ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2019年1月1日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ Chez TAKA ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★天本 ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   
★epoque+ azabu

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン クラフトワインエヌ ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★火鍋三田 ★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ちかっぱ博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

PIRA POOL BAR/エアーズ・ロック

Sails in the Desert Hotelのプールサイドにあるレストラン。と言っても当店ではドリンクの提供を行うのみであり、料理は受付の後、本館の厨房で調理して持ってきている模様。メニューもWalpa Lobby Barで提供しているものを簡略化したもののように見受けられました。
プールの脇で駆けつけ1杯。このとき気温は40℃を超えていたため、あっという間にビールが蒸発してしまう。ちなみに飲み物は全て10ドル前後と高級ホテルにしては良心的。ただし安全上の理由からか、全てプラスチック製のグラスでの提供なのが口当たりがイマイチ。味を追求する方は本館のバーで飲んだほうが良いでしょう。
私は当ホテルオリジナルのカンガルー肉のサンドイッチを注文。ポテトが揚げたてのホクホクで美味。添えられたソースの味が濃くスパイシーな味覚でありジャンキーなひとときです。
サンドそのものの味わいは微妙。パン並びに目玉焼き、焦げたチーズの風味などは悪くないのですが、肝心のカンガルー肉が美味しくないですね。出来損ないのビーフジャーキーのようにボソボソであり旨味にも乏しい。前日のカンガルーバーガーは美味しかったのにな。
妻は前夜のカレーに味をしめてか、タンドリーチキンのスライダーを注文。1個交換こしましたが、なるほどタンドリーチキンは安定の美味しさであり素直に美味しい。バンズが値段の割にイマイチなのと、量が少ないことを除けば悪くない仕上がりでした。
厨房からの動線も長いからか、提供時間が長いのも気になるところ。やはり当店はプールサイドでウェーイってするための空間であり、美食の追求という意味では本館のレストランやバーで飲み食いしたほうが良いでしょう。雰囲気重視でどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:ハンバーガー | アデレード

たけ山/麻布十番

たまには新規開拓しようか、ということで、存在は知っていたのですがお邪魔したことのないご近所へ。店構えは居酒屋そのものなのですが、常に人は入っており、何となく常連で満ちている印象があったので、入店に二の足を踏んでいたのです。
ジョッキで乾杯。由緒ただしき中ジョッキであり、十番でこのボリュームを600円で出す店は意外に少ない。
お通しは類型的なものではなく、きちんと手が込んでいます。鶏肉と大根を炊いたもの。優しく味が染みわたり、しっかりと旨い。
出汁巻きは出汁の量が極めて多く、箸では上手く掴めないほどの柔らかさ。店主はおじさんではありますが、まさにおふくろの味。
焼豚足。プルプルとした脂の旨味とガリっと焼いた凝縮感がたまらない。それにしても、10人近い客をひとりで相手にしたワンオペであるというのに、実にテンポ良く料理が出てきます。少しも忙しそうでなく飄々と作業をこなす店主。只者ではない。
ささみの梅しそ巻き。梅肉が気前よく挟み込まれており口腔内が爽快感で満たされます。肉の水分が抜け切っているのが少しに気なりましたが、まあ、ささみとはそのような部位である。
日本酒は1合で800円前後。これはリーズナブルですねえ。種類も豊富で嬉しくなって、思わずひとりで4合も飲んでしまいました。
ラムスパイス炒め。肉だけが来るのかと思いきや野菜もたっぷりであり、オリエンタルなサラダとして完成しています。調味も思いきりが良く私好み。本日一番のお皿でした。
揚げ出し豆腐にも薬味がたっぷり。好きだなあ、こういう気前の良さ。まるで実家にでも帰ってきたかのような居心地の良さを感じる味わいです。
〆に山椒とジャコの握り飯。ピリッとした風味がクセになる味わいです。
一見客のくせに何だかんだで閉店まで居座ってしまいました。いやあ、良いお店ですね。十番の居酒屋にしては割安で、料理は全部きちんと旨い。恐らく大将の味覚のセンスが私に似通っているのでしょう。

喫煙率がやや高く副流煙祭りなのが玉に瑕ですが、居酒屋とは本来そのようなものである。気の置けないオッサン同士でどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番には日本料理店も結構多いのですが、割高であることが多いです。外すと懐が大ダメージを受けるので、信頼のおける口コミと、味覚が似た友人の感想に頼って訪れましょう。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:居酒屋 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

Sails in the Desert Hotel/エアーズ・ロック

エアーズロックリゾート内の最高級ホテル。白いヨットの帆をイメージしたエクステリアがクールです。ちなみにこの帆はオシャレなだけでなく、強烈な日光をうまく跳ね返すためのスイス製のすごいやつだそうな。
明るく開放的なロビー。至る所にアート作品が展示されており、これらはローカルの原住民によって作成されたもの。いずれも購入可能です。
公式のチェックインは15時なのですが、正午すぎには部屋へと入れて頂けました。普通のランクの部屋なはずですが、それでも60~70平米ほどの広さであり、クイーンサイズのベッドをふたつ置いても広々です。
備え付けの設備も都会のラグジュアリーホテルのそれと遜色なく、知らずに連れてこられれば、まさかここが砂漠のど真ん中とは気づくことはないでしょう。
ミニバーは一応あるのですが、形ばかりといったところ。無料のミネラルウォーターなどのサービスは無いのですが、このあたりは実に旨い地下水が湧き出てくるので、水道水をガブガブ飲んでもへいちゃらです。
バスルームも広い。なのですが蟻の巣のようなものが隅っこにありちょっと無理。
トイレの流れも悪く、アメニティも貧弱です。
ところで真夏のエアーズロックは日中の最高気温が45℃にも達するため、午後に外を歩き回ると身の危険を感じます。そのため宿泊客はひきこもりにならざるを得ない。
しかしながらハウスキーピングの時間は13~15時に固定されており、もうすぐ来るか?もうすぐ来るか?来ないのか?と常に身構えている必要があったため、あんまり落ち着くことができませんでした。このあたりのオペレーションはもう少し考えて欲しいなあ。
クローゼットの大きさは中くらい。そうそう、共用設備として無料の洗濯機あるのが便利でした。今回は11日間という割に長い旅程であったため、どうしても服が足りなくなるのです。乾燥機もあるのですが、オススメは自分でハンガーを使って干すこと。恐怖を感じる速度で乾いていくので見ものですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

XEX ATAGO GREEN HILLS / tempura & sushi An(ゼックス)/御成門

愛宕グリーンヒルズMORIタワー42階にある巨大レストラン。メインはサルヴァトーレ・クオモ系なのですが、天ぷら&寿司ゾーンもあり、ラグジュアリーホテルのレストランゾーンのようなラインナップです。
我々のチョイスは天ぷら。シャンパーニュが2杯と天ぷら定食がついて2,000円という意味不明なプランがあったので、そちらで予約を入れました。平日ランチは1,000円から始まり最高値が6,000円を超えるなど、ボラティリティの大きなレストランです。
まずは豆腐。わりあい上質な豆腐です。醤油がただの醤油ではなく納豆の風味が添加されており興味深い味わい。
セットのサラダはサイズこそ小さいですが、野菜そのものは実にフレッシュ。夜にきちんとしたボリュームでサラダを頼むのもありよりのありだと感じました。
天ぷらは6種。割ったチューペットほどの大きさの海老が2本もついています。先のシャンパーニュ2杯もそうですが、これ、どう考えたって原価割れでしょう。スーパーで材料で調達したとしても2,000円で収まることはなさそうな素材たち。
味噌汁もきちんと旨い。そりゃあ、6,000円もの和食コースを提供しているのだから当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、安いコースを注文している我々にとっては我々得。
他方、ライスはイマイチです。まあ、我々は泡が2杯もついての天ぷら定食なので何も文句はありませんが、6,000円のコースを注文していたら軽く暴れていたかもしれません。
コーヒーもきちんと美味しい。なるほど同じ空間内で客単価1万円を超えるイタリアンを提供しているだけあって、街のコーヒー専門店に勝るとも劣らない味わい。
くどいようですが、これだけ飲み食いして2千円です。何か事情があってこのようなコースを設けているのかもしれず、太い客や企業の宴会などで帳尻があっているのかもしれませんが、一般ユーザにとっては堪らないグレーゾーンでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
天ぷらって本当に難しい調理ですよね。液体に具材を放り込んで水分を抜いていくという矛盾。料理の中で、最も技量が要求される料理だと思います。
てんぷら近藤の主人の技術を惜しみなく大公開。天ぷらは職人芸ではなくサイエンスだと唸ってしまうほど、理論的に記述された名著です。スペシャリテのさつまいもの天ぷらの揚げ方までしっかりと記述されています。季節ごとのタネも整理されており、家庭でも役立つでしょう。

関連ランキング:天ぷら | 御成門駅神谷町駅大門駅

オルディヴェール(ordi-verre)/白金高輪

2017年夏、白金高輪は四の橋商店街にオープンしたフランス料理店。オザミル・ブルギニオンで研鑽を重ねた戸田健太郎オーナーソムリエ、シェ・イノで経験を積んだ飛松裕之シェフと、私の好きな系統のお店なふたりがタッグを組みました。
店内は10席ほどで、この日は満卓。場面で皿出しが滞っていたので、ふたりで回すにはこのあたりが限界なのかもしれません。そういう意味で車幅感覚がピッタリな人員と席数と言えるでしょう。ウォークインセラーも誂えられており、ワインへの熱意が感じられました。
グラスのシャンパーニュからスタート。ブランドブランで柑橘寄り。華やかな香りが印象的で、飲み切った後のグラスまでプンプンに迫ってくる。これでグラス1,500円はお買い得。
泡のお供にブーダンブラン。親しみやすい白い肉の味わいに、春菊の苦味がフィットします。左はジャガイモをプックリと焼き上げたものにキャビアをちょっとだけ。ううむ、シャンパーニュにピッタリだ。やっぱりキャビアはこれぐらいの量がちょうど良い。
パンならびにバターはあまり印象に残らず。主張しない、あくまで脇役に徹したものでした。
フランにコンソメ(だっけ?)、香りづけにトリュフ。香りの強い黒いダイヤを上手く使っています。当店は高級食材をアクセントとしてここぞという時に品良く使うのが良いですね。
フランの終盤にコニャックをクイっと口に含む。山の香りと厚みのあるアルコールが溶け合って心地よい味わい。
前菜はラングスティーヌ(海老の一種)。ひとかどのエビマシュランと言わせてもらいますが、この海老の調理は素晴らしいですね。プリっとした歯ざわりではなく、舌の上でフワっと盛り上がる感覚。海老の食感に圧倒的な存在感を見出した一皿です。調味も青りんごや柑橘で爽快にまとめるなど、革新は自由自在だ。
合わせるワインはオレンジワイン。タンニンが感じられ面白くはあるのですが、先の海老の調味に合うかというと疑問。もっと爽やか系、例えば若いソーヴィニヨン・ブランなどで食べるほうが私は好き。
エスカルゴをたっぷりのバターで。この、これがフランス料理だという構成、好きです。タラの芽のベニエも大人の苦味がギュっと来る。他方、中央の温泉卵はどうでしょう。鶏卵丸々1個では皿における味覚の専有面積が大きすぎるような気がします。うずらの卵ぐらいでいいのにな。連れも「81のアレみたい」と首を傾げる。
めちゃんこ酸味が豊かで、リースリングかと勘違いしそうな、でも香りは全然違う、不思議なマコン。味蕾がギュっと縮み上がりそうな印象的な1杯です。
魚料理はヒラメ。100グラム近くはありそうな特大サイズで食べ応え抜群。水分を含みながらふんわりと仕上げる技巧は先のラングスティーヌを想起させます。また、ソース・アルベールが抜群に美味しいですね。魚介の出汁が濃厚に香り、これがフランス料理である。
ムルソー。樽香が強く、まったりとしたとふくよかな味わい。ソース・アルベールにぴったりだ。
肉料理はラム。こちらもラムチョップ2.5本分ほどの重量感があり、つい先日までオセアニアに2週間近く滞在していたというのに、そのいずれよりも上質な素材でした。付け合わせの百合根やムカゴのホクっとした食感も食べ応えがあります。ただし全体としては間違いなく美味しくはありますが、印象に残りづらい凡庸なメインでもありました。
この赤は素晴らしいですね。カベルネとメルロが見事に溶け合い、肌理の細かいシルキーなタンニンがするすると品良く肝臓へと収まっていきます。本日一番の1杯でした。
デザートも基本に忠実、安心安定の味わいです。ややもすると家庭料理的でもあり、ユニセックスな私としてはもう少し派手さが欲しいところです。
最後の小菓子まで手作りという念の入れよう。ただし先のデザートと芸風が同じであり、思いやりのない表現をすると古臭く感じました。当店の甘味はこれからの課題かもしれません。
古典に忠実、まさに王道中の王道といった料理であり、安心してこれがフランス料理だと楽しむことができました。決して派手さはありませんが確実に旨い、玄人好みのお店です。ワインのチョイスも確かであり、これだけしっかり飲み食いしてひとり2万円におさまるのは感謝の念しかありません。
一方で、何事も目立たず控えめにが信条かと思えるぐらい慎ましやかな料理でもあります。唯一無二の何かが見当たらず地味と言えば地味。若めのギャル、例えば松下侑衣花のような女性を口説く目的で訪れると大きく外すかもしれません。フランス料理を食べ込んでいる方と、ワインを楽しむ前提でどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
白金高輪は粒揃いの佳店が多いです。ちょっと不便な立地も良いんでしょうね、若い子たちを寄せ付けることが無くて。

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:フレンチ | 白金高輪駅白金台駅広尾駅