳烏山店を検索してみると、ウェブサイトのテイストや文体が酷似しており、また、「姉妹店」として表現するネット上の記事も。昔は仲間で袂を分かったのかなあ。
カウンター席は無く、形状を変更できないボックスシートにテーブル席のみと、店内の収納効率はあまりよくなく、幼児連れもOKであるため回転はあまり良くありません。時間に余裕をもって訪れましょう。
最も安いバーガーである「チーズバーガー」が2,585円と腰を抜かす価格設定です。それもそのはず、当店の肉は全て石垣牛の3等級以上のもののみを使用しており、店長自らの目利きで食材を仕入れ、お肉の解体や熟成も自らの手で行っているそうな。

構成要素はバンズ、150グラムのパティ、チェダーチーズ、ベーコン、グリルしたオニオン、レタス、トマト、ピクルス、フライドポテト。ハンバーガー1個で2,585円と聞くと衝撃的ですが、バラして定食として接すれば妥当に感じてきます。
バンズで蓋をしてバーガーペーパーに挟んでかぶりつくのも良し、フォークとナイフでステーキのように食べるのも良し。私は「クアアイナ(KUA AINA)」で美しくハンバーガーを食べきれるで賞に輝いたことがあるのですが、その私をもってしても自信を失わせる背の高さであったため、おとなしくフォークとナイフでバラしながら食べました。
なるほど肉が旨い。単に脂が豊かなだけでなく、赤身の部分にしっかりとした芯のある味わいがあり、東京の有名店に比肩する味わいです。少し肉を細かく挽きすぎているきらいがあり、粗目原理主義の私としては少し歯ごたえに乏しく感じました。また、ソースの風味が雑なのが気になります。次回はソース抜きにしてもらおう。
なるほど評判の良さに納得の味わいでした。でもちょっとばかし高いなあ。私が世界一美味しいハンバーガーと思う「マンチズ バーガー シャック」でも大体が千円台で収まることを考えれば、もう少し改良の余地があるような気もします。次回はシンプルにステーキにチャレンジしてみようかな。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

関連ランキング:ステーキ | 石垣市

スプラウトカフェ さくら坂(SPROUT cafe)/六本木一丁目

「シャングリラに行かない?」と連れられたのは虎ノ門のThe Okura Tokyo。へ?シャングリラって丸の内じゃなかったけ?どゆこと?
なるほどホテル併設の「大倉集古館」で開催されている桃源郷展のことでしたか。日常的に「シャングリラ(Shangri-La)」という響きは耳にしていますが、元々はイギリスの作家ジェームズ・ヒルトンが1933年に出版した小説『失われた地平線』に登場する理想郷の名称であり、転じて一般的に理想郷(桃源郷)と同義として扱われる単語なのです。
ちなみに「大倉集古館」とは明治から大正時代にかけて活躍した実業家・大倉喜八郎が設立した日本で最初の私立美術館。文化財の海外流出を嘆いて自腹で全部買いまくった情熱の人です。尺八とフルートを合わせた「オークラウロ」などオモロな楽器も展示されています。
前置きが長くなりました。夕食まで少し時間があったので、前から気になっていたカフェでお茶でもしようと「スプラウトカフェ さくら坂(SPROUT cafe)」に立ち寄る。アークヒルズのアネックスという位置づけであり、距離はだいぶ離れてはいますがヒルズのポイントカードも使えます。
ここも美術館ではないかと見紛うほどの展示品の数々。壁には絵、天井にはシャンデリアと取り留めのないラインナップではありますが、全てが不思議と調和しています。それを人はセンスという。
モンブランに目が無い連れはディスプレイから目を離さない。あのね、僕らは今から2時間後には別のレストランのテーブルについているんだよ。「六本木でしょ?歩けば何とかなるかもしれない」何がどう何とかなるというのだ。

我々のやり取りを聞いた店員は「ふたりでひとつでも結構ですよ~」と気を使ってくれるのですが、途端に顔を曇らせる彼女。どうやらふたりでふたつ食べるつもりだったようです。
「人生は楽しむためにあるってこと、忘れないでね」結局ふたりでふたつを注文することに。まあいい、デザートが最初に来たと思えば総摂取カロリーは変わらないはず、と自分自身に言い聞かせます。大人のストレスは食事でしか癒せないのだ。
モンブラン。和栗をたっぷりと使用した上品な甘味であり、内部にも栗がゴロゴロ。行き当たりばったりで食べるケーキとしてはかなりの美味しさです。
私はイチヂクのショートケーキ。ありそうでないショートケーキであり見目麗しいのですが、味そのものは中くらい。むう、モンブランの圧勝である。
コーヒーも丁寧に淹れられた本格派で美味。
ケーキひとつ1,000円、コーヒーは700円と値は張りますが、圧倒的な空間力に居心地の良さ、ガラガラに空いていることを考えればその価値は充分にあります。客層が雑多なホテルのラウンジよりもグっと印象が良い。今度はテラス席でランチでもしようかしらん。


食べログ グルメブログランキング

人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

すし初/湯島

すし初の若旦那が「J.S.A.SAKE DIPLOMAコンクール」で優勝しました。日本ソムリエ協会は会長が田崎真也になってから日本文化への貢献に注力し始め、日本ワインや日本酒の発展に大きく寄与しています。その象徴として開催された日本酒のコンクールの初代王者となったのは意義深い。
優勝したその週末にお花を持ってお邪魔しました。ネットが発達しSNSでコメントを残すだけの関係が色濃くなる中、オールドスクールなお祝いを徹底するのが私流。軒先の看板には今夜も予約で満席との案内。
店内には古くからの常連やワインスクールの生徒たち(彼はアカデミー・デュ・ヴァンの講師だ)で溢れており目のまわる忙しさ。おまけにコンクールが終わって気が抜けたのか、若旦那は足の肉離れを起こしており、動きが普段よりも幾分スロウ。今となっては笑い話です。
ちなみに私も地味に食べログで1位になりました。良かった良かった。
さて、シイタケをシンプルに焼いたもの(2ピースあったけど食べちゃった)。まさに素材といった味わいに上質な海苔の風味が駆け抜けます。
里芋とカリフラワーのすり流し。すり流しとは私の好物のひとつであり、ピカールに言ってキューブ状の冷凍食品としてデビューさせたいほどです。やや土っぽさを感じる野趣あふれるカリフラワーの風味に舌鼓。
歯ざわりが見事なレンコン。カリフラワーに続いてやはり土っぽさを感じさせる男性的な味覚であり、ザクザクザクザクと魅力的な咀嚼音が響きます。量もたっぷり。
本日のお刺身の白組はヒラメ、エンガワ、ホタテ、太刀魚、甘海老。ヒラメならびにエンガワがいいですねえ。冬の到来を告げる身の締まりに脂の量。日本酒が進みます。
紅組はカツオ、ブリ、中トロ、シメサバ。ほう、カツオ。旬の頂点は過ぎたことは周知の事実ですが、なるほどあえて出すだけあって迫力のある個体であり、厚切り由来の歯ざわりも相まって美味。シメサバも絶品。軽く締めているため酸の主張は穏やかで、代わりに冬の脂が幅をきかせています。
腹の出た鮎。中には大量の卵が詰まっており、ある意味では残酷な天使のテーゼなのですが、その卵をスープに解きほぐして頂く玉子スープの旨さといったらない。頭も尻尾も全てを食べ尽くし、日本酒でグイと飲み干します。
サワラは西京漬けで。ムッチリとした身の厚さに悶絶。コースが進むにつれて調味がクレッシェンドしていき、当然に酒量も増える。
にぎりに入ります。どでかい海老が入ったので包丁でふたつにナイスカット。それでもひと口におさまりきらないほどのサイズであり、海老好きには堪らない逸品。
サンマ。今年は不漁というニュースが流れていますが、あるところにはあるものです。不漁で高価だか何だか知りませんが、個人的にサンマはもっと評価されるべき素材と考えており、はっきり言って鰻よりも全然美味しい食材でしょう。
すじ抜き。当店のスペシャリテ(と、私は勝手に位置付けている)であり、必ず食べるべき1カンです。マグロの脂の乗った部分から丁寧にスジを取り除き、上質なネギトロをたっぷりとにぎりで食べるような名品。
イクラ。やや小粒で凝縮感に溢れる味わい。調味も強く海苔の風味も心地よい。鮨と見せかけて酒が進むツマミです。
ウニもかなりの量。近年、外観が整ったものを軍艦でなく握りでウニを出すお店が増えましたが、個人的にはやはり海苔の風味が欲しい。こういった伝統的な軍艦巻きにも理由はあるのだ。
ホクホクと炊きあがったアナゴ。私はあまりお燗酒は好まないのですが、このにぎりに関してはそれでも良かったかもしれません。何しろ若旦那はコンクールにおけるお燗のつけ方につき、会場をどよめかせた手技の持ち主だそうなので。
追加でトロタク。マグロの旨味にタクアンの食感がコリコリと響きます。
刺身でブリも良かったことを思い出し、追加でブリを2枚づけで握ってもらいました。軽く塗られた醤油をはじき返すほどの脂の量であり、モリモリといった食感と相俟って最高のフィナーレでした。
ちなみにこの日のラインナップはコチラ。これだけの種類の酒をロジカルにサイエンティフィックに出し続ける芸風はさすがのチャンピオン。見事としか言いようがありません。若旦那の応援団が多くグルーヴ感に満ちたディナーでした。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

関連ランキング:寿司 | 湯島駅上野広小路駅上野御徒町駅