ミシュラン星付きレストランを400軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が400に達しました。

記念事業的に全記事を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2019年7月3日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ Chez TAKA ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★天本 ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   
★epoque+ azabu

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン クラフトワインエヌ ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 ★ナポレオンフィッシュ 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 串右エ門 ちかっぱ博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

私が女子校出身のイケメンを好む理由

女子校生が好きです。「女子高生」ではなく「女子校生」です。誤解の無いよう厳密に述べると、「女子のみを対象とする男女別学の学校出身の女性」のマインドがとても好きです。

私の知る限りの極上コースは、幼稚園から高校までずっと雙葉、大学は女子医、合計20年間の女子校生活を勤め上げることです。平たく言うと男前。経済的にも精神的にも自立しており、決断力があり、LINEの返信が滅法早い。人を試すようなことはせず、パンケーキやタピオカにも並ばない。外見こそは女性ですが、接する感覚としては男友達に近いものがあります。

ある女子校出身の女友達は言いました。「一度セックスしちゃうと、興味がなくなっちゃうんだよね」。これは完全に「ヤリ捨て」の発想であり、極めて男性的な趣味嗜好と言って良いでしょう。ちなみに「ヤリ捨て」は現代社会では眉をひそめられる行為ですが、生物学的にはバリエーションに富んだ遺伝子を残すという意味で、オスとしては評価できる行為らしいです。

閑話休題。では、なぜ女子校生活が長いと女性の男前化が進むのか。それは「自分の役割を性別で決めないから」ではないでしょうか。

文化祭の準備などにおいて、共学であれば力の要る仕事は男子が担い、そうでない作業は女子が担うことが殆どでしょう。特に誰が指示をするというわけでもなく、男性的な仕事、女性的なタスクがごくごく自然に振り分けられていく。他方、女子校であれば性に基づく分担は一切生じることはなく、どんな重たいモノでも自分たちで運ばねばなりません。

例えば、「男性らしい職業」の代表格として医師が挙げられますが(医師の女性比率は2割程度)、ご覧なさい、あなたの周りの女医は皆、女子校出身ではありませんか?(※)
※…「田舎の進学校は共学がほとんどだから、共学からも女医は生まれる」と、生まれも育ちも東京都で、東京の女子校出身の女医に指摘を受けました。
共学であれば女子は女子らしい役割を担う機会が多く、そのような立場を意識的にも無意識的にも演じ続けるため、結果として成人する頃には女性らしい振る舞いをしがちな女性というものが完成するのではないか、私はそう睨んでいます。

しかしながら、女子校出身の方の皆が男前かというとそうではなく、女性的な方も当然にいらっしゃいます。もっと言えば、女性のみの社会において女らしさを堅持したという意味で、生粋のメス、女の中の女は女子校から生まれるのではないか、そんな憶測まで生じてきてしまいました。かといって男子校出身者に女性的なキャラが多いかというと、そうでもないのが面白いところなのだけれども。ちなみに私は共学出身です。

そのようなジェンダー論を、女医4人+私で沖縄を旅行した際に考え込んでしましました。


食べログ グルメブログランキング

人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

波路(なみじ)/久米島(沖縄)

ダイビングショップの方にオススメを聞くと、いの一番に返ってきたお店がコチラ。観光客はもちろん地元民にも愛される人気店。
18〜19時あたりであれば予約客で全席を埋める人気店。数人での訪問であれば必ず予約して訪れましょう。私は18時少し前の入店、かつ、ひとり客だったのでスルっとカウンター席に滑り込むことができました。
オリオン生は500円。ジョッキでも瓶でも缶でも中身は同じではありますが、やっぱりジョッキで注文してしまいます。軽くフレッシュな味わいで暑い夏の夜に最適。
さて久米島と言えば生産量が日本一を誇る車海老。それを目当てに訪れる客も多く、車海老だけで特集が組まれていました。もちろん旬は秋から春にかけてであり、真夏のこの日は冷凍モノだとは思いますが、まあ、旅行とはタイミングである。
注文から10分ほどで「車えび入り天ぷら定食」が到着。これで1,500円とは信じがたいボリュームです。
主題の天ぷら。特大というわけではありませんがブルブルと食べごたえのある車海老が2本。その他は魚やナス、ゴーヤ、タマネギなどなど。衣が厚く繊細さはかけますが、これだけ食べてこの値段なのだから文句は言うまい。
せっかくなので久米仙の水割りをジョッキで頂きました。うーん、でもやっぱりビールのほうが好きだな。
ちなみに当店の定食には全て刺身がついてきます。これがまたオマケとは思えないほどしっかりした量であり、もはや刺身定食といっても問題ないほどのボリューム感。味わいは南方特有の淡い味わいでアッサリしていますが、コリコリとフレッシュな歯ごたえで結構好き。
スープもつきます。たっぷりのアオサに豆腐。角切りのボークチョップが入っているのが面白い。
小鉢のモズクも大容量。東京の沖縄居酒屋であればこれだけで500円は請求されそうなボリュームです。
上記のオカズを一手に引き受ける白米はやはり量が多く、1合近くありました。

定食に酒を2杯飲んで2,500円。格安かよ。食べ物に比べてドリンクは相対的に割高なので、グループで訪れて好き放題注文し、酒はボトルでナイスゴーするのが当店の最適解でしょう。久米島旅行の際には必ず訪れるべき費用対効果抜群のお店。オススメです。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

関連ランキング:居酒屋 | 久米島町

リストランテ濱崎/外苑前

濱崎龍一シェフは山田宏巳シェフに師事した後に渡伊。帰国後は乃木坂「リストランテ山崎」で料理長を務めた後、2001年に独立(写真は公式ウェブサイトより)。人を威圧するようなリストランテではなく、温かみのある雰囲気の小さなお店です。
カデルボスコは1万円弱、その他のグラスワインは2千円~とお酒は結構お高めです。コースが始まる前にシェフが来て下さり、体育会もかくやと思わせる大きな声で溌剌とご挨拶。
最初の一口はおなじみチーズの薄焼き。粉チーズをフライパンで溶かして冷ますという単純な調理ではありますが、なかなかどうして酒のツマミにはピッタリ。
豪華な前菜盛り合わせに嬌声があがる。11時から時計回りにフェンネルのサラミ巻き、水牛のモッツァレラにトマト、ワカサギの南蛮漬け(だっけ?)、スイカに薄焼きパン、アナゴの南蛮漬け(だっけ?)、ヒラタケの天ぷら、タコ、中央はトウモロコシのスープ(ムース?)。いずれも泡のツマミとして優秀な出来栄え。最初におつまみセットがジャーンと出て、のんびり酒を飲みながら料理を待つスタイルって素敵。
パンはシンプル。断面に焼き目をつけている点を除いては特徴に乏しいものでした。
コンソメのジュレ。まさに味わいだけといった半固体であり、これを1皿の料理として持ち出すのは面白い。旨味が強く、カロリーオフながら満足感は抜群。
青森県産のシラウオのパスタ。シラウオとパスタのどっちが量多いねん、というほどにシラウオに満ちた一皿であり、この日は人生で最もシラウオを食べた一日になりました。磯の香りに満ちたスープ旨し。
チーズたっぷりのショートパスタ。もっちりくっきりした歯ごたえで茹で加減はパーフェクト。濃厚なチーズの旨味は万人受けする味わい。小麦粉とチーズだけのシンプルな皿なのに人をここまで満足させる。まさに料理とは芸術なり。
お魚はハタ。丁寧にポワレしアメリケーヌソースで調味します。魚の肉質がむっちりと最強で、まるで陸上動物を食べているかのような錯覚。先のパスタも然り、シェフはムチっとした食感が好きなのかな。僕もグラドルが大好きなので(特に川村ゆきえ)気が合うかもしれません。
お魚に合わせてはフリウリのシャルドネ。樽が強く濃密ながら繊細な味わい。これがイタリアの白かと驚愕する味わいでした。ちなみに魚料理が出るのに結構時間がかかっていたので、「お待たせして申し訳ありません!もう少しおつぎします!」とソムリエが注ぎ足していったのですが、それにもしっかりと1杯の値段がつけられていました。超有料かよ。
お口直しはパイナップルのソルベ。お口直しの氷菓は惰性で食べることが多いですが、こちらはきちんとパイナップルパイナップルしてて純粋に美味しかった。
メインはもちろん「リストランテ山崎」時代からのスペシャリテ「ウズラのグリル ハチミツとバルサミコ風味 ニンジンのスフレ添え」。筋肉質でクリアな味わいのウズラに丁寧に下味がつけられており、炭火でガリっと焼き上げます。計算された焦げ目の苦味とハチミツの甘さ、バルサミコの酸味が良く合う。
赤ワインはグラスで料理に合うものをお任せしたのですが、エレガントなバローロと重厚なトスカーナを半量づつで提案して下さいました。ネッビオーロはそれほど好きな品種ではないのですが、この1杯は格別の味わい。タンニンが非常に円やかで酸も上品。草や土などスパイシーな香りも見事です。
テーブルの上にグラスがいっぱいあるって楽しい。
デザートは盛り合わせで。マンゴーのスープの手間のフワフワした何かがとても美味しかったので、次回は盛り合わせでなくこれ単品を狙いたい。
上質なエスプレッソで〆てごちそうさまでした。

全体を通してオーソドックスな料理が続き、高品質な素材に愛情をもって接している空気が濃密に感じられました。お会計はひとりあたり2万円超と、イタリアンのランチとしてはかなりの支払金額となりましたが、そのほとんどは酒代でもあるため、上手く食べればリーズナブルに落ち着くでしょう。チャラついたギャルとオッサンのような客はおらず、食べるのが大好きな妙齢の女性客が多いのも好印象。次回は季節を変えた夜にお邪魔してみようかしらん。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。



日本のイタリア料理の歴史から現代イタリアンの魅力まで余すこと無く紹介されており、情報量が異常なほど多く、馬鹿ではちょっと読み切れないほどの魅力に溢れた1冊です。外食好きの方は絶対買っておきましょう。

関連ランキング:イタリアン | 表参道駅外苑前駅乃木坂駅

AU GAMIN DE TOKIO(オーギャマンドトキオ)/恵比寿

ギャマングループの再編成が進み、旗艦店の「AU GAMIN DE TOKIO(オーギャマンドトキオ)」の麓に姉妹店が集結。ちなみに私が当グループにお邪魔するのは「キャーヴ・ドゥ・ギャマン・エ・ハナレ」以来3年ぶりです。
ギャマングループの代名詞とも言うべきカウンター席は健在。当店のシェフは3人体制で交代で勤務し年中無休を実現するあたり、飲食業界の働き方改革と言えるでしょう。今秋には宮古島でオーベルジュをオープンさせるなど、木下威征シェフはやりたいことが沢山あるんだなあ。
十番からシェアサイクルでアメリカ橋公園まで来たので汗だく。こういう状況で気軽にビールを進めてくれるのは当グループの美点である。
さてお料理は全てお任せ。まずは前菜3種盛り。代表作である「とうもろこしのムースと生うに」は安定の味わい。加えてマコガレイのカルパッチョ(?)の旨味はマグレ鴨が纏ったトリュフの薫りが食欲を刺激します。
こちらも名物の鰹節パンにバゲット。革新は大切なことですが、変わらない勇気というものも存在するのだ。
白エビにマンゴー。面白い組み合わせですが、ややマンゴーの甘味が強い。やはり白エビは醤油で食べるのが一番の食材なのかもしれません。
暑気が引いてきたのでようやくワインに入ります。ワインの値付けは高い。お食事9,000円に比べるとバランスが悪いように感じました。
こちらもスペシャリテの「トリュフのふわふわスフレオムレツ」。目の前の鉄板で何だありゃ的に作られていく過程が面白い。ノルマンディ風のオムレツにハチミツの甘味とトリュフ。見た目以上に軽い味わいであり、あっという間に完食。
江戸前の穴子に発酵させたハーブやスパイスにバター。これは腰を抜かすほど美味しかったですね。穴子と言えばお寿司屋さん的ツメで食べることが殆どですが、落ち着いたスパイスの風味コッテリとしたバターの旨味が素晴らしい。凝縮感のあるトウモロコシも名脇役。
私の大好きな食材のひとつであるリードヴォー(仔牛胸腺)が登場し私得。加えて4種のキノコの味わいも豊かで、土の香りすら感じられる滋味が良かったです。
最中からはみ出したフォアグラ。それだけでなく奥に詰め込まれた枝豆のペーストがグッド。フォアグラの脂と枝豆の青臭さって意外と合うのです。
お口直しには豆腐にアメリケーヌソース。これまた斬新な組み合わせで間違いなく美味しいのですが、豆腐もソースも何もかも濃厚で、あまりお口直しという役割を果たしていませんでした。
メインは骨付き仔羊をチョイス。夏にピッタリのバランスの取れた肉質に、予想外にスパイスのきいた濃厚なソースで攻めてきます。肉は厚く食べ応えあり。
グラスのピノでお口の中を調えます。ソースの眩さを考えると、ソムリエの提案に従って、シラーのきいたスパイシーな赤をチョイスしても良かったかもしれません。
〆の食事に私は「わさびパスタ」を注文。当グループの代名詞とも言うべき料理なので流れで注文してしまいましたが、先の濃密なソースの後としてはやや霞んでしまったかもしれません。
連れが注文したのは「和牛黒米ガーリックライス」。なんでも当店は和牛を一頭買いしているらしく、届く牛脂の量も物凄まじいため、その素材の有効活用として開発されたのがこの料理。肉は欠片も見えないのに、肉よりも肉の味がする。これはメインの後に食べるに相応しいスマッシュであり、記憶に残った一皿でした。
「濃いめのベイクドチーズケーキ」。その名の通り濃いめではありますが、圧倒的に濃いというわけではなく、素敵なネーミングセンスです。量もたっぷり。大食いにはたまらん。
連れはフランボワーズのミルフィーユ。先のチーズケーキと打って変わって構成要素がそれぞれ独立しており、見た目よりもサクサクと食べ進めることができるとのこと。
根底にあるアイデンティティのようなものは何一つ変わっていませんが、少しフレンチ色が強くなった気がします。クラシック好きの私としては良い傾向。お会計はふたりで3.5万円。カジュアルな雰囲気に誘われるものの思ったよりも高くつくのが当グループの常である。いっそのこと、客単価5万円超のグランメゾンとか企画して欲しい。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindleだとポイントがついて実質500円ちょい。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

関連ランキング:ビストロ | 恵比寿駅