ミシュラン星付きレストランを400軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が400に達しました。

記念事業的に全記事を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2020年1月18日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 エクアトゥール ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
【ディナー】
<10,000円~>
★エクアトゥール ★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ ボン・ピナール  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ ★鈴田式 鮨みうら 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角  さろんど くま3  


<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ラ レーヴ イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ orso(オルソ) 
★火鍋三田 すみずみ 無鴨黒 ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ★焼酉川島 ★TORISAWA CA10AL ★魚と牛じゃ 串右エ門 ちかっぱ博多 ばり博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 佐田十郎 あもん 瀬尾
 ウルトラチョップ 旬熟成 ヒツジサンライズ    

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

Grillマッシュ/恵比寿

恵比寿駅から徒歩7~8分ほどの場所にあるステーキ・ハンバーグ専門店。食べログでは3.66ながら百名店入りしています(2020年4月)。
木目調の内装であり、コンパクトなハングリータイガーといった雰囲気です。ゲストは近所の会社員が殆どであり、意外にも女子が多い。
ランチに付随するサラダは、人工的なドレッシングに新鮮でない葉っぱ、、、いわゆるランチに付随するサラダ味です。
「ハンバーグコンボ」という、160グラムのハンバーグがふたつ乗ったものを注文。手前はネギ塩ソース、奥はガーリックソース。いずれのソースも暴力的にどぎつい味わい。ハンバーグそのものは肉の挽き方が細かくカマボコを食べているような食感。ファミレス程度の味わいであり、あまり私のタイプではありません。
プラス250円でカレールーを追加することができるのですが、これもやはりファミレス級の味わいでした。
食後の飲み物が付いて1,950円。恵比寿のランチという意味では、まあ、こんなもんでしょうか。これといって特長の無い無難なハンバーグです。1キロハンバーグなどもあるようなので、そういった企画モノとしてお邪魔するのが良いかもしれません。まずはランチでどうぞ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindleだとポイントがついて実質500円ちょい。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

関連ランキング:ハンバーグ | 恵比寿駅広尾駅

鮨人(すしじん)/富山

富山で一番人気のある鮨屋と言えばココ「鮨人(すしじん)」。食べログ4.24(2020年5月)でブロンズメダル獲得。昼夜2回転づつ1日に60人のゲストを受け入れる驚異的な仕事量の鮨屋です。処理するゲスト数が多いので、意外に直前でも予約が取れます。
木村泉美シェフはもともと建築・設計関連の仕事に就いていたのですが、鮨好きが高じて独学で鮨の道に入り独立開業。月の大半を海外で過ごし、世界的な料理人とのポップアップイベントも数多く手掛けるなど、いわゆる伝統的な鮨職人の斜め上の視点です。
アルコールはビールや日本酒などを頂いたのですが、いずれも1杯千円かそこらでしょう。「ウチは街の鮨屋なんで!」とざっくばらりとした雰囲気の大将。ゲストに対する気遣いがあり、フランクで楽しい雰囲気の鮨屋です。
まずは越中バイ貝。スダチをギュッと絞り、旨味の強い塩でバリっと頂きます。コリっとした歯ごたえも良く、素敵な導入です。
さっそくにぎりが出てきました。プリっと弾けるような食感のエビ。シャリが特徴的で、ギリギリに精米し直前に炊いて赤酢に混ぜて仕上げるそうな。米の一粒一粒に存在感がしっかりとあります。
海老を紅白で。左は富山の名物「白海老」。フレッシュながら舌に吸い付くような甘味があります。
カワハギ。ネギトロのようなミンチ上のものを肝で和えています。シャリとタネの量が反転しているのではないかと心配するほどの頭の大盛であり、味の濃い海苔と共に思わず笑みがこぼれます。
「梅酢餡の茶碗蒸し」。具の無いシンプルな生地に梅酢餡が注がれており、コチョコチョと混ぜてグイっと飲むように食べます。なんでも富山の湧き水を用いて作っており、毎週律儀に汲みに行くのはもちろんのこと、イベントの際にも連れていくそうな。
アジのたたき。まさに健康優良児といった元気いっぱいの噛み応えであり、派手な味付けについつい酒が進みます。ところで昼夜2回転づつをこなすだけあって、大将のにぎりと厨房の連携が完璧。チャッチャカチャッチャカとタイミングよく皿が出てきます。
オニカサゴ。フレッシュで透明感のある味わい。しかしやはり弾力は強く、しっかりと魚を食べているという実感があります。
アオリイカ。細かく細かく包丁が入っており、トロトロと水のような喉越しです。くちどけが見事で口腔内にへばりつき甘味が強調されました。
小丼はシャリにズワイガニを混ぜ込み、ウニとイクラを重ね合わせます。これは当然に旨い多重奏であり、これを不味という人間は極刑に処せられます。
ヒラメは昆布締めされているのですが、しっかりと弾力は残っています。私は料理に食感を求める主義なので、このあたりの魚はガチタイプです。
前述の白海老をコノワタ(ナマコの内臓の塩辛)で和えたものに、ホタルイカのジャーキー。日本酒乾燥機とも言うべき1皿であり、左党には堪らない逸品です。
クロムツ。うおー、これはめちゃんこ旨いですねえ。どでかいサイズにホロホロと崩れる身のこなし、焼き目の香ばしさ。本日一番のにぎりです。
サクラマス。このあたりの名産が続きます。味が濃く迫力のある味覚です。
鰻の白焼き。「さっき捌いたものを焼いただけ」とのことですが、東京のダレた蒸し鰻とは丸で別の食べ物です。バリっ、ザクッ、ジュワ!
サワラは燻製にかけたのか、ハムのような仕上がり。プイィ・フュメとか合いそう。ギョクはバームクーヘンのような重層が特徴的。
大トロは和歌山産。王道中の王道といった味わいです。
このあたりではコハダは獲れないとのことで、マイワシ。程よい締まり具合であり、適度な脂の強さもあって私好み。
鉄火巻き。シャリは少なく海苔とマグロの味覚が支配的であり素直に美味しい。
カサゴとノドグロのしゃぶしゃぶ。うーん、美味しい。程よく熱を通したおかげか甘味が増し、食感にもグラデーションが生まれています。鬼おろしや木の芽のアクセントもすごくいい。
ノドグロのネギマにズワイガニのにぎり。先のしゃぶしゃぶはメスですが、こちらの焼き鳥風では脂が強いオスを用いています。ジューシーで猛々しい脂が堪らない。
かぶす汁。富山の郷土料理とも言うべきごった煮エスプレッソです。魚の骨と血を水だけでひたすら煮詰める、日によって材料によって味の異なるスープ。まさに海の幸を凝縮した味わい。これに麺をぶち込んだだけでラーメン業界を制圧できそうな暴力的な魅力があります。
ラストは穴子。とろとろとしたアタックではありますが、噛み応えをきっちりと残した絶妙な食感です。ツメの調味も強く私好み。
デザートは塩ミルクのジェラートを最中で挟みます。この最中が抜群に美味しい。米の香がプンプンに漂い、まるでおせんべいを食べているかのような、記憶に残る味わいでした。
食後にお出し頂いたお茶。くわー、これは甘い。砂糖の甘さではなく、お茶本来のピュアな甘味が詰まっています。その辺の寿司屋の雑なアガリとは次元の異なる液体であり、強く意志を感じました。
オマケで二番茶をコールドで頂いてご馳走様でした。以上、一通りを食べて所要時間は1時間!速い!新幹線の予約を慌てて前倒ししました。お会計は2万円強と銀座の半額最高か。

味やテンポの良さもさることながら、大将の雰囲気も素敵ですね。思わずアニキと呼びたくなる格好の良いオヤジであり、革ジャンが似合いそう。気さくに声をかけてくれるのですが、手は仕事を継続しており曲芸に近いスループットを誇ります。一方で、映画を早回しで観ているかのようなスピード感であり、いきなり本番が始まって終わってしまったような感覚は拭えないので、人によっては情緒が無いと感じてしまうことでしょう。

勿体ぶらずに旨い魚をひたすら貪り食う、それぐらいの腹積もりでお邪魔すると良いかもしれません。気の置けない仲間同士でどうぞ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

関連ランキング:寿司 | 西中野駅小泉町駅広貫堂前駅

鮨おにかい/中目黒

中目黒「鮨つきうだ」の姉妹店「鮨おにかい」。築100年の古民家の2階にあり、1階はミシュラン1ツ星「天婦羅みやしろ」です。勝手口というか何というか、本当にここから入ってよいのか不安になるアプローチ。
狭い店内に10席がギュウギュウに詰め込まれており、3密の代表格とも言って良い店内。席の間隔が狭く、つい隣の会話に返事をしてしまいそうになります。
酒は安い。ビールは小ビンで700円、酒もグラスで800円前後です。ちなみに前回の予約時はお店側のダブルブッキングでお邪魔することができなかったので、今回は日を改めての訪問だったのですが、一言の謝罪もありません。この店のCRMはどうなっとるんや。
ツマミとしてワサビ菜ともずく酢、ガリが並べられます。旨くも不味くもなく、その辺の居酒屋レベルです。
早速にぎりが始まります。いきなり中トロ。脂の乗りが丁度よく美味。先頭打者ツーベースであり、今後の展開に期待で胸が膨らみます。
ヒラメの昆布締め。さっきの中トロのタネが良かったため見落としていましたが、ここのシャリは私のタイプではありません。どうにもボヤっとした味わいであり、玉虫色でどっちつかず。印象に残らない。
ハタ。ザクザクと健康的で小気味良い歯ざわりがグッドです。
生のホッキ貝。どうにも臭く、イマイチを通り越して不味かった。プロジェクトであれば初日にメンバーから外されるタイプでしょう。
サバ。醤油漬けにしてからスモークしており、鼻に抜ける薫香がいいですね。味も濃く酒を呼ぶにぎりです。
焼きたての鮎をにぎります。味そのものは中くらい。
黒バイ貝。悪くないのですが、なぜこのタイミングでこの皿を挟むのか意図がわかりかねます。
ハマグリは特大サイズで美味しい。食感ならびに味わい共にあげぽよな1カンです。
キンメダイも凝縮感があってアクティブな味わいでした。
スペシャリテの海老天のり巻き。1階の「天婦羅みやしろ」から出前される海老天とのコラボ作品。味覚という意味ではにぎりにする必然性は感じませんが、エンターテインメントとしては良いですね。アイデア賞な1カンでしょう。
マグロの複数部位を巻き込んだ巻物。これは素材の勝利であり、当然に美味。
バフンウニも値段を考えれば上質。個人的には軍艦のほうが好きですが、それはまあ人それぞれでしょう。
コハダは編み込みスタイルで。最近こういったスタイルで出してくれるお店が少なくなったので、温故知新というべきか、一周まわって斬新でした。
煮あなごは調味が上品すぎるきらいがあり、パンチ力に乏しい。
玉子は見た目に反してパサついており、オールドスクールなギョクを目指したいのかスイーツ系を目指したいのかどっちつかずです。
お椀はシジミの味噌汁。その辺の定食屋と大差ない味わいであり、冒頭のワサビ菜ならびにもずく酢に通じるものがありました。

少し飲んで、お会計はひとりあたり1.2万円。うーん、ちょっと中途半端ですね。確かに鮨屋としては安い部類に入りますが、食後感は微妙オブ微妙です。これなら倍払って姉妹店の「鮨つきうだ」に行った方が、倍以上の効用を得ることができるでしょう。

冒頭のダブルブッキング事件に続き、食後にアガリも出さないノームコアな接客であり、案内では15カン出ると書いていながら実際は未達だったりとボーンヘッドが多い。安さを追求するお店と割り切って行くのが良いのかもしれません。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

関連ランキング:寿司 | 中目黒駅祐天寺駅代官山駅