高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ ★鈴田式 鮨みうら 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角  さろんど くま3  


<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ラ レーヴ イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 すみずみ 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ★焼酉川島 ★TORISAWA CA10AL ★魚と牛じゃ 串右エ門 ちかっぱ博多 ばり博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
 ウルトラチョップ 旬熟成 ヒツジサンライズ    

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

中華風家庭料理ふーみん/表参道

表参道のランチではトップクラスの行列を誇る「ふーみん」。細川ふみえ、ではなく斉風瑞(さい ふうみ)さんが1971年に創業した歴史のある中華料理店です。骨董通りの小原流会館地下1階。土曜日の12:30に到着して15人ほどの行列。ただし回転が良いため20分ほどで着席できました。
おひとりさまはカウンター、グループ客はテーブル席へと案内されます。トータルでは40席近くありまずまずの広さ。料理人の数が多く、厨房で活気良く立ちまわる様は見ていて清々しい。
私はランチのみ提供のスペシャリテ「豚肉の梅干し煮定食」を注文。数量限定で早い時間に入店しないと辿り着けない幻のメニューですが、私は12:50のオーダーでラスイチ滑り込みセーフでした。私の人生とはこういう具合に恵まれているのです。
「豚肉の梅干煮」とは聞きなれない料理ですが、豚の角煮を梅干しと共に煮込む的な料理。全体としてさっぱりとした調味であり、脂たっぷりの三枚肉をモリモリ食べることができます。今日は人生で一番梅干しを食べた日である。
味噌汁にはカニの脚が含まれており、甲殻類由来の旨味成分が抜群に旨い。見た目は地味な味噌汁ですが味わいは鮨屋のラストで出るようなクオリティです。
ライスは一般的な定食屋のそれといったところ。しかしながら、テーブルにドンと置かれたフリーフローのザーサイと共に味濃いめの状態で胃に運んでいけるので幸せ極まりありません。今日は人生で一番ザーサイを食べた日である。
お会計は税込1,150円と、この量とクオリティでこの支払金額は良心的。行列の長さも頷けます。「豚肉の梅干煮」もそうですが、「たらこ豆腐」「納豆チャーハン」など、ありそうでない名物料理も多く、全メニュー制覇したくなる余韻が感じられました。ランチは16時までやってるので、行列を避けたい場合はヘンな時間に行けば良いでしょう。

食べログ グルメブログランキング


近くのお店(表参道)
表参道ヒルズ(安藤忠雄)、トッズ表参道ビル(伊東豊雄)、コーチ表参道(OMA)、根津美術館(隈研吾)、ディオール表参道(SANAA)など、表参道の名建築34作品についての解説。第一線で活躍中の建築家が現代建築のエッセンスを平易な言葉で素人向けにレクチャーしてくれます。

たんドコロ なゆた/恵比寿

2020年9月に目黒三田通り沿いにオープンした「たんドコロ なゆた」。この界隈に牛タン定食的なものを食べさせるお店はいくつかありますが、当店は牛タンをメインの食材に据えた創作料理店のようです。
地下のお店なのですが思いのほか広い。カウンター席とテーブルで30席はありそうですが、それでも広々としています。
この日はランチとしてお邪魔したので、「熟成牛たん焼き定食」を注文。1,590円のところ、肉を大盛り1.5倍にして2,290円にグレードアップ。
タンは結構な厚切りで、人気の焼肉屋ほどのクオリティです。数日間熟成してあるため旨味が増しているような気がします。大盛りにしただけあって食べ応えがありました。
テールスープでしょうが、塩気が強くパンチのある味わい。なのですが、温度がぬるくなっており、もうちょっと工夫できたような気がします。量も少ない。
ライスは麦ごはんかなあ。固めに炊かれておりサクサクと食べ進めることができます。
お漬物の量が結構あって、サラダとして代用できます。ライスもお代わりOKなことですし、気のきいたデブであればお漬物だけで1杯いけるかもしれません。
とろろをぶっかけてフィニッシュ。ごちそうさまでした。
今回は上位の肉を大盛りと贅沢な食べ方をしましたが、一般的な「牛たんネギ塩定食」であれば1,190円と良心的。カレーであれば千円を切ります。まずはランチで、「牛たんネギ塩定食」でご飯をおかわりしながら好みかどうかを判断すると良いでしょう。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindleだとポイントがついて実質500円ちょい。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

うなぎの豊川/富雄(奈良)

富雄駅から徒歩7~8分に位置する「うなぎの豊川」。ミシュランではビブグルマンに選出、食べログでは百名店入りしています。近くには「みつ葉」「華山」「臥龍坊」と有名ラーメン店がひしめき合い、妙に行列の多いエリアです。
カウンターにテーブルがいくつかと小上がりといった小さな店内。基本的には予約が必要なのですが、タイミングが良ければ予約ナシでも入れたりします。1人のほうがウォークインできる確率は高いかも。高校生~大学生に見えるバイトも多く、「和やまむら」にせよ、このあたりの労働力には若手が期待されているのかもしれません。
コース料理も魅力的だったのですが、今回はアラカルト注文。まずは白焼き。2,600円。実に品の良い焼き魚であり。バリ、ジュワというナイスな食感がループします。
私は「蒲焼ごはんセット」を注文。うな重が別皿になって提供されるスタイルです。私は白焼を白米で食べるというブラン・ド・ブランを試してみたかったのでこのような注文をしましたが、他のお客さんは皆、鰻重を注文していました。
これが私の鰻ちゃん。関西風の調理であり蒸しの工程が無いためバリっとした歯ざわり。それでもバリバリに焦がすほどの勢いかというとそうでもなく、鰻のジュワフワした食感も堅持しています。
肝吸いも付帯します。スープの調味が結構しっかりしていて鰻に負けない味覚。
連れは鰻重を注文。まるまる1尾入った上質な鰻重が税込み3千円というのは良心的。ちなみにタレが物足りなければ卓上にあるタレ瓶から好きなだけドバることができます。
白焼きを2人で分けて食べて、それぞれ鰻を1匹食べて、お会計は合計で8,600円。ランチとしては高価ですが、鰻料理というジャンルでは実にリーズナブル。そりゃあ人気が出るわけだ。近所にあったら通い詰めちゃいそう。デザートはもちろんココから歩いて5分の「みやけ」に決まり!

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:うなぎ | 富雄駅


人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

滋賀はその実力を過小評価されている県である【第2弾】

前回の「滋賀はその実力を過小評価されている県である」ですっかり滋賀の魅力に取りつかれた私。今回も週末を利用して1泊2日のショートトリップ。新幹線で京都に入り、比良山→比叡山→近江八幡→彦根を巡り、米原から新幹線で戻る旅程です。


■比良山荘(ひらさんそう)
京より奥へ、奥へ、更に奥へ。延暦寺の向こう側、びわ湖バレイの裏っかわ辺りにある「比良山荘(ひらさんそう)」。食べログ4.52でゴールドメダル獲得(2020年10月)と、色々と神格化されがちですが、私は普通に電話してサクっと予約できました。
2万円のコース料理に税やらサービス料やらで、お会計はひとりあたり3万円弱といったところ。鮎をたらふく食べ、熊肉に舌鼓を打ち、マツタケをザルのように食べてこの支払金額はお値打ち。それぞれの料理も期待を全て超えてきており、要するに大変満足したランチでした。詳細は別記事にて


■比叡山延暦寺
https://www.hieizan.or.jp/
最澄がオープンした日本の仏教界の最高峰。一時は織田信長にテロリスト集団と認定され焼き討ちに合いましたが(実際はそんなに焼かれてないらしい)、明智光秀・豊臣秀吉・徳川家康の手によって復興されました。妙に明智光秀推しでありNHKの大河ドラマの波に乗っかている感もあります。
中心となるお堂が十数年かけての修復中であり、その様子を見ることができるのが楽しい。建物全体をさらにデッカイ建物で包み込み、その中で作業を行うという大胆な修復作業です。ちなみに延暦寺に辿り着くには有料道路を必ず通過する必要があるのですが、その料金が目が飛び出るほど高いのでご注意を。おそらく費用対距離では世界一の酷さを誇る有料道路でしょう。


■招福樓(しょうふくろう)/八日市
偉大な料理人を輩出し続ける「招福樓(しょうふくろう)」。滋賀は八日市という、あまり馴染みのない土地ながら食べログ4.44でシルバーメダルを獲得しています(2020年10月)。詳細は別記事にて


■ラ コリーナ近江八幡
https://taneya.jp/la_collina/
和菓子の「たねや」ならびに洋菓子の「クラブハリエ」を展開するたねやグループが近江八幡に開いたコンセプトショップ。トトロでも住んでいそうな独特の世界観。混むと聞いていたのでオープン時間の9時に訪れたのですが、既に数十人の開店待ち行列が生じている人気の観光スポットです。
平たく言うとカフェやフードコートがあるだけの広場なのですが、この集客力は何なんでしょうか。ハコが立派であれば客は集まってくるものなのか。観光学の研究対象として興味深い場所でした。


■クラブハリエ ジュブリルタン(CLUB HARIE J'oublie le temps)/彦根
https://www.takemachelin.com/2020/11/club-harie-joublie-le-temps.html
上述の「たねや」並びに「クラブハリエ(CLUB HARIE)」系列。当店はパン屋として食べログ百名店にも選出されており、地元ではかなりの人気であり、私が10時に訪れた際はベーカリー側で行列が生じていました。レストラン棟はまだランチには早い時間なので、スルっと入店することができます。
テラス席、カフェスペース、ダイニングスペースを含めれば結構広く、トータルで50席近くはありそうです。「近江牛のバームバーグ」「近江牛のビーフシチュー」など近江牛を用いた料理が目玉商品です。詳細は別記事にて


■彦根城
https://www.hikoneshi.com/jp/castle/
「ひこにゃん」で有名な彦根城。日本の城の中で天守が現存しているのは12城だけであり、その中でも国宝にしていされているのは姫路城、松本城、犬山城、松江城、そして彦根城だけです。なのですが、歴史的な重要度はさておき観光地としては全然つまらない。この凡庸な観光地を一躍スターダムにのしあげた「ひこにゃん」のパワーは尊敬に値します。前述の「ラコリーナ」と同じく観光学の研究対象として興味深い場所でした。
ちなみに2021年3月末まで「彦根観光協会」が「ひこね宿泊割引キャンペーン」を実施しており、GoToトラベルと上手く組み合わせれば無料に近いレベルで遊びに行くことができるので、ひこにゃんに目がない方は是非どうぞ。

食べログ グルメブログランキング

人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

おにく 花柳(かりゅう)/人形町

人形町駅から徒歩7~8分ほど、日本橋小舟町にある「おにく 花柳(かりゅう)」。片柳遥シェフが選び抜いた和牛のみを使用した会席料理で有名。もともとは「然」という名でミシュラン1ツ星を獲得していましたが、2016年 に店名を変更しました。
厨房に面したカウンター席と個室がふたつ。サービス陣の感じが良く、個室ながら小窓からしっかりとテーブルウォッチする気遣い。勝負接待に完璧なお店です。
ワインリストが厚く、この格のお店としては良心的な価格設定です。我々はビールで始め、後はひたすら日本酒としましたが、エビス生は790円、日本酒は1合1,600円~と、やはり悪くないプライスでした。
秋限定の「和牛と松茸のおまかせコース」を注文。まずはジャガイモのすり流し。トッピングのトリュフの威力もさることながら、さりげなく忍ばせた和牛コンソメの風味が堪らない。
和牛ビフカツサンド。雑味の無い清澄な牛肉をシャラっと揚げ、軽く炙ったトーストと共に頂きます。中々の高さがあり噛み切るに覚悟がいるのですが、一口で一刀両断できるほどの柔らかさ。広がる肉の甘味。旨い。
和牛と生ウニの手巻き寿司。わおー、映えますねえ。ゲストのクラウドにスっと入って来るこの画力。味の良さは見ての通りであり、「けんしろう」系列の肉ドッグとの違いをまざまざと見せつけられました。
毛ガニとフカヒレのしんじょう。毛ガニとフカヒレを肉団子状態にしたお椀。他のお皿と違って肉が用いられておらず、美味しいですが浮いた存在。
ローストビーフの食べ比べ。手前はヒレ、奥はサーロイン。肉は当然に旨いとして、焼いた松茸の使途や大葉あんかけ、ミョウガの使い方にセンスを感じます。結構な量があるのですが、ピュアッピュアで綺麗な味覚であり、光の速さで食べ切りました。
和牛すね肉のシチュー。わー、美味しいですねえ。牛肉って煮込むと美味しさが逃げて行っちゃった挙句、臭味まで出て来るので好きな調理ではないのですが、こちらのシチューは肉そのものの美味しさが中心に置かれた手堅い味わいです。
カブを炊いたものに菊の花を散らし、和牛テールの出汁で楽しみます。次のメインディッシュまでに覚悟を決めるための程よい間。
和牛シャトーブリアン炭火すき焼き。すき焼きとは聞いていましたが、まさかこういう形で登場するとは。やはりエレガントな肉の味わいに濃厚な卵の天然ソースが堪らない。見た目複雑な調理ではないのですが、肉の美味しさを究極に引き出す計算し尽くされた味わいでした。
〆は松茸ごはん。つい先日「比良山荘(ひらさんそう)」にお邪魔した際のおおらかな松茸使いには参りましたが、なかなかどうして当店もそれに勝るとも劣らず。
味噌汁や和牛の佃煮、香の物など全てかお代わりOKと気前が良い。松茸ごはんもたっぷりあって、残ればお持ち帰りとして持たせてくれます。なお、先のすき焼きで用いた卵のソースと絡めて食べるのも享楽的でよろしい。
デザートは和三盆と和栗の塩アイス。細く(?)解かれた栗の身が独特の食感を奏で美味。和三盆の上品な甘さも当店の芸風にピッタリ。ごちそうさまでした。
お会計はひとりあたり3.5万円弱。絶対額としてはもちろん高価ですが、費用対効果としては悪くなく、何よりガッチリと旨いのが凄く良い。どの料理もハズレがなく、その美味しさが安定した台地のようにずっと続きます。「にくの匠 三芳(みよし)」とはまた違った素晴らしさ。気合いの入った接待にバッチリ。勝負個室にどうぞ。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
和食は料理ジャンルとして突出して高いです。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの和食ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い和食なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。