高級レストラン"また行きたい"偏差値【2022年7月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

バーン・タム(Baan Tum)/新大久保

食べログの百名店エスニック部門に選出された「バーン・タム(Baan Tum)」。新大久保駅から大久保通りを東へ徒歩5-6分の雑居ビルの地下にあり、何とも味のある店構えです。食べログでは百名店に選出。
店名は「タムの家」という意味。もともとはタムさんという料理人が居たそうですが、現在はお店を譲ってタイに帰国したそうです(詳しいことは知らん)。2020年秋に店名を引き継いだままリニューアルオープンし、現在は感じの良いマダムがお店を取り仕切っています。なお、ゲストは私以外みんな女性でした。
アルコールは1杯500円前後であり、輸入モノのビールは700円といったところ。のんびりしていても退店を促されることはなく、ほぼオープンからラストまでダラダラと飲み続けてしまい、つまり居心地の良いお店です。
まずはソムタムでさっぱりと。量もたっぷり。ちなみにタムさんはイサーン地方の出身で、彼の地の料理が多かった気がします。
ガイヤーンは半身でお願いしたのですが、それでも結構なボリュームです。港区あたりでローストチキンを注文すると1羽5千円ぐらいするのに当店は1,500円。優しい世界です。
料理名は失念しましたが、平たく言うとエビカツです。連れはエビカツマニアであり、マックのエビフィレオですら満足できるほどにエビカツを愛しているのですが、その彼女が絶賛する美味しさでした。
プーパッポンカリー。いわゆるカニと卵のカレー炒めです。ソフトシェルクラブを用いているため殻ごとバクバクいけて食べ易い。それにしても、カレー味というのはどうしてこんなに美味しいのでしょう。人類の3大発明に加えたいレベルです。
トムヤンクン。辛味と酸味は控えめで、エビの風味がどっしりとした逸品。実に濃厚な味わいであり、どことなく味噌ラーメン的なニュアンスが感じられました。
デザートはココナッツ風味の蒸しプリン的なひと品。思いのほか温度が高く優しい味わいです。
この日はかなり飲んだのでひとりあたり7-8千円という支払金額でしたが、常識的な酒量であれば5千円を切るはずです。若い女の子がサラっと料理だけ食べて帰るといった使い方もOKなので、飲んで良し食べて良しの使い勝手の良いお店。目黒の某店のような真似事とはレベチです。新大久保という魔窟の懐の深さが感じられるお店でした。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事
「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

レストラン イソ(Restaurant ISO)/新潟駅

新潟駅の万代口から歩いて10分ほどの場所にある「レストラン イソ(Restaurant ISO)」。1日3組のみのフレンチレストランであり、ミシュランでは1ツ星を獲得しています。
町家を改装したお店であり、カウンターが6-7席、個室が1つという丁度良いサイズ感です(写真は公式ウェブサイトより)。

磯部冬人シェフは新潟県長岡市出身。東京のホテルで腕を磨きつつ、フランスでは「ピラミッド」「オテル マルティネス」など名だたるレストランで経験を積みました。帰国後は白馬や佐渡のホテルの厨房を預かった後、2016年に当店を開業。
お酒がお値打ちですねえ。生ビールは770円にグラスのシャンパーニュが1,320円、食事に合わせた5杯のペアリングでも5,500円です。当然にペアリングでお願いしたのですが、折り目正しくシャンパーニュから始まりフランスワインでフランス一周最高か。 
アミューズが凝っていて、地元の豚肉を用いたリエットをサブレで挟み、また、南蛮えび(甘えび)にカラスミを散らして酒を進めてきます。なんとレベルの高いお口取りでしょう。この時点で今夜の勝利を確信しました。
スープはナスが土台となっており、オクラやウニがトッピングされトマト風味のジュレで酸味と旨味を差し込むという構成。何ともセンスの良い味わいです。
マスカット映えるキュートなお皿ですが、中にはキジハタやサザエといった魚介類が詰まっています。ブドウの仄かな甘味とキジハタの脂質、サザエの歯ごたえが良く合います。
パンも素朴ながら勘所を押さえた味わいであり、フランス産の発酵バターと共に本物を知る味わいです。
アワビのリゾット。ふっくらと炊かれたアワビに地元のお米と枝豆がベストマッチ。サマートリュフの穏やかな色気も全体を上手くまとめ上げます。
アマダイはウロコ焼きで。魚の美味しさは当然として、フランス料理の王道とも言えるソースの味わいに頬が緩む。モダンでありつつ土台となる味覚はしっかりと押さえています。
レモンの氷菓で口腔内を整えつつ、、、
メインディッシュは越後牛。こちらも肉の味を素直に引き立てる中央突破な料理であり、肉の赤身とサシのバランスの良さを余すところなく堪能することができました。
デザートはフロマージュブラン(フレッシュチーズ)のアイスクリーム。ミルクのコクを爽やかに楽しみつつ、白桃やパッションフルーツの南方系の果物の元気さも見逃せない美味しさです。
お茶菓子も凝っていて、毎夜たった3組のゲストのためにここまで手の込んだもてなしをしてくださるなんて胸熱です。
雪国紅茶でフィニッシュ。ごちそうさまでした。以上のお料理が14,300円で、ペアリングが5,500円。ひとりあたり2万円でお釣りが来ました。これはちょっと信じがたい費用対効果ですね。都心のちょづいたレストランであれば確実に倍は請求されることでしょう。

先に述べた通り、構成やプレゼンテーションは前衛的でありつつも風味の骨格は100%フランス料理であり、奇をてらうことの無い完全な美味しさを提供してくれます。

新潟にフランス料理店は少ないですが、当店にせよ「レストラン ウオゼン(Restaurant UOZEN)」にせよ評判の良いお店はちょっと信じられないくらいのレベルの高さを発揮してくれます。激しくオススメ。お邪魔した際はワインのペアリングを付けることをお忘れなく。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

鮨 いくた/片町(金沢)

金沢屈指の繁華街、片町に開業した「鮨 いくた」。オープンは2020年9月と新しいお店です。場所はB級グルメの王者「宇宙軒食堂」のはす向かいであり、フーディーな方には「一献(いっこん)」の跡地と言えばわかり易いでしょうか。
店内はと「一献(いっこん)」変わらずL字型のカウンターで、壁の色やら調光やら何かと明るく健康的になった印象。生田崇シェフは金沢が誇る「みつ川」グループで長年腕を磨いた方であり、気さくなニイチャンといった居心地の良い接客です。
まずはツマミでマハタ。たいへん脂がのった個体であり、軽く炙って香ばしいかおりと凝縮感を楽しみます。
タイラガイも軽く炙って海苔で挟んで磯辺焼き風味に。タイラガイとは巨大すぎる貝であり風味も大味になりがちですが、薄切りにして炙って海苔で挟むとは、このタネを食べる手法としては正解のひとつかもしれません。
富山は新湊のボタンエビ。目を剥くような特大サイズであり、プリップリのムッチムチ。とろけるような甘味があり、卵の風味がそのコクを後押しします。ボタンエビとは北海道の専売特許ではないのだ。
タコはじっくりと煮て、もちろん日本酒と共に頂きます。ワサビとカラシの2パターンで食べる仕組みが面白い。
千切りしたカボチャ(?)をアオリイカでくるんと巻いて、オリーブオイルに浸して頂きます。カボチャの食感とイカの甘味、オリーブオイルの香りが良く合う。
毛ガニ。ギッチギチに身の詰まったワガママボディであり、甲殻類アレルギーであればプッツンしそうな濃い味覚。
にぎりに入ります。まずはマダイ。コリコリとしっかりした歯ごたえながら旨味も熟しており、日本酒が進む進む。
ガリは塊をその場でスライスし皿に並べるオシャレ仕様。シャリは赤酢を感じるコクのあるスタイルであり私好み。ちなみに大将は釣りキチでもあり、自ら海に出て釣ったその場で処理をするという最強の仕入れ先です。
アカイカ。いわゆる剣先イカなのですが、同じ魚種とは思えないほど奥行きのある味わい。細かく包丁を入れた上で紫蘇を挟みこんでおり、にぎりというよりもひとつの完成した料理に近い1カンです。
ソウダガツオはフレッシュにして濃厚。やや焦げた皮目の香りも食欲をそそります。
カワハギが美味しいですね。身のコッテリとした味覚は当然として、その身のジュブジュブとした味覚にすっかり酒が進んでしまいました。
メジマグロは酸味が穏やかで、アニョードレを彷彿とさせるクセのない味わい。
コハダは酢の酸味を感じつつも身は厚く脂も多いので、全体としてバランスよく感じました。
シマエビ。北陸が誇る珍味であり、アマエビほどクドくなくエレガントな甘味が特長的です。
トリガイ。それほど好きではないタネなのですが、この個体は別格。特有の臭みなどは一切なく、また、軽く炙って甘味が増しており、何とも艶っぽい味覚です。
巻物はうなきゅう。コッテリとした鰻の風味と爽やかなキュウリの味覚が見事に調和しています。
お椀は先のアマエビのヘッダ部をスープ仕立てに。エビの一番美味しいところを上手に表現しており、余韻の長い味覚でした。

以上を食べ、軽く飲んでお会計は1.8万円ほど。東京で同クオリティのものを楽しめば倍請求されても文句の言えない質および量でした。

まだまだ新しいお店なので、このタイミングで出逢えた私は幸せ者だ。近い将来、金沢屈指の予約の取れない鮨屋になること間違いなし。オススメです。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:寿司 | 野町駅


関連記事
北陸新幹線開通前は秘境的な小京都として魅力があった金沢。開通後は客層が荒れだし、土日連休は東京のガチャガチャした人ばかりです。それは飲食店においても同様で、金曜日の夜から日曜日にかけての鮨屋など港区のちょづいた店と雰囲気は似てきています。きちんと食事を楽しみたい方は、連休を外して訪れましょう。
「大人絶景旅」と銘打ってはいますが、石川の名所をテンポ良くまとめています。グルメ情報も多くモデルルートの提案もあり、広告だらけのガイドブックとは一線を画す品質の高さです。

うどん えんどう/今熊野(京都)

東大路通沿い今熊野にオープンした「うどん えんどう」。上から読んでも下から読んでも「うどん えんどう」であり、上枝恵美加みたいです。
2020年夏にデビューしたばかりのお店ですが、ジワジワと人気を集めつつあります。というのも、当店の大将は魚の卸売りに携わっており、卸売業は長男に譲り自らは海産物とうどんが自慢の居酒屋を始めたのです。なんかこう、聞いただけで美味しそうな気がします。
ランチセットは880円。そう、うどんにお造り3種にごはんがついて880円という驚愕の価格設定です。うどんは牛すじ・玉子とじ・きつね・冷やしの4種からの選択で、私は牛すじをチョイスしました。
牛すじうどん。ランチセットのオマケうどんという位置付けでは決してなく、主役級の牛すじがゴロゴロと入っています。お出汁は少し甘めでハッキリとした味覚。牛すじも綺麗な味わいで、何と祇園の名店「にくの匠 三芳(みよし)」から取っているそうです。
お造りも上質で、タイ(なのか?)のコリコリっとした弾力が印象的。マグロもタコもしっかりとした味わいで、ランチの定食でこのクオリティは尊い。
お造りでライスが進む上にうどんのお出汁も強いので、すっかり食が進んでしまいます。ちなみにごはんお代わりOKという悪魔的なシステムです。
美味しかった。満腹じゃ。880円という価格設定としては考えられないレベルの高さでした。他のお客さんはお魚の煮付け定食なども召し上がっており、やはり海鮮系が推しなのか。だとすれば夜に飲みに来なければならない。ディナーコースは3,500円だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング


関連記事
京都はとにかく和食がリーズナブルですね。町全体の平均点が高いのはもちろん、費用対効果も良いことが多い。その文化に影響を受けてか、欧米系のレストランにも目が離せない魅力がある。
JR東海「そうだ京都、行こう。」20年間のポスターから写真・キャッチコピーを抜粋して一冊にまとめた本。京都の美しい写真と短いキャッチフレーズが面白く、こんなに簡潔な言葉で京都の社寺の魅力を表せるのかと思わず唸ってしまいます。