FARO(ファロ)/銀座


ブルータスのイタリアン特集を巡る旅は続く。今回はリニューアルしたばかりの「FARO(ファロ)」へ。「L'Osier(ロオジエ)」に続いて資生堂がお届けする最高級イタリアンレストラン。
立地はもちろん資生堂ビル。10階から優しいイタリアンの光を銀座の街へ照らします(ファロは灯台の意)。
リニューアル後は能田耕太郎シェフが厨房を統べる。長くイタリア本国で活躍し、自身の店ローマ「bistrot64」はミシュラン1ツ星を獲得。帰国後は日本の食材や食器などにもこだわりながら、独自のイタリア料理を展開します。
グラスの泡は1,700円〜と中々のお値段。もちろんこの立地この風格を考えれば妥当な価格設定といって良いでしょう。ミネラルウォーターはコース料金に含まれているとのこと。
お通しはチップス。なんの変哲もないゴボウやジャガイモの素揚げなのですが、クミンなどのスパイスを敷き詰めており、それと一緒に食べれば中々の味覚です。今度ホームパーティーで真似してみようっと。
パンはしっとりと保水され酵母の風味がガツんときいたうまたんまる。素朴ですが噛みしめるほどに味が生まれます

オリーブオイルは3種類用意されており食べ比べを勧めて頂きました。中央のものがトロっと濃厚で私好み。
前菜のフラワーボックス。「アルテレーゴ(ALTER EGO)」もそうでしたが、イタリアンにまで映えを意識する料理が増えてきました。味よりも見た目を食べる料理です。
とうもろこしと青唐辛子のリガトーニ。とうもろこしが文句なしの旨さ。焦げ目のついた香ばしさが味わいにグラデーションを与え、香りも良い。リガトーニは取り扱いが難しいパスタですが、完璧な茹で加減ならびに調味で大満足。語感ほど青唐辛子は入っておらず、ほんの少しアクセントとして利用されている程度です。
イシナギのポワレ。恐らく初めて食べる魚ですが、ムチっとした食感に、魚そのものの味わいがとても強い。それに負けないソースはズッパディペッシェ(魚介のごった煮)風でお見事。
シラー主体のロゼをグラスで頂きました。ところでソムリエがボトルを注ぎ切ることなくほんの数ミリだけを残した点につき(澱があるようなワインではない)、
話題のアカウントを思い出してしまいました。
テザートは「笹薫るアイスクリーム」ということで、アイスやジュレに笹の風味をたっぷりと注いでいるのですが、これが全然美味しくありませんでした。メロンだけはまあまあ旨い。締めくくりの意図が汲めず残念。
小菓子はモナカ。求肥を詰めるまでは良いのですが、これまた謎のスパイス(?)なども忍び込ませており、ものすごく別々に食べたく感じました。当店は甘味に課題があるかもしれません。
短いコースにグラスワインを1杯、税サを込めてひとりあたり9,000円程度。お店の格ならびに銀座という街、サービスレベルの高さを考えれば悪くない価格設定ですが、9,000円のランチとして面と向かうとやや物足りない感じもします。やはりこの手のお店はケチらずワインがぶがぶ系でいかなきゃいけませんね。次回は夜に、ワインペアリングをつけて臨みたいと思います。ちなみにボトルワインも派手な値付けではなく納得感のある価格設定でした。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。



日本のイタリア料理の歴史から現代イタリアンの魅力まで余すこと無く紹介されており、情報量が異常なほど多く、馬鹿ではちょっと読み切れないほどの魅力に溢れた1冊です。外食好きの方は絶対買っておきましょう。

イーフコンドミニアム久米島/久米島(沖縄)

久米島長期滞在者向けのマンスリーマンション。なのですが、ホテルズドットコムなどの各種予約サイトを経由すれば日単位で滞在できるのです。
かなり大きい建屋であり、その内装は真っ白。曲線美のあるつくりであり天井までの吹き抜けが印象的。ちなみにチェックイン時刻は原則夕方だったはずですが、午前10時ごろに訪れてもフロントにカギが用意されており、自由に入って良い形式でした。
私のお部屋。最上階の一番奥の部屋なのですが、エレベーターは無く大門駅からモノレールへの乗り換えほどの運動強度があり良い運動です。ロビーと同じく内装は真っ白であり清潔感アリ。
ライティングデスクにクローゼット(?)。部屋の中は妙に段差があり、それらを棚のように利用することができるので使い勝手が良い。
 冷蔵庫、電子レンジ、IHコンロ、炊飯器、電気ポットなどなど、基本的な生活は充分におくることができる仕様です。というか私の自宅よりも家電は充実しています。
バスルームはシャワーとトイレのシームがレスな造りで斬新。トイレはきちんとウォシュレット。シャンプーやリンスなども用意されていますがダイエーで最安値級のものなので、気になる方は持参したほうが良いでしょう。
各部屋に洗濯機があるのが嬉しい。洗剤も用意してくれています。青い海を見ながら洗濯するもの乙なものである。 今回の旅行はダイビングが目的であり、服装には頓着せず毎日洗濯すればいいやという気持ちだったので、荷物は小さなリュックひとつで済みました。
賑やかな家族連れはおらずシンと静かな館内。3泊したのですが、他の住人はおろか一度も従業員に会いませんでした。代金は事前支払いで、勝手にカギを取り、放って出ていく究極の単純化。「夜は寝るだけ」と割り切れる方にとっては最高の宿泊施設です。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

TORISAWA CA10AL(トリサワ カジュアル)/麻布十番

焼鳥業界の最高峰「鳥しき」ののれん分け亀戸「鳥さわ」の3号店は麻布十番へ。新しくできたビルの8Fに入居し、エレベーターを降りるとすぐに店という面白い構造です。
座席はカウンターのみ10席ほどであり、焼台をぐるりと取り囲む形です。シックというよりはシンプルな内装であり、マンションの1室で友達に焼いてもらっているかのような錯覚を覚えます。
生ビールで乾杯。鳥しき系の美点は食事の良さもさることながら、酒の値付けが安い店。小さなグラスで2〜3口飲んで800円のような店が十番には多いですが、当店はそれなりにしっかり入って600〜700円程度だった気がします。

「この2日間で人生についてすごく悩んじゃって」卵のように丸いおでこを撫でながら、彼女は小さくため息をつく。
焼鳥が始まるまではお新香で場を繋ぐ。おそらく自家製のものであり美味しかった。

「会社から異動を打診されたんです。拒否権はあるんだけど、今の勝手がわかった仕事のままスペシャリストを目指すか、また違った世界を見に行くのか」若者よ、大いに悩め。君たちには未来があるということだけでも幸福だ。
1本目は「かしわ」。鳥のモモの部分であり、これぞ焼鳥という味覚。程よく焦げた香ばしい香りが食欲を刺激する。
「ぎんなん」。これは、まあ、普通の銀杏です。中目黒「祥門(ショウモン)」で銀杏を食べて以来、焼き鳥屋で数百円を払って数粒食べるのに抵抗が生まれてきた。

「○○さん(私の名)が最初に転職したのって、今のあたしと同い年ですよね?あたしなんて社内での異動でこんなに悩んでいるっていうのに、すごいなあ」確かに28歳の時だ、と私は間髪入れずに答える。それは転職という名の転社ではなく、マジでゼロからの再出発であり、常に自己破産と隣合わせという時期でした。もちろんそういう決断があってこその今なのだけれど。
うずらの玉子。彼女の大好物であり、私の大好物でもあります。ほどよくトロっと半熟の状態で提供される玉子はシンプルながら誰でも好きな味でしょう。
レバー。当店のレバーの芸風は限りなく生食に寄せており、私の好きなベクトルではありますが人によっては好みが別れるかもしれません。それでも臭みなどは一切なく、いわゆるレバニラ炒めのレバーとは全くの別物。
「カレシもずっとできないし。○○さんは2度も結婚できてズルい。他人同士が一緒に生活してそんなに長続きするだなんて、奇跡じゃないですか?」私の場合、パートナーに求めるポイントが3つあって、それさえ守ってくれれば後は大体うまくやる自信はあるので、それほど奇跡とも思っていません。その絶対に譲れないポイントとは『明るい』『嫉妬しない』『自立している』の3つです。
「はつもと」。大動脈の部分であり、先日食べたそれと比べて脂質が少なく、まるで違う部位のようです。筋肉質で野趣あふれる味わい。大好きな1本でした。
日本酒はワイングラスで提供され、1合弱が1,000円を切る価格。ワインのテンションでスイスイと飲んでしまうため、結構酔っ払ってしまいます。

「確かに『明るい』とか『ポジティブ』は大切ですね。大人になってから矯正のしようがないパーソナリティ。ただ、『ポジティブ』もなあ…」ポジティブがウリのアッパー系タケマシュランを前にして首を傾げるとは何事だ。
「いも」。小指の先ほどの可愛らしいサイズであり、ホクホクと旨い。塩気も強めにバリっとしており、程よい箸休めとなりました。

「ポジティブな人って、モテるじゃないですか、やっぱり。となると女性にだらしない男に化ける蓋然性が高い」彼女は射るような眼差しで私を見つめる。「かといって陰キャと付き合うと、それはそれでつまんないし…」どうしてもっとバランスの良い男がいないのかしら、彼女はたっぷり3秒はかけて大きなため息をついた。灯台下暗しとはこのことである。
「つくね」。私の好きなつくねはタレがデロデロ卵黄ドロドロこってり系なのですが、当店のそれは上品なタレに卵黄はナシという仕様です。それでもナンコツがたっぷり入ってサクサクと美味しい。それにしても最近の焼鳥屋は卵黄をつけないのが流行りなのでしょうか。ここのところずっと出会えて無くて寂しいな。
「せせり」。よく動く首の筋肉であり引き締まっているはずなのですが脂はたっぷりでジューシーという面白い部位です。さっきの「はつもと」をより淡白にしたような味わい。
「かた」。鳥に肩はあって当然だとうは重脳ですが、あまり部位として聞くことはありません。当店のそれはモモに近い味覚であり、程よい食感の強さに強い肉の旨味という印象。
「ちょうちん」。殻と白身に覆われる前の卵黄を一口でパクり。他店に比べて卵管の量が少なく、それだけ純粋に卵を味わえという意味なのでしょう。ネットリと濃厚でセクシーな味覚。本日一番の1本です。
「ゆりの蕾」。なかなかお目にかからない食材です。が、オクラやシシトウに比べると格別に美味かというとそうでもない。価格はいくらは不明ですが、肉を食べに来たアナタはスキップ(入店時に野菜は不要と伝えておく)しても良いでしょう。
〆は「ハツ」。いわゆる居酒屋などで出されるハツは原型を留めていないことがほとんどですが、コチラは丸のまま心臓で驚きました。残酷ながら旨い。野趣あふれる力強い味わいであり、程よくジューシー。細かく添えられたネギも見事な付け合せ。
〆は「そぼろご飯」か「卵かけご飯」の2種のみのご用意ですが、両方注文するのがオレ流です。そのへんのコンビニなどのそぼろなどとは一線を画し、きちんとした鶏肉をミンチにして料理にした気概が感じられる深い味わい。たっぷりの薬味も嬉しい。
「卵かけご飯」も美味しいのですが、ランチに食べたラーメン屋「中華そば 和渦 TOKYO(わか)」の50円卵かけゴハンが絶品だったので、色々と考え込んでしまいました。まあ、昼のアレが50円というのが異常なだけなのでしょう。
最後に鳥スープもお出し頂けました。口腔内にひっかかりを覚えるほどのコラーゲン感。鳥の滋味が感じられる、控えめではあるが複雑な味わい。絶品です。そう言えば昨日のランチ「水炊き鼓次郎(コジロウ)」に付随する鶏スープも美味しかったな。最近、鶏料理に恵まれているのです。

飲んで食べてひとり8,000円ほどに落ち着きました。これはリーズナブルですねえ。「焼鳥に8,000円かよ!全然カジュアルじゃねえ!」という意見はもっともですが、昨今の高級化が進む焼鳥業界において、この価格で最高峰の味覚を実現しているという店で素晴らしいお店でした。十番ではもちろんのこと、東京全体を含めてもかなり好きな焼鳥屋です。

オープンして数ヶ月なのに、既に予約が取りづらいのが難点。夜にフラっと行ければいいのにな。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。

それほど焼鳥に詳しいつもりは無いのですが、私のコメントが掲載されています。食べログ3.5以上の選び抜かれた名店を選抜し、お店の料理人の考えを含めて上手に整理された一冊。

関連ランキング:焼き鳥 | 麻布十番駅赤羽橋駅

レストラン竜/久米島(沖縄)

久米島の日曜日、特にお昼は開いているお店が少ないため、ランチ難民が激増します。私はイーフビーチあたりに滞在していたのですが目ぼしい店が無く、わざわざ車で仲泊地区まで移動してきました。
 1979年創業の老舗。座敷を含めると100席以上はある大箱で、観光客はもちろん地元の方が宴会などで使用しているようです。メニューも典型的な沖縄料理から創作料理までとろとめのないラインナップ。
私は看板料理の「久米島そば」を注文。久米島のそばは味噌仕立てであることが多いですが、当店は鰹、鶏、豚から取った澄んだスープ。縮れ気味の平打ち麺の量が多く、これ1杯でお腹が膨らみます。トッピングもベーシックに美味しく、特にサクナチキアギと言って、チキアギ(かまぼこ)にサクナ(長命草)を絡めて揚げたものが心に残りました。
こちらは久米島赤鶏の唐揚げ。久米島発のブランド鶏であり、ヒナを100日かけて育てる箱入り娘です。力強いというよりもクリアな味わいであり、雑味が一切ありません。ただし調味がほとんど無く、やや食べごたえに乏しく感じました。

お会計は972円と1,000円を切りました。那覇や東京であれば確実に1,000円を超えるクオリティでありリーズナブル。日常に溶け込む素朴な味わいのレストランでした。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

関連ランキング:沖縄料理 | 久米島町