高級レストラン"また行きたい"偏差値【2021年2月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

蔭山樓(かげやまろう)/恵比寿

京王プラザホテルの中華部門や恵比寿「筑紫樓」の料理長などを歴任した蔭山健一シェフが独立開業した「蔭山樓(かげやまろう)」。先日、自由が丘店にて麺料理がたいそう美味しかった記憶があったので、今回はランチに麺だけを食べに恵比寿店へお邪魔します。
カウンター数席にテーブルがいくつか。トータルで30席ほどでしょうか。オープンと同時にお邪魔したため客席が温まっておらず、めちゃんこ寒い。冷え性のOLは面倒でもコートを着てくることをお忘れなく。
私は「ヘーゼルナッツ風味のTANTAN麺」を注文。が、あまりヘーゼルナッツの風味がせず、あまりピンと来ませんでした。恵比寿で担々麺なら「チャイニーズダイニング方哉(まさや)」のほうが好きかなあ。
連れは「ふかひれ煮込みあんかけそば」。いくらか頂きましたが、こちらは絶品。どろどろと濃密な舌ざわりに程よい酸味、コクのある旨味。このクオリティのフカヒレ料理が千円台で食べることができるのは素晴らしい。
ちなみに麺は「浅草開花楼」謹製だそうで、讃岐うどんのよに太くコシがあり、ガシガシと食べ応えのあるものです。

公式ウェブサイトで「中国料理とは特にうたっていません。お客様に何料理かと聞かれた場合は、蔭山料理と答えています。得意なフカヒレとラーメンに絞りやってきて今にいたっています」と謡っているだけあって、やはりフカヒレと麺が旨い。「白湯塩そば」も絶品ですが、まずは「ふかひれ煮込みあんかけそば」で当店の方向性を確認すると良いでしょう。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindle Unlimitedだと無料で楽しめ、それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

御料理 まつ山/黒崎(北九州)

博多と小倉の間にある街、黒崎。はっきり言って大きなビジネスや観光名所らしいモノは何もないのですが、なぜかミシュラン1ツ星の和食店があります。エクステリアも立派でカッコイイ。食べログでは4.40(2020年12月)でブロンズメダルを獲得。
カウンター6席の静謐な空間。個室もありますがあまり使われていないようです。

千原ジュニア似の松山照三シェフはここ黒崎生まれ。トヨタ自動車大学校卒業後、トヨタにエンジニアとして入社。佐賀県でたこ焼き屋を開業したのちに日本料理の道に入るという異色の経歴です。色んな業界を経験したからか、ひょうげたような話しぶりの客あしらいが一風変わっており、ゲストの懐にスっと飛び込んで来る好漢です。
ウェルカムドリンクの八女茶で身体を温めます。水出し?氷出しした後に温めるというややこしい抽出方法であり、出汁のような風味を感じる興味深い液体でした。
お食事に合わせた日本酒ペアリングのコースが5千円であったのですが、まだ昼でそんなに飲むつもりもなかったので、アラカルトで細々とお願いしました。が、これが大失敗。酒のチョイスは悪くないのですが知らんうちにすげえ高くついていたので、ああ、これなら最初から日本酒ペアリングのコースにすれば良かったと後悔。普通にお酒が飲める方は日本酒ペアリングのコースとするのが無難でしょう。
八寸から始まります。サイコロ状のトンブリに海老芋のお団子、クワイのチップス、アカイカにナマコと酒のアテに最適。クワイのチップスが無限に食べれる。
お凌ぎは鯖寿司。かぶらで巻いたものと、表面に直接炭を押し付けて焼き目をつけたもの。後者の軽く焦げたジューシーな香りが風味を囃し立て、コッテリとした脂身が味蕾に迫り来る。
お椀はマグロ節で取りました。このあたり私は詳しくないのですが、カツオよりもよりパワフルな味わいに感じます。練りたて揚げたてのレンコンまんじゅうも文句なしの美味しさ。
この牡蠣が鮮烈な美味しさ。北海道で昆布をたっぷり食べた育った牡蠣だそうで、昆布で調味したかのような味覚です。それらの旨味をキャッチするホワイトソースの存在も見どころです。
小倉の北にある藍島(あいのしま)産のサワラ。業界では有名なブランドものだそうで、これがサワラかと唸らせる肉のような味わい。冒険的な厚さのカットも食べて楽しい。
「言いにくいんですが、この香箱ガニ、めちゃくちゃ高いですからね!意地で仕入れましたから!」と、言いにくいことを平気で言っている大将。私としては1週間前に三国港の「川㐂(かわき)」で嫌というほどズワイガニを食べてきたので、まさか北九州で逢着することとなり複雑な気分でした。が、とても美味しい。すごく美味しい。値打ちが充分にある。やはり食事とは素材だけでなく料理人のひと手間やプレゼンテーションがあってこその味わいなのかと得心しました。
備長炭でじっくりと火入れされた博多和牛のヒレ肉。先のサワラは肉のような魚でしたが、コチラは魚のような肉であり、食感や味わいが透徹しています。これはサクサクいくらでも食べれちゃうなあ。
ヒレ肉でコースは終了かと覚悟をしていたのですが、まだまだ料理が出てきます。炙った柑橘の器にカニの身とカブを敷き詰め、ウニを調味料のように起用しています。まさにカニの第2波であり、出し抜けの美味しさに頬が緩む。
お食事は濃密な卵黄にちりめん山椒、お漬物にメヒカリと、ゴハンよりも酒が進むラインナップです。
更には宮崎の希少ブランド「飛来幸地鶏」を用いた鳥鍋も。鶏肉の質感ならびにパワフルな味覚、野性味あふれる野菜とそのエキスが染み出たスープと、どれを取っても一級品の美味しさでした。
デザートも手が込んでいて、モチっとした食感の杏仁豆腐にチーズ、シャキシャキのリンゴに凝縮感のあるイチゴ。杏仁豆腐のありそうでない食感がクセになる。
お薄で〆てごちそうさまでした。

お会計はひとりあたり3.2万円ほど。先に述べた通りお酒の注文を工夫すれば3万円でお釣りがくるはずであり、東京で日本料理を食べることを考えると実にリーズナブルです。御料理の内容についても素材感を大切にし、何を食べたかがハッキリと記憶に残る饗宴。「天寿し」「照寿司(てるずし)」と合わせて北九州の旅程に是非とも組み込みたいお店。オススメです。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
和食は料理ジャンルとして突出して高いです。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの和食ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い和食なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。

葡萄舎(ぶどうや)/神田

神田駅徒歩数分の雑居ビル5Fにある「葡萄舎(ぶどうや)」。カレー業界においては中々の有名店であり、食べログでは3.77(2020年12月)で百名店入りしています。エレベーターがポンコツなので静かに乗り込みましょう。
思いのほかガランと広い店内。黒板があって学校を訪れたかのような既視感。カウンターとテーブルを含めて30席近くあるのかなあ。夜は居酒屋としても稼働しているようです。

気のいいマスターがアジア各国の放浪で身につけたスパイスの魔術で様々なカレーを繰り広げます。11:30オープンで12:00過ぎに売り切れることもあるそうなのでご利用は計画的に。
日替わりのカレーが4種類用意されてあって、1種類だと850円、2種類だと900円、3種類だと1,000円です。私はもちろんトリプルで注文。ゲストの殆どは2種類か3種類を注文していました。
こちらは「キャベツのココナッツカレー」。キャベツの甘味をココナッツの風味が倍化させており、優しい味わいです。
続いて「蓮根とチキンキーマのカレー」。シャクシャクとした蓮根の食感にスパイスが鳴り響く。じんわりと後を引く辛さです。
〆は「チキンカレー」。大振りな鶏肉が3ピースゴロゴロゴロと詰まっています。見た目ほどは辛くなく、むしろ旨味を強く感じるソースでした。
ライスは日本米。平らに盛り付けられており何かしらの意思を感じます。付け合わせにブドウが置かれているのですが、甘味は控えめでありながら不思議なスパイス感もあって興味深い味わいでした。

お会計は千円。ココイチでなんやかんやで1,500円近くを要することを考えれば、この質と量で1,000円というのは実にリーズナブル。カレーというよりもこの店を愛している常連客が多くハードボイルドな雰囲気もいい。おひとりでどうぞ。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
カレーって美味しいですよね。インドカレーも日本カレーも大好き。ただしそれほど詳しいジャンルではなく、スパイスマニアには逆立ちしても勝てないので、意外性のあるオススメカレーをご紹介。

カレーにまつわる単語が辞典形式にまとめられ、知っていそうで全く知らないカレーエピソードがたくさん詰まっています。気合を入れてカレーを食べに行く前に目を通してから臨むと楽しさ倍増!

味噌めしや まるたま/旭橋(那覇)

那覇市役所裏側、ハーバービュー通り沿いにある「味噌めしや まるたま」。首里で創業百六十年あまりの老舗味噌蔵「玉那覇味噌醤油」の無添加天然醸造の味噌を用いた料理の専門店であり謎のヘルシー感に溢れており那覇近辺の健康派に人気です。
イマドキの居酒屋のような内装の店内。厨房に面したカウンター席にテーブル席が数卓。我々は11:30頃にお邪魔したのですが客の入りは半分であり、数分もすればもう満席。人気のほどが伺えます。
サバミソが食べたかったのですが既に売り切れ。代わりに「紅豚味噌しょうが焼き」を注文。売り切れの腹いせに「肉増量(2倍+300円)」としました。
お、旨い。厚めにカットされた豚肉の弾力が良く、肉そのものとして美味しい。玉ねぎもたっぷりで、ダブダブに注がれた味噌だれも程よい味の濃さ。付け合わせの野菜も新鮮で見事なトータルコーディネートを奏でています。
ゴハンは玄米か白米を選ぶことができるので玄米を。いわゆるおうちで炊く玄米と同等の味わいですが、量が多く、スタンダードな胃袋をもった女子には完食は難しいかもしれません。
味噌汁は、期待していたほどメチャウマ!というわけではなく、まあ、よくある美味しい普通の味噌汁です。過度に味噌アピールしてしまったがためにミソがついてしまったのかもしれません。
おからでしょうか。カレー風味であり面白い味わい。オマケの小鉢として魅力的な一皿でした。
連れは平日ランチ限定の「ワンプレート味噌めし」をチョイス。いわゆる日替わり定食であり千円ポッキリ。この日のメインは紅豚と和牛の合挽きハンバーグでした。
美味しかった。どのランチも千円を超え那覇での昼食としては高めではありますが、その支払金額に見合ったクオリティです。また、朝から夜までの通し営業というのも嬉しく、朝食メニュー・昼食メニュー・居酒屋メニューと山ほど料理を抱えているので通い詰めても飽きることはないでしょう。使い勝手の良いお店。オススメです。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

川せみ/目黒

目黒駅から雅叙園方面へ行人坂をずうっと下った先にある「川せみ」。何てことのない住宅街にある蕎麦屋なのですが、ランチタイムは行列必至の人気店です。
行列を避けるためオープン直後を狙いました。カウンター席が5~6席にテーブル席がいくつか。蕎麦屋にしてはスタイリッシュであり、夜に飲みに来るのもカッコイイかもしれません。
「2色そば+鴨汁」を注文。1,580円です。当店の蕎麦は石臼挽きの国産蕎麦粉を用いており、当店にて練って伸ばして切って茹でています。そば粉は季節ごとに産地や種類が変わるそうです。
まずは普通(?)のそば。中太麺であり、見た目以上にコクコクとしたコシが感じられます。なるほど旨い。私は蕎麦について全く詳しくはありませんが、それでもこれは一味違うと感じられるほどです。
こちらは鴨汁。鴨のエキスがしっかりと溶け込んでおり、出汁や醤油だけでなく甘味もはっきりとしているのが特長的。鴨肉の美味しさはもちろんのこと、つくねが殊更に旨い。キノコやネギもたっぷり。
続いて2色目の田舎蕎麦。香りがプンプン、コシというか歯ごたえというか噛み応えというか、とにかくワシワシとした食感が楽しい。口いっぱいに頬張ると蕎麦の風味が爆発。私の好きなタイプのお蕎麦です。
平日のランチタイムにはゴハンのサービスもあります。この日はタマネギだったっけなあ。米そのものの美味しさのほか、炊き加減や仄かな味付けなど、脇役にしておくには惜しいクオリティのライスでした。
蕎麦湯で〆てごちそうさまでした。蕎麦とは割高な食べ物なので、この質と量で1,580円というのはリーズナブルと言えるでしょう。この日は寒かったので思わず鴨汁を注文しましたが、同じ値段で天せいろだと、盛りだくさんの天ぷらを味わえるそうなので、今度はそちらを頼んでみようかしらん。目黒で蕎麦ならココ。オススメです。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:そば(蕎麦) | 目黒駅不動前駅


人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。