高級レストラン"また行きたい"偏差値【2023年1月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

大阪エアポートワイナリー/伊丹空港

令和の大改修を終えた伊丹空港。その3階レストラン街の いっとう目立つ位置にある「大阪エアポートワイナリー」。この店舗でワインを醸造しているそうであり、空港内でのワイン醸造という試みは世界初だそうです。
店内はシェアオフィスのようにこざっぱりとした内装なのですが、威容を誇るのが醸造設備。ビールの醸造タンクがあるレストランはいくつかありますが、ワインの醸造タンクがあるレストランは珍しい。加えてここは日本でも指折りの稼働を誇る空港である。
グラスで自家醸造のシャルドネを注文。ステンレスタンクのみで仕込んでいるからかコンパクトな印象で、ブラインドで飲めば甲州と捉えたかもしれません。
ちょい飲みセット的なものをオーダーしたので、ツマミもついてきます。先のワインとこのお皿が付いて千数百円というのは、空港内レストランとしてはお値打ちかもしれません。
グリーンサラダには思いのほか粉チーズがたっぷりと振りかけられており、ドレッシングの調味も濃く、具無しのシーザーサラダを食べているかのようです。
大阪名物と当店のワインのコラボということで、ワインを煮詰めて作ったソースと串揚げ。これはまあ、シャレですね。串揚げも冷凍食品テイストなテイストであり、ネタにはなったかなという程度です。
こちらのタコ焼きのソースにも自家醸造のワインが用いられています。もちろん企画モノであり、味は中くらいです。

今回はヘンテコなメニューばかりを注文してしまったので評価はアレですが、本来の食事としてはパスタや牛カツなどのイタリア料理が用意されているので、それらを食べていたら印象は違っていたかもしれません。
また、コンセプト的に子連れ客は少ないし、ゲストの殆どはワインに興味を持った生活に余裕のある方々ばかりなので、思いのほかゆったりと過ごせるのがいいですね。昨今の航空会社ラウンジの客層は荒れ放題なので、普通の有償レストランで過ごす方が心が休まることが多いのです。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事
 
「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

kitchen俊貴(キッチンとしき)/新栄(名古屋)

2022年5月に新栄町駅から徒歩5分の場所へと移転を果たした「kitchen俊貴(キッチンとしき)」。以前は千種区京命という渋い立地だったので、一気にアクセスが良くなりました。食べログでは百名店に選出されています。
阿井俊貴シェフは「キッチン雅木」や「キッチン ノム」など人気洋食店で経験を積んだのち、2019年に当店を開業。移転後の店舗は「ビストロダイア」の跡地。木材を多用した温かみのある内装ですが、洋食店としてはかなりの高級感があります。
10種類のお野菜でお花畑サラダ。「ひとりで食べるには多すぎるかも」ということで、ハーフサイズにしつつも半額でOKという神対応。野菜は新鮮で野菜そのものの味が濃く、活き活きとしたサラダです。
本日のスープはポルチーニ。芳醇なキノコの香りにクリーム由来のリッチな味覚。このクオリティのスープが800円かそこらというのは凄まじい企業努力です。
ハンバーグ&タラバ蟹のクリームコロッケ。コロッケはカニがギッシリと詰まっており美味しいのですが、美味しいだけにもうすこし量が欲しかった。次回は単品のフルサイズで注文しようかな。
また昨今のハンバーグは肉汁ドゥヴァー系が多いですが、当店は敢えて肉汁が流れ出ないように設計し、旨味を凝縮したとのこと。外皮(?)として衣のような生地も纏ってあり、ハンバーグにも色々あるんだなあ。
以上を食べ、ビールを1本飲んでお会計は5千円弱。入店から1時間以内に全てが済むというスピード感も私のようなイラチにとっては好ましい運用です。京都の洋食店とはまた違ったスタイル。のんびり酒を飲みながら、という雰囲気ではないのでランチでお邪魔するのも良いかもしれません。次回は事前予約が必要なオムライスやハヤシライスを試してみたいと思います。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:洋食 | 新栄町駅千種駅車道駅


関連記事
仕事の都合で年間名古屋に200泊していたことがあり、その間は常に外食でした。中でも印象的なお店をまとめました。

食通たちが鰻の魅力とこだわりを語り尽くす一冊。よしもとばなな、沢木耕太郎、さくらももこ、椎名誠、村上龍、村上春樹、島田雅彦、五木寛之、遠藤周作、群ようこ、などなど最強の布陣が送るアンソロジー。

お好み焼き いまり/恵比寿

2008年に恵比寿で創業した「お好み焼き いまり」。今や都内に数店舗を有し、東京お好み焼き業界では一大勢力となりつつあります。食べログでは当然に百名店に選出。
店内はL字型のカウンター席に、グループ客用のテーブルが数卓(写真は食べログ公式ページより)。かなり賑やかなお店であり大声を張り上げて話さないと仲間の声が聞こえないほど。しっぽりとしたデートには向かないのでご注意を。
我々は「いまりの丸投げ」というコース料理を注文。ひとりあたり2,500円で結構なボリュームが出て来ます。他方、ドリンクは1杯700円前後でありその量も少なく、食事と飲み物代金のバランスが悪く感じました。
まずは簡単なツマミとして、もやし(ナムル?)や漬物、枝豆、梅水晶、ザーサイがやって来ます。ザーサイは「生ザーサイ」と呼称しており、ブツ切りでひと粒ひと粒が大きく食べ応えがあります。
スペシャリテの「あごすじとニンニクの芽炒め」。牛のアゴのあたりの筋肉らしいのですが、なるほどゴリゴリとした食感で酒のアテに丁度良い。ニンニクの芽の香りも良く、とにかくビールが進みます。
「とん平焼き」はプレーンタイプと、、、
チーズインタイプの2パターンをご用意頂けました。豚肉の脂が強くジャンクな味覚であり、やはりビールが進みます。
豚キムチ。発酵の進んだキムチの酸味が単調になりがちなお好み焼き料理(?)の味変に一役買ってくれます。野菜が多く、暴力的な味覚ながら罪悪感は小さい。
ネギ焼き。淡路島産の青ネギがこれでもかとブチ込まれており、四捨五入するとネギな食べ物です。煮込んだ牛スジの味わいにもコクがあり、外観は好み焼き風でありながら、牛肉とネギのサラダを食べているかのようです。
モダン焼き。いわゆる焼きそばが入った関西風のお好み焼きであり、広島風との違いは具材が生地に練り込まれている点です。こちらもネギ焼きと同様にキャベツの量がすこぶる多く、四捨五入すると野菜炒めかもしれません。
「おなかに余裕があれば~」ということで、そば飯もご用意して頂けました(追加料金なのかどうかは知らん)。焼きそばとチャーハン(?)のコラボという、炭水化物の王者ともいうべきひと品でもう満腹。ごちそうさまでした。

以上を食べ、結構飲んでお会計はひとりあたり1万円。先に述べた通り食事に比べるとドリンクが割高なので、バカみたいに飲む場合にはあまり向かないお店かもしれません。コース料理にビールを2-3杯程度でひとり5千円みたいな使い方が当店の由緒正しき使い方に感じました。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindle Unlimitedだと無料で読める。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

麺屋 開高(めんや かいこう)/新千歳空港

帯広に本店を置く「麺屋 開高(めんや かいこう)」が新千歳空港にも出店。ラーメンだらけのストリート「北海道ラーメン道場」に入居します。帯広や新千歳空港の他、札幌ひいてはシンガポールにまで展開する人気の味噌ラーメン店です。
店内は厨房に面したおひとりさま向けのカウンター席に加えテーブル席がたっぷりと並びます。なんやかんやで40席近くあるのではなかろうか。回転も速いので、多少並んでいたとしてもそれなりの待ち時間で入店できるでしょう。
私は目玉の「十勝ホエー豚丼セット」を注文。自慢の味噌ラーメンと十勝名物「豚丼」を欲張りにも両方味わってしまおうというデブまっしぐらなセットです。1,300円。
スープは豚骨や魚介類など様々な食材から抽出されており、仕上げに味噌をたっぷりと溶け込ませます。味噌は赤か白かを選択することができ、コチラは赤。後述する白に比べて濃厚でパンチのある味覚です。
麺が美味しい。つるりとした口当たりであるものの、太目でワシャワシャと噛み応えもあります。品の良い輪ゴムというか何というか、記憶に残る味わいでした。
目玉の「十勝ホエー豚丼」。脂のハッキリした大判の豚肉を甘辛いタレで焼き上げました。当然に美味しいのですが、正直なところ、家庭料理の延長であることも否めません。ゴハンの炊き具合も雑。バンコクで食べた豚丼のほうがレベルが上でした。
連れは「十勝ホエー豚麺」という、先の豚丼の豚部分をチャーシューの代替として起用した味噌ラーメンを注文。ベースとなる味噌は白いほうを選択したようです。ひとくち味見させて頂きましたが、白味噌の円やかな甘味が内蔵に優しい。
豚丼とのセットは1,300円で、豚麺は980円。そんなにジャンジャン炭水化物を摂るテンションでもないし、おとなしく豚麺だけにすれば良かったかなあ。いずれにせよ、ラーメンそのものは大変美味しく、飛行機待ちで楽しめるグルメとしては大満足の一杯でした。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

すし屋のやま八/国分(鹿児島)

鹿児島空港から車で20-30分ほどの場所にある「すし屋のやま八」。地元民に評判の良い鮨屋であり、このあたりの飲み屋街においても頭ひとつ抜けた存在とのことです。JRの国分駅からだと歩いて10分ほど。
店内は思いのほか広く、十数席にも及ぶカウンター席に小上がり・宴会場と様々な用途に対応できます。ネタケースには新鮮な魚介類がズラり。テレビからはNHKのニュースが流れ、雰囲気は気の置けない町の寿司屋そのものです。
酒は安い。生ビールは660円で、日本酒も1合千円かそこらです。ただやはりこのあたりは焼酎文化圏であり、最安値の焼酎はグラスで300円台。廻らない鮨屋で300円台のドリンクを初めて見た。
にぎりのセットかツマミ付きのコースかを選ぶことができるのですが、せっかくなのでコースで注文。最初のツマミにつき、中央のマグロの皮を湯引き(?)してどないかしたやつが食感含めて美味しかった。
お造りはハタ、クルマエビ、アワビ、マグロの頬肉、カンパチ、タイ。クルマエビは目の前の水槽から引っ張り上げて剥いたばかりの代物。アワビはコリコリを通り越してゴリゴリとした歯ごたえで乙な味。
茶碗蒸しは超普通ですね。もちろん美味しいのですが、正直、回転寿司のそれとの有意な差は見出せませんでした。
煮魚はクエ。かなりのボリュームで、これにゴハンと味噌汁を付ければ立派な定食が出来上がるほど。胃袋の部分がマッチョな食感で美味しかった。
にぎりに入ります。1カンづつではなくある程度のバッチ処理での提供で、特に混んでいるわけでもなかったので、そういうスタイルなのでしょう。左からハタ、中トロ、ヒラメ、コハダ、イカ。
「シャリは大・中・小のどのサイズにしましょうか?」と融通が利くのが面白い。ただ、当店のシャリは酸味が穏やかすぎるきらいがあり、私の口にはありませんでした。どうにも物足りなく、ガリで味わいを補強する運用です。
ウニは当然に美味しいのですが、よくこんなに小さく作ったなと感心するほどのサイズ感です。
イクラについても同様の物寂しさ。これなら無理に高級食材など用いずに、アジなどリーズナブルなタネをしっかり愉しんだ方が印象が良い気がします。
巻物はカンピョウにタクアンに中落ち。煮魚の量が多かったからか、なんやかんやでお腹いっぱいになりました。
お椀は良いですね。タイの身がゴロゴロと入っており、そのエキスが滲み出たスープもエレガントな味わいです。
ギョクと抹茶アイスクリームでフィニッシュ。ごちそうさまでした。
以上のコース料理が5,500円で、軽く飲んでお会計はひとりあたり7-8千円といったところ。シャリが私の好みでなかった点は残念ですが、それはまあ人好き好きですし、支払金額を考えたら悪くない費用対効果です。お酒も高くないので、ちょっと豪華な飲み会などにも良いかもしれません。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:寿司 | 国分駅


関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。