高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ ★鈴田式 鮨みうら 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角  さろんど くま3  


<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ラ レーヴ イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 すみずみ 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ★焼酉川島 ★TORISAWA CA10AL ★魚と牛じゃ 串右エ門 ちかっぱ博多 ばり博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
 ウルトラチョップ 旬熟成 ヒツジサンライズ    

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

筑紫樓(つくしろう)/恵比寿

東京においてフカヒレ料理で有名な中華料理店ベスト50にはランクインするであろう「筑紫樓(つくしろう)」。恵比寿駅のバスターミナルがある側の出口からラブホ街方面に入ったところにあります。
2階建ての大箱なのですが、平日12時30分を過ぎているというのに満員御礼。テーブルが空けばすぐに次のゲストが席に着くほどの盛況ぶり。従業員はボーイスカウトのように礼儀正しくテキパキと気持ちよく仕事をこなしています。
美味しいジャスミン茶が無料で提供されます。微妙に小金をせびってくる中華料理店が多い中、老舗ながらの懐の深さを感じました。私は「ふかひれランチ」を注文。
注文後、数十秒で提供される「大海老のマヨネーズソース和え」。名前の通りかなり大きい海老のフリット(?)に、甘酸っぱいマヨネーズソースがたっぷりと塗られています。わかりやすい味付けで素直に美味しい。ただしちょっと味覚が強すぎるきらいがあり、一番バッターとしては重いかもしれません。
続いて「野菜の蟹ソースかけ」。青菜でしょうか、野菜そのものの味が濃く高品質。カニ肉はちょろりとしか入っていませんが、カニとはエキスを楽しむものなのでこれで充分。
「フカのせいろ蒸し」。フカってことはサメってこと?さっぱりと淡泊な味覚ですが、ソースに酸味とネギの風味がきいていてサッパリと食べれます。先に記した通り、やっぱり料理の提供順序は変えるべきだと私は思う。
メインの「ふかひれ煮込み」が到着。どろどろのタレに麺・ライス。炭水化物中毒には堪らない組み合わせです。
こちらは「つゆそば」。店員からは「汁気をよく切ってからつけ麺のようにして、煮込みと共にお召し上がりください」との助言を頂戴しましたが、なかなかどうして「つゆそば」単体でも旨い。かけラーメンともいうべき素朴な味覚ですが、まずはこのまま数口試してみる価値があります。
主題の「ふかひれ煮込み」。フカヒレとは名ばかりで大した量は入ってはいませんが、フカヒレとは個体そのものよりも全体としてのイメージを楽しむ食材なのでこれで充分。自由が丘「蔭山樓」とはまた違った方向性で、どちらも美味しい。
〆はライスでおじや的にしてフィニッシュです。添えられたザーサイが地味に旨い。
お会計は2,200円。この立地この食材この雰囲気でこの価格設定は良心的。もちろん主戦場はディナータイムの高級路線であり、ランチタイムは社会貢献活動かもしれませんが、それにしてもお得である。時間に都合のつく方は、是非ランチタイムからどうぞ。オススメです。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindleだとポイントがついて実質500円ちょい。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

すし初/湯島

ニューヨークに行く前に鮨と日本酒を貯めておこうということで、すし初です。
本日のラインナップはこんな感じ。見事なまでの二日酔いである。発泡の貴醸酒が面白かったです。
さて、お食事につき、まずはビールと枝豆でスタート。夏の醍醐味。
トマトのすり流し(?)。トマトはもちろん、タクアンやガリ、カンピョウなども入っており面白い。まさに鮨屋のガスパチョである。
山芋を細く切りイクラをトッピング。ザ・鮨のような料理は海外であってもいくらでも見つかりますが、こういうちょっとした小鉢は中々見つからないものです。
ズッキーニとレモンをザっと揚げます。ズッキーニの瑞々しさとレモンの酸味、果皮の苦味が素敵なバランスです。
塩で食べるお刺身。カンパチの脂のノリが絶妙で、サッパリながらもコクがあって美味。
カツオは極厚にカットしてムシャムシャと。刺身の食べ応えは当店の美点である。
帆立を炙ってナメロウ風に。特大の帆立がひとりあたりひとつアサインされ、ゴロゴロとダイスカットされています。やはりムシャムシャとした食感。旨い。
こちらは正真正銘のナメロウ。お魚はブリの幼魚だったっけ(?)。かなりコッテリとした味噌仕立てであり、しっかりとした酒質の日本酒にピッタリです。
あん肝をビッグサイズにスライスし、冷製の茶碗蒸しにボテっと載せます。ネットリと濃厚でクリーミーな味覚とヒンヤリとした旨味が調和します。まさに冷静と情熱のあいだである。
メカジキは西京漬けで。魚の旨味に思いきりの良い味付けが折り重なり酒が進む。これぞ最強漬け。
にぎりに入ります。トップバッターはコハダ。これぞニッポンの夏。ニューヨークではなかなか出会えない味覚でしょう。
今日の海老はバックリと大きい。ジューシーな食感に濃い海老そのものの味覚。甲殻類アレルギーの方は気の毒だ。
一転してヒラメはサッパリとした味わいであり、ムニムニと歯ざわりが心地よい。
つるんとしたタネの正体はイカ。陶器のような舌触りにプツプツと切れていく歯ごたえが魅力的。
甘海老はその名の通り甘く密度が高い。トッピングのイクラの塩気が程よいアクセント。
マグロは酸味が感じられ爽やかな味わいです。
ふっくらとしたアナゴ。これまでのピンピンの魚たちとは打って変わって優しい味覚であり、日本酒と共にしみじみと味わいます。
ギョクで〆てごちそうさまでした!

いやはや今日も旨かった。普段に比べて煮魚焼魚の量が控えめで、そのぶん生のお魚をたっぷり食べることができたのが嬉しかったな。暑い夏にひんやりとした刺身にキリっとした日本酒。日本人に生まれて本当に良かった。

食べログ グルメブログランキング 
 

関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS ATAMI(レストラン)/熱海

2020年はコロちゃんのせいで海外に行けないので、その予算を全て国内旅行に振り向けています。今回は週末に1泊のみで熱海。ひらまつのホテルはホテルとしては食事が圧倒的に旨いのでお気に入り。当記事はその日の夕食についてです。
ぐわー、絶景かな絶景かな。この眺望で極上のフランス料理など落ちない女はいないでしょう。もちろん泊まりで熱海で来ている時点で落ちているのかもしれませんが、それぐらいロマンティックな舞台です。
ワインは全てソムリエにお任せ。オーベルジュの美点は死ぬほど飲んだとしても、ごちそうさましてから1分後にはベッドに倒れ込める点。今夜はぶっ倒れるまで飲むぞ、を実現できる仕様です。
アミューズが凝っています。中央のミニバーガーは全粒粉のバンズに旨味の強いサバを挟み込んでおり、その辺のサバサンドが尻尾を巻いて逃げ出すほどのクオリティの高さです。シャンパーニュにもピッタリ。
トウモロコシのムースにコンソメのジュレ。おや、中央に刻みのりがふられているなと思いきや、細く刻まれたトリュフでした。脇には天城軍鶏のムネとモモの串焼きが配されており、何とも高級な焼鳥である。
ほんのりと火を通した車エビにフルーツトマトのソース、エビとトマトの間にはアボカドのタルタルが挟まっています。海老の美味しさは当然としてトマトの甘味とアボカドのクリーミーさのバランスが素晴らしい。
パンはシンプルな部類に入りますが、全体としてソースがしっかりした料理なので、これぐらいの素朴さがちょうど良いのかもしれません。
鰻の白焼きにフォアグラのポワレ、ナスのコンポート。悪くないのですが、前日に大津「う晴(うはる)」にて山ほど鰻を食べてきたばかりでありタイミングが悪かった。ナスのコンポートは面白いですね。ブラインドで食べればモモはリンゴのように思えたかもしれません。
お魚はアコウダイ。魚そのものは淡泊でプレーンな味わいなのですが、バター香る濃密なソースと脇を固める野菜たちが美味しかった。
メインは牛フィレ肉のロースト。肉の調理も赤ワインソースも王道のフランス料理といった具合であり素直に美味しい。天城山の生ワサビが添えられているのが程よいアクセントです。
お腹に余裕があったのでチーズを少し。それにしても、熱海の高台の旅館(ホテル)にフランス産チーズがこんなにも取りそろえられているとは、日本は豊かだ。
デザートは白桃のコンポートにたっぷりのグラニテ。超高級かき氷といった仕様であり、蒼井優も納得の美味しさです(蒼井優は芸能界随一のかき氷ヲタク)。
大量のミニャルディーズにハーブティで〆。ごちそうさまでした。なるほどひらまつが手掛けるだけあって、熱海いや静岡の飲食店の中でも屈指のクオリティです。なのですが、他のひらまつ系のホテルに比べると個人の色が薄く無難にまとまっているきらいがあるようにも感じました。
熱海まで来てひらまつのホテルに泊まりフランス料理とワインを楽しむだなんて、よっぽどのひらまつ好きの奇特な客ばかりなのだから、料理人はもっと冒険してもええんやで。なに、損をするのは会社ひいてはオーナーや株主だけである。無計画こそが最高の計画だ。

食べログ グルメブログランキング


人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

IL POSITANO(イルポジターノ)/武蔵小山

武蔵小山駅から小山台高校の脇を抜け、セブンイレブンを右に曲がって少しのところにあるイタリア料理店「IL POSITANO(イルポジターノ)」。店名は南イタリアの地名(アマルフィの近く)であり、恐らく南イタリア料理のお店でしょう。テラス席もあって、ペットOK子供OKです。
店内はテーブル席主体でカウンター席がいくつか。トータルで20席ぐらいなので予約をしたほうが確実です。カジュアルな雰囲気であり南イタリア風の居酒屋といった雰囲気です。
生ビールは550円とリーズナブル。グラスワインはたっぷり注いで700円、ボトルワインも4千円台~と気楽なお店です。我々はグラスワインを全制覇する勢いで飲んでしまいましたが、最初からボトルにすれば良かったなあ。
セクシーサラダ。たっぷりのハーブにフルーツ、チーズなど魅力的な食材が百花繚乱。葉っぱというよりはオカズ使いできる食べ応えのあるサラダです。
ブルスケッタに白レバーのパテをのせてもらいました。正統的な美味しさで悪くないのですが、これが1ピース350円というのは少々割高かもしれません。
タコのグリル。王貞治も驚きの見事な1本足であり、ムシャムシャとした食感に咀嚼する歓び。調味も思い切りよく白ワインが進む仕様となっており美味しかった。
こちらはスルメイカのグリル。タコに比べると食べ応えは見劣りするものの、シンプルな調理で夏らしい味覚です。
〆の炭水化物としてエビやらカニやらのパスタ。たっぷりのクリームに甲殻類の旨味が溶け込みコッテリと暴力的な味わいです。

この日はかなり飲んだので高くつきましたが、コース料理は3,500円、ランチは千円台で楽しむことができ、手ごろなお店です。人数が揃えば飲み放題付きの貸し切りプランもあるようで、次回はそれにチャレンジしたい。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。

日本のイタリア料理の歴史から現代イタリアンの魅力まで余すこと無く紹介されており、情報量が異常なほど多く、馬鹿ではちょっと読み切れないほどの魅力に溢れた1冊です。外食好きの方は絶対買っておきましょう。