高級レストラン"また行きたい"偏差値【2023年1月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

クオーレ フォルテ(Cuore forte)/下北沢

下北沢北口の一番街商店街にある「クオーレ フォルテ(Cuore forte)」。知ったような書き方をしておりますが、私が下北沢という街を訪れるのは人生で2回目であり、2019年に「ユリイカ(EUREKA)」にお邪魔して以来です。
駅から歩いて7-8分に位置し、随分と若者の多い街だなあと感心していたのですが、当店はこの街の中では高めな飲食店であり、また、主力はナチュラルワインとややこしいコンセプトなので年齢層はかなり高め。ドーンと長いカウンターに10席強、テーブル席もいくつかあります。
グラスワインがたくさん開いており、その殆ど(全て?)が所謂ナチュラルワインです。若い女の子がそれぞれを説明してくれるのですが、きちんとした知識を備えており、彼女は将来、大物ソムリエールとなってワインバーを開業するでしょう。私の予想は結構当たるし、結構外れます。
アミューズにブルスケッタをお願いしたのですが、これはホットドッグですかというサイズ感で登場し、喚声が揚がります。ドルチェ(甘いタイプのこと)のゴルゴンゾーラサイズもかなりの厚さで塗りたくられており食べ応え抜群。
ツマミにトリッパのフリットを注文。思ったよりも臭みが強く途中から食べ疲れしました。この素材を用いるのであれば、普通にトマト煮込みのほうが良いかもしれません。
スペシャリテの「鶏バター」。バターで焼くというよりも煮るに近いバターの量。鶏そのものは綺麗な味わいの胸肉なのですが、何か罪を犯しているかのような気分にさせる背徳的な味覚です。
ウサギ肉のラグーのパスタ。これは正直微妙ですね。あっさりした味わいだとは覚悟していましたが、妙にシャバシャバとした口当たりでありレトルトのシチューを食べているかのようです。自家製のサルシッチャとかのパスタにすれば良かった。
フレッシュポルチーニは自家製のフェトチーネで。これはエリンギですかというほどのサイズ感でポルチーニを食べると言う稀有な体験。この夜わたしは恐らく世界で一番ポルチーニを食べた漢として歴史に記録されることでしょう。
ティラミスが中々、いやかなり美味しい。冒頭のブルスケッタ同様に常識外れのチーズクリーム量であり、コッテリねっとり至福のひととき。
以上を2人で食べ、結構飲んでお会計はひとりあたり1.5万円ほど。この日は割に派手派手に飲み食いしたためこの支払金額となりましたが、常識的な飲食量であれば1万円でお釣りが来るでしょう。料理によって当たり外れが大きい気がするので、何度か通って審美眼を養いたいところ。何なら常連に連れて行ってもらうのが手っ取り早いかもしれません。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。

日本のイタリア料理の歴史から現代イタリアンの魅力まで余すこと無く紹介されており、情報量が異常なほど多く、馬鹿ではちょっと読み切れないほどの魅力に溢れた1冊です。外食好きの方は絶対買っておきましょう。

餃子の店 もも/昭和町(大阪)

大阪は昭和町駅から歩いてすぐの路地裏にある「餃子の店 もも」。食べログでは百名店に選出されており、こんな所にこんなお店がと小さな衝撃を覚えます。
カウンター7席のみの小さなお店。ゲストの殆どが常連のようで、スナックよろしくおかみさんとのトークに花が咲きます。それでもおかみさんの手が止まることはなく、ワンオペながら実にスピーディーな運用です。
ビールは恵比寿の樽生。中々の飲みごたえであり、この量のエビスが600円で飲めるお店は珍しいと言えるでしょう。
「餃子焼けるまでちょっと待ってな~」と、サービスで豆苗のサラダをお出し頂けました。ベジファーストで望むところである。
イカの沖漬けが半解凍状態なのはご愛敬。手元でのんびりと溶かしながら酒を楽しみます。
さらにオマケで野菜スティックもお出し頂けました。ワンオペで調理に臨んではいるのですが、間が持たないと感じる前につくりおきの小皿をサっと出す。酒飲みにとっては堪らないシステムです。
餃子が焼き上がりました。1人前はひと口サイズで10個入り。焼きムラなくパリっと仕上がっており、食欲をそそる歯ざわりです。餡は思いのほかたっぷり詰まっており、タレなどつけなくてもそのままで美味しい。他の客はひとりあたり2枚3枚は当たり前に注文していました。
スープは生姜や胡椒などのスパイスがたっぷりきいており、パクチーも乗って東南アジアの屋台料理を食べているかのような気分です。
注文は出揃ったのちにもサービスでツマミをジャンジャンだしてくれます。トマトをコチュジャン(?)で漬けているのか程よく辛く、トマトの酸味と溶け合い新しい味覚です。
「セロリだいじょぶ?」と塩昆布で和えた一品もお出し頂けました。この夜わたしはビール・沖漬け・餃子・スープしか注文していないのに、この充実度合いです。
お会計をお願いすると冷凍庫からスっと出てくるピノ。完全にオカンのノリである。
お会計は2千円。ちょっと信じられない支払金額であり、注文した品数よりもオマケのほうが多かったという奇跡の餃子店。近所にあったら週に数回は通ってしまいそうです。ゲストのほとんどはひとり客であり、君たちとは仲良くなれそうだ。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事
 
「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

炭火焼干物食堂 越後屋 喜八郎(えちごや きはちろう)/恵比寿

恵比寿駅近くを歩いているとガラス越しに干物を炭で旨そうに焼いている定食屋を発見。グーグルマップで確認すると評判も良かったので立ち寄ってみました。
入店時に注文と支払いを済ませ、席へと案内されるスタイルです(写真は公式ウェブサイトより)。写真付きで一覧できるメニュー表の左上で推奨されていた「とろさば味噌漬け定食」を注文。焼魚メニューが多いですが、豚肉や鶏肉などの焼き物もありました。
「とろさば味噌漬け定食」は840円。小鉢をふたつ付けて総計1,190円。焼き魚のほか、ライスやお味噌汁、漬物に大根おろしは自動的に付帯します。
主題の「とろさば味噌漬け」。思い切りよくバリバリに焼かれていますが、味噌漬けな部分が焦げているだけで身は至ってふっくら。米よりも純米酒が欲しくなる味の濃さでツマミに最適です。
ライスは大盛無料とのことですが、デフォルトで普通の茶碗2杯分ぐらいはありそうなボリューム感で、女子は小盛り推奨です。
150円で追加した「小松菜ナムル」は悪くはないのですが、別に普通のおひたしで良いのになという印象です。
明太子は200円。言わずもがなですが、たっぷりの白ゴハンによく合います。ライスの量に比べてオカズは少ないので(ごはんが多すぎる)、明太子と合わせてちょうど良い塩梅です。
お味噌汁もライスに勝るとも劣らない特大サイズ。漆器でなく木製のお椀で食べるに説得力のある大きさです。
なるほど近所の勤め人の間で大人気なだけあって、ボリュームたっぷり味も中々のものでした。見ると夜のアルコール類は500円前後のものが殆どであり実に良心的な価格設定。酒と串3本と小鉢がついた「ちょい呑みセット」は千円弱なので、フラっと立ち寄ってキメるのも良さそうです。また来よう。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindle Unlimitedだと無料で読める。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

柴田商店(しばたしょうてん)/日吉

日吉駅を出てサンロードを進み、路地に入ったところにある「柴田商店(しばたしょうてん)」。20店以上のラーメン屋がしのぎを削る激戦区にありながら根強い人気を誇る博多とんこつ系のラーメン店です。
ピークタイムを外して訪れたため入店時のゲストは私ひとりでしたが、その後は断続的にゲストが訪れます。ゲストの殆どは腹を空かせた男子学生であり、気持ちよいほどの食べっぷりです。
「とんこつ醤油」が主力のお店ですが、より強い塩気と旨味を欲していた私は「とんこつみそネギチャーシューメン」を注文。「野菜」と「半熟味玉」をトッピングして、総額で1,250円です。
「野菜」をトッピングしたため二郎的なビジュであるものの、味は確かに「とんこつみそ」です。美味しいのですが「とんこつみそ」はちょっと味覚が供給過多だったかなあ。ここは素直に「とんこつ醤油」にすれば良かったのかもしれません。
博多系のラーメン店なので細目のストレート麺です。一般的なラーメン店に比べると量は少なく、そのぶん無料のライス(後述)でカバーできるという寸法です。もちろん博多ラーメンらしく替玉も可能です。
私は「とんこつみそネギチャーシューメン」を注文したのですが、ネギが別盛りでやってきました。凄まじい量であり、これで200円とはスーパーで買うよりも安くつくかもしれません。
ライスは無料で付随します。昔はフリーフローだったようですが、現在は「ひとり2杯まで」との貼り紙がありました。卓上には辛子高菜も置かれているので、ライスと辛子高菜を無限に続ける学生がいたのかもしれません。ちなみに写真のライスは半分サイズです。
今回は派手にトッピングを付けたので千円を超えましたが、もっともベーシックな「とんこつ醤油」であれば600円で、ライスも2杯付くことを考えれば素晴らしい費用対糖質でした。おなかを空かせたチートデイにどうぞ。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:ラーメン | 日吉駅


人気の記事
 
「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

宮古そば SAIGA/壺屋(那覇)

2020年オープンの新しいお店なのですが、確実に客足を伸ばしてきている「宮古そば SAIGA」。場所は牧志のアーケード街のはずれ、壺屋エリア。そばフリークの方には「OKINAWA SOBA EIBUN(えいぶん)」の近くと言えばわかりやすいかもしれません。
店内はカウンターが2席(?)に屋外のテラス席に4席と、そば業界においても屈指の狭さ。そのせいかちょっとした波動で行列してしまうのですが、営業時間は長く通しでやっているので、ピークタイムを外して訪れると良いでしょう。店名は宮古島の用言で語尾につける言葉らしいです。
私は「トロ軟骨ソーキそば」を注文。800円です。宮古そばは麺の下に具材を忍ばせることが多かったのですが、当店は具材を別皿に盛り付けるスタイル。
そばは結構、いやかなり美味しいですねえ。黄金色に輝くスープは無添加無化調で、動物・魚介・野菜などなど様々なな食材から取っているそうです。清澄な味わいながら奥深さも感じられ、最後の一滴まで完飲。

麺は自家製の生麺で、一般的な宮古島のそばよりも太く瑞々しい印象。もちもちとした弾力もあって、ややもすると今風のラーメン的な印象を受けました。
お肉は2種類あって、言えば軽く炙ってもらえます。このまま食べると冷えてヌルくなっているので、スープにドボンと浸して温めながら食べると良いかもしれません。
ジューシーもそばだしを用いて炊きあげられており、スープのニュアンスを引き継いだ美味しさです。別皿のお肉と併せて食べて贅沢な小丼の完成です。
こちらは「宮古そば」で790円。こちらの具材は宮古そばらしく波打ちの平カマボコが添えられています。
美味しかった。那覇における宮古そばとは国際通りの「どらえもん」一択でしたが、その状況に一石を投じる完成度の高さです。今でこそ狭小物件でやっていますが、いずれ人気が沸騰するのは明らかで、必ずや大店へと進化を遂げることでしょう。宮古そばというジャンルを超えて、麺料理としてとても美味しい。オススメです。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
寒い季節は沖縄で暮らしているので、旅行やゴルフだけで沖縄に来る人よりかは一歩踏み込んでいるつもりです。沖縄の人ってネットに書き込みしないから、内地の人が知らない名店が結構多いです。
沖縄通を気取るなら必ず読んでおくべき、大迫力の一冊。米軍統治時代は決して歴史のお話ではなく、今の今まで地続きで繋がっていることが良くます。米軍の倉庫からかっぱらいを続ける悪ガキたちが警官になり、教師になり、ヤクザになり、そしてテロリストへ。沖縄戦後史の重要な事件を織り交ぜながら展開する圧巻のストーリー構成。オススメです。