幸寿し/七尾(石川)

誰かにオススメされてずっとブックマークしていた七尾「幸寿し」。1956年オープンの老舗であり、地元客はもちろん遠方からのゲストも多い。食べログではブロンズメダルを獲得しています。
17:45にお邪魔したというのに結構席が埋まっていて驚き。18時を過ぎれば満席の人気店。小上がりでは地元のファミリーがちょっとした宴会を楽しんでおり心温まる雰囲気です。

握るのは山田ブラザーズ。七尾が誇る兄弟であり、とにかく物腰が柔らかい。何をするにも癒し系ボイスが胸に沁みわたり、絵本の朗読などにも適任かもしれません。
私は運転があるのでノンアルコールビール。400円とハンドルキーパーに優しい価格設定です。ツマミのイカをイカスミでどないかしたやつが旨く、ああ、日本酒が飲みたい。
おまかせ12カン@3,500円のコースを注文。まずは赤イカ。バリっと新鮮、シコシコとした食感がたまりません。
ガリは薄造りの一般的な仕様です。シャリは温度が高く調味が薄く、あまり好きなタイプではありません。また、にぎりは全般的に小さめサイズであり、12カンのお任せとは言え、追加注文が前提といった印象です。
マダイ。やはり新鮮。ムキムキとした歯触りに爽やかな旨味が響きます。
キジハタはギュっと密度が増して大人の味わい。ああ、日本酒が飲みたい。
ヅケはきちんと美味しい。カラシのピリっとした味覚が鉄の強い肉にちょうど良く刺さります。
アジもフレッシュ。きちんと旨味もあって今夜トップクラスに美味しいタネです。
甘海老も王道の美味しさ。トロっと甘く舌でとろけます。
バイガイはコリコリと独特の食感。独特の臭みは控えめで上質なミノのようにサクサクと頂きました。
ヒラメの昆布締め。〆は控えめですがヒラメそのものの上品な美味しさが伝わります。
お椀には魚の切り身が含まれており、飲むというよりは食べ応えのある1品。
フクラギ。ブリの幼魚でありサッパリとしてクセのない上品な旨味が楽しい。
本マグロのトロ。おー、これは真っすぐに美味しいマグロですねえ。鮨タネの王者たる存在感が抜群の美味しさでした。
白海老はネットリとした舌ざわりにコクのある甘味が特長的。
12カンコースの大トリはウニ。こちらも品の良い甘味を湛えており、口の中でウニリゾットが出来上がりました。
ここからは追加。まずは真鯛の昆布締め。冒頭のマダイとはまた違った、いぶし銀の旨味が感じられます。
ヒラメのエンガワ。やはり先のヒラメとは方向性が異なり、じっとりとした脂のコクを楽しむ逸品。
生ゲソはナンコツの部分をコリコリと楽しみます。まるで焼鳥のやげんナンコツを食べているようなリズムを感じました。
手巻きのネギトロ。マグロの美味しい部分がたっぷりと放り込まれており、マグロ特有の酸味を感じながら胃袋を埋めていきます。
フィナーレはウナキュウ。その辺の鰻屋顔負けのボリューム感であり、バリっと焦げた香ばしい香りと共にアツアツで頂きました。

かなり食べましたが酒を飲まなかったため、お会計はひとりあたり7~8千円で済みました。うーん、安い。あまり飲まない女の子とかだと5千円を切るんじゃないかなあ。

シャリなど好みでない部分もありましたが、このタネ質と量を食べてこの支払金額であれば大満足です。もちろん都心のピンのピンを用いる鮨屋とは舞台が全く異なり、あくまで日常に溶け込むちょっとした贅沢。近所にあれば毎週でも通い詰めたいお店です。
食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:寿司 | 七尾駅


関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

氷見 魚市場食堂/氷見(富山)

氷見の釣屋魚問屋が経営する食堂。氷見漁港の2階にあり、早朝6:30から15:00までの営業と海の男を感じます。
我々は祝日の11:30に到着し並ぶことなくスルっと入店できましたが、退店時にはご覧の通りの待ち行列。予約もできないので、時間に余裕をもって訪れましょう。階下はまさに魚市場であり「富山県で一番鮮度が良い食堂」と評される理由がよくわかります。
どの定食にも「土鍋の漁師汁」が付随し、魚のすり身のお団子やアラなどがゴロゴロと入っており、これとゴハンだけで立派な食事となりそうです。スープにも魚の出汁がキマっており旨かった。
連れは「氷見海鮮漬丼」を注文。1,890円です。山ほどの魚介が雑に漬けられており暴力的な味わいです。途中で卵やだし汁を加えながらひつまぶり的に味を変えていく。
私は名物の「氷見浜丼」を注文。「はんさ盛」と呼ばれる大盛りサイズで注文しました。2,490円です。確かに爆盛で映えるのですが、味は値段と量を考えれば相応といったところ。刺身の下に詰め込まれたゴハンが美味しくないを通り越して不味く、日本有数の米どころの矜持はどこへやら。
魚市場直上・競りから直送・漁師メシといったキーワードは確かに魅力的なのですが品質はそれなりでした。量や見栄えを求めるのであればアリですが、質を追求する方は同じ予算を使ってきちんとした魚屋さんで刺身盛りをテイクアウトしたほうが楽しめるでしょう。あくまで観光スポットとしてどうぞ。
 食べログ グルメブログランキング 


関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

バル コションローズ(Bal Cochonrose)/目黒

目黒駅からガーデンプレイス方面に歩いて7~8分、芸能人御用達「日の丸自動車学校」のお向かいにあるビストロ。ちょうど恵比寿と目黒の中間地点であり、意味不明な費用対効果を誇る「アヴィラン(AVILAND)」のすぐ近くです。
店内はテーブルが数卓にカウンター数席で20席ほど。この手の飲食店としては珍しくペット可で、ワンチャンあるかもしれません。
酒が安い。生ビールこそ650円ですが、グラスワインなど390円~取りそろえられています。飲み放題プランもあるようですが、そもそも酒の全てが安いのでワインに一家言ある方は是非ともアラカルトでの注文を。
鶏白レバーのコンフィ。まったりとクリーミーな舌触り。肝臓特有の臭みはなく酒飲みの本能を呼び起こす味わいです。
夏野菜のラタトゥイユを注文すると、生ハムも温玉もトッピングされてきました。正統派の味わいであり美味。
焼きパテドカンパーニュ。パン粉をつけて揚げ焼きしており、ハムカツをジューシーにしたような味覚。ありそうでない逸品です。
パクチーサラダは美味しいのですが、これで1,100円はちょっと高いかなあ。近所のスーパーでパクチーにアクセス方は自宅で作ったほうが納得感があるでしょう。
スペシャリテのバベットステーキ。いわゆるハラミのステーキであり、フランス本国の盛り付けを想起させるフレンチフライが素敵です。味も素晴らしい。その辺の焼肉屋が尻尾を巻いて逃げ出すクオリティ。ハラミ好きの私にとって堪らない1皿です。
軽く飲んでお会計はひとりあたり4千円ほど。おおー、これはナイスな費用対効果ですねえ。お料理もそのままフランスのビストロで出しても受け入れられそうな本格派であり、こんな住宅街になぜ?と疑問符が浮かぶほどの佳店。オススメです。「アヴィラン(AVILAND)」にせよ、このあたりは普段使いに最高な飲食店が多いなあ。
食べログ グルメブログランキング


関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindleだとポイントがついて実質500円ちょい。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

かつ吉(かつきち)/渋谷

そこそこ美味しくて並ばなくて良いという意味でお気に入りのトンカツグループ「かつ吉(かつきち)」。水道橋店丸の内店に続いて渋谷店にお邪魔することに。食べログ百名店にも選出されています。
当グループおなじみの古民家のような大空間。各テーブルがボックスシートになっており居心地が良い。酒やツマミも豊富なので、飲み会使いしても良いかもしれません。
注文を済ませるとすぐにテーブルに置かれるお漬物。これが結構美味しくて量も多く、太った方にはおかわりOKのライスと共にナイスゴーできます。ただし他店では好きなだけ自由に食べて良いお漬物が用意されるので、店によって違うもんなんやな。
注文後10~15分ほど経って着丼。私は「国産銘柄豚ひれかつ定食(150グラム)」を注文しました。2,600円です。ライスとキャベツはフリーフローですが、赤出汁のおかわりは300円ぐらいを要した気がします。
どうしてだろう、150グラムだというのにあまり迫力がありません。丸の内店では80グラムだけどすげえ食べ応えあるなあという印象だったのですが、当店では打率ほど打っていない印象です。
火はしっかりと入れる芸風。こんがりとキツネ色に揚がり、肌理の粗いパン粉もザクザクと食欲を誘います。量はともかく味は安心安定の美味しさです。
八丁味噌を使った赤出汁。力強い味覚で悪くないのですが、かつ吉グループ特有の分厚い器はなんとかならんもんか。口当たりが悪くとても勿体ない。
ライスはプレーンなものと、青しそご飯のいずれかのチョイスであり、私はいつも後者を選択するのですが、当店の青しそご飯はシソの含有量が極めて多くスムージーのような色合いです。色彩に比例してシソの風味も強烈。
味は変わらず美味しいのに、どうしてでしょう、いまいちテンションが上がりませんでした。私の体調が良くなかったのかな。人生にはいいことと悪いことがある。その繰り返しだ。
食べログ グルメブログランキング


関連記事
私は「とんかつ」という料理をそれほど好みません。だって、豚肉を脂で揚げるだけじゃないですか。それなのに、行列するは調理に時間がかかるわ結構効高価だわで、積極的に取り組もうとしないのです。したがって、私は物凄く「とんかつ」ならびに「とんかつ屋」について、検察官のようにシビアに評価しています。思い入れが無い分、信憑性は高いかもしれません。
>
とんかつを「超一流の大衆料理」として、グルメ業界の重鎮たちがひたすら議論を重ねる本。よくもまあとんかつでこれだけ語れるなあと呆れます。ここに記された「殿堂入り」のお店はさすがに外しません。