高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ ★鈴田式 鮨みうら 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角  さろんど くま3  


<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ラ レーヴ イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 すみずみ 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ★焼酉川島 ★TORISAWA CA10AL ★魚と牛じゃ 串右エ門 ちかっぱ博多 ばり博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
 ウルトラチョップ 旬熟成 ヒツジサンライズ    

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

ボニュ(Bon.nu)/参宮橋

拾った電車の回数券で東京に行き、その時たまたま買った宝くじで2億円を当て、5年で全て食べ尽くしたという「美食の王様 来栖けい」が手掛けるレストラン「ボニュ(Bon.nu)」。西麻布「エキュレ」に続き、当店も食べログ4.56で金メダルを取ったり銀メダルを取ったりと見事な活躍ぶり。
乳白色の柔らかい印象をもつインテリア。店名は「ボニュ=母乳」。人間が初めて口にするもの、原点を意識してのネーミングだそうです。「エキュレ」「いぶさな」同様に、食事中は彼がずっとセコンドについていてくれ、その解説を聞きながら食事をするという斬新な業態です。日本語ができない人には厳しいかも。
ワインリストはなく、価格帯を指定すればそのレンジにおさまるものを何本か持って来てくれます。値付けとしてはかなり良心的で、ほとんど利益を乗せてないものもあるのですが、スタートラインがそもそも高いので、ワインに理解のある方と来た方が楽しめるでしょう。
お通しに自家製のビーフジャーキー。蔓草牛(後述)を用いており、噛みしめるほどに旨味が溢れ出ます。凄まじい凝縮感。ビーフジャーキーと言えば手頃なアメリカ土産、という私にとっては衝撃の一口でした。
数十種類のフレッシュなハーブが組み込まれたサラダ。身体にスっと沁み込んでいくような、東洋の医学を思わせる1皿。味そのものというよりも、身体への定着を楽しむことができました。
続いてブルターニュ産の生きたオマール。「シンプル+オリジナリティ」が当店の求める料理であり、シンプルでありながら、当店でしか絶対に食べることのできない料理を目指しているそうです。この特大のオマールが、、、
5分かそこらでビスクに変身。綺麗な甲殻の香りが強く、思いのほかクリアな味わい。一般的にビスクとは濃厚さで勝負な面がありますが、当店のそれは一番出汁のような澄んだ味わいが楽しめます。ところで身はどこ行ったんや。祇園「にくの匠 三芳(みよし)」のように潔い食材の削りっぷりに脱帽する。
順次トーストがサーブされるのですが、これが地味にめっちゃうまい。パクパクと軽やかに食べ進めることができます。
こちらはシイタケのリゾット。バターやオリーブオイルなどは一切用いず、水と塩のみで調味します。食べる前からシイタケの香りがプンプンに漂っており、口に含むとその風味が爆発。米なのにシイタケよりもシイタケの味わいが強い1皿です。
トマトのパスタ。少人数制であるため茹で加減は完璧。トマトは酸味を感じる骨格のある味わいであり、また、奥に隠れたトマトのヘタを用いた調味も興味深い。トマトよりもトマトの良さを引き出しています。
極太のホワイトアスパラガス。こちらは塩釜ならぬ土釜で熱を通しました。わざとらしさのないクリアな甘味が印象的で、そのエキスをたっぷりと湛えたジューシーさも堪らない。ソースは酸味がハッキリとしており緩急溢れる一皿です。
6時間かけて焼き上げる「ボニュ焼き」。まずはランプの部分。「蔓草牛(まんそうぎゅう)」といって、とっても凄いお肉だそうです。このあたりムッシュ来栖もノってきて、この肉の素晴らしさをかなり早口で熱弁されており、ギークな面を垣間見ることができました。味はもちろん美味しいのですが、あまり好きな肉質ならびに火入れではありません。まあ、好みは人それぞれ。
こちらはサーロイン。お、こっちのほうが断然美味しいぞ。栗のような香りを放つ焼き目。食感はサクサクとステーキとはかけ離れた歯ざわりが面白い。それでいて噛んだ時には肉汁が決壊し、歯を押し返してくるような弾力・タフさも感じられました。
デザート1皿目はミルクのアイスクリーム。店名を具現化したものなのか、不必要に濃厚な印象はなく、ミルクの味わいを強く感じながらもサラっとした余韻でした。あと3つは食べれるぜ。
プリンは卵における卵黄と卵白の比率を保ったまま、ミルクと砂糖だけで丁寧に仕上げたもの。かなりコシの強い舌触りおよび味わいなので、ちょっと肩が凝る1皿でした。
小菓子の「水チョコ」が絶品。クリームではなく水を用いた生チョコ(?)であり、まさに水のように瞬で口の中に溶けていきます。カカオの風味をダイレクトに楽しむことができ、カカオ原理主義にとっては堪らない1口でした。
お会計はひとりあたり6万円。絶対額としてはめっちゃんこ高いですが、納得感のある支払金額です。レストランというよりは実験室・研究所・秘密結社といった意味合いが強く、マッドサイエンティストである来栖のおじさんのヲタ芸を楽しみに行く場所。食べログのような媒体に載るべきお店ではなく、コスパとか、おいし~とか、映え~とか、そういう世界観からはかけ離れた異空間。なお、バリっとしたレストランからは対極に位置する芸風であるため、サービス料を一切取らない点に逆矜持を感じました。

食べ手に経験を求めるお店であり、求道者が自腹で行くべきお店です。ギャルがオッサンに連れて行ってもらうのはダメ。ゼッタイ。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:フレンチ | 参宮橋駅初台駅南新宿駅

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

RODEO(ロデオ)/中目黒

恵比寿の人気イタリアン「リストランテ・ダ・バッボ」の2号店としてオープンした「RODEO(ロデオ)」。食べログは4.08(2020年6月)でブロンズメダル獲得と実力が伺えます。中目黒駅から目黒方面へ歩いた明治通り沿いにあり、割烹料理店のようなエクステリアが目印です。
スタイリッシュな内装。ダークトーンの壁の色にパリっと映える木のカウンター。高級感はあるのですが少し砕けた雰囲気であったりと、気取らないデートなどに良さそうです。お店のコンセプトは「炭トキドキ薪」であり、焼き場に揺らめく炎やストックの薪など、さあこれからメシを喰うぞという気分を盛り上げてくれます。
チェックインと同時に提供されるお通しのポテトチップス。インカのめざめを薄くスライスし、その場でササっと揚げており、イモの美味しさと強い塩気でベリーナイス。やめられない止まらない。
ビールは700円、ボトルワインは3千円台と高くありません。グラスワインも豊富であり、日本酒、焼酎、カクテルなどなんでもござれ。気楽にガブガブ飲めるラインナップです。2次会使いとかにも良さそう。当日予約できるかどうかは知らんけど。
当店は全てアラカルト形式での注文です。まずはトビウオのカルパッチョ。あまり生で食べたことのない素材ですが、これが、旨い。適度にフレッシュで弾力があり、魚を食べているなという意識が強く高まります。強めにふった塩や思いきりのよいオリーブオイル使いも心地よい。
花ズッキーニのフリット。中にはアンチョビとチーズがたっぷりと詰まっており、トロりとした食感に強い旨味が響き、まさにブラボーといった味わいでした。
焼き野菜のサラダ。新鮮で健康な野菜をバリっと焼き上げ美しく盛り付けます。ごくごくシンプルな味付けであり、野菜そのものの風味を楽しむ逸品。プレゼンテーションも魅力的。
茹でタン。箸で割くことができるほど柔らかく、繊維の1本1本を感じる舌触り。ゆったりと茹でられており、じんわりしみじみと奥行きのある味わいでした。
ここからは自慢の肉料理。まずはハツ。ムキっと健康的な食感であり、ムシャムシャと赤くマッチョな味覚を楽しむことができます。歯ごたえがいい。
こちらはエゾジカ。表面をバリっと香ばしく焼き上げており、少し焦げた香りが食欲をそそります。内部はしっとりとロゼ色に仕上がっており繊細な口当たり。少しもクドくなく、とてもキレイな味わいです。
スペシャリテのミートソーススパゲッティ。黒毛和牛の牛挽き肉を用いたハンバーグを炭と薪で香ばしく焼き上げ、ここからぐちゃぐちゃと再び潰し、デミグラスソースを混ぜ込んでいきます。パスタの太さは2.4ミリもあり、茹でるのに18分もかかるそうな。
最終形態がコチラ。パルミジャーノ・レッジャーノを思いきりすりおろし、黒胡椒で仕上げました。肉の旨味はもちろんのこと、そこから流れ出た肉汁も魅力的なソースであり、ムチムチとした食感のパスタと共にバリ旨い1皿です。食べ進めていくうちに追いチーズしてくれるのも嬉しい。アクセントに七味をかけるのも面白い。

結構飲み食いして支払金額はひとりあたり1万円。おー、これは見事な費用対効果ですねえ。最近は薪焼きを推す店が増えてはいますが、妙に高級路線であることが多く予約を取るのも正直ダルい。炎であればやはり当店のようにカジュアルでワイワイと楽しむのが一番。恵比寿や渋谷にも姉妹店を出店したようなので、それぞれ巡ってみたいと思います。オススメ!

食べログ グルメブログランキング


関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。

日本のイタリア料理の歴史から現代イタリアンの魅力まで余すこと無く紹介されており、情報量が異常なほど多く、馬鹿ではちょっと読み切れないほどの魅力に溢れた1冊です。外食好きの方は絶対買っておきましょう。

ラ・メール(La Mer)/賢島(三重)

伊勢志摩サミットの舞台である志摩観光ホテル。昭和天皇をはじめ国内外のVIPが滞在し、「華麗なる一族」の舞台にもなりました。そのメインダイニングにあたるのがフレンチレストラン「ラ・メール」。カンテサンスの岸田シェフが料理人としてのキャリアをスタートさせたお店です。
本館と別館があっていずれの店名も「ラ・メール」であり、今回私は別館の「ラ・メール」に案内されたのですが、お店からの説明によると提供される料理の内容はいずれも同一とのことでした。樋口宏江シェフは三重県の四日市出身。サミットの食事を担当したのは彼女であり、ミシュラン1ツ星を獲得しています。
英虞湾(あごわん)のパノラマを眺めながらシャンパーニュで乾杯。グラスワインは1,200円~と控えめなスタートなのですがセレクションが少々謎であり、例えば一番安いシャルドネはブルゴーニュの村名で1杯3千数百円+税サ=約4千円と、ここだけ港区な雰囲気だったりします。
アミューズは魚のすり身のテリーヌでしょうか。作り置き感がすごく、ビュッフェの食事を皿に盛って来られたような印象。アワビなども練り込まれているそうですが、あまり美味しくありません。
「海の幸と野菜のムース 甲殻類のジュレとともに」は海老やカニ、イカ、魚、アワビなど志摩の幸が百花繚乱。これは絶対に美味しいやつである、と思いきや、全然美味しくない。素材それぞれは悪くないのですがジュレの食感がコンビニのゼリーのようであり、旨味にも乏しい。
パンは2種。手前のアオサが練り込まれたパンが美味。サイズこそ大きいですが空気をたっぷり含んでおり、サクサク食べることができました。
伊勢海老クリームスープ。今度こそ絶対に美味しいやつでした。コッテリとした海老の風味に少し炙った香りが心地よい。本日一番のお皿です。
メインディッシュは「鮑のポワレ ブールノワゼットソース」。かなりのサイズのアワビなのですが、仕込みというか調理というか色々と雑であり、せっかくの食材が台無しである。何やこのゴムみたいな食感は。味付けも全然ダメ。2,662円の追加料金で「海の幸カレー ハーフサイズ」も注文できるとのことでしたが当然にパス。
デザートは「マンゴーのムース、キウイソルベ添え」。何なんでしょうこのダサい盛り付けは。今日び専門学校の1年生でもこんなプレゼンテーションはしないでしょう。味わいもコンビニスイーツと大差なし。シェフは本当に内容を確認しているのかと問いたい。
やはり手抜きの小菓子で〆てごちそうさまでした。

シャンパーニュ1杯グラスワイン1杯飲んでひとりあたり1.7万円。ろくでもないランチでした。中の下の披露宴料理が恭しく出されるだけであり、このクオリティで1万円を超えるコースというのは絶許。和歌山の「オテル・ド・ヨシノ(hotel de yoshino)」でも同じことを思いましたが、大企業が経営する地方の高級フレンチはハズレが多い気がします。
サミットの会場となりその時は話題を集めましたが、ショーが終わってみれば何もかもが金のハリボテであったことが明らかとなり、これはだめかもわからんね。シェフは本当にこのレストランに関与しているのかなあ。自分の名前を冠した料理がこのクオリティなら普通は激怒すると思うのだけれど。

もちろん大箱であるため仕入れやらオペレーションやら色々と制約があるのかもしれませんが、バッターボックスに立った以上は全ては本番、言い訳は認めない。プロであればフルスイングせよ。久しぶりに本気で腹が立った食事でした。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:フレンチ | 賢島駅

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

ル ボークープ(Le Beaucoup)/代々木上原

代々木上原駅から徒歩10分ほどの住宅街にある「ル ボークープ(Le Beaucoup)」。「クインディ (QUINDI)」の通りのもうちょっと奥です。店名は「たくさん」「多い」という意味と公式ウェブサイトに記されていたのですが、それなら発音は「ボクー」ではないか、とフランス語検定10級の私が指摘しておきます。
店内は結構広く、L字型のカウンター席にテーブル席のダイニングエリア。1人客でも受け入れているのが良いですね。佐藤武久シェフは銀座「ル・マノアール・ダスティン(Le Manoir D’HASTINGS)」赤坂「シュマン(Chemins)」などを経て2014年に独立。
シャブリ産のビールがあるということで思わずオーダー。正統的なペールエールでしたが、世の中知らない飲み物がまだまだあるものだ。その他、グラスワインは千円前後と懐に優しい。
アミューズはベーコン風味の塩気の強い焼き菓子(?)にパテ、ブーダンノワール。いずれも王道の味わいであり、酒が進む系で嬉しくなる。親しみやすいワインの品ぞろえを含め、当店は呑み助が多数集まる店とみた。
バゲットは一般的なもの。さてここからお料理が始まるのですが、プリフィクスなスタイルであり前菜・メイン・デザートという組み合わせはもちろんのこと、デザートを無くして前菜を増やしたりといった変更もOK。私は前菜3皿にメイン1皿という組み合わせとしました。十番に似たような仕組みの店があって凄く好きだったんだけど、閉店しちゃったんだよな。どうしたんだろ。
最初の前菜はトウモロコシのブランマンジェ。生の海老のねっとりとした旨味がグッド。ただしブランマンジェそのものは素材の味が薄く、もうちょっと詰めても良かったかもしれません。
続く前菜は鮮魚のマリネと季節野菜のマリネ。お魚はマダイであり肉厚で抜群の弾力を誇ります。シンプルな調味でお魚そのものの美味しさを楽しめました。
前菜3皿目は鮎のキッシュ。キッシュの生地との重なり合いや、苦味のきいたソースがグッド。そう、数日前に「柳家」で丸々太った鮎を5匹も食べたのですが、やっぱり塩焼きのようにどシンプルな料理よりも、こういった手の込んだ料理のほうが私は好き。美味しいだけにもう少し大きなポーションで欲しかった。
メインは羊肉をスープ仕立てに。たっぷりのクスクスやチョリソと共に頂きます。味そのものは悪くないのですが、どうにも家庭料理感が強く映えない。無難にフィレ肉の何かとかにすれば良かったです。
食後にタイの何かのハーブティ。レモン汁を入れると赤紫色に変化し化学実験のようで楽しかった。

以上を食べ、ビール1本にグラスワインを2杯飲んでお会計はひとりあたり9千円ほど。自由度が高くトータルの量も多めであり、酒もリーズナブル。近所にあったら通い詰めてしまいそうな使い勝手の良いお店です。ランチの営業時間が厳格で割と最後追い出され目になったので、ダラダラ飲む派の皆さんは夜に訪れましょう。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。