ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2019年1月1日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ Chez TAKA ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★天本 ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   
★epoque+ azabu

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン クラフトワインエヌ ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★火鍋三田 ★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ちかっぱ博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

土竜(もぐら)/大門

大門駅と芝公園駅の間の裏路地にあるラーメン・つけ麺屋。昼から夜まで通し営業なのが便利。昼食時には行列が生じる人気店。
由緒正しきラーメン屋たる店内。カウンター席が中心で、4人がけのテーブルが1卓ありました。吹きこぼれた鍋の痕がそのままであったりと清潔とは言い難いですが、まあ、ラーメン屋とはそういうものである。
券売機におけるラーメンの部左上にあった「土竜らーめん」を注文。980円です。魚介系のスープが実に濃厚で、天下一品ひいてはバンコクのHOCK Shark Finsすら感じられるコッテリとしたスープ。味濃いめ原理主義の私としては好みのタイプど真ん中です。
盛り付ける野菜については別鍋で炒めたり、仕上げにバーナーで炙ったりと拘りが垣間見える。なんでも築地市場から日替わりで直送される新鮮で上質な野菜であるそうな。
麺は中太ストレート。スープや野菜に比べると特長的な点はなく、まあ、今あなたが想像している中華麺の味わいです。
ライスは無料。自動的に付帯するわけではなく、欲しい旨を自己申告しなければたどり着けないのでご注意を。
麺だけ先に食べてしまい、残った具材とスープにライスをぶち込み禁断の味覚。脂と肉のバランスのよいチャーシューや程よい火入れの味玉など、おじやを支える名脇役が堪らない。

濃厚魚介という、良くあると言えば良くあるジャンルの麺ではありますが、間違いのなく安定した味わいであることも事実。これで980円であれば納得のランチ。手堅く旨いラーメンならびにつけ麺に辿り着きたい場合にどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
芝公園あたりは飲食店が少ない。その中でのお気に入りをご紹介。
知っていそうで意外と知らない浜松町のモノレールについて路線、車両、駅、歴史を詳述。ここに書かれた情報を飲み会で話すと結構ウケます。

関連ランキング:ラーメン | 大門駅浜松町駅芝公園駅

エアーズロックリゾート見どころまとめ

オーストラリア大陸の中心にある世界で2番目に大きい一枚岩(1番は西オーストラリア州のマウント・オーガスタス)。その泰然自若とした外観はまさに「地球のへそ」に相応しい。西洋人の探検隊が1872年に発見し、そのスポンサーであるヘンリー・エアーさんの名にちなんで「エアーズロック(Ayers Rock)」と名づけられ、その後はリゾート地として政府の肝いりで開発されています。今回はその、エアーズロックとその周辺の見どころをご紹介。


■Sails in the Desert Hotel
http://www.takemachelin.com/2019/01/sails.html
エアーズロックリゾート内の最高級ホテル。真夏のエアーズロックは日中の最高気温が45℃にも達するため、午後に外を歩き回ると身の危険を感じます。そのため宿泊客はひきこもりにならざるを得ない。詳細は別記事にて。


■Resort Town Square
https://www.ayersrockresort.com.au/around-the-resort/services-and-facilities
エアーズロックリゾートの中心地。小さいショッピングモールながらも銀行・郵便・美容室・レストランなど生活に必要なものは大抵揃います。
一番の人気店はスーパーマーケット。こんな砂漠のど真ん中によくもまあ、と感心するほどの品ぞろえ。サンドイッチやサラダ、スナックなども豊富にあり、リゾート内のレストランが割高と感じる場合は当店で無理やり間に合わせることも可能です。
意外な必需品はハエよけのネット。なぜかこのあたりはハエが異常に多く、人間の皮膚表面の水分目掛けてブンブンと集まってきます。害はないが、イラつく。帽子とネットが組み合わさったガジェットが1,500円ぐらいで売られているので、マスト・バイ。


■Gecko's Cafe
http://www.takemachelin.com/2019/01/geckos-cafe.html
イタリア料理に寄せた西洋料理レストラン。カンガルーバーガーを注文。決してゲテモノではなく、こざっぱりした牛肉のような味わいであり結構美味しい。バンズも覚悟していたほど悪くはなく、ポテトなどは東京という土俵で勝負したとしてもトップクラスに美味しい味わいです。これで20ASD(1,600円)なら悪くない買い物です。詳細は別記事にて。


■Kata Tjuṯa(カタ・ジュタ)
https://www.ayersrockresort.com.au/uluru-and-kata-tjuta/uluru-and-kata-tjuta-national-park
周辺の見どころツアーへはAATKingsという、エアーズロック周辺最大のツアー会社を利用しました。安心の日本人ガイド。錦織圭に似たイケメンである。

さてカタ・ジュタ。アボリジニの言葉で「多くの頭」という意味であり、その名の通りボコンボコンとマリオカートのようにラフな岩山が続きます。しかしとにかく暑い。とても暑い。人間と抱き合っていたほうが涼しく感じるレベルである。バスに戻るとゲスト全員がユデダコのように顔を真っ赤にしていました。


Uluru Sunset
https://www.ayersrockresort.com.au/experiences/sunset-experiences
エアーズロックが真っ赤に染まるタイミングを狙った訪れます。個人的には岩山だけでなく、地平線に沈んでいく太陽そのものにも心を打たれました。


■Walpa Lobby Bar
http://www.takemachelin.com/2019/01/walpa-lobby-bar.html
Sails in the Desert Hotelのロビーラウンジ。ビールを1本飲んで食べて一人あたり4,000円弱。繰り返しになりますが、ラグジュアリー・リゾートのロビーラウンジの夕食としてはリーズナブル。詳細は別記事にて。


Uluru Sunrise
https://www.ayersrockresort.com.au/experiences/sunrise-experiences
こちらはサンライズ。ゆうべの解散時刻は20:30だというのに、本日は朝4時起きと中々に過酷な旅である。サンセットとは逆サイドから望むため、カタ・ジュタも合わせて観ることができるのが魅力的。写真上にある白い点は大きなお月さまです。


■Uluru base walk
https://parksaustralia.gov.au/uluru/do/walks/uluru-base-walk/
この日は強風のためエアーズロックの登山道が閉鎖中。したがって、ふもとの散策路マラウォークをお散歩し、先住民のカルチャーセンターなどを見学しました。
でもまあ、ずっと岩ばっかり見続けていると正直飽きますね。加えて気温は45℃にも達するため、とにかく暑く、基本的にずっと体調が悪い。また、どうもこのあたりで言い伝えられている神話が胡散臭い。例えば、ある女の甥っ子が怪我してて、近くにたまたま居た男を犯人と決めつけて、女がその男をぶっ殺した、とか。そのエピソードから私は何を教訓として学び取れば良いというのか。


■PIRA POOL BAR
http://www.takemachelin.com/2019/01/pira-pool-bar.html
Sails in the Desert Hotelのプールサイドにあるレストラン。と言っても当店ではドリンクの提供を行うのみであり、料理は受付の後、本館の厨房で調理して持ってきている模様。やはり当店はプールサイドでウェーイってするための空間であり、美食の追求という意味では本館のレストランやバーで飲み食いしたほうが良いでしょう。雰囲気重視でどうぞ。詳細は別記事にて。


Ayers Wok Noodle Bar
http://www.takemachelin.com/2019/01/ayers-wok-noodle-bar.html
エアーズ・ロック・リゾートのショッピングモールにある麺料理専門店。オープンは17:30なのにテイクアウト専業と、変わった営業形態です。1ボックス1,500円前後と麺料理にしては高いほうですが、リゾート地での食事と考えればこんなものかもしれません。詳細は別記事にて。


■Field of Light Uluru
https://www.ayersrockresort.com.au/events/detail/field-of-light-uluru
国際的な芸術家Bruce Munro(ブルース・マンロ)が手掛けたイルミネーション。彼の作品の中でも最大規模であり、日没と共に5万以上もの灯がウルルの景色の中に組み込まれます。
しかしながら、延々このようなガラスのライトが点滅しているだけであり、工夫もへったくれもありません。チームラボ育ちの私としては物足りないことこの上ない。たしかに凄いが、こういう凄さならもっと上がある。
それよりも、頭上に広がる満天の星空が心に残りました。流れ星なんて、もう、ビュンビュン飛んでて凄いんだから。ハワイ島クルーズにおける星空でも感動しましたが、エアーズロックにおけるそれは、ハワイの星空を凌駕するように感じました。


■Kulata Academy Cafe
http://www.takemachelin.com/2019/01/kulata-academy-cafe.html
アボリジニ学校における研修生の教育の一環として運営されているカフェ。こういうことを言うのは何ですが、やはりどこか真剣味に欠けているように感じます。多気町の「まごの店」もそうですが、お金のやり取りが発生している時点でもうプロフェッショナルなのだから、やるならやるでもっと本気で取り組んでほしい。
厳しいことを言うようですが、フレッチャーが言うように、危険なのは上出来(グッジョブ)という言葉です。私もそう感じるし、思う。詳細は別記事にて。


■エアーズロック登山
http://www.takemachelin.com/2019/01/rock.html
2019年10月26日をもって全面的に入山禁止となる予定。私は何とか時間内に無事戻ってくることができましたが、まさに命からがらといった表現が適切なほど、心から危険な登山でした。詳細は別記事にて。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

Ayers Wok Noodle Bar/エアーズ・ロック

エアーズ・ロック・リゾートのショッピングモールにある麺料理専門店。オープンは17:30なのにテイクアウト専業と、変わった営業形態です。店名のセンスがすごくいい。
注文は①麺を選ぶ、②具材を選ぶ、③味付けを選ぶ、の3ステップ。その他、卵のトッピングやサイドメニューのギョーザなどが1ピースづつ追加できます。
支払完了後、ブルブルと震える番号札のようなものを渡され近くで待つ。テイクアウト専門なのでホテルに持ち帰って食べる前提なのでしょうが、私は出来たてを食べたいので、モール中央の広場のテーブル席を陣取る。
数分もすればすぐに出来上がります。中華テイクアウトにありがちなハコにたっぷりと詰められるため、見た目以上にボリュームと重量があります。恐らくパスタで言うところの150グラム以上はあるのではなかろうか。
私は①ホッケンミー麺、②チキン、③チャイニーズBBQ味をチョイス。チャイニーズBBQ味というのはどのようなフレーバーなのか心配ではありましたが、パンダ・エクスプレスの何か的な味わいと考えて頂ければ大体あっています。思いのほかチキンがたっぷりであり、極太のホッケンミー麺も悪くない味わい。
妻は①玉子風味の細麺、②海老、③ゴマ醤油、というベーシックな組み合わせ。一口頂きましたが、太麺原理主義の私としてはやはりホッケンミー麺のほうが好き。「海老好きでしょ?」と1尾プレゼントして頂きました。彼女と結婚して良かった。
1ボックス1,500円前後と麺料理にしては高いほうですが、リゾート地での食事と考えればこんなものかもしれません。ブレることのないアジア味であり、ボリュームはたっぷり。麺の他にライスを選ぶことができるようなので、次回はそちらを試してみようかしらん。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:中華料理 | アデレード

sisi煮干啖(ししにぼたん)/新日本橋


私の愛読書であるこの本は、きちんと着席するレストランが掲載されることが多いのですが、2019年度版でひときわ異彩を放っていたのが当店「sisi煮干啖(ししにぼたん)」。神楽坂の肉イタリアン「カルネヤ」や西麻布の熟成肉レストラン「カルネヤサノマンズ」のオーナー、高山いさ己シェフが日本橋にパスタ専門店をオープン。
店名からして恐らくは煮干系の味わいなのでしょうが、それにしても変わった店名。実際に訪れて合点が行きました。ロゴが花札の「獅子に牡丹」。ししにぼたん、sisiにぼたん、sisi煮干啖。駄洒落である。
カウンターは10席ほど。まさに鰻の寝床と称して良い長細いレイアウトであり、恐らくはラーメン店の居抜きか何かでしょう。正午ちょうどにお邪魔した際には満席であり、その性別は全て男。その後も断続的な待ち順列が絶えないという印象。12:30頃には売り切れ閉店のこともあるそうです。
まずはサイドメニューで200円の「にぼ吸い」が到着。煮干のお吸い物というよりは、煮干の風味が漂う緩めのポタージュという味わいです。海苔の香りがとても良い。ただし真打の価格設定に比べて200円というのは割高に感じました。100円だと嬉しいのだけれど。
主題の「にぼたん」。中~太目の生麺をアルデンテに茹で、煮干主体の出汁ならびにバターと共にフライパンで炒め、仕上げに煮干フレークを混ぜ込んでいるように見えました。ムチムチとしたワガママボディな麺の歯ごたえに、覚悟していたよりも遥かにマイルドな煮干の風味。ややもすると混ぜそば的な味わいであり、男性客に人気があるのも頷けます。

トッピングのチャーシューは「とみ田」のそれと方向性が同じであり、つまり美味しい。ぎょっとするほど柔らかい豚肉の伸びやかな味わいは棒で買って持って帰りたいほどです。うずらの卵は無味無臭で期待はずれ。何かの味に漬け込んで欲しいところ。
味や食感に変化を加えたい方は、卓上の皿から追い煮干しましょう。その他、山椒もおかえれており、これが煮干の風味に実によく合う。
このクラスのパスタを食べて1,000円でおつりがくるのは最高ですね。脳汁が出るほど絶大に旨いかというとそれは違いますが、日々の生活に寄り添う、親しみやすい味わいです。その親しみやすさ故、自宅での再現も可能かもしれません。

昼しか営業しておらず売り切れ仕舞いなのは扱い辛いですが、ちょっと早めにオフィスを抜け出して、もしくは遅めの出勤時(営業は10:30~)にどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。
十年近く愛読している本です。ホームパーティがあれば常にこの本に立ち返る。前菜からドルチェまで最大公約数的な技術が網羅されており、これをなぞれば体面は保てます。

関連ランキング:パスタ | 新日本橋駅小伝馬町駅三越前駅

Kulata Academy Cafe/エアーズ・ロック

タウンスクエアという、エアーズロックリゾート内にある小さなショッピングモールに入居するカフェ。アボリジニ学校における研修生の教育の一環として運営されているそうな。
そのような説明が無ければ何も気づかないほど、どの町にもひとつは必ずありそうな普通のカフェです。ホテルのレストランを除いて、エアーズロックリゾートにおいて午前中に食事ができるのはここぐらいなので、早朝から混雑しています。
主力はバゲットサンド。サラダやケーキなどもあり、11時からはパイ系の焼き物も提供されます。
手前はサーモンサンド。女性の片足ぐらいの大きさがあり食べ応えはあります。味はまあ、リゾート地で食べるサンドイッチそのものであり、可もなく不可もなく。
コチラはターキッシュ何とかサンド。ソースにスパイスが多用されておりオリエンタルな味付けで、あまり日本ではありつけない味わい。いずれのサンドイッチも800円程度であり、まあ、リゾート地としてはこんなものでしょう。
コーヒーは400円ほどで量もたっぷりなのですが、恐ろしく提供速度が遅く15分ほどの時間を要しました。いくら教育支援だったとしても、このスピード感は認められない。
オーストラリアにおける差別問題についてここで論じるつもりはなく、あくまでひとつの飲食店として公平に接した場合、やはりどこか真剣味に欠けているように感じました。多気町の「まごの店」もそうですが、お金のやり取りが発生している時点でもうプロフェッショナルなのだから、やるならやるでもっと本気で取り組んでほしい。厳しいことを言うようですが、フレッチャーが言うように、危険なのは上出来(グッジョブ)という言葉だ。私もそう感じるし、思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:カフェ | アデレード