唐閣(T'ang Court)/尖沙咀(香港)

ランガムホテルズインターナショナルグループの香港における旗艦ホテル「ランガムホテル香港」。ホテル内にTギャラリア香港(DFS)が入居し、香港の中でも屈指の高級ショッピングエリアに位置します。
当館のメインダイニングは「唐閣(T'ang Court)」。ミシュラン3ツ星の広東料理であり、コース料理は1.5万円前後〜と軽く引くのですが、ランチの飲茶コースであれば5千円台で済みます。
Shang Palace(香宮)と同様に、飲茶コースにはフレッシュジュースが1杯含まれるとのことで、私はマンゴーをチョイス。実に濃密な味わいであり、申し訳ありませんがシャンパレスとは段違いに旨いです。
一皿目はカダイフ的なホワホワの衣の中に、トロっとしたチャーシューが入っています。勝負あった。ものすごく美味しい。少なくともシャンパレスのどの点心よりも旨い。やはり毎日毎日集中的に同系統の食事をとり続けると、普段は気にも留めない微妙な差異が手に取るようにわかってくるので面白い。
エビシューマイにエビカニシュウマイ。美味しいのですが、カジュアルな店と大きく違うかと問われると自信をもって答えることができない。ナポリピッツァと同様に点心というジャンルはある一定レベルを超えると私にとって判断が難しい料理なのです。
タレ3種。香港の高級飲茶ではたいてい3種のタレが用意されるのですが、当店のそれはそれぞれまるでベクトルが異なる味わいで面白い。奥のものなど豆や豆腐を煮込んだちょっとしたツマミであり、それ単体で美味しかった。
チャーシューとクラゲ。前者は臭みが強くそのまま食べるにはキツい風味。先のタレにたっぷり浸すとようやく食べれるというレベルであり、それは果たして料理としてどうなのだろう。他方、クラゲはクリアな味わいなのですが、清澄すぎるきらいがあり、あまり味が取れませんでした。
メロンのスープとされ、確かにメロンが2粒入ってはいるのですが、全体としてそれほどメロンメロンしていません。だがしかし、スープそのものは神がかり的に旨い。鶏が主体なのか何なのか、天下一品のコッテリにつき洗練と浄化を繰り返したような味わいです。具材として貝柱(?)もたっぷり入っており、日本ではまず出会うことのできない味わい。本日一番のお皿でした。
エビのソテー。ピンポン玉サイズでシンプルな調味。見た目通りの美味しさ。一見手が込んでいないように見えますが、その通り手が込んでいなく、ある意味この状態で客に出すのは勇気がいるもの。料理人の素材に対する畏怖と潔さが垣間見れた瞬間です。
チャーハンもやはりシャンパレスよりもレベルが断然高い。パラパラとした米の旨さはもちろんのこと、濃厚な卵やアボカドとイカなどの具材の存在感。どれを取っても一級品です。同クラスのホテルの似たような料理、同じ価格帯であるというのに明らかに食後感が異なる。やはりこれが3ツ星と2ツ星の違いなのかもしれません。
デザートは杏仁豆腐味の液体で温かい。美味しくはありますが、普通の杏仁豆腐で良かったです。
サービスについても、やはりシャンパレスよりもレベルが上に感じます。ただし場面で皿出しが遅い場合もあり、全体を通して畏まった雰囲気でもあるので、みんなでワイワイ飲茶を楽しむならシャンパレス、夜に真面目に広東料理を楽しむなら当店などの使い分けが良いかもしれません。いずれにせよ、3ツ星の料理がこの価格帯で楽しめるのは実にリーズナブル。オススメです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:広東料理 | 尖沙咀 チムサーチョイ

居酒屋コマツ(KOMATHU)/白金台

白金台は飲み屋が少ない。2次会難民となっていた我々が偶然に発見したお店が当店。古びた喫茶店のような外観であるものの、軒先には餃子の赤ちょうちん。謎である。
意を決して入店。階段を昇ってからは左右ふたつに分かれるという複雑怪奇な動線であり、ワンオペの店主が実に忙しそう。ツマミは見るからに簡素なものばかりであり、唯一手が込んでいそうな餃子については「追加注文不可」との注意書き。
ビールは600円。あまり衛生的とは言い難い店内ではありますが、サーバーのメンテナンスは抜群でした。ジョッキもキンキンに冷えており、日本のピルスナーを飲むに最適な演出です。
お通しはもずく。まさにパックから開けただけという造形であり、ややテンションは下がる。お通し代はいくらか不明ですが、これはちょっと手抜きと言わざるを得ません。
新ショウガにいぶりがっこのチーズ和え。いぶりがっこは物凄いボリューム感ですね。人生で最もいぶりがっこを食べた夜かもしれません。
対してホタルイカの沖漬けは恐ろしく量が少ない。瀟洒なダイニングバーであればわからなくもないですが、この店構えでこの量この価格はどうでしょう。奥の鶏肉の燻製も買ってきて切っただけなのが明らか。
スペシャリテの餃子。ひとつひとつのサイズが大振りで、一般的な餃子の倍ぐらいの大きさがあります。味は凡庸。スパイスはそれほど用いられておらず、調味も薄い。味の素の餃子のほうが余程パンチがあります。価格は4つで500円弱。まあ、こんなものでしょうか。
ウインナーもまさに買ってきたものを焼いたという印象。ワンオペだから仕方ないのかもしれませんが、十番「たけ山」では同じワンオペでも見事な家庭料理を提供できていることを鑑みると、やはり色々と考え込んでしまう。買ってきた既製品をそのまま出すパターンが多すぎる。料理人としての矜持が感じられないお店でした。ビールと餃子のみを楽しむのが吉でしょう。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
白金は粒揃いの佳店が多いです。ちょっと不便な立地も良いんでしょうね、若い子たちを寄せ付けることが無くて。

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:居酒屋 | 白金台駅高輪台駅白金高輪駅

ON Dining Kitchen & Lounge/蘭桂坊(香港)

最後の夜は香港きっての繁華街、「蘭桂坊(Lan Kwai Fong)」で夜遊びです。中環駅から少し山側へ歩くと、ひたすらに飲み屋が連なり酔客が道に溢れる一画が。

ちなみに「蘭桂坊(Lan Kwai Fong)」の発音につき、私は初め「ラン→カイ↑フォン↓」と音階が上下するよう発していたのですが、そのような発音をするのはゾンビ映画で真っ先に殺される田舎者だけであり、ローカルにおいては「ラン→カイ→フォン→」とフラットなアクセントが正解らしいです。
ちなみに蘭桂坊(Lan Kwai Fong)の父は盛智文(Allan Zeman)。カナダから香港に渡ってきた彼は盛り場に乏しい環境を改善すべくこのあたりにバーやクラブなどを連続でオープンし、西洋人が夜光虫よろしくその灯にポツポツと集まるようになり、次第に発展するようになったそうな。
我々が訪れたのはミシュラン1ツ星レストランに併設されたバー。デザートや食後酒を楽しむためにダイニングフロアから上がって来る客も多く、雰囲気ならびに客層が非常に良いです。
広々としたソファーを陣取り自宅のようにくつろぎます。雨がパラつき始めたものの、屋根もストーブもあるためモーマンタイ。
オリジナルカクテルは1杯2,000円程度。私はワサビと焼酎とライムのカクテル、連れはレモンの何とかで、ピスコっぽい風味が感じられました。
チャームとしておかきも出てきます。席料やサービス料は取らないのにこの対応は良心的。
ジントニックはジンを数種からチョイスできる拘り。香港において他の店でも同じ場面に出くわしたので、香港の人々はジンに色々とうるさいのかもしれません。
ナッツフォーナッツ。アマレットにピーナッツバターのリキュール(?)を混ぜ込みクリームを乗せます。女子大生のような飲み物であり、飲み物というよりはスイーツ寄り。
ふたりで2杯づつ飲んで1万円を切りました。この立地この雰囲気でこれは安い。そういえば近くのAzure Restaurant Slash Barも似たような印象を持ったなあ。香港はとにかくお金が必要とされる都市ですが、こと飲食店に限ってはそれほど悪くないかもしれません。オススメです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 中環 セントラル

アサヒナガストロノーム(ASAHINA Gastronome)/日本橋

朝比奈悟シェフはシャトーレストラン ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション (恵比寿の1F、ミシュラン2ツ星)の料理長を長く務め、2018年の10月に満を持して独立。揺籃の地は兜町と、フランス料理店としては珍しい立地。土日に訪れると閑静を通り越して殺風景ですらあります。
座席数は30程と、グランメゾンとしてはちょうど良いサイズ感。個室も用意されておりバリバリの接待もOK。内装はロブション系とは対極的で、シルバー主体の清潔で美しく健やかな雰囲気。他方、メニュー表に書かれた長い長い料理名はロブションそのもの。
ランチなので泡1本で通します。リストを拝見、おや、覚悟していたほど値づけは高くない。酒屋で6,000円ほどのコチラが12,000円と倍程度。

ピノノワール100%のロゼであり、やや茶褐色めいた色気のある概観。イチゴキャンディのようなチャーミングなアタックに、キリリと締まった酸に豊かなミネラル。
アミューズが立体的、かつ、豪華。手前はバスク豚の生ハム。塩気と脂のバランスが良い。右上はゴーフルで挟んだリエット。リエットの基本に忠実な美味しさはもちろんのこと、ほろ苦い風味を湛えたゴーフルが名脇役。左上はグルヌイユ(カエル)のタルト。日本人的にギョっとする食材で冒険する割に、これはまあ普通な味わいでした。
活ヒラメのタルタル。キャビアにヒラメ、こんなに豪華な白身魚のタルタルがあるか?それでも高級食材一辺倒というわけではなく、ジャガイモの美味しさも天下一品。プレゼンテーションもまさにロブションといったところであり、いいね、ロブションっぽいね、と連れに意見を求めると「あたし1度しか行ったことないからよくわかんないや」と、1回行っとるんやないかい。
比内地鶏。冷前菜という位置づけであり、冷たい料理は一般的に味が感じ辛くなりがちですが、この料理に限っては鶏の美味しさが明確に伝わってきます。右手にはキャラメリゼした手羽先と、また違った濃厚な味覚を楽しむことができ、付け合せたちも美しく、そして旨い。
パンはロブションに比べると簡素。まあしかしロブションのジレンマの原因はあのパンでもあるので(あまりにパンが旨いのでガブガブ食べると肝心の料理が食べれなくなる)、全体を通してみればこれぐらいでちょうど良いのかもしれません。
前菜、続く。コチラはラングスティーヌ(アカザエビ)です。手前は身そのものをシンプルに提示し、濃厚なソースアメリケーヌで問答無用の美味しさ。奥はすり身(?)やムース状のものを白黒のパスタで1本1本丁寧に包んだもの。当然に美味しいのですが、パスタの絶対量が多く支配的であり、肝心のエビの味わいがぼやけてしまったのが残念。やや外観ありきの料理に感じてしまいました。

それにしてもロブションっぽいね、ピンセットで1本1本盛り付けている様が目に浮かぶよ、と連れに共感を求めると、「それさ、嫌味で言ってるの?そんなのぜんぜん目に浮かばないわよ」とにべも無い。
魚料理はヒラスズキ。ボルディエ(高級バター)で蒸し焼きにした後、その出汁のソースを塗布しパセリでお絵かき。味はやや単調でソースのもったりした余韻が長い。まあ、ヒラスズキとはそのような食材である。他方、奥のロメインレタスに詰め物をした付け合せは抜群に美味しいですね。このような脇役のレベルが異常に高いのが名店の特長でもあります。素材が旨い料理なんて誰でも作れるものである。

スガラボは100%でスガラボで、ナベノイズムは7-3でナベノイズムだけど、このお店はかなりの割合でロブションだよね。もちろんオリジナリティの欠落を指摘しているというわけじゃなくて、ロブション愛好者としては堪らなく嬉しい、という意味だけれど。何を隠そう、僕は5歳ときからロブションをM&Aしたいって思って生きてきたんだから、とテンションの高い私。「だからさ、わかんないって。あたし、ナベノイズム行ったことないし」スガラボは行ったことあるんかい。
メインは仔牛。見て見て左上のジャガイモ!そのままポニーテールのシュシュにしても実用に耐えうる造形である。ロース肉は肉そのものの美味しさはもちろんのこと、皮目に見立てた味の濃い集団が堪らなく旨く、思わずユリイカ!と絶叫してしまいました。コース料理というものは空腹時かつ見目麗しい前菜が一番であることがほとんどで、メインは創造性を発揮する余地は少なく惰性で満腹をより満腹にさせることが多い中、当店のメインはそれが最も偉大な美味しさを誇ります。傑出した完成度。満点です。本日一番のお皿です。
付け合せに出汁のスープ。これがもう、メインに勝るとも劣らずの美味しさ。日本料理でここまで記憶に残る味噌汁は中々無い。フランス料理の味覚の奥深さに嫉妬する。
デザートに入ります。まずは洋ナシ。ジュレ、コンポート、ソルベとの三段論法。美味しいのですが、これまでの料理ほど傑出した何かを取ることはできず。
ベリー仕立てのオペラ。飴細工の用い方など実にロブションではありますが、オペラそのものはビスキュイ(生地)の味覚が支配的であり、肝心の赤系ベリーの味わいは薄く感じました。それよりも、奥のイチゴのソルベのほうが心に残る。そういう意味では普通のチョコ味のオペラでいい。一般論としては充分に美味しいデザートではありますが、これまでの料理と比較すると、相対的に物足りなさを感じてしまう。当店において甘味はアキレス腱となりうるかもしれません。
小菓子はワゴンサービスでお好きなだけ、ではなく規定量でした。まあ、当店はロブションではなくアサヒナなので仕方がありません。というか、1万円ポッキリのコースでそこまで求める私が欲しがりというものなのでしょう。
抜け目無いコーヒーを飲んでごちそうさまでした。

いやあ、素晴らしいお店でした。2019年最初のスマッシュ・ヒット。そこらのフランス料理店とは格が違う。ミシュラン2ツ星以上は当選確実。私的毎年のベストレストランにも必ず入賞するであろうクオリティの高さです。しかもこれだけ食べて1万円というのも信じがたい。ふたりで食べて泡を1本、炭酸水を1本飲んで4万円でお釣りがきました。なにそれヤバい最高じゃん。

今はオープンしたばかりであり、アーリーアダプター未満は様子見の段階でしょうが、もう数ヶ月もすればあっという間に予約が取れなくなることでしょう。このお店は本物です。お早めにどうぞ。


食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

関連ランキング:フレンチ | 茅場町駅日本橋駅人形町駅

金鳳茶餐廳(Kam Fung Restaurant)/湾仔(香港)

香港のソウルフードと言えば菠蘿包(ポーローパーウ)。パイナップルパンとも呼ばれるパンの一種です。しかしながらパイナップルが入っていたり、パイナップル風味がするというわけではなく、パン生地の上にクッキー生地を被せて焼くことにより表面がパイナップルのように見えるとのことで、そう呼ばれるようになったそうな。
さてそのパイナップルパンの名店は香港内にいくつかあるのですが、その中でもひときわ有名なのがあるのが金鳳茶餐廳(Kam Fung Restaurant)。軒先には常に人だかりが生じており、人気のほどがうかがえます。ただしこれはテイクアウトの待ち人とイートインの席待ちが混在しているためでもある。
とりあえず店内に入ってみて、適当に空いている席に座ってみましょう。香港の大衆的な飲食店においては相席がスタンダードであり、先客に特に断る必要もありません。照明は蛍光灯がギンギラギンで風情が無く、皆しかめっ面をしながら新聞を読んだりスマホをいじったりしています。香港人は笑顔が少ない。
英語メニューは無く、メニューを見ても良くわからないので、店員をつかまえて「あの人と同じものを」と身振り手振りで説明する必要があります。
5秒でパイナップルパンとミルクティーが到着。うーん、どこがパイナップルなんや。お前の家のパイナップルはこんななのかと小一時間問い詰めたい。お味はメロンパンに似ており、より表面はサクサクした食感という印象。間にバターが挟まっていますが、ただ単に挟まっているに過ぎず一体感などは醸成されていなかった。いずれにせよ100円かそこらのパンなので、味もそれなりです。
ミルクティーは結構美味しい。私は普段あまり紅茶を飲まないので多くは語れないのですが、インドの酷く甘ったるいものから砂糖を抜いたような味わいで飲み易い。見た目以上にゴクゴクっと行けちゃいます。
名物に美味いものなし。やはりソウルフードとはこのようなものであり、美食を追及するというよりはミスタードーナッツ的に雑な会話を楽しみに来る場所です。ところで私と相席になった40代のオッサンふたりですが、それぞれパイナップルパンやエッグタルトなどをパクついており微笑ましい。しかしながら会話は一切なく、ひとりはずっと電話、もうひとりはずっとスマホゲームをしていました。本物の親友である。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:カフェ | 湾仔 ワンチャイ