ミシュラン星付きレストランを400軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が400に達しました。

記念事業的に全記事を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2020年1月18日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ ★鈴田式 鮨みうら 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角  さろんど くま3  


<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ラ レーヴ イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 すみずみ 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ★焼酉川島 ★TORISAWA CA10AL ★魚と牛じゃ 串右エ門 ちかっぱ博多 ばり博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
 ウルトラチョップ 旬熟成 ヒツジサンライズ    

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

共栄堂(きょうえいどう)/神保町

神保町で十の指に入るほどの有名店。創業は大正13年であり、カレー激戦区の神保町の中でも屈指の古株です。「スマトラカレー」という副題がつくのですが、何でもスマトラ地方のカレーに改良と紆余曲折を経て辿り着いたのが当店のカレーだそうです。
ファミレス風のボックスシートがいくつかという内装。カレー屋にしてはめずらしくカウンター席がありません。混雑時は相席の可能性あり。通し営業でヘンな時間に訪れれば余裕をもって座ることができます。
注文するが早いか提供されるコーンポタージュスープ(?)。クノール的な濃密さはなくサラっとした口当たりであり、コショウ(?)などのスパイスがきいています。非常に熱く量も多く身体が温まる。
さらに秒で提供されるカレー。フレーバーは海老でルーを大盛にしたのですが、ライスまでつられて大きくなっているようにも感じられます。独特の黒褐色のルーにふんわりと漂う甲殻類の香り。野菜などの具材は見当たらず、形が無くなるまで煮込まれているのでしょう。
なるほどビスクをカレー風味に仕上げたような味わいであり直線的に美味しいです。ライスは水分量が少なくボソっとした食感ではありますが、水分量の多いルーに合わせて食べるには丁度よい炊きあがりです。
卓上に福神漬けとラッキョウがあるのですが、恐らくは既製品の仕入れ品であり、いつかどこかで食べた味わいです。カレーの構成要素として重要なものであるため、もう少し凝って欲しいところ。
お会計は1,680円。美味しいのですが割高に感じました。カレーの種類はポーク・チキン・ビーフ・エビ・タンの5種類があり、それぞれ別々に煮込んであるため味が全て異なり全制覇に取り組みたいところですが、うーん、やっぱり高いなあ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
「神保町はカレー屋が多い」とは聞いていましたが、想像以上にカレー屋だらけです。ワイキキのABCストアよりも多いかもしれません。ただしカレーといっても店によって芸風が全く異なり、まるで別ジャンルの料理に感じられることもしばしば。カレー屋だけに絞ってもバラエティに富んだ食生活を体現することができます。


カレーにまつわる単語が辞典形式にまとめられ、知っていそうで全く知らないカレーエピソードがたくさん詰まっています。気合を入れてカレーを食べに行く前に目を通してから臨むと楽しさ倍増!

イースター島まとめ

モアイで有名なイースター島。スペイン語では「イスラ・デ・パスクア( Isla de Pascua)」、現地の言葉では「ラパ・ヌイ(Rapa Nui)」と呼びます。チリ領の太平洋上に位置する火山島でありポリネシア・トライアングルの東端。チリならびにタヒチからそれぞれ4,000kmも離れている絶海の孤島です。
我々はチリのサンティアゴから入ったのですが、国内線ながらも国際線級の事務処理が求められ、国際線ターミナルにいったり入島フォームに登録したりと手続きが大変でした。皆さん余裕をもって空港に入るようにしましょう。
東京からダラスまで11時間、ダラスからサンティアゴまで9時間、サンティアゴからイースター島まで6時間。遠くへ来たものである。
イースター島は国立公園に指定されており、観光するには10日間80ドルの入場券が必要となります(2019年12月時点)。パラオのジェリーフェッシュレイクもそうですが、コレ系の観光地は存在するだけで多額の金品を要求されます。10日もいないから1日8ドルにして欲しいところ。


■コナ・コア・エコ・ロッジ(Kona Koa Eco Lodge)
https://www.takemachelin.com/2020/01/kona-koa-lodge.html
宿泊施設の方に迎えに来てもらい、「コナ・コア・エコ・ロッジ(Kona Koa Eco Lodge)」にチェックイン。これがまた大変に問題が多い宿でした。詳細は別記事にて


■タハイ儀式村
チェックイン後は徒歩で島内を散策。ロッジから村へ向かう際に「タハイ儀式村(Sector Tahai)」というモアイスポットに立ち寄ります。ここのモアイは村から歩いて行ける範囲にあり、また、夕日を望むことができる絶景スポットであるため、何かと使い勝手の良いモアイです。
島内の気候はハワイによく似ており、日中は30℃近くまで達しますが、日陰に入ればひんやりと涼しく過ごしやすいです。そのへんに犬がいて、それが結構大きくてちょっと怖いです。ある時は私の道中1キロ近くストーキングしてきた奴がいて、実際ガチンコで闘うことになったら最終的には勝てるとは思うのですが、物理的なダメージよりも狂犬病的な病気が後々怖く感じました。
村には食料品店、レンタカー、マリングッズショップ、ダイビングショップ、レストランなど沖縄の離島とラインナップは変わりません。食料品店は村の中にいくつもあるのですが、村から1歩出るとモノの売買は一切できなくなるのでご注意を。


■Club Sandwich(クラブサンドイッチ)
https://www.takemachelin.com/2020/01/club-sandwich.html
ランチは村一番の人気軽食屋「クラブ・サンドイッチ(Club Sandwich)」へ。詳細は別記事にて


■wifi公園
島内のネット環境は最悪で、サンティアゴで使えるSIMは全く機能せず、ホテルやレストランのwifiも使い物にならないぐらいに考えておいたほうが良いです。村の端にある公園に公共のwifiがあって、旅行者はもちろん地元のお母さんたちも使いに来ているのですが、そこでもダイアルアップ接続ぐらいの速度しかでません。インスタなどはまず使えない。ネット中毒の方にとっては難しい島です。


■島内ツアー
到着した翌日には現地旅行社が主催する島内ツアーに参加。ベルトラ経由で「ホテルでピックアップ」と契約したのに、前日になって「道が狭くて行きづらいからオフィス集合」との連絡。それは約束が違うと激おこすると、「やっぱりホテルまで行くね」とあっさりしたもんです。島の奴らはすぐに手を抜こうとするから気をつけろ。
その他、ツアー中においても実に段取りが悪く不手際が多く、17:00解散のツアーなのにランチが15:00へとずれ込むこととなり、北米文化圏のチーム・パンクチュアルから暴動が起こりそうになりました。しかもその待ちに待ったランチがこれ1皿。我が家の生ゴミのほうがまだマシなレベルです。


■アフ・アカハンガ(Ahu Akahanga)
島の南側。そこらへんに転がってる岩が実はモアイだったりします。ある時からモアイの眼から出る魔力を嫌うようになり、モアイをうつ伏せぶっ倒すのがイースター島で流行った結果だそうです。正直映えない。見るべきものはありませんでした。


■ラノ・ララク(Rano Raraku)
島の南東の丘陵地帯。モアイの製造工場跡であり、この岩山から切り出してモアイが生産されました。
生産地であるためかモアイがそのへんにじゃんじゃん転がっており、なんとその数397体。全てのグラディウスに登場したモアイの総計よりも多い計算となります。ゲームの世界に降り立ったようで直感的に楽しい観光地。超オススメです。


■アフ・トンガリキ(Ahu Tongariki)
島最大級のモアイが15体ズラリと並ぶポイント。「ラノ・ララク(Rano Raraku)」のすぐ近くです。
前述の通りこのあたりのモアイは全てぶっ倒れており、また、1960年のチリ大地震の津波によるダメージも大きく風化しつつあったのですが、その再建の名乗りをあげたのが高松の大手クレーンメーカー大手「タダノ」。自慢の油圧式クレーンと技術を1993〜1996年にかけて提供し、モアイたちは往年の勇姿を取り戻すことができました。


■テ・ピト・クラ(Te Pito Kura)
ツルツルの石。それだけです。「イースター島に最初にやってきたホツマツア王が故郷ヒバからカヌーに積んで持ってきた」説と、「海に洗われて丸くなったごく普通の石」の2説があり、ギャップがすごい。


■アナケナビーチ(Playa de Anakena)
上記ホツマツア王が最初に上陸した地点。真っ白な砂にブルーレットのような海。陽気に林立するヤシの木たち。絵に描いたようなビーチです。
モアイはもちろん簡単なレストランも併設されており、大手資本が開発すればブレイク間違い無しでしょう。


■結論
この島の連中はモアイに甘えすぎですね。一度訪れれば満足するコンテンツでありリピーターは少なく、お客様の声を反映しようという意識に乏しい。リーダー不在で全てはキラー・コンテンツであるモアイに頼り切っています。地理的要因としてはオアフ島とそう変わらないのにこの差は何だ。あっちの繁栄ぶりを真摯に受け止めるべきでしょう。ネーム・バリューの割に満足度の低い観光地でした。


食べログ グルメブログランキング

人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

おにまる/麻布十番

「良かった、今夜会えて。タイミングばっちり」私は年末年始を2週間に渡って海外で過ごしており、私が帰国した翌日に彼女もまた長い旅行に出てしまうのです。
「どうだった?長い長い南米旅行は?」うーん、色々と興味深いことは多かったけど、総じて不便で危険で電波が無いから、あまり人にはオススメできないなあ。フランスやイタリアに行ったほうが得るものは多いと思うよ。
「あんまり治安が良くないのかあ」彼女は口を尖らせる。「じゃあ、今のあたしが行くと、容姿が魅力的すぎて無用な性犯罪を引き起こしちゃうから、しばらくはやめとこっと。もっとしわくちゃのおばあちゃんになってからね」こういく発言を記すと口の悪い読者は『タケマシュランは話を盛っている』と非難しますが、これ、マジな発言ですからね。
「フライトはどうだった?たぶん男の人にはわかんないと思うけど、女の人は飛行機に乗ると、すごく性を意識するものなのよ」どういうことだ。私は身を乗り出して訊ねる。
「すっぴんメガネのジーンズで乗るでしょ?すると荷物を棚に上げるのを殿方たちから手伝ってもらえる確率は50%ぐらい。ばっちりメイクしてスカートで乗ると100%手伝ってもらえる。みんな競うようにしてあたしの荷物を奪い合うんだから」それはそれは結構な人生ですねえ、私は半ば呆れながら彼女の人生に敬意を払う。
「うーん、どうだろ。確かにあたしは美人でGカップだけど、周りが思ってるほど得してないけどね。嫌な思いをしたり、面倒なこともすごく多いのよ」さらりと胸のサイズにまで言及する彼女。
「基本的にはみんな親切にしてくれるんだけど、そのほとんどは表面的なものばかりなんだよね。特に男性からは『ワンチャンあるか』ぐらいにしか思われないの。ちょっと親しくなってあたしが難しい話をし始めるとドン引きされちゃう」なるほど確かに彼女が最近読んだ本はレイチェル・カーソンの『沈黙の春』だったりする。
「『キミはニコニコ笑ってくれているだけでいいよ』なんて露骨に言ってくる男もいるんだから、失礼しちゃう。あたしは性の道具としか見られなくて、あたしの人間性はなかなか理解してもらえないの」彼女は頬を膨らませて言った。
「小学生のときは男女問わずみんな友達だったのに、中学になって周りからの接し方が一変して怖かったなあ。わざわざ1年生のクラスまで上級生があたしを見に来てさ。女の先輩は露骨に舌打ちしてきたり。あたしはただただ可愛いだけなのに、すごくいじめられた。だから高校では自分の身を守るために、女子に興味のない男の子をあえて見つけ出して、あたしが片思いをしている宣言をしたりしてさ」
「あなたは若くて可愛いあたしとデートできてるからそれだけで楽しいかもしれないけどさ、それはあたしの犠牲の上に成り立っている幸福なのよ」

 食べログ グルメブログランキング

関連記事
我々のおにまるクロニクルは下記の通り。心からくだらない部室のようなやりとりばかり。ヒマで死にそうな時に時間つぶしにどうぞ。
  • 2020年1月 ←確かにあたしは美人でGカップ
  • 2019年12月 ←最近、あたしの周りで不倫の話が多くって
  • 2019年11月 ←#MeTooとか言ってる連中はブスばっか
  • 2019年9月 ←そういう男は結局のところ頭の悪そうなニコニコ顔の巨乳と結婚する
  • 2019年8月 ←ヒトという生き物は、自身の財産には執着しますが、他人のカネやモノに対しては無頓着なのかもしれません
  • 2019年7月 ←借金の踏み倒し方について
  • 2019年6月 ←どうして女という生き物は妙な駆け引きをするのか
  • 2019年12月 ←ストーカー気質。少し気持ち悪い。
  • 2018年10月 ←19歳の女子大生と飲み会した結果www
  • 2018年10月 ←「どうしてそんなにモテるのか、一度、真剣に考えてみたんだけど」
  • 2018年8月 ←タケマシュランは女性の婚期を遅らせる有害図書だ
  • 2018年7月 ←彼女は根っからのキャバ嬢気質に溢れている
  • 2018年4月 ←久しぶりにじっくり料理に向き合いました
  • 2018年1月 ←身代金要求1兆円パーティ
  • 2017年11月 ←2017年タケマシュランお誕生日パーティ
  • 2017年11月 ←あたしって、すごく顔は整ってるじゃないですか。いるだけでとっても絵になると思うんだけどな」
  • 2017年10月 ←再び既婚者という身分を隠して独身女性と遊ぶ男たち
  • 2017年10月 ←既婚者という身分を隠して独身女性と遊ぶ男たち
  • 2017年7月 ←1日2回「タケマシュランさんですか?握手して下さい!」
  • 2017年6月 ←差別に苦悩する中野区民
  • 2017年4月 ←「らめぇええええ!ずっと一緒に居てくれなきゃやぁだぁああ!」
  • 2017年4月 ←25歳にして東京レストラン事情に精通する神童たち
  • 2017年3月 ←ダメだこいつらやっぱバカだ
  • 2017年3月 ←私の顔面偏差値は65である
  • 2017年1月 ←3人なのにすげえ食べた
  • 2016年11月 ←2016年タケマシュランお誕生日パーティ
  • 2016年11月 ←東京カレンダーへの報復
  • 2016年10月 ←低脳未熟大学の陸の王者たち
  • 2016年10月 ←予約必須の水炊き
  • 2016年10月 ←ハゲマシュラン
  • 2016年10月 ←シイタケ嫌い生誕祭。
  • 2016年9月 ←壁にマッキーで「魑魅魍魎」と書く酔っ払い。
  • 2016年8月 ←斬新な味わいで、イタリアの未開の村の郷土料理を食べているかのよう。
  • 2016年8月 ←何そのクソブログ聞いただけで超読みたくねえ。
  • 2016年8月 ←オマエと言うと1,000円
  • 2016年8月 ←ひとりの夜は結婚式のビデオを繰り返し見る中年。
  • 2016年7月 ←「デブとか絶対にムリ」などと言う口の悪い女と付き合うメリット。
  • 2016年5月 ←「俺を殺しにかかってますね」
  • 2016年4月 ←営業日数25のうち8はご来店。
  • 2016年4月 ←からの朝までカラオケ。
  • 2016年3月 ←精彩を欠いている山田さん。
  • 2016年3月 ←美人局。
  • 2016年2月 ←スーパーバイザーの誕生日会。
  • 2016年2月 ←ヒルズ族というのはまやかし。
  • 2016年2月 ←「しゃ、写真を一緒にいいですくゎ?」
  • 2016年1月 ←カンテサンスに1日2度行く女。
  • 2016年1月 ←シューツリーの受け渡しのはずがどうしてこうなった。
  • 2015年9月 ←伝説の○○○○初登場。
  • 2014年5月 ←一番食べた日。
  • 2014年8月 ←イスラエル人が闖入し大騒動
  • 2014年8月 ←初訪問。もう2年も前なのですね。
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

おにまる
関連ランキング:居酒屋 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

Kona Koa Lodge(コナコアロッジ)/イースター島

空港から車で20分ほどの村はずれにあるエコロッジ。周囲には何もなく道も悪く、想像以上にエコロッジで不安になります。
部屋は広く、テラスやキッチンも含めれば70〜80平米はありそうです。カギはあって無いようなものであり、外の庭とシームレスに空間が続いているので「部屋に来た!」という感覚に乏しい。
ツアーのガイドのねえちゃんが部屋まで来て(玄関などは無いので文字通り勝手に入り込んでくる)、「この景色はすごい!こんなの初めて!」と感激していたので、イースター島内においても立地や眺望は良いほうなのでしょう。
ベッドはキングサイズがひとつにシングルがふたつと、家族向けの施設なのかもしれません。細かな虫がたっぷり入り込んでくるため神経質な人には厳しい仕様です。
テラスにいつもネコがおり、モノを食べようとする時だけ甘えてきます。
バスルームは広いのですが、トイレもシャワーも洗面台も一部屋にまとめられており使い勝手は良くありません。シャワーの水量が豊富で、トイレに紙を流せるのは嬉しい。南米は紙を流せず備え付けのゴミ箱に捨てなければならないことが多いので。
キッチンが広く調理器具もひと通り揃っています。直火式のエスプレッソマシンが置かれている点にオーナーのこだわりを感じました。彼の話しぶりや英語の発音から、もしやフランス人ではないかと察しフランス語で話しかけるとやはりそうで、実に嬉しそうでした。
こちらは事務所兼ロビー(?)。泥棒が労働意欲を失くすほど雑然としています。

ところで、予約前に「wifi利用可」と案内があったのですが、あまりに回線が細く実際は使いものになりません。もちろんこれはこのロッジのせいではなくイースター島全体の問題であり、どのホテルを利用してもネット環境は似たようなものでしょう。

洗濯問題。今回は2週間と旅程が長いので洗濯は必須の作業。唯一のんびりできるのがここイースター島での滞在だったのでランドリーチャンスと目論んでいたのですが、この宿はオーナーのおっちゃんひとりでの運営でありとても選択を頼める雰囲気ではありません。もちろん村にコインランドリーなど洒落たものは当然存在しない。

仕方がないので、おっちゃんが居ない隙を見計らって、ロビーの奥にある洗濯機を勝手に使わせてもらいました。長旅で洗濯を予定しているのであれば、ランドリーサービスがあるホテルを調べてから予約したほうが良いでしょう。

全体的に雰囲気は良いのですが、やはりその名の通りエコロッジであり、キャンプ場のコテージに毛が生えた程度のサービスレベルでした。先にも述べましたが、カギはあって無いようなものであり誰でも入ってこれるので、武装集団に襲われでもしたらひとたまりもありません。周囲に人家はないため襲撃にあった事実すら当面は気づかれることは無いでしょう。なんせ村まで徒歩50分なのだ。
離島時はオーナーが空港まで送ってくれるのですが、約束の時間になっても部屋まで迎えに来ない。もしや事故?いや、あの呆けた面から察するに忘れていると考えたほうが妥当か?電話もネットも通じず連絡手段が断たれている我々。刻一刻と迫る搭乗時刻。徒歩で向かうのであれば今がその時だと決断し、道なき道をガラガラと思いスーツケースを引っ張り汗だくで歩きます。

するとオーナーが車で登場し「どうしたんだ、まだ飛行機まで余裕はあるぞ?」とボケた発言をかまして来るので、私も得意のキレたフリをしてみると、「おいおい、せっかくのヴァカンスなのにそんなに怒って、健康に悪いぞ」と開き直るじゃありませんか。確かにおっしゃる通りだが、その原因を作っているのはお前だ。しかしこの類の人間には何を言っても無駄であり種族が異なる生き物なので私は貝になりました。

なので、この記事を見てこの宿泊施設への滞在を検討している方は、緑豊かな土地に屋根があるだけの建物に泊まるつもりで訪れましょう。「エコ」とはズボラな人間の言い訳です。皆さん市街地か、離れていても大きな、常時スタッフがいる宿に泊まりましょう。


食べログ グルメブログランキング

人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。