高級レストラン"また行きたい"偏差値【2024年最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

ここ数年で滞在した高級・有名とされているホテルを一覧化し◎〇△×と記した

年間を通じて外泊が多いので、ここ数年で滞在した高級・有名とされているホテルを一覧化しました。

◎〇△×と記していますが、これは私が滞在した時点における感想であり、価格や為替の変動、混雑度合い、当時のスタッフの対応など偶然に因る部分も多いので、話半分に捉えてください。また、ハイアットやヒルトンは最上級会員であり、ひらまつは株主なので、素で予約する場合とは対応が異なるかもしれません。

費用対効果も重要視しています。お金に糸目をつけないお金持ちの方々とは観点が異なることをご承知おきください。

ところで、私は子連れ客とそれをコントロールできない宿泊施設を憎んでおり、そういった客層が支配的なホテルは自然と△や×が多くなります。しかしながら、これは見方を変えれば家族旅行に向いたホテルを選ぶ指標となり得るかもしれません。


【ハイアット】

<北海道>

<関東>
△:ハイアットリージェンシー東京ベイ

まいすく家(まいすくや)/松尾(那覇)

牧志公設市場すぐ近くのセンベロタウンにある「まいすく家(まいすくや)」。とは言え当店はセンベロを銘打っているわけではなく、一品一品丁寧に注文する王道の居酒屋です。
店内はカウンター席が一列あって、その他はテーブル席。トータルでは20席強といったところでしょうか。辺りはセンベロのお店ばかりなのですが、当店はそうでないからか幾分客層も落ち着いているように感じました。
酒は安く生ビールがジョッキで350円であり、実質的にはセンベロと言えるかもしれません。私はビールに続いて「泡盛リキュール」に挑戦。濃い目だとプラス50円とのことですが、望むところです。
「島野菜の栄養漬け」を注文。ピクルス的なものを期待していたのですが、和風の煮込みを冷覚ましたような味わいであり、これはこれでありよりのありです。
「ゴーヤーちゃんぷるー」は卵がたっぷりで、しかもトロトロ。食材のカットも大ぶりで、極めて男性的なちゃんぷるーです。
「水餃子」は一般的な水餃子の倍近いサイズのものがドッサリ。旨味の強いスープもたっぷりで、これ一杯で500円というのは大変お値打ち。
「県産豚ともずくのコロッケ」は完全なる球体でお目見えし、大変かわちい。それほどモズク感が強いわけではなくジャガイモの風味が支配的であり、つまりコロッケとしてとても美味しかった。
おでんも充実しており、「大根」「葉野菜」を注文。葉野菜はレタスかな。シャキシャキしてて、変な表現ですが普通に野菜の質が良く美味しかったです。
以上を食べて、軽く飲んでお会計は3千円ほど。内地のインフレーションなどどこ吹く風といった価格設定であり、お値段以上に幸せなひと時を過ごすことができました。この辺りはセンベロ店ばかりであり、安く飲めてそれはそれで楽しいのですが、料理が全く旨くないのが玉に瑕。当店や「末廣ブルース」のように食事もきちんとした酒場がもっともっと増えてくれると私はとっても嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
寒い季節は沖縄で暮らしているので、旅行やゴルフだけで沖縄に来る人よりかは一歩踏み込んでいるつもりです。沖縄の人ってネットに書き込みしないから、内地の人が知らない名店が結構多いです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝島(上) (講談社文庫) [ 真藤 順丈 ]
価格:924円(税込、送料無料) (2024/2/4時点)

沖縄通を気取るなら必ず読んでおくべき、大迫力の一冊。米軍統治時代は決して歴史のお話ではなく、今の今まで地続きで繋がっていることが良くます。米軍の倉庫からかっぱらいを続ける悪ガキたちが警官になり、教師になり、ヤクザになり、そしてテロリストへ。沖縄戦後史の重要な事件を織り交ぜながら展開する圧巻のストーリー構成。オススメです。

メグロ アンジュール(meguro unjour)/目黒

目黒駅から歩いて20分ほど、権之助坂を下り目黒寄生虫館の少し先にある「メグロ アンジュール(meguro unjour)」。私の大嫌いなレストラン「Kabi(カビ)」のすぐ近くです。
店内につき、間口は狭いものの奥行はかなり広く30席近くはあるでしょうか。客席数と従業員数のバランスが悪くかなり待たされます。とは言え常連客主体の客層のようで、皆それほど気にしていない模様。私が狭量なだけなのでしょう。
ワインにつき、店主は「3千本はある」と豪語するのですが、ワインリストは無くそのとき出したいものを数本持ってくるだけなので、結果として選択肢は狭い。彼はホテル勤務を経たのちに渡仏し、パリの飲食店などで経験を積んだらしいのですが、飲食に従事する身でありながら香水プンプンでゴツゴツのアクセサリーつけているなど下北沢の古着屋の店員のようなスタイルであり、私の価値観からは無理めです。
その日の黒板メニューからアラカルトで注文します。まずは鹿のパテで、野性味あふれる濃い肉の風味が酒を呼びます。
ラディッキオのサラダ。悪くは無いのですが、これで1,480円というのはちょっと割高だなあというお気持ちです。
フリットはホタテにアナゴ、新玉ねぎ。シンプルな調理ですが素材の味わいが活きており素直に美味しい。
メインはアイルランドの骨付き仔羊。こちらもオーソドックスな調理ながら肉そのものの美味しさをストレートに楽しむことができました。「bistro11(ビストロ ジュウイチ)」のシェフにせよ、料理人を見る目はあるのかもしれません。
以上、飲んで食べてひとりあたり1万円といったところ。料理はなかなかの美味しさですが、接客とワイン選びと値付けについてはパっとしません。脱力系の弛緩したサービスも癇に障るし、信じがたいミスがいくつもあったので私は顔面ヒートテック。お近くの「Kabi(カビ)」にせよ、これが目黒区で好まれるスタイルなのかもしれません。お疲れさまでした。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
目黒は焼鳥やトンカツ、カレーにラーメンと生活に密着した飲食店が多く、そのいずれのレベルも高い。地味ですが豊かな食生活が約束されている街です。
市や区など狭い範囲で深い情報を紹介する街ラブ本シリーズ。2015年の『目黒本』発売から約4年の年月を経て、最新版が登場!本誌は目黒に住んでいる人や働いている人に向けて、DEEPな目線で街を紹介するガイドブックです。

らう次郎/松尾(那覇)

話題のお店「ハコジロウ」で微妙オブ微妙だったので、お口直しにジロウつながりで「らう次郎」へ。牧志公設市場あたりのアーケード街、サンライズ通りの脇道にあります。例のパチンコ屋の裏と言えばわかりやすいでしょうか。店名は「路地裏」を逆さに読んだことに由来します。
店内は思いのほか広く、40-50席近くはあるでしょうか。閉店間際にお邪魔したので空いています。食べログなどでは「立ち飲み」に分類されていますが、現在は全席に椅子が配置されていました。
当店の基本はセンベロなのですが、実際のところは1200ベロ。現金前払いでチケットを手渡され、1杯飲むたびに押印されていくシステムです。ちなみに1200ベロの内訳は、ドリンク3杯にツマミ2品です。うーん、お値打ち!
ツマミ2品のうちの1品。なのですが、その1品が3品に分離しており、この支払金額でこれだけ多様なツマミを楽しめるお店は中々ないでしょう。左の茄子の煮びたし(?)に出汁が沁みていて美味しかった。
ツマミ2品目はおでん。こちらも多様な具材が詰め込まれており、センベロのオマケのひと品としては非常に豪華。
以上のツマミを食べ、オリオン生→ハイボール→黒ビールと楽しんで1,200円。東京の下手な居酒屋だと生ビールが千円近くする中、驚異的とも言える価格設定です。料理も充実しており、肉系の刺しなど超旨そう。次回は2次会でなく、きちんとお腹を空かせてしっかり飲み食いしたいと決意した夜でした。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:立ち飲み | 牧志駅安里駅美栄橋駅


関連記事
寒い季節は沖縄で暮らしているので、旅行やゴルフだけで沖縄に来る人よりかは一歩踏み込んでいるつもりです。沖縄の人ってネットに書き込みしないから、内地の人が知らない名店が結構多いです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝島(上) (講談社文庫) [ 真藤 順丈 ]
価格:924円(税込、送料無料) (2024/2/4時点)

沖縄通を気取るなら必ず読んでおくべき、大迫力の一冊。米軍統治時代は決して歴史のお話ではなく、今の今まで地続きで繋がっていることが良くます。米軍の倉庫からかっぱらいを続ける悪ガキたちが警官になり、教師になり、ヤクザになり、そしてテロリストへ。沖縄戦後史の重要な事件を織り交ぜながら展開する圧巻のストーリー構成。オススメです。

桃仙閣 東京(とうせんかく)/六本木

地下鉄六本木駅6番出口すぐにある「桃仙閣 東京(とうせんかく)」。ミシュラン3ツ星「茶禅華」の元オーナー、ムッシュ林亮治が2020年に開業した高級町中華(?)であり、食べログでは百名店に選出されています。店名に「東京」と入っているのは、もともとオーナーのご実家が島根県松江市で1967年から同名の中国料理店を営んでいるからだそうです。
店内は照明を落としており、これぞ高級中国料理店といった雰囲気(写真は公式ウェブサイトより)。カウンター席やダイニングエリアも設けられていますが、7室もある個室での会食が当店の正しい使い方に思えました。「ここでの会食はやりやすい。アラカルトでどんな細かいポーションからでも注文できるし、取り分けて持ってきてくれるから、下っ端の私が気を遣う必要が無いんだよね」とはご一緒した常連バリキャリ女子の談。
アルコールはブルゴーニュワインが中心で、バリっとしたソムリエが細かく案内してくれます。土地柄リッチマンなラインナップではありますが、ドゥラモットが1万円と場面で優しい値付けのものもあります。
まずはおまかせ前菜。パクチーサラダによだれ鶏(?)にお刺身を中華風に味付けたものでしょうか。いずれもベーシックな料理ですが、素材の鮮度が際立つ味覚です。
連れの推しの「ピーマン薄切りにんにくオイル和え」。なるほどピーマン特有のエグ味などは一切なく、ピーマン嫌いの子供に食べさせてやりたいほどの綺麗な味わいです。
エビチリ。これぞエビチリといった王道の味わい。「おれ1尾~」「あたしは2尾で~」と、MOQが限界まで小さいのが面白い。
この北京ダックは美味しいですねえ。カリカリとクリスピーな食感にドロリと濃厚な味噌ダレが後を引く美味しさ。やや甘めのワインと合わせて至福のハーモニーを奏でます。
トマトと卵の炒め。上質なトマトの甘みと酸味が食欲をそそり、卵のまろやかさで全体を優しい味わいにまとめます。ごくごくシンプルな料理ですが、プロの気配を濃厚に感じました。
酢豚。こちらも町中華の王道とも言える仕様ですが、豚肉のクオリティが素晴らしい。甘酸っぱくてコクのある味わいが酒を呼びます。
豚肉と海老の焼売。やはり素材の質が良く、ジューシーな豚肉とプリプリの海老の食感が楽しめる贅沢な一品です。凄いなこの1ピース向けのせいろ。
焼き餃子。外はカリカリ、中はジューシー。日本人が愛す王道の味わいです。
エビマヨ。エビの美味しさは当然として、マヨネーズソースが良いですね。ひくほどたっぷり注がれているのですが、後味はサラリとしており、このソースだけチューブで売って欲しいくらいです。
鶏の唐揚げ。やはり正攻法な調理ですが、鉄板の美味しさ。こういう料理を毎日食べたい。
白イカの焼売。イカの風味が鮮烈で、焼売というよりもイカそのものでイカを活かしており、イカした味わいです。
ユーリンチー。鶏肉のカリカリ天国であり、程よい酸味と甘味のソースはエレガントな味わい。もはや油淋鶏という料理の枠を越境した完成度です。
マーボー豆腐。広く知られている料理ではありますが、その味わいは別格。とりわけ肉が旨いですね。旨味がギュウギュウに閉じ込められており、肉味噌瓶詰としてキロ単位でテイクアウトしたくらいです。
〆のチャーシュー炒飯。こちらもポピュラーな料理ではありますが、美味しさは全くポピュラーでなく、あとひと口もうひと口と食べ進める手がとまりません。
この日は常連のオススメに従いジャンジャン頂きましたが、とりわけ「北京ダック」「ユーリンチー」「マーボー豆腐」は他に類を見ない美味しさでした。昔から食べ継がれてきた日本の中華料理の品質を高めるとこうなるのか。

個室が多く、深夜まで営業しているので芸能関係にウケそう。使い勝手の良い町中華がそのまま高級化するという面白い試みのお店でした。次回は松江の本店に行ってみよう。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
それほど中華料理に詳しくありません。ある一定レベルを超えると味のレベルが頭打ちになって、差別化要因が高級食材ぐらいしか残らないような気がしているんです。そんな私が「おっ」と思った印象深いお店が下記の通り。

本場志向で日本人の味覚に忖度しない中華料理が食べたい方へ捧ぐ書。東京の、中国人が中国人を相手にしている飲食店ばかりが取り上げられています。ある意味では中国旅行と同じ体験ができる裏技が盛りだくさん。