ミシュラン星付きレストランを400軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が400に達しました。

記念事業的に全記事を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2020年1月18日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ ★鈴田式 鮨みうら 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角  さろんど くま3  


<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ラ レーヴ イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 すみずみ 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ★焼酉川島 ★TORISAWA CA10AL ★魚と牛じゃ 串右エ門 ちかっぱ博多 ばり博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
 ウルトラチョップ 旬熟成 ヒツジサンライズ    

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

回し寿司 活 美登利(かつ みどり)/目黒

みんな大好き「梅丘寿司の美登利」。その回転寿司バージョンの1号店が目黒駅直上アトレ1階にあります。当店もご多分に漏れず大人気店であり、いつ訪れても数十人の行列。腹が立って平日の11時に向かうと並びゼロで入れました。
幸か不幸かカウンター席が埋まっており、4~6人で座るようなボックスシートに案内して頂きました。回転寿司なのでレーンに流れているものを取るのが基本ですが、卓上のタブレットで個別注文も可能。「レーンだけ」のような限定品もあるのが斬新。
アジは回転寿司クオリティ。値段相応です。
イワシの炙りはかなりの美味しさ。これで100円かそこらなのは優秀優秀。ところで、当店の従業員は国際色に富んでいるのが印象的。みな国籍分け隔てなく和気藹々と楽しそうに働いており、とても雰囲気の良い職場です。経営者が素敵な方なんだろうなあ。
ブリの炙り。ステーキのように分厚く脂の乗ったブリをバリっと焼いています。当店は妙に炙りモノメニューが多く、そのどれもが美味しい。
生のサーモン。これは美味しいですねえ。きちんとしたフランス料理店の前菜で出しても遜色のないクオリティ。「活美登利の食材原価率は50%を超えます」と胸を張るだけのことがある。
他方、揚げ物は全然美味しくありません。回転寿司というルールのもと、やはり揚げたてに合わせるのは至難の業。せっかくのアンコウが台無しでした。
スペシャリテの「ちゃんこ汁」。豚肉・大根・ニンジン・コンニャク・里芋・豆腐と、とにかく具沢山。まさに食べるという動詞がピッタリの1杯です。
「本日の勝負ネタ」と称される大トロのたたき。なるほど量も質もたっぷりであり、正直、何万円もする鮨屋のネギトロのトロの部分との違いがわからなくなってきます。つまり、旨いのである。
マグロの質に気を良くしてトロの3点盛り。うむ、やはり旨い。回転寿司で1皿で500円を超えると考えれば高く感じますが、その内容だけを議論すれば費用対効果抜群の1皿でした。
その他にも何皿か食べ、ひとりあたり3千円弱。大変リーズナブルでございます。江戸前の仕事やシャリの巧拙などを論点にすればツッコミどころは山ほどあるかもしれませんが、回転寿司ということを考えれば何も文句はありません。突発的にそこそこ旨い鮨を予約ナシで食べたくなった場合にどうぞ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

関連ランキング:回転寿司 | 目黒駅不動前駅五反田駅

うしみつ/恵比寿


2020年最初の炎上案件と言えば「うし松」一択であり、焼肉と言えばココしかありませんが、「西麻布けんしろう」のディフュージョン版、「焼肉 うしみつ恵比寿本店」が3周年記念キャンペーンをひっそりと展開しています。スペシャリテの「極みうしみつドッグ」を含むコースが1万円ポッキリということで慌てて予約。
お料理自体はキャンペーン価格ですが、ドリンクは通常営業です。生ビールが800円弱とチト高い。ボトルワインに逃げるかとも考えましたが、酒屋で1,000円程度のものが5千円オーバーという値付けであったため、この夜はアルコール控えめで参りましょう。
「ビューティードレッシングのサラダ」はビンに入って、またそれらのビンはエネコよろしくバスケットに入って登場するのですが、我々オジサン集団の飲み会ではシーンな反応です。イケメン店員さんゴメンナサイ。持って来てくれたのが若い女の子だったら「おおー!写真撮っていいですか?いや料理じゃなくてキミの。あ、写真送るからLINE教えて!」と、もう少し盛り上がることができたのですが。
前菜(?)として早速スペシャリテの「極みうしみつドッグ」が登場します。自慢の肉に雲丹・キャビア・オマール海老が乗るという道楽の極み。この写真はプレスリリース関連の画像からの引用ですが、、、
現物はマクドナルド級の写真テクともいうべき貧弱なポーションでした。味そのものは悪くないだけに、こういうビジュアル面でのミスリードは良くないと思います。
お肉がやってきました。「タンしゃぶ~春野菜のコンソメ煮~」「雪室熟成タン~グレープフルーツ~」「厳選ハラミ~長芋と茎ワサビのソース~」「厳選和牛赤身肉の一門焼き~大根と柚子~」の4種であり、それぞれの肉質に合わせた食べ方を提案。
「お肉は全てフルアテンド」が売りの当店。前述のイケメン店員が焼いてくれるのですが、その間ずっと会話は聞かれているわけで、センシティブな会話は難しい。ビジネス会食などもってのほかで、仲良しがワイワイくだらない話をしながら食べるという方針で訪れるべきお店です。
お口直しに「ビタミンフルーツスムージー」。お口の中がサッパリです。
「けんしろう焼き」が登場。こちらは「西麻布けんしろう」のスペシャリテであり、薫香を纏わせながら箸で切れるほどの柔らかい肉は素直に美味しい。トッピングされた胡椒も程よいアクセント。「和牛イノベーティブフュージョンの分野で世界を目指す」という触れ込みは若干痛さはありますが、何事も恥じらいを捨てやりきることは重要である。
続いてスペシャリテの「ブリオッシュサンド~自家製ソース~」。通常の来店であれば予約時にリクエストをしなければ食べれない逸品。これは美味しいですねえ。本格的なブリオッシュの味わいもさることながら、肉の質・量・厚さ・味付け、どれを取っても一級品です。スペシャリテがきちんと美味しいのは良いことだ。
「厳選和牛赤身一種~ジェノベーゼ~」「うしみつ焼き~雲丹ソース~」「和牛サーロインの焼きすき~トリュフかけ~」と、タレの焼き物が到着。
白眉は「和牛サーロインの焼きすき~トリュフかけ~」。フワフワに泡立てられた卵白と卵黄、トリュフが散らされており、先の和牛サーロインを豪快に混ぜ込んで頂きます。料理というよりも素材ではありますが、直線的に美味しい。
食事は「究極の石焼ご飯~イクラ×蟹×和牛~」 ということで、チンチンに焼けた石鍋でビビンバよろしく店員さんが丁寧に混ぜ込んでくれます。
これはもう、美味しくないわけがありませんね。繊細さのかけらもなく暴力的な味覚が口腔内を支配する。スープも供され、ひつまぶし的に味わいを変えながら楽しむことができます。
デザートは「スノーパウダーケーキ~濃厚チョコレートとオレンジのハーモニー」。これが予想外に旨く、正直サロン・デュ・ショコラで食べたどのスイーツよりも美味しかった。焼肉のデザートと言えばサッパリしたシャーベットと相場は決まっていますが、こういった味を重ねる系の濃厚スイーツも悪くありません。
お口直しも生産国が謎のすぐに味が無くなるグリーンガムではなく、PBのミンティア(?)をひとり1箱プレゼント。これは地味に嬉しい。

ひと通り食べて3杯飲んで税サを込めてひとりあたり1.5万円。焼肉の絶対額としては高めではありますが、一品一品の手が込んでおり、焼肉というよりもフュージョン系の料理と称して成立しています。これだけの質と量を食べてこの価格は悪くないディール。当キャンペーンは2020年2月29日までなので急ぎましょう。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
それほど焼肉は好きなジャンルではないのですが、行く機会は多いです。有名店で、良かった順に並べてみました。
そうそう、肉と言えばこの本に焼肉担当として私のコメントが載っています。私はコンテンポラリーフレンチやイノベーティブあたりが得意分野のつもりだったのですが、まあ、自分の評価よりも他人の評価が全てです。お時間のある方はご覧になってみて下さい。

関連ランキング:焼肉 | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

バルバッコア(Barbacoa)/心斎橋

いつのまにか親族での食事会のコーディネーターを一任されている私。人に任せるくせに、あれが食べたいこれは食べたくないあそこは遠いあんなところいつも行っているとワガママ言い放題の困った連中です。
勝間和代が「会食は全てホテルのビュッフェ。好き嫌いやアレルギー、宗教上の問題など全てクリアできる」と言っていたことを思い出し、今回はビュッフェスタイルで臨みます。
会場は「バルバッコア(Barbacoa)」の心斎橋店。本当は梅田店が良かったのですが予約が取れず、人気のほどが伺えます。運営は「モーモーパラダイス」「オービカ モッツァレラバー」「YONA YONA BEER WORKS」などでも有名な株式会社ワンダーテーブル。
土日祝は3,600円で2時間の食べ放題。子供はその半額です。平日であれば3,200円。ちゃんとした肉とサラダをこの値段を食べることができるのは物凄い企業努力です。当然に満席であり、2回転目(?)の14時入店でもジャンジャカ人が来ていました。
バルバッコアに行くたびに思うのですが、ここのサラダバーって相当おいしくないですか?肉を食べねばならぬ、と頭では理解しているのですが、新鮮な野菜を前にしてつい摂り過ぎてしまいます。芸風こそ違えど野菜の質は「クリスプ サラダ ワークス(CRISP SALAD WORKS)」に迫る勢い。
他方、デザートは小麦粉と砂糖主体であまり美味しくありません。ゲストの選球眼が試されるビュッフェと言って良いでしょう。甥っ子がフライドポテトばかりを食べているので「お肉食べなよ。ポテトは後日、マクドナルドで食べなさい」と指導するのですが「こっちのほうが美味しい」と生意気なガキである。
私の父が野菜にいっさい手を付けないので、どうしたの?ここの野菜は美味しいよ?と訊ねると「お父さんはお肉を食べに来たんだ」と揺るぎない決意。お酒はいいの?と促すと「じゃあ、一杯だけ頼もうかな。あ、お姉さん、カイピリーニャを甘さ控えめでお願い」通かよ。ちなみにカイピニーリャとはサトウキビから作られるブラジルの国民酒「ピンガ」を用いたブラジリアンカクテルです。
さて、肉が続々とやって来ます。当店は「パサドール」といわれる肉の専門家が在籍しており、肉を切り分けるだけでなく、仕込みから焼き上げ、状態管理の全てをこなしているそうな。
肉はブラック・アンガス牛。適度なサシが入った赤身肉であり、柔らかいながらも脂っぽくはなく、肉の味が強く、サクサクと食べ進めることができます。ソースも置かれているのですが、岩塩の下味が結構強く、私は何もつけずに食べ続けました。
牛肉の様々な部位に加えて豚肉や鶏肉、ソーセージなども用意されており、とりわけ鶏肉の質は牛肉の味わいを凌駕するほどでした。
変わり種としてはパイナップルなどもあります。私は食べませんでしたが母は気に入ったようでお代わりまで。「あら、さっき食べたほうが美味しかったわ」と、うるさい女である。
中々に良質な肉と野菜をたらふく食べ、酒も注文しなかったので(ソフトドリンクは飲み放題)、本当にひとりあたり3,600円でした。何かの間違いではなかろうかと心配になるほどの費用対効果です。高級ホテルのローストビーフ食べ放題よりもクオリティが段違いに高い。食べ放題って言っても、焼きたての肉塊をテーブルで切り分けてくれるのが良いですね。温かくジューシーな肉をアラミニッツでたっぷり。気分は室内の誰かが焼いてくれるバーベキューです。この4月には虎ノ門ヒルズ店もオープンするそうで、またランチでお邪魔してみよっかな。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
焼肉ではなく、洋風の肉料理をまとめました。ステーキやローストビーフがテンコ盛り。赤ワイン片手にガブガブ楽しみましょう!
レストランでの火入れを家庭で再現することに主軸を置いた稀有な本。「焼く」「揚げる」「ゆでる」「蒸す」「煮込む」「混ぜる」「漬ける」など、基本的な調理ほど論理的に取り組む必要があることを得心しました。肉の基本。これを知ると知らないでは大きく姿勢が異なります。

関連ランキング:バイキング | 心斎橋駅長堀橋駅四ツ橋駅

ルー・ド・メール(Loup de mer)/神田

神田で欧風カレーが有名な老舗洋食屋。11:30開店直後であればすんなりと入店できますが、15分も経てば常時行列が生じる人気店。食べログの点数も3.77と大健闘(2020年1月)。ミシュランガイドのビブグルマン(安ウマ店)にも選出されています。
誰かの家に遊びに来たかのような内装。カジュアルなテーブルが雑然と並べられています。厨房からは蛍光灯の灯りがビンビンに弾け飛んでおり、ロマンティックとは言い難い雰囲気です。
メニュー表が難解。ランチのメニューはカレーが千円強でありディナーよりも割安に価格設定されているのですが、ところどころ夜のメニューが値段を変えずに仕込まれているため、釈然としない気持ちになる蓋然性が高い。ちなみに「チキン・オムライス」は2,000円、「ビーフ・オムライス」は3,000円と本所吾妻橋「レストラン吾妻」に通じる驚きがありました。
私は「ドライカレー・オムレツのせ(中辛)」を注文。単品だと1,100円であり、スープは100円増しです。
スープ。唇にゼラチンがひっかかりそうになるほど濃厚な味わいで美味。銀座「レカン」「ペリニィヨン」で腕を磨き、京橋「ドン・ピエール」のシェフを張った鈴木正幸シェフの経歴は伊達ではありません。これでプラス100円というのは大変お得。ちょっと温度が低くぬるく感じたのは少し残念。
本題の 「ドライカレー・オムレツのせ(中辛)」。サービスの手が空いておらずシェフが直々に配膳してくれたのですが、うーん、このぐちゃついた黄色の物体は何でしょう。
隣のテーブルの方の同じメニューは百科事典の挿絵にでも入れたいぐらい美しいオムレツが鎮座していただけに切なさは倍増です。そのへんで美意識を発揮しない料理人は私は信用できかねる。
隣のテーブルでは「タンポポを開く」タイミングでキャッキャウフフと嬌声が上がるのですが、私の黄色い物質は最初からスクランブル発進しており、その喜びも中くらいである。黄色い物質そのものは美味。カレーに混ぜ込むというよりは、プレーンなライスと共に口に含んで最強の黄色い物質かけごはんといった仕様です。カレーそのものは悪くはないのですが、家庭的というかオカンが作ったカレーそのものであり特長に乏しい。

目をつぶって食べてこの味覚であれば割に費用対効果は良いかもしれませんが、料理の仕上がりが一定しておらずテーブルによって見た目がバラバラというのは職業意識としてどうなのでしょう。料理とは味が良ければ全て良しというものではないと思うのだけれど。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
神田は良い街です。東京駅すぐ近くと至便であるのにも関わらず、5,000円も出せばしっかりと飲み食いができるお店が多い。気長に開拓していきたいと思います。

月刊『散歩の達人』のハンディ版。チャラついていない大人向けの硬派なガイドです。地図が解かり易く名所旧跡の紹介もしっかり。神田周辺をお散歩する際には是非。

関連ランキング:洋食 | 神田駅淡路町駅小川町駅