ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2018年8月21日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ Chez TAKA  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★天本 ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   
★epoque+ azabu

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン クラフトワインエヌ ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★火鍋三田 ★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ちかっぱ博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

喃喃(ナンナン)/麻布十番

おにまるの下のフロアに割に好きなビストロがあったのですが、あえなく閉店。しかしその本店は鳥居坂下で継続して営業中。Gostoso(ゴストーゾ)秦野よしきのビルの4階です。
低層階ながら抜けの良い眺望であり、大きな窓からの夜景が素敵。ペティアン(弱発泡性ワイン)で乾杯し内臓にエンジンを入れます。
お通し(?)のスープ。何でもお店のお友達の生産者の有機野菜のようで、塩とバターだけの調味でもしっかりと濃い味が感じられました。
自家製のツナを混ぜ込んだポテサラにウフマヨをトッピング。
半熟卵の火入れが完璧で、流れ出る卵黄も立派なソースのうちのひとつです。ツナも品の良い旨味があり、缶詰のそれとはまるで別物の食べ応え。ポテサラに係る味付けも酸味が支配的(自家製マヨネーズ?)であり、コッテリとした食べ物ながらとスイスイと胃袋に納まる不思議。
喃喃と言えば肉料理。自家製のパテドカンパーニュにレバーパテ。いずれも教科書通りの味わいであり、前者は900円後者は500円とお買い得。また自家製のパンが抜群に美味しいですね。麻布十番商店街店時代にも、なんと美味しいパンなのだろうと感動した記憶がありますが、改めて食べるとロブション級の美味しさである。
肉料理の注文が多かったので、後は赤ワイン1本で通すことに。予算を伝えるとそれに前後する価格帯のボトルをいくつか並べ、味わいについて説明して下さいます。我々はボージョレのものをチョイス。赤系果実主体ながらも深みと熟成が感じられる、パワフルな1本でした。
白子とあやめ雪かぶのグラタン。白子のトロリとしたセクシーな口当たりに、それに負けないカブの滑らかさ。ソースならびにチーズもたっぷりであり、全体として大味と言えば大味なのですが、ここはビストロ、客はそのような料理を求めている。
メインは蝦夷鹿のモモ肉。付け合わせはラタトゥイユ。この肉が抜群に美味しかったですね。健康的で、筋肉質。EXILEの誰かを焼いて食べたらこんな味がするかもしれない、と思うほどマッチョな味わいです。調味も気取らず結晶を感じる塩でザラっと凄く良い。
食前酒を1杯飲み、ボトルを1本空け、お腹いっぱい食べてひとりあたり8,000円程度。十番でこのレベルの料理を食べ、それなりに飲んでこの金額は極めてリーズナブルです。それなのに店内はガラガラで客は我々だけ。こんなに素晴らしいお店を皆なぜ放っておくのか。今がチャンス!


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番にはフランス料理屋がたくさんあるのですが、残念ながら割高でハズレなお店も多い。外さない安定したお店は下記の通り。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:ビストロ | 麻布十番駅六本木駅赤羽橋駅

ル・ジャルダン・デ・サヴール(Le jardin des saveurs)/東銀座

1991年オープンと、銀座では老舗の部類に入るフランス料理店。店名は『風味の庭』を意味し、かのミッシェル・ブラスが名付け親とのこと。食べログでは4.25(2018年10月)の銅メダル獲得と、かなりの高評価店。
階段を地下に降りると鉄板焼き屋のような半円形のカウンター席。まさにシェフズテーブルであり、厨房の中で食べているかのような臨場感を楽しむことができます。ワインの持ち込みは可能なのですが、抜栓料は1本5,940円と極めて高価。
アミューズは水ダコと白菜を固めたもの。水ダコの歯ごたえと白菜の甘味が手を取り合う。ソースはルイユ。ブイヤベース用のソースで彩りを添えるのですが、調味が薄く存在感は小さかったです。
パンとバターのレベルが高い。供されるごとにオーブンで温めてもらえるため、小麦の温まった香りが鼻腔をくすぐる。
ミッシェル・ブラス直伝、スペシャリテのガルグイユ。野菜がいっしょくたになって茹でられ同じ味付けでまとめられています。 なのですが、彼のガルグイユってこんなでしたっけ?もっともっと野菜の種類が多く、素材ごとに調理方法も違ったような気がするのですが。少なくとも洞爺湖においては
メインは肉か魚を選ぶことができるのですが、そのどちらにするかの判断を来店の2日前に電話で求められました。うーん、それは当日の体調と相談させて欲しい。自分の料理さえも決めきれないのに、同伴者の2日後の気分を推し測ることなどまず不可能でしょう。そのため魚と肉をひとつづつお願いしておき、当日連れに好きなほうを選んでもらい、残りを私が食べるという作戦を採用するしかないのです。が、この魚料理はどう考えても事前に準備を要するものとは思えず、なぜそのような不自由を客に強いるのかが疑問でなりません。
さて、結果として私のメインディッシュは『和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み』と相成りました。色々と複雑な心境を上記に吐露しましたが、この肉料理は実に美味しかった。繊維の1本1本まで確認できるほどホロりと柔らかく煮込まれており、ワインと深みのある脂の味覚が素晴らしい。付け合わせのニンジンなどのレベルも高く、ピッチリとパンでソースを1滴残らず拭い、その皿の白さは洗浄する必要もないほどです。

が、ここでサービスが謎の行動に。我々は完全に食事が終わり、また、グラス内には炭酸水がまだまだ残っているというのに、我々に断りもなしに新しい炭酸水のボトルを開け、そしらぬ顔で伝票に追加料金をつけているのです。何をするだァーッ!意図的であればあまりにセコいし、無意識であればあまりに周りが見えていなさすぎる。いずれに転んでも陳腐極まりない接客態度です。
デザートはカルダモン風味レモンのゼリーにハチミツとミルクのアイスクリーム。アイスがいいですね。ハチミツの高貴な甘味と牛乳のコクがベストマッチ。ゼリーは美味しいは美味しいのですが、量が多くやや大味に感じてしまいました。
コーヒーが抜群に旨い。純喫茶で1,000円くらい近い金額で出されても妥当なほどレベルの高い1杯です。冷蔵庫から豆を出し、その場で豆を挽きと、やはり手間と執念は味に直結するのだ。

料理そのものはクラシックど真ん中で私好み。ただしメインを数日前に決めなければならない不自由さと謎の水事件を考えると手放しで人に勧めることはできません。また、やたら『ミッシェル・ブラスの薫陶を受けた』とのアピールがありますが、彼のコンテンポラリーな料理のベクトルとはまるで異なるように感じました。料理そのものは美味しいのに、なんだか色々ともったいないなあ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

関連ランキング:フレンチ | 東銀座駅築地市場駅銀座駅

鳥政(とりまさ)/表参道


売れている食べ物系ガイドブックは極力買うようにしているのですが、最近のお気に入りはコチラ。ベストセラーレシピ本の著者が選ぶレストラン110軒と手土産81品。ヨイショ本とは異なり、彼女が日常的に通い詰めているリーズナブルなお店が載っているので信頼が置けます。
その中でも男性向けのボリュームランチとして紹介されていたのがココ「鳥政」。表参道の交差点からすぐの路地でありアクセス至便。軒先にグリーンがあり風情がありますが、店内は近場のリーマンたちがごった返す場末の焼鳥屋に満ちています。13時過ぎに訪れても満席。ゴールデンタイムであれば行列必至。ただし13:30頃には売り切れ仕舞いの場合もあるのでお邪魔するタイミングが難しい。

店内にランチメニューは書かれておらず、ネット上の口コミによると、
  1. 焼鳥丼
  2. 焼鳥定食
  3. ラーメン+ミニ焼鳥丼
の3種のみとのこと。いずれのメニューもスープとお漬物付きで¥1,350均一。1と2の違いは別皿か丼かだけであり、3のラーメンは塩・醤油・味噌からフレーバーをチョイスします。私は3の塩味を注文。
注文後4~5分でミニ焼鳥丼が到着。全然ミニではなく、吉野家の牛丼クラスの迫力があります。タネはネギマ・つくね辺りは自信があるのですが、中央の焦げ茶色の肉は不明。肉のひと切れひと切れがピンポン玉ほどのサイズがあり食べ応え抜群。タレはあっさりめ。肉質そのものは中くらいですが、1,350円のミニ丼なのだから多くは求めるまい。

ところで、後から来た左隣のニイチャンが焼鳥丼を注文していたのですが、自信たっぷりに「レバー抜きで」のようなコールを行っており、そのあたりの融通はきくようです。
お漬物が結構おいしい。定食のオマケとしてはかなりレベルが高く感じました。

ちなみに前述のニイチャンの行儀が悪く、食べながら私にヒジ鉄をガンガン食らわせてくるので憤懣やるかたない。加えて右隣のオッサンはクチャ食いでいと恥ずかしくも憐れなり。のちの『前門のヒジ、後門のクチャ食い』である。
ラーメンの塩味が到着。これが、旨い。基本的に私は味濃いめ原理主義であり、味を選べるのであれば豚骨や味噌などをチョイスしがちですが、当店の塩はまるで新世界のシャルドネのようにパンチがあります。ニンニク(?)や胡麻油(?)、各種スパイスがふんだんに用いられており、見た目こそ透明ですがかなり暴力的な味わいでした。麺は細いながらもしっかりとコシを湛えており、並のラーメン屋よりもレベルが高い。後から知ったのですが、バターのトッピングもできるそうです。

ナイスなランチでした。座って1万円~という高価格焼き鳥には及ばないものの、1,350円という価格でここまでのクオリティを維持する当店に拍手。加えてあのラーメンのレベルの高さは尋常ではない。表参道の良心ここにあり。オススメです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

近くのお店(表参道)
表参道ヒルズ(安藤忠雄)、トッズ表参道ビル(伊東豊雄)、コーチ表参道(OMA)、根津美術館(隈研吾)、ディオール表参道(SANAA)など、表参道の名建築34作品についての解説。第一線で活躍中の建築家が現代建築のエッセンスを平易な言葉で素人向けにレクチャーしてくれます。

関連ランキング:焼き鳥 | 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

むら田/麻布十番

釜めし専門店。通りに面した1Fに暖簾が下がり、盛大に「ランチやってます」アピールがあるのですが、入口はココではなくビルの4階です。お米屋さんがやっている飲食店だそうな。
正午に訪れてもガラガラ。「ロースカツ」をお願いしたのですが、注文と同時にお金を払うシステムでした。食券制でもないのに何かヘンな感じ。後から訪れたお客さんも皆、へ?前金制なんだと首を傾げていました。
麦茶がジョッキでドーンと供されます。水分を良く摂る私にとっては嬉しい限り。その他、「辛いソース」「普通のソース」「醤油」も順次並べられます。
数分で「ロースカツ」が到着。専門店であれば15~20分の待ちはザラであるのに、このスピード感。果たしてこれが吉と出るか凶と出るか。
ロースカツは結構おいしい。ロースの割に脂身は少なく、サッパリパクパクと食べ進めることができます。衣もサラっとした食感であり、それほどしつこくありません。キャベツは当然として、オマケの目玉焼きが地味に嬉しい。
小鉢はまさにオマケといった風情であり美味しくありません。お漬物についても同じ印象。
味噌汁の具材は大根。いわゆる定食屋のそれと同等の味覚であり、これといった特長は見当たりませんでした。
ライスはイマイチです。ベチャベチャとした食感であり、当店の経営母体は本当に米屋なのかと疑ってしまうレベルです。
お会計は1,000円。まあ、こんなものでしょう。特に目立った点はありませんが、空いているのと早く出てくるという意味で使い勝手は良い。一度はスペシャリテの釜めしを食べてみるべきなのかもしれませんが、さっきの白米を考えると迷っちゃうなあ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番には日本料理店も結構多いのですが、割高であることが多いです。外すと懐が大ダメージを受けるので、信頼のおける口コミと、味覚が似た友人の感想に頼って訪れましょう。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:釜飯 | 麻布十番駅赤羽橋駅

47都道府県で唯一電車がない県、徳島の美食を巡る旅。


■どこかにマイル/日本航空
https://www.jal.co.jp/jmb/dokokani/index.html
『どこかにマイル』の第7弾。由布院鳴門霧島十和田・奥入瀬札幌宮崎に続き、今回は徳島です。ちなみに『どこかにマイル』とは、JALに6,000マイルを支払い、旅行したい日付を登録すると4つの行先が表示され、後日このうちのどれかの往復航空券がもらえるという緩やかなミステリーツアーです。


阿波の狸まつり
夕食前に街をお散歩。川沿いをブラブラしていると、謎の人だかり。「阿波の狸合戦」「金長狸合戦」など狸が人を化かす昔話が徳島には多く伝わっており、それにあやかったお祭りであるようです。
年によっては徳島市の人口(26万人)に匹敵する人出を記録する年もあり、秋を彩る祭としてすっかり定着したようです。
出店はいわゆるテキ屋が取り仕切っており、店員にそのスジの方が多いように見受けられました。祭の対岸には「暴力追放センター」があるのですが、綺麗さっぱり閉館しているのが実にシュール。


■ココロ
夕食まで少し時間があったので、軽く焼鳥で0次会しようと焼鳥店へ。食べログ百名店にも選ばれているお店ではありますが、開店前からシャッター待ちすれば大丈夫だろうと高をくくる。

17:30の開店と同時に店員が出てきたのですが「ご予約はされていますか?」の冷たい一言。予約はしていませんが、必ず30分で出るので、と申し入れると「予約で満席なので」の一点張り。17:30に満席になるという意味ですか?もう17:30ですけど、と客が独りもいない店内を指さし重ねて問う。他の店員に目配せをした後、目を泳がせながら小さく「そうです」と答える店員。こいつは嘘をついている。

場末の焼鳥屋にこれ以上あれこれ言うつもりはありませんが、これは客あしらいの良い練習問題ですね。「ご予約分しか食材のご用意がないので」「30分では料理をお出しすることができませんので」「以前にトラブルがあったため、このような方針とさせて頂いております」とでも言えば良いだけなのに。どうしてすぐバレる嘘をつくのかなあ。

関連ランキング:焼き鳥 | 阿波富田駅


■かま田
http://www.takemachelin.com/2018/11/kamata.html
食べログ3.78(2018年11月)と、徳島市内ではトップの成績をおさめる当店。飲んで食べて、お会計はひとりあたり12,000円と少し。安い。東京の半額ではないか、と、言葉にならないうめき声で喜びを表現する私。詳細は別記事にて


■鳥ぼん
http://www.takemachelin.com/2018/11/toribon.html
徳島市内に数店舗展開する人気店。目玉は「阿波尾鶏」などのブランド鶏がリーズナブルに楽しめること。飲んで食べて2,000円。2次会と言えど、この費用対効果の高さは提灯行列でもやって祝いたいレベルです。詳細は別記事にて


■眉山
https://www.awanavi.jp/feature/bizan.html
徳島市の川といえば「吉野川」、山といえば「眉山」。どの方向から見ても「眉」の形をしていることから、眉の山と呼ばれるようになったそうな。
ちなみに、さだまさしの同名の小説は徳島ひいては阿波踊りが舞台。さだまさしらしさが詰まった号泣必至の名作です。
さて、阿波おどり会館(後述)5階からロープウェイで眉山の頂上に向かうことができます。わずか5~6分の短い距離ですが高低差は中々のものであり、足で登ると1時間近くかかることでしょう。
山頂展望台からは見事なパノラマが。夜に訪れれば四国一とも言われる夜景を楽しむことができます。
山頂にはパゴダが。県ビルマ会が第2次世界大戦で戦没した戦友たちの霊を慰めるために平和を願って建てたものだそうで、つい先日ミャンマーを訪れたばかりの私は、お、こういうのオレ知ってるぞ感があり何だか嬉しかった。
萌えキャラに囲まれる眉山。なんでも徳島県はアニメの聖地であり、アニメ制作会社「ufotable」の近藤光社長(徳島県出身)が音頭を取り「マチ★アソビ」という一大アニメイベントが年に2度開催されています。
展望台にはカフェがありクールな内装なのですが、ディズプレイが多数設置され、そのすべてにおいて萌えまくりアニメが流れているのが印象的でした。


■阿波おどり会館
https://awaodori-kaikan.jp/
徳島市が設置する阿波おどり関連の展示・実演を行う文化施設。日本の著名な伝統芸能のひとつ「阿波おどり」を、年間を通じて楽しめることをコンセプトにしています。
40分ほどの実演を楽しむ。観光客向けの企画モノと思いきや本格的なダンスショーであり非常に見ごたえがありました。手ぬぐいや独特の動きから若干バカっぽいダンスのように捉えていたのですが、このショーによりその先入観は一掃されました。むしろクールでかっちょええ。いつかお盆の時期に本番を観に来ようと決意。


■虎屋 壺中庵(とらや こちゅうあん)
http://www.takemachelin.com/2018/11/toraya.html
食べログ4.53(2018年11月)で銀メダル獲得と、徳島県内ではダントツの評価を誇る当店(ちなみに2位は3.80)。ただしとにかくアクセスが悪く、車でないと行くことは難しい。タクシーよりもレンタカーのほうが安くつきそうだったので、徳島市内のトヨタレンタカーで車を借りました。詳細は別記事にて


ひょうたん島一周遊覧船
https://www.awanavi.jp/spot/2013032504970/
徳島市の中心地は吉野川の分流の中州にあり、その形が瓢箪に似ていることから「ひょうたん島」と呼ばれています。その中州を一周する無料の遊覧船がコチラ。無料の遊覧船は日本ではこの遊覧船だけだそうな。ただし16時の最終便に合わせて訪れると「1時間以上は待つ」との死刑宣告が下されました。最終便の定義とは。意味不明な運用である。


徳島城跡
https://www.awanavi.jp/spot/2013032502310/
JR徳島駅すぐ隣にある城跡。今では公園に転用されており、徳島県随一の桜の名所となっています。ちなみに「JR徳島駅」と書きましたが、何と徳島県には電車が1本も走っていません。走っているのは「気動車」すなわちディーゼルカー。徳島県は47都道府県で唯一電車がない県らしいです。


■やました
http://www.takemachelin.com/2018/11/yamashita.html
夕食は鮨。なのですが、久々に酷い鮨を食べました。私のような半可通ですら業腹となる食後感であり、「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」を観た後のような絶望的な感覚が当店にはあります。帰りの道すがら「せっかくの旅行なのに、なんという店を選ぶのだ」と、そこから先は文字にするのがはばかられる言葉で妻から罵倒されました。詳細は別記事にて


■宝ラーメン
https://tabelog.com/tokushima/A3601/A360102/36005033/
全く腹は減っていなかったのですが、あの鮨の食後感を引きずったまま帰国したくないと思い、空港内のフードコートで徳島ラーメンを。目玉である生卵は別料金なのがなんだかなあ。ともあれスープそのものは実に美味しく、空港という施設の中で670円という価格設定はリーズナブルな部類に入ると思います。


■エアポートラウンジ ヴォルティス(VORTIS)
https://tabelog.com/tokushima/A3601/A360102/36006157/
徳島空港には航空会社のラウンジが無く、制限区域外にあるカード会社の共用ラウンジを使うことになります。シングル客が前提の椅子配置配置であり、大声でダベる人が少なくいのがすごくいい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。