高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ ★鈴田式 鮨みうら 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角  さろんど くま3  


<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ラ レーヴ イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 すみずみ 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ★焼酉川島 ★TORISAWA CA10AL ★魚と牛じゃ 串右エ門 ちかっぱ博多 ばり博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
 ウルトラチョップ 旬熟成 ヒツジサンライズ    

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

氷見 魚市場食堂/氷見(富山)

氷見の釣屋魚問屋が経営する食堂。氷見漁港の2階にあり、早朝6:30から15:00までの営業と海の男を感じます。
我々は祝日の11:30に到着し並ぶことなくスルっと入店できましたが、退店時にはご覧の通りの待ち行列。予約もできないので、時間に余裕をもって訪れましょう。階下はまさに魚市場であり「富山県で一番鮮度が良い食堂」と評される理由がよくわかります。
どの定食にも「土鍋の漁師汁」が付随し、魚のすり身のお団子やアラなどがゴロゴロと入っており、これとゴハンだけで立派な食事となりそうです。スープにも魚の出汁がキマっており旨かった。
連れは「氷見海鮮漬丼」を注文。1,890円です。山ほどの魚介が雑に漬けられており暴力的な味わいです。途中で卵やだし汁を加えながらひつまぶり的に味を変えていく。
私は名物の「氷見浜丼」を注文。「はんさ盛」と呼ばれる大盛りサイズで注文しました。2,490円です。確かに爆盛で映えるのですが、味は値段と量を考えれば相応といったところ。刺身の下に詰め込まれたゴハンが美味しくないを通り越して不味く、日本有数の米どころの矜持はどこへやら。
魚市場直上・競りから直送・漁師メシといったキーワードは確かに魅力的なのですが品質はそれなりでした。量や見栄えを求めるのであればアリですが、質を追求する方は同じ予算を使ってきちんとした魚屋さんで刺身盛りをテイクアウトしたほうが楽しめるでしょう。あくまで観光スポットとしてどうぞ。
 食べログ グルメブログランキング 


関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

バル コションローズ(Bal Cochonrose)/目黒

目黒駅からガーデンプレイス方面に歩いて7~8分、芸能人御用達「日の丸自動車学校」のお向かいにあるビストロ。ちょうど恵比寿と目黒の中間地点であり、意味不明な費用対効果を誇る「アヴィラン(AVILAND)」のすぐ近くです。
店内はテーブルが数卓にカウンター数席で20席ほど。この手の飲食店としては珍しくペット可で、ワンチャンあるかもしれません。
酒が安い。生ビールこそ650円ですが、グラスワインなど390円~取りそろえられています。飲み放題プランもあるようですが、そもそも酒の全てが安いのでワインに一家言ある方は是非ともアラカルトでの注文を。
鶏白レバーのコンフィ。まったりとクリーミーな舌触り。肝臓特有の臭みはなく酒飲みの本能を呼び起こす味わいです。
夏野菜のラタトゥイユを注文すると、生ハムも温玉もトッピングされてきました。正統派の味わいであり美味。
焼きパテドカンパーニュ。パン粉をつけて揚げ焼きしており、ハムカツをジューシーにしたような味覚。ありそうでない逸品です。
パクチーサラダは美味しいのですが、これで1,100円はちょっと高いかなあ。近所のスーパーでパクチーにアクセス方は自宅で作ったほうが納得感があるでしょう。
スペシャリテのバベットステーキ。いわゆるハラミのステーキであり、フランス本国の盛り付けを想起させるフレンチフライが素敵です。味も素晴らしい。その辺の焼肉屋が尻尾を巻いて逃げ出すクオリティ。ハラミ好きの私にとって堪らない1皿です。
軽く飲んでお会計はひとりあたり4千円ほど。おおー、これはナイスな費用対効果ですねえ。お料理もそのままフランスのビストロで出しても受け入れられそうな本格派であり、こんな住宅街になぜ?と疑問符が浮かぶほどの佳店。オススメです。「アヴィラン(AVILAND)」にせよ、このあたりは普段使いに最高な飲食店が多いなあ。
食べログ グルメブログランキング


関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindleだとポイントがついて実質500円ちょい。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

かつ吉(かつきち)/渋谷

そこそこ美味しくて並ばなくて良いという意味でお気に入りのトンカツグループ「かつ吉(かつきち)」。水道橋店丸の内店に続いて渋谷店にお邪魔することに。食べログ百名店にも選出されています。
当グループおなじみの古民家のような大空間。各テーブルがボックスシートになっており居心地が良い。酒やツマミも豊富なので、飲み会使いしても良いかもしれません。
注文を済ませるとすぐにテーブルに置かれるお漬物。これが結構美味しくて量も多く、太った方にはおかわりOKのライスと共にナイスゴーできます。ただし他店では好きなだけ自由に食べて良いお漬物が用意されるので、店によって違うもんなんやな。
注文後10~15分ほど経って着丼。私は「国産銘柄豚ひれかつ定食(150グラム)」を注文しました。2,600円です。ライスとキャベツはフリーフローですが、赤出汁のおかわりは300円ぐらいを要した気がします。
どうしてだろう、150グラムだというのにあまり迫力がありません。丸の内店では80グラムだけどすげえ食べ応えあるなあという印象だったのですが、当店では打率ほど打っていない印象です。
火はしっかりと入れる芸風。こんがりとキツネ色に揚がり、肌理の粗いパン粉もザクザクと食欲を誘います。量はともかく味は安心安定の美味しさです。
八丁味噌を使った赤出汁。力強い味覚で悪くないのですが、かつ吉グループ特有の分厚い器はなんとかならんもんか。口当たりが悪くとても勿体ない。
ライスはプレーンなものと、青しそご飯のいずれかのチョイスであり、私はいつも後者を選択するのですが、当店の青しそご飯はシソの含有量が極めて多くスムージーのような色合いです。色彩に比例してシソの風味も強烈。
味は変わらず美味しいのに、どうしてでしょう、いまいちテンションが上がりませんでした。私の体調が良くなかったのかな。人生にはいいことと悪いことがある。その繰り返しだ。
食べログ グルメブログランキング


関連記事
私は「とんかつ」という料理をそれほど好みません。だって、豚肉を脂で揚げるだけじゃないですか。それなのに、行列するは調理に時間がかかるわ結構効高価だわで、積極的に取り組もうとしないのです。したがって、私は物凄く「とんかつ」ならびに「とんかつ屋」について、検察官のようにシビアに評価しています。思い入れが無い分、信憑性は高いかもしれません。
>
とんかつを「超一流の大衆料理」として、グルメ業界の重鎮たちがひたすら議論を重ねる本。よくもまあとんかつでこれだけ語れるなあと呆れます。ここに記された「殿堂入り」のお店はさすがに外しません。

セイズファーム(SAYS FARM)/氷見(富山)

日本のワインは割高なのであまり飲まないのですが、氷見のワイナリー「セイズファーム(SAYS FARM)」のものは美味しく値段も手ごろなので結構好んで飲んでいます。今回はその「セイズファーム(SAYS FARM)」に宿泊。ワイナリー併設の宿泊施設であり、1日1組限定貸し切りのプラチナチケット。スルっと予約できたのも全てはコロナ様のおかげである。
車のナビにも載っていない住所を目指して山をぐんぐん登っていきます。丁寧に整備された葡萄畑を抜けると突如現れるオシャレな建物。感じの良い木々がたっぷりと茂っており、標高の甲斐もあって麓に比べると幾分涼しく感じました。
ワインや関連商品などが売られているショップに顔を出しチェックイン手続き。宿泊施設といってもホテルのような対応は1ミリもなく、注意事項だけ伝えられカギを渡されるのみというバケーションレンタルに近い仕組みです。夜間は無人となりトラブル時には警備会社が対応するとのこと。
お隣の建屋へと移動。建物に沿ってお庭が整備されており、テラスなどもあって雰囲気抜群。眼下には葡萄畑と富山湾。ワインラヴァーならずともこの世界観には必ずや感動するでしょう。
建物に入る前にアルコール消毒。こちらで作っている消毒液らしく、ラベルが「セイズファーム(SAYS FARM)」のエチケットそのものであり、思わずニヤりとする。
リビングダイニングはバドミントンコートほどの広さがあり、想像を絶する広さです。
大きなダイニングテーブルには椅子が12脚も用意されており、薪ストーブなどの家具(?)選びのセンスも抜群。私は不動産を所有しない主義なのですが、今日に限っては別荘が欲しくなりました。
キッチンも広々。調理器具や食器なども取りそろえられており、本格的なパーティにも対応できそうです。予約時に担当者からオススメ買い出しスポットなどもお伝え頂いていたので、自炊推しの宿泊施設なのでしょう。
冷蔵庫にはキンキンに冷えたシードル。基本的に併設のショップでの小売価格と同じ価格設定です。
長い運転に疲れたので、シードルのボトルを開けてごろんします。アルコール度数が7パーセントとリラックスするにちょうど良く、数分で1本を開けてしまいました。
ちなみにごろんしたリビングゾーンはこちら。テレビなどはなく、メディアはバングアンドオルフセンに接続されたiPadのみです。
館内散策を再開。逃げ水が見えそうなほどずどーんと長い廊下。いかにこの建物がデカいかが伝わりますでしょうか。
ベッドルームはコチラ。何とも味のある造りであり、窓から見えるグリーンに癒されます。このようなベッドルームが横並びで3部屋あり、最大3グループでの訪問が可能です。
お手洗いも清潔で機能的。
バスルームも広く、ここだけで10畳近くあるのではなかろうか。テラスにもつながっており、物理的には外でゆったりできる造りなのですが、山奥であるためどうしても虫が多いのが難点。
逆サイドから。シンプルですが機能的な設計です。
タオルなどはひとり1カゴごとに取りまとめられています。アメニティは「MATIN et ETOILE(マタン エ エトアル)」と、かなりニッチなブランドを採用。
扉を全部開けていくのですが、洗濯機も用意されていました。このあたりのテイストは沖縄「MAGACHABARU OKINAWA(マガチャバル)」に近いものがあります。また、バスルームにワインセラーがビルトインされているのはぶっとびです。
夕食の時間となったのでレストラン棟に向かう。宿泊棟と同じテイストの、シンプルで心地よい空間です。
飲み物はもちろん「セイズファーム(SAYS FARM)」のものを全制覇する勢いです。へー、アルバリーニョとかピノも造ってたんだ。初めて見た。
そうそう、夕食は17:30からと指示され、すげえ早ええなあと思いながら時間通りに席に着いたのですが、アミューズが出てくるまで30分も要しました。何だよそれなら最初から18:00って言えよ、部屋でゴロゴロ待ってるから。
やはり次の料理が出てくるまで30分を要します。ゲストは6人のみで従業員は4~5人いるというのにこのテンポの悪さは何なんでしょう。美瑛「バローレ(Valore)」での悪夢が頭をよぎる。
パンはまあまあ美味しく、料理が中々出てこないのでヒマつぶしに秒で食べきってしまうのですが、袋がカラになっても次のパンは持ってこようとしない、というかカラになったことに気づいていない。

また、他のテーブルの飲み物であるピーチネクターを自信満々で我々のテーブルに間違って置こうとするのですが、あのさあ、わざわざ氷見くんだりのワイナリーに泊まる奇特な客で、さっきからガブガブワインを飲みまくってる客が突然ピーチネクターを注文するわけないでしょ。少しぐらい「あれ?変だな?」って思ってもいいんじゃないの?

と、このように、予約客の情報がサービス陣の頭に全く入っておらず、テーブルウォッチングなどもダメダメであり、コース料理が8千円の店としてはサービスレベルが最低クラスでした。開店前のミーティングとか何もやってないんだろうな。
話を食事に戻しましょう。こちらは能登で獲れた鰻。蒲焼とはまた違った魅力があり、農園卵の卵黄も天然のソースと化してグッドです。料理が結構美味しいだけに、皿出しのテンポの悪さやサービス品質の低さが余計に悪目立ちします。
肉厚のサワラは表面をササっと炙っただけで、素材そのものの風味を楽しみます。美味しいのですが、どうしてこんなシンプルな料理に30分もかかるのでしょうか。ゲストはたった6人だぜ?私がホームパーティを開く際は10人ほどのゲストをおもてなしすることが多く、調理はもちろん抜栓からワインのサービスまで全てをひとりでこなしており、それでも「食べ物が無くてヒマ」という状況は絶対に無いよう気を付けているというのに。
メインは氷見牛。いわゆる和牛のような脂臭さは一切なく、凝縮感のある濃密な味わいで美味。
〆の炭水化物は鮎。こちらも美味しいのですが量が少ない。コースの最後に持ってくるのであれば、食べる量の調整ぐらいしてくれたっていいのに。
デザートを用意するのにも20分以上を要しました。こんなん盛り付けるだけやろーがい。ガラスで隔てられた厨房を見遣ると、従業員同士がヘラヘラと笑顔で雑談しており、さすがに腹が立ちました。ダラダラ仕事しやがって。しかし従業員の仲が良いのは良いことである。
食後のお茶につき、他のテーブルにはコーヒーかハーブティーを聞いて回っていたのに、我々は選択肢は無くコーヒーが突き出されました。ほんと何なんでしょうこのアトランダムなサービスは。

というわけで、宿泊予約の際にレストランの利用よりも暗に自炊を勧められた理由が何となくわかった気がします。料理はそこそこ美味しいですが、これだけの素材をあれだけ時間をかけて調理すれば当たり前品質であり、これなら同じ予算で自炊したほうが総合的に楽しかった気がします。
チェックアウトもあくまで塩対応であり、コンビニで水を買うぐらいの客あしらいでした。この宿泊施設に泊まるのはこのワイナリーの大ファンであることがわかりきっているというのに、この顧客接点はあまりにクールです。勝手に片思いして勝手に失恋した気分を久々に味わいました。
好きなワインの生産拠点にせっかく泊まれたというのに、逆に印象が悪くなってしまった滞在でした。「セイズファーム(SAYS FARM)」のファンの方は、逆説的ではありますが来ない方が幸せかもしれません。ただし希少価値の高いワインを適正価格でたっぷり飲めるという意味では、「ワイナリー」として正しい姿勢とも言えるのかもしれない。ナパのようなワインリゾートを期待すると肩透かしを食うので、「あくまでワインだけ」と覚悟して訪れましょう。
食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:カフェ | 氷見


関連記事
富山は食の宝庫。天然の生け簀である富山湾にジビエや山菜が豊富な山々、そして米と水。レストランのレベルは非常に高く、支払金額は東京の3割引~半額の印象です。だいぶ調子に乗ってきた金沢が嫌になってきた方は、是非とも富山に。
  • 鮨 大門 ←銀座の半額で味と居心地の良さはそれ以上。
  • ひまわり食堂 ←こねくり回すことなく、いま何を食べているのかハッキリとわかる味と量。
  • 日本料理 山崎 ←ミシュラン3ツ星和食がこの価格で楽しめるのは富山の奇跡。
  • 鮨人 ←富山で一番人気のある鮨屋。
  • 冨久屋(ふくや) ←ナイスな費用対効果。東京の調子に乗った和食店であれば余裕で倍は請求されることでしょう。
  • 天ぷら小泉 たかの ←富山駅から近く昼も夜も空いているのが旅行者にとっても便利。
  • 鮨 難波 ←富山の食材オールスターをにぎりで腹いっぱい楽しんでこの支払金額。
  • KAWAZ(カワズ) ←「レヴォ(L'evo)」でスーシェフだったムッシュ川崎淳が富山市内で開業。
  • レヴォ(L'evo) ←人里離れた場所にありながら、日本いや世界でもトップレベルのフランス料理店。
  • ぼてやん多奈加 ←お好み焼きが座布団というかクッションというか、四角い!分厚い!
観光地としてあまりパっとしない富山県につき、「幸福県」すなわち「恵まれた自然環境の下、住居・労働・教育などの都市機能が整備されている県」であることに目を付けた富山本。富山の魅力を様々な観点から紐解いています。