上海雲呑 楼(しゃんはいわんたんろう)/松山(那覇)

松山のはずれ、住宅街にある雲吞専門店「上海雲呑 楼(しゃんはいわんたんろう)」。何かを誤解しているのではないかと心配になるほど優れた費用対効果を誇る「Maison de Fujii(メゾン ド フジイ)」の数軒となりです。

普段は20時ごろ~朝までといった営業スタイルであり、飲んだ帰りに「〆のワンタン」とするのがスタンダードだったそうですが、コロナ禍においては普通の夜の時間に営業していました。
まだ明るい時間帯にお邪魔したのですが、先客に1組。我々が入店した際、当該グループは普通に飲んでいたのですが、徐々にアルコールが入りヒートアップし、そのテンションは賑やかさを通り越して耳を圧するばかりである。喫煙可であり酷い香水のゲストに対しても注意しないなど、あまり香りに思い入れのないお店なのでしょう。私の気分が高津のシンカーぐらいよく落ちた瞬間です。
オリオン生は500円、オリオン瓶は600円とお店の雰囲気に見合った価格設定。隣客は「ハイボール!濃いめでね!ぎゃはははは!」と、何でもかんでも笑えてしまう沸点の低さであり、店側はその絶叫に対し特に注意するでもなく、「〇〇ちゃんも飲みなよ~」とゲストに勧められ、あろうことか一緒に酒を飲み始めて騒ぎ出すという有様です。
すぐにでも帰りたいのですが、既に料理を注文してしまったので暫しこの喧噪を我慢します。まずは「焼きワンタン」。ワンタンというよりは餃子っぽい風情。エビ入りと野菜(ナズナ?)入りの2パターンあり、やはりエビ入りが旨い。
続いて「ラー油ワンタン」。茹で上げたワンタンにザラっとしたラー油がたっぷり。下にお野菜も敷かれており、チヂミというか広島風お好み焼きというか、妙な食べ応えがありました。
「青菜炒め」はあっさりとした調味であり、量もたっぷり。野菜が不足しがちな沖縄での生活のオアシスです。
こちらは「スープワンタン」。あっさりとしつつも下味のしっかり付いたスープにワンタンがプカプカ。なるほど「〆のワンタン」としたくなる、内蔵に染み入る優しい味わいです。
「ラー油スープワンタン」でフィニッシュ。先の「スープワンタン」のスープが担々麺的スパイシーなスープに変貌を遂げ、適度な暴力性がありすこぶる旨い。完飲したかったのですが、先の1杯のスープも含めるとさすがにタプンタプンで断念。なんならライスをぶちこんでおじやにしたかった。
以上を食べ、ビールをちょろっと飲んでお会計はひとりあたり3千円弱。なるほど悪くない支払金額であり、この価格設定であれば、だんじり祭りのような騒がしさも仕方はないかと思えてきました。それでも全体として地元客がハバをきかせており、普通の会話が困難なほど喧しく、クレジットカードも使えないので、普通の観光客にとっては難しいお店でしょう。

それでも行きたいという奇特な旅行者は是非ともおひとりで。イヤフォンでアイアンメイデンでも爆音で聞きながら食事をすると良いでしょう。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

リストランテ ラ・バリック トウキョウ(La Barrique Tokyo)/江戸川橋

江戸川橋駅から歩いて5分ほどのマンション駐車場の奥(?)にある一軒家イタリアン「リストランテ ラ・バリック トウキョウ(La Barrique Tokyo)」。このお店のことを悪く言う人が見たことはないのですが、なぜかミシュラン無星という無冠の帝王です。
オーナーソムリエのご実家の古い日本家屋を改装したそうで、和のニュアンスが支配的ながらも純白のテーブルクロスが張られるという独特の雰囲気。ちなみに店名はワインを造る際に用いる木樽のことであり、トリノの老舗リストランテの店名の暖簾分けだそうです。
酒はかなり高く、一番安いフランチャコルタで1万円、後からお願いしたグラスワインも2,200円がつけられていました。一方で、料理の質ならびに量、タイミングは完璧であり、サービス陣の立ち振る舞いもパーフェクト。ひとりあたり2.5万円と、総額から考えれば納得の価格体系です。
お口取りにオリーブに肉のペーストを詰め揚げたもの。ちょっとした一口に手が込んでいる店はいい店だ。
続いてそら豆のニョッキ。これは抜群に美味しいですねえ。空豆の青臭さを残しつつもニョッキらしく滑らかな舌ざわりに仕上げており、ラルド(背脂の生ハム)の塩気もちょうど良い。
ハムとキャベツ(?)を炒めたタネをパンに挟んだ一口サンドイッチ。冒頭のオリーブ同様、私はこういった温かい小さな一口に弱いのです。
冷前菜はアスパラとホタテの共演。見える部分の素材は見ての通りに美味しいのですが、底に敷かれたムース状のものがべらぼうに旨いですね。材料を超越した人が作りし極上の味覚。これが料理だ。
パンは丸っこくて可愛らしいものが3つ。後述のとおりパスタが2皿続く炭水化物パレードであるので、パンの存在感はそれほどありませんでした。
フリットは稚鮎にタラの芽、タケノコと春の味覚が満開です。カブのソースの奥行きや青トマトの鮮烈な酸味など、揚げ物ながら爽やかにフィニッシュです。
パスタは自家製のタヤリン。ピエモンテの方言でタリオリーニ(細切り)のパスタであり、ふくよかな小麦の味わいが感じられ麺そのものが美味。
こちらのパスタにはホタルイカを大量に起用。ホタルイカそのものの姿かたちは見えないのに、独特の個性とも言える複雑な旨味が津波のように押し寄せる。ここまで旨いパスタはそうそう見かけません。
メインは和牛。100グラムはありそうな中々のポーションでありかなりしっかりとしたソースなのですが、連れの決して大食いでもないギャルが軽々食べきっていたので、この疲れさせない飽きの来ない味わいに成熟した明晰さを感じました。
デザートはチョコのアイスにあまおう。イチゴの密度が高くイチゴよりもイチゴの味が濃い。濃密なチョコレートの風味にぴったりの取り合わせです。
お茶菓子も手作りで美味。村上開新堂もかくやと思わせる完成度であり、最初から最後まで見事に整ったディナーでした。
先述した通り、しっかり食べてそこそこ飲んでお会計はひとりあたり2.5万円。イタリア料理としては高めの価格設定ですが納得の出来具合い。接客も完璧であり、途中、うるさいグループ客に対してきちんと注意しお店として毅然とした態度で臨んでいたのも好印象。信頼できるお店です。特別な日にどうぞ。接待でもバッチリ。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。

日本のイタリア料理の歴史から現代イタリアンの魅力まで余すこと無く紹介されており、情報量が異常なほど多く、馬鹿ではちょっと読み切れないほどの魅力に溢れた1冊です。外食好きの方は絶対買っておきましょう。

pesceco(ペシコ)/島原(長崎)

長崎県は島原市の海沿い、熊本市のお向かいにある「pesceco(ペシコ)」。車なら長崎市や長崎空港からは90分ほどを要するのですが、そんな僻地(失礼)に食べログ4.34(2021年2月)でシルバーメダルを獲得、ミシュラン1ツ星という名声を得るお店があります。海岸線沿いに佇む真四角の外観が印象的。
店内はテーブル席をふたつ配したダイニングルームと大理石のシェフズテーブル席の2パターン。前者には空と海を切り取った窓があり超素敵。明るく清潔な印象であり、感じの良い接客を含めて居心地の良い空間です。
井上稔浩シェフはご実家が地元島原で鮮魚店を営んでおり、魚の目利きはお手の物。お父様と居酒屋を開いたり、島原の街でカジュアルイタリアンを営んだりした後、海沿いのこの地へ移転。若手の料理大会「RED U-35」2019ではGOLD EGGを受賞しています。
私は運転があるので自家製の発泡ジュースを。ソフトドリンクは500~600円程度でありハンドルキーパーに優しい。ちなみに駐車場はお店の真ん前にたっぷりあるのでご安心を。
アミューズ3品。いずれも作り置きではなく客が来てから着手する手の込んだものであり、サツマイモのお団子とアジのお団子が特に心に残りました。あー、この揚げ物はビールでスカっといきたかった。
続いて牡蠣。地元のものを牛乳でどないかした上で、火を入れたネギをあしらいます。牡蠣特有のエグ味などは消え去り、海のミルクというかミルク漬け的濃厚な味覚です。
泡でブクブクした外観で何やらわからないでしょうが、この料理が絶品。歯ごたえの良い生のオコゼにウニ、お米が組み込まれており、頭を抱えるほどの美味しさです。調味に魚醤を用いたりごま油で風味づけしたりとセンス抜群の一皿でした。
こちらはガンバ。島原地方の方言でフグのことをガンバと呼ぶそうで、所謂てっさ→唐揚げ→てっちり的なアプローチとはまるで異なる新境地。フグをムシャムシャと贅沢な料理です。
島原名物の素麺をハムのお出汁で。素麺はまあ素麺ですが、深みのあるスープに芝海老の甘味と旨味が堪りません。
タイのフリットを生ハムでミイラのように包みます。揚げたてサクっとした食感に、生ハムの塩気と旨味が調味料がわり。シンプルですが飽きの来ない美味しさです。
ワタリガニは2品構成。手前はカニミソをベースに細いパスタを和えるのですが、思いのほか酸味が強く、濃厚で鮮烈な味わいで高まる。右上はカニの身にカニの卵がたっぷりと組み込まれており安定の美味しさ。正直なところ、「川㐂(かわき)」の6万円のカニ料理よりも余程レベルが高いです。
パンは自家製。素朴ですが深みがありしみじみ美味しい。
酒蒸しのアワビ。見た目通りの美味しさなのですが、手の込んだソースが色々と塗布されており、ちょっと味が多すぎる気もしました。そのままで充分なのに。特に肝のソースにニンニクの風味は不要に感じました。
メインは網獲りの青首鴨。こちらも上質な肉であることは重々承知しているのですが、これまでの魚介料理が高次元であっただけに、当店でアオクビを食べる必要性を感じませんでした。「Abysse(アビス)」のように魚介類に絞るのも特徴づけとしてアリのような気もします。
〆は先のカモと田ぜりの雑炊。肉のエキスがじんわりと米に溶け込み、ある意味では鴨本体よりも美味しく感じました。畢竟、日本人とは米なのだ。
デザートは濃厚でジューシーながら軽いミルクのジェラートにフレッシュなイチゴ。いずれも高品質な素材が前提のスイーツであり、王道の美味しさです。
ハーブティーで〆。この日のハーブはガパオライスに乗ってそうな葉っぱであり、タイ料理のように爽やかな後味が面白かったです。

お会計は酒抜きで2万円強。ワインのペアリングを付ければ余裕で3万円を超えてくることを考えるとちょっと高いかなあ。それでもこれだけの素材を都心で食べれば値段が派手派手になることを考えればナイス島原といったところでしょう。
ところで当店はよく「イノベーティブ」と称されることが多いですが、個人的にはそうかねえという感想です。私の中で「イノベーティブ」とは正攻法で戦えなくなった店が苦肉の策として見出す逃げの一手であり、妙ちくりんなだけで全然美味しくないことが多いのですが、当店は普通に美味しく、素材に忠実な料理に思えました。

ところどころテンポが悪く、力が入りすぎに思えるところもあり、もっと肩の力を抜いて(良い意味で)手抜きしていいのにな、という場面もしばしば。次回は数年後、円熟味が増したころに改めて訪れたいなと思いました。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。

日本のイタリア料理の歴史から現代イタリアンの魅力まで余すこと無く紹介されており、情報量が異常なほど多く、馬鹿ではちょっと読み切れないほどの魅力に溢れた1冊です。外食好きの方は絶対買っておきましょう。

割烹 常/南城市(沖縄)

南城市役所から車で5分ほどの場所にある「割烹 常」。1978年創業と歴史は長く、現在は2代目の大将がお店を切り盛りしています。もちろん駐車場完備。「割烹」と銘打ってはいますが、実際には気軽な居酒屋。ビーサンでもOK。
開店と同時にお邪魔しましたが、その後も続々と地元客が訪れます。念のため予約をしてから訪れましょう。カウンターやテーブル、座敷、掘りごたつ席とバリエーション豊か。本気を出せば50人以上入るのではあるまいか。
私は運転があるのでノンアルコールビールを。400円と安くハンドルキーパーに優しい。提供されるグラスが毎回異なり、たまにビッグなジョッキで来ると当たりです。
最初に一気に注文を入れてたのですが、提供順序はバラバラです。いきなり揚げ物「イカゲソからあげ」。海鮮が自慢のお店だけあって、魚介の揚げ物も中々のもの。衣に下味がしっかりとついておりノンアルコールビールが進みます。
お刺身は2~3人前で2千円強。南方系の魚が多くバラエティ豊かであり量もたっぷり。当店は刺身や寿司がダントツ高い値付けですが、金額に恥じない立派なクオリティならびに量です。お米大好き人間は寿司でどうぞ。
島らっきょうの浅漬け。肉厚でシャクシャクとセロリのように食べ応えがあり美味。沖縄の美点である。
ゴーヤチャンプルーはゴーヤ多め。スパムではなくシーチキンなのはちょっとサゲ。あの、暴力的な塩気を湛えたポークが好きなのです。
海鮮サラダは刺身がモリモリで大迫力。このまま丼に移植して海鮮丼へも以降できそう。野菜そのものはキャベツ主体であり、もうちょっと味濃い系の野菜が欲しかったかも。
フィニッシュは「ソーキガーリック焼き」。ピータールーガーもかくやというボリューム感であり、いくら骨があるとは言え、この迫力で1,200円というのは大変お値打ち。ガーリックというよりもたっぷりの黒コショウが印象的。ふたりでヒイヒイ言いながら食べきったので、グループで注文すると良いかもしれません。
かなり満腹になるまで食べてひとりあたり3千円強。今回は酒抜きですが、どれだけ暴飲暴食したとしても、ひとり5千円を超えることは中々ないのではないか。地元の方に人気がある理由が良くわかりました。南城市で気楽な居酒屋を求める場合に是非どうぞ。

食べログ グルメブログランキング

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 南城市


関連記事
1年で10回沖縄を訪れることもあります。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。