ミシュラン星付きレストランを400軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が400に達しました。

記念事業的に全記事を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2019年10月1日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ ★鈴田式 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   


<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ★焼酉川島 ★TORISAWA CA10AL ★魚と牛じゃ 串右エ門 ちかっぱ博多 ばり博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
 ウルトラチョップ 旬熟成 ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

サンサール(san-sar)/東新宿

新宿ゴールデン街から徒歩数分の住宅地。食べログは3.71と高得点、百名店にも選出されたネパール料理屋「サンサール(san-sar)」。カトマンドゥの「マラカール家」に伝わる家庭料理を日本に広めることを使命としたお店です。
料理が「おふくろの味」であれば雰囲気も家庭的。感じの良い店員たちがチャキチャキとサービスしてくれます。
「オススメ」とされていた「Bランチセット」を注文。タンドリーチキンにチキンティッカ、カレー2種にサラダ、ライス、ナン、ドリンクとボリューム満点。
サラダはまあ、普通のサラダです。
チキンティッカとタンドリーチキン。いずれもヨーグルトと香辛料に漬け込んだ鶏肉をタンドールとよぶ壺型の釜で焼いたもの。定義の違いが良くわからないのですが、どうやら後者は骨付き肉であることが多いようです。いずれもスパイシーで程よく水分を保っており、万人受けする味わいです。
いくつかの種類から2種選ぶことができるカレー。まずはキーマカレー。肉が想像以上に淡白でコクに乏しく、ルーも水分量の多いシャバダバな印象でやや物足りない。
チキンカレーも同種のベクトルであり美味しいのは間違いないのですが、ハっとするような気付きはありませんでした。
 ナンはバターたっぷりで香り高く、安定的な味わいです。
ライスもついてくるのですが日本で一般的に食べられるゴハンです。ここまで来るとさすがに炭水化物の量が大杉。
あまーいチャイを飲んでごちそうさまでした。
お会計は税込みで1,320円。カレーそのものは素朴で美味しいのですが、素朴なだけに千円を軽くオーバーするのはちょっと高く感じます。しかしながら量はたっぷりなので、まあ、こんなもんでしょうか。おなかを空かせてどうぞ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
カレーって美味しいですよね。インドカレーも日本カレーも大好き。ただしそれほど詳しいジャンルではなく、スパイスマニアには逆立ちしても勝てないので、意外性のあるオススメカレーをご紹介。

カレーにまつわる単語が辞典形式にまとめられ、知っていそうで全く知らないカレーエピソードがたくさん詰まっています。気合を入れてカレーを食べに行く前に目を通してから臨むと楽しさ倍増!

佑記肉骨茶(Yu Kee Bak Kut Teh)/コタ・キナバル(マレーシア)

マレーシア料理の代表格「肉骨茶(バクテー)」。コタ・キナバルでもよく食べられており、近所の「新記肉骨茶(Sin Kee Bak Kut Teh )」と人気を二分するのがココ「佑記肉骨茶(Yu Kee Bak Kut Teh)」。ガヤストリートはジェッセルトンホテルのすぐ向かいです。
ネット上の情報ではオープン時間がまちまちなのですが、2019年10月現在、店内の張り紙には14:30オープンと記載されていました。私は16:00過ぎに到着し、4割の入りといったところ。19時前後がピークであり、待ちも生じるとのことです。
「肉骨茶(バクテー)」はもともと西マレーシアのクラン発祥の料理であり、港労働者の朝の栄養補給のために開発された薬膳料理。が、ここコタキナバルではなぜか夜に食べる料理として位置づけられています。英語を話す店員もおり、「初めてなら内蔵は避けて、メニューの7, 8, 9あたりから攻めると良い」とのアドバイスにそのまま従いました。
金属のボウルにお皿などが打ち込まれ、熱湯が注がれます。香港でよく見るお椀を洗うやつですね。箸でひとつひとつ引き上げながらテーブルへと並べる。
そうこうしている間に注文した料理がバババと並べられます。一般的なバクテーは土鍋でごちゃまぜになって出て来ることが多いですが、当店は部位ごとに別々の器でやって来ます。
ベジ・ファーストで青菜の炒め物を注文。その時期によって素材が異なり時価だそうです。この青菜の調理がグッドであり、シャキっとした歯ごたえに青い味、ジャンクな調味と後を引く美味しさでした。
肉団子。肉の挽き方が丁寧すぎて、もはやカマボコのような食感です。もうちょっと粗く、肉の食感を残してあるほうが私は好き。
三枚肉とスペアリブ。三枚肉は薬膳風味の角煮といったところ。脂身がジューシーで美味。他方、スペアリブは煮込み過ぎてエキスが抜けきっており、ボソボソとした食感でイマイチ。奥歯にすげえ詰まります。
「トーフ!トーフ!」と説明されたので追加したのですが、油揚げ的なものでした。これがスープをたっぷりジュブジュブと良く吸って、豆腐と見せかけてスープを楽しむ名脇役です。
店員のオバチャンが小皿にニンニクと唐辛子をぶちまけ、謎の液体をドロドロと流し込み、魅惑のソースが完成しました。オバチャンがそのまま箸で先の油揚げをこのソースにひたし、私の目の前まで持ってくる。え?これはアーンして食べろって意味?と困惑していると、私の取り皿に油揚げをそのまま置いてきました。あれはどういう意味だったんだろう。やっぱアーンかな。でも違うかったら超恥ずかしいしな。
同じオバチャンが今度はチマキを持って来、「食うか?」的な表情で私の前にプレゼンテーションし始めました。実に旨そうだったのでそのままブンブン首を縦に振ると、お皿にあけて4つに食べやすいように切ってくれました。肉やキノコやらがたっぷり入った絶品なのですが、今度はアーンしてくれませんでした。
「チマキあるからこのゴハンはいらないよね?」的な表情があり、そのまま下げて値引いてもらうことに。ちなみに我々はこのやり取りの全てをノンバーバル・コミュニケーションで通しています。
お会計は1,000円かそこらでした。これは、アリ。豚肉の色々な部位を独特の調理法で楽しむことができ、青菜やチマキの味わいも併せて価格を考えれば絶品と評して良いでしょう。東京のバクテーはふざけた価格設定の店が多いですが、やはりエスニック料理は地元で楽しむに限る。オススメです。


食べログ グルメブログランキング

人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:中華料理 | ジョホールバル

FRANZ(フランツ)/白金台

白金商店街の裏路地にある住宅街。古民家を改装したフレンチレストランです。末広町「KUFUKU±(暮富食)」にせよ、最近こういうコンセプトが流行っているのかなあ。どの駅からも徒歩15分以上と遠く、また、普通の方向感覚をお持ちの方であれば必ず迷う立地ですので、胸を張って迷子になりましょう。

福田祐三シェフは箱根「オーベルジュ オー・ミラドー」代官山「パッション」マンダリン「シグネチャー」などで腕を磨いてきました。
店は狭く横並びのカウンターが4席ほどに、角が丸まって4~5人で座れるテーブル(?)席。なのですが、信じられないことにこの4人テーブルに相席させられました。客単価2万円近いフランス料理店で相席は初めての経験です。それならそうと予約の時点で言っておいてくれよ。鮨屋のL字カウンターで視線が交錯する程度ならギリOKですが、このお店はマジで他人と真正面に向かい合って食べなければなりません。
ワインリストをお願いすると「ワインリストはございません」。どうして日本にはワインリストやドリンクメニューを作らないフランス料理店が多いのか。フランス料理の本場フランスでは殆どの店があるというのに。しかもグラスの泡は岡山産で1杯2,000円と高杉晋作。
まずは自家製のワッフルに岩塩を散らし、トリュフをスライスします。これはわかり易い香りと味覚で良いですねえ。アミューズに最適な一口でした。
続いて余市のブリに唐津の黒イチヂク。こちらも余計な調味は施さず、塩を主体に攻めてきます。ブリのコッテリとした旨味にイチヂクの上品な甘味が良く合う。
ここからワインはお料理に合わせて適当に出してもらうことに。それにしても相席がキツい。目の前の年配の男性が少し年下の取引先を「メシでも食おうよ」と呼び出し、身体をベタベタと触っています。これが#MeTooか。辛い仕事である。そんな光景を見ながら飲むワインの味は中くらいです。
青大豆で造った豆腐にカブのソース?豆腐の味はまあまあですが量がとにかく多く途中から飽きが来ました。様々なスパイスを用いた調味は面白い風味が炸裂しありよりのありです。
パンが焼きあがりました。赤ワインを練り込んだものであり、酵母の風味というか何というか、滋味深い味覚であり、パン職人としてもかなりの腕前です。
タコにカボチャのソース?タコは和食の煮ダコに方向性が似ており噛みしめるほどに旨味が溢れてくるのですが、対面のオッサンがクチャ食いの天才で咀嚼音がどこまでも行き届いており、ここまで食欲を減退させるASRMは中々ありません。
ソーセージではなく、リードヴォー・揚げた栗・チャコールブレッドの三種の神器を網脂で包んで焼きあげたもの。リードヴォーの味わいはもとより、クリのサクサクとした食感にリズムが生まれ、チャコールブレッドのグロい色合いも一周回っていとをかし。
そうそう、水の代わりにハーブティーを自由に飲んで良いのは嬉しいですね。しかしながら4人テーブルで1つのポットをシェアという形式は無理。場末の中華料理屋ならともかく客単価2万円弱の店でポットを奪い合うだなんてセクシーじゃありません。
メインは牛肉。岡山は吉田牧場のブラウンスイス種の経産牛だそうで、年に3~4頭しか出荷されないそうな。加えて熟成師(?)が何十日もかけて熟成させたスペシャルなものらしいのですが、前置きの割にはまあこんなもんかという印象です。量が少ないのも難点。希少が美味しいとは限らないので、個人的にはもっと普通の肉を美味しく焼いて欲しいなあ。
ワインのサービスのタイミングが悪く、今か今かと手ぐすねを引いて待っているというのにピロピロと鳴るお店の電話の対応を行う店員。目の前の客を大切にせず顔の見えない電話線の向こうの相手に5分も費やすとは何事か。シェフも料理にかかりきりで客のペースを全く掴んでおらず、全体が見えていないお店に感じました。
パンをサービスするタイミングも悪い。料理を食べ切った後に出されても超困ります。料理人として焼きたてのアツアツを出したいという気持ちはわからないでもないですが、これだけタイミングが悪いのであれば冷めても良いから自分のペースで食べたいところ。
〆の食事はガーリックライス。「普段はパスタなんですけど、この前イベントで出したら好評だったので」とのことですが、家庭料理の延長であり普通の美味しさです。そりゃイベントでガーリックライス出たら8割の確率で美味しいって言うよ。でも今夜はそうじゃないでしょう。
またパンが焼きあがりました。ワッフル→パン→パン→ガーリックライス→パンと、この店は炭水化物の国からの出店に違いない。それぞれのパンは非常に美味しいのですが、やはり当店はパン屋ではないので、パンだけを連続で出されても困ってしまいます。「お持ち帰り頂けますよ」とかそういう問題じゃない。
チーズはコースの中に組み込まれていました。由緒正しきアイリッシュクリームチェダーでありチーズそのものは美味しいのですが、今なぜここでこのチーズなのかは意図が不明。チーズを自動的に出すことに馴染みのない日本人に出すには特殊すぎるチーズに感じました。
デザートは洋梨コンポート、スーズというフランスの薬草酒のプリン、ラムのクリーム。これはベーシックで美味しいですねえ。量もたっぷりであり、フランスのビストロっぽい質実剛健な美味しさがありました(値段は全然ビストロじゃないけど)。「ねえ、もっと食後酒飲んだら?俺、泊まって帰ろうかな?」とは対面のオジサンの談である。まじきっついわ、この相席。
お会計はひとりあたり2万円。それぞれの料理はかなり美味しい部類に入るのですが、ワインやパンをサーブするタイミングの悪さ、皿を客がいちいち受け取ったり厨房に返したりする煩雑さを考えれば、客単価2万円の格のお店ではありません。ひとり2万円って言ったらあんた、バリバリのグランメゾンの「アサヒナガストロノーム(ASAHINA Gastronome)」行けますからね。フランス料理店のUXとしては最低レベルでしょう。

加えてこの相席強要という地獄のシステム。私は気心の知れた女の子とお邪魔したのでギャグで済みましたが、仮に友達以上交尾と未満の女子をお連れし、さあ今夜は口説くぞという勝負のタイミングで目前でセクハラが繰り広げられ「俺、泊まって帰ろうかな?」のスマッシュが突き刺さってしまうと、まだ何もしていない私も同性ということで厳しい立場に置かれたことでしょう。

果たしてどういう客層を狙ったお店なのか頭を抱えてしまいました。行くなら貸し切りでどうぞ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事

白金高輪は粒揃いの佳店が多いです。ちょっと不便な立地も良いんでしょうね、若い子たちを寄せ付けることが無くて。

関連ランキング:フレンチ | 白金台駅広尾駅白金高輪駅

ディラン/新お茶の水

カレーで4.06(2019年10月)という驚異の高得点をたたき出す「ディラン」。もちろん食べログ百名店入りを果たしており、行列しないとまずは入れないお店です。
シャッター待ちが生じるほどの人気ぶりと聞いていたので、私は13時過ぎにお邪魔しました。その時点で店外3名待ちであり、なんやかんやで着丼まで20分近くを要しました。ちなみに昼が盛況で売り切れてしまったら、夜の営業はお休みとなるそうです。
BGMは店名の通りにボブ・ディラン。10数席のゲストでワンオペで捌く店主。ボトルネックは調理にあるのですが、ひとりで営業しているからこその1,000円を切る価格設定なので、気長に待ちましょう。ちなみに店主は八重洲「ダバ・インディア」、東銀座「グルガオン」、京橋「カイバル」などなどダバ系列で腕を磨いたそうな。
「チキンキーマ 」「カボチャとインゲン」の2種でハーフ&ハーフとしてもらいました。ライスの大盛は無料です。付け合わせとしてピクルス的なものが2種ついてきます。ニンジンのそれは極度の浅漬けでありほぼ生。キャベツはほんのりと酸味を感じる程度であり、シャキシャキとした食感すら感じられます。
まずは「チキンキーマ 」。鶏の挽肉だけと思いきや、スクランブルエッグも混ぜ込まれており、思っていたよりも優しい味です。スパイスの香りは強いのですが辛味はマイルドであり万人受けする味でしょう。
「カボチャとインゲン」は先のカレーに輪をかけて優しい味です。カボチャのホクホクとした食感に強い甘味。食べログの異常な高得点からもっとエッジの効いた味覚を勝手に想像していたのですが、意外にも家庭的でゆるふわな味わいでした。
1,000円以下のランチとしては大いにアリですが、4.06という数値のみを期待してお邪魔すると拍子抜けすることでしょう。もちろんお店側に非は一切無く、ネット民が勝手に騒いだ結果、食べログをそうさせているだけに過ぎません。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
カレーって美味しいですよね。インドカレーも日本カレーも大好き。ただしそれほど詳しいジャンルではなく、スパイスマニアには逆立ちしても勝てないので、意外性のあるオススメカレーをご紹介。

カレーにまつわる単語が辞典形式にまとめられ、知っていそうで全く知らないカレーエピソードがたくさん詰まっています。気合を入れてカレーを食べに行く前に目を通してから臨むと楽しさ倍増!