ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★ふくだ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき  

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ ChezTAKA スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★プリンチピオ アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

高松/四条(京都)

四条烏丸を西に向かい、石畳の細い路地(膏薬辻子)の途中、京料理の金字塔『緒方』の斜向いに位置します。四条烏丸から徒歩5分という好立地。ミシュラン1ツ星。
2013年3月オープンと、割に新しいお店です。大将と女将のツーマンセルで臨む小さなお店 。意図的に客数を絞り、細やかな対応を心がけているのでしょう。大将は料理にかかりきりなので接点はありませんでしたが、女将の感じがとても良いですね。当意即妙に諧謔を弄する。カジュアルではありますが馴れ馴れしくはない、絶妙な間があります。
高校時代の友人と合流しエビスで乾杯。「最初に謝っておかなあかんことがあるねん」と穏やかでない。「このまえ会うた時に『○○さんを呼んでほしい』って言ってたやろ?あれ、連絡取ろうともしてへんかったわ」飲みの場でのくだらない約束を律儀に覚えていてくれるとは。私も軽率な発言は慎もう。
一皿目はジャガイモにイカ、バチコ。余計な調味がされることはなく、素材の味覚がダイレクトに伝わってきます。バチコの旨味がアクセントにすごくいい。
粕汁。具材はゴボウ、大根、ブリ、菜の花と具材が豪華。ランチの末友での粕汁はドロドロのヘヴィ級でしたが、当店は清澄の極みといったところ。味見のつもりでスープから口をつけたのですが、具材が干上がってしまうほど一気に飲み干してしまいました。
京都のお酒『坤滴』。何よりもまず、酒器がシャレオッティですね。中央部の氷で冷やす仕組みがアイデア賞。
お造りはヒラメにブリ。いずれも健康的な個体であり、醤油をちょこんとつけるだけで充分に旨い。たっぷりの大根おろしをブリで巻き、ミニチュアぶり大根として楽しむのもまた一興。
八寸が華やか。まず目で楽しむという日本料理の真骨頂。くわいのカステラが印象的。しみじみと甘く、仄かに香る野性的な香り。牡蠣も凝縮感があり酒が進みます。
風の森。コチラは奈良のお酒です。フルーティで清澄、キレイなお酒。ごくごく僅かな微発泡も魅力的なアクセント。
焼き物はタラの一夜干し。タラとしては美味しい部類に入るのですが、もう少しグっとテンションがアガる魚が良かったなあ。タマネギは甘みと旨味のバランスが良く、タラよりも記憶に残りました。
オマケのタラコの煮凝り。これは美味しいですねえ。ザラりとした舌触りから弾け出る塩気と旨味。日本酒をごくり。
おいなりさん。中にはゴロゴロとタケノコを湛えたしんじょうが詰まっています。油揚げのジュワリとした味覚がノスタルジアを感じさせ、素朴で懐かしい味わい。
〆シャンならぬ〆スパークリング日本酒。『月の桂』という京都純米にごり発泡です。基本的にスパークリング日本酒は好きじゃないのですが、これは例外。日本酒ながら酸味が実に豊かであり、米の甘味とのバランスもちょうど良い。サラサラと流れるようであり、あっという間に飲みきってしまいました。
食事はネギと鴨の炊き込みごはん。蓋を開けた途端、部屋中がネギの香りで満たされる。ネギマシュランとしてはあげぽよな瞬間です。
ネギの味覚が主体で鴨肉はほんの少し印象づけを行うという程度。調味も控えめであり、これまたスイスイと食べ進めることができました。お持ち帰りなどはせず2人で1.5合をその場で完食。赤出汁もお漬物も基本に忠実な味覚です。
デザートは長芋を甘く炊いたものとイチゴ。これは若干企画倒れ。ヌルりとした食感に妙な甘さが悪目立ちし、私は好きな味覚ではありませんでした。やはり長芋は醤油系の味が好きだ。

そこそこ飲んでひとりあたり1.3万円。京都のきちんとした割烹でのディナーとしては極めてリーズナブルです。同じものを東京で食べれば2万円は確実に要することでしょう。
料理の印象は素朴・シンプル。まさに引き算の料理であり、素材の味を引き出すという芸風です。ウニだトリュフだマツタケだ、といった料理を所望する方には合わない点も多々ありそう。京都の雰囲気のあるレストランの入門編に是非どうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
和食は料理ジャンルとして突出して高いです。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの和食ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い和食なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。

ハルクッチィ(harukucchii)/藤沢

藤沢駅から徒歩5~6分の住宅街にあるお店。恐るべき費用対効果を誇る3ツ星和食、幸庵の斜向かいあたりに位置します。
『ワインが飲める野菜料理』がコンセプト。動物性の食材を一切使用せず、無農薬でエネルギッシュな野菜を、スパイスをたっぷり用いて調理します。
スープはカブとトマト。これは旨い。余計な調味は行わず食材に語らせる調理であり、いずれの素材の滋味がふんだんに溢れ出る。
 玄米プレートを注文。本日は玄米ではなく五分づきの米とのこと。中央の葉物野菜の新鮮さは言わずもがなのクオリティ。
正午に位置する自家製豆腐は、そうだよな豆腐って大豆からできているんだよな、と、その出自を再確認させてくれる一品。健康的な塩味を感じる醤油もそういえば大豆製だったっけ。

ゴボウはシャクシャクと逞しい歯ごたえを感じ、ゴハンのお供に最適。

ポテトサラダも上質な風味を湛えており、スーパーで売られているようなマヨネーズでろんでろんのそれとは一線を隠す品質。

無農薬ニンジンとミカンのラペが秀逸。シャクシャクと勢いのある歯ごたえのニンジンに、仄かに香る柑橘系。食べ進めるごとに体が浄化されていくような感覚です。

バゲットにはオーガニックのフムスがたっぷりと。フムスは欧米の小奇麗なデリで供されるような清潔な味わいで美味。他方、バゲットは至って普通の味覚だったので、改善の余地があるかもしれません。

出色は漬けアボカドのフリット。アボカドをワサビ醤油とは良く知られた組み合わせですが、漬けにして揚げてしまえという発想はありそうでない。しっかりとした味付けであり、並のマグロなんかよりも余程旨味に溢れており、五分づきゴハンが一気に進みました。

ちなみにゴハンには昆布とひじきのふりかけが。コチラも実に美味しく、ワガママを言えば自らの手で追加でジャブジャブかけたかった。

下仁田ネギと車麩の煮込みもヘルシーな味覚であり、煮汁まで1滴余さず平らげてしまいました。
いやはや藤沢にも凄いお店があるものです。都心にもここまで徹底的に拘った野菜料理を出すお店は少ないのではなかろうか。夜には魅力的な飲み会プランもあるようで、当店の野菜料理をツマミに自然派ワインを飲めば、飲み会だというのに健康になってしまうのではなかろうか。オススメです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:野菜料理 | 藤沢駅石上駅本鵠沼駅

野毛飲み屋巡り vol.2/桜木町

1年3ヶ月ぶりの野毛。桜木町の改札を右手に出て地下を通り抜けると広がる猥雑な歓楽街。カラオケの向かいにコンビニがあり、その隣に風俗店があったりするので、子連れでは行くべきではないR18な街です。


■うみとはたけ
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14030437/
大人気のホルモン屋(後述)の記帳台に名前を書き、順番がまわってくるまでの時間を有効活用しようと旨そうな居酒屋に飛び込む。
カウンター席が8にテーブルが数卓、奥には離れの個室があります。店主が三崎在住であり、魚は毎日三崎から仕入れ、野菜は通勤途中の畑で収穫してくるとのこと。
「生ビールがハートランドってだけでポイント高いよね」とビールにはうるさい連れ。この日の私は午前中はプールで2kmを泳ぎ、昼から狂ったように横浜地区を歩き倒し、ケータイの歩数計のカウントは20,000を超えています。ビールが旨くないわけがない。
お通しに中落ちが出るのは珍しい。小さなポーションですが、今後の展開を期待させるに充分な品質でした。ああ、『三崎の天然マグロの刺身』が気になる。
地魚の盛り合わせ。奥から時計回りにカツオ、メジナ、スズキ、シメサバ、マアジ。メジナが秀逸。しっかりした歯ごたえにたっぷりとのった脂。少しも磯臭くはなく、円やかな日本酒が欲しくなる。自家製のシメサバも見事な仕上がりであり、これが1皿1,000円とは信じ難い。十番であれば2,000円取られても文句は言えません。
サトイモの酒盗のせ。あつあつホクホクのサトイモに酒盗をたっぷりとのせ一口で頬張る。慌ててビールをお代わりし、それでも足りず日本酒へ進もうとしたところ「ねえ、もう30分近く経ってるよ。そろそろ時間なんじゃないの?」とタイムキーパーからの指導が入り、名残を惜しみながらも店を後にする。

この記事を書くために色々検索していると、食べログの公式ページ(記事最下部参照)に生ビール1杯無料のクーポンが掲載されていることに気づく。ぐぬぬ、1杯逃したぜ。


■野毛ホルモンセンター
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14045993/
17:30頃に記帳した時点は10組待ちほど。18:15に改めて訪れると遥か昔に我々の名前がコールされていたようで、完璧にすっ飛ばされておりました。というか既に行列は無くなっており、すぐに3店内へとご案内。ラッキー!
3階のテーブル席へとご案内頂けました。ガス台ではなく炭火。換気扇のパワーがダイソン級であり、店内はそれほど焼肉臭くありません。お通しの千切りキャベツは食べ放題であり、トンカツ屋よろしくジャンジャカおかわりを持ってきてくれます。これを白米代わりと捉えれば極めてヘルシーな食事とも言える。
19時までの注文に限ってはメガハイボールが90円。通常810円のものであり、ちょっとどうかしてる値引き方です。普通のハイボールは50円。ちょっとどうかしてる。
『新鮮レバー』が既に売り切れていたので、豚のレバーを低温調理したもの。もちろん火は通っているのですが、官能的なねちっこさを兼ね揃った逸品。独特のクセはあるのですが、それを洗い流すためにメガハイボールが存在する。
スペシャリテの『ペラペラ焼き』。豚の大腸で、一般に『シロ』と呼ばれている部位です。網の上でペラペラと焼き、タレに漬けることなくそのままパクり。うーん、臭い。名物かもしれませんが、私はあまり好きじゃありません。
ペラペラ焼きには自動的に辛ニラがついてきます。これは焼くことなく生のままで、ペラペラ焼きの薬味として頂きます。なるほど適度な辛味と暴力的な青臭さ。大腸の臭みを消すには打ってつけの存在。
MIX焼きは様々な肉の切れ端(?)がつけダレと共にぶち込まれているという印象。想像以上のMIXさ加減です。しかしながらこれが中々に美味しく、この肉は何かなあとメニュー表と照らし合わせながら食べる楽しみもある。個人的にはハツが実に旨かった。
連れはYokohama Breweryが手がける『野毛ビール』を飲みたいと言って聞かない。焼肉には絶対にマッチしないから止めた方が良い、と助言しても「真実はいつも少数派なのよ」と彼女はそろそろ酔っ払っているのかもしれません。

特に野毛らしい味わい(?)は無く、正統的なクラフトビールと言ったところ。「あなたの予言通り、合わない。。。」ほら言わんこっちゃない。焼肉にはスーパードライかハイボールだと享保の改革の頃から決まっているんだ。
ミノ。回転が良いためか、570円という価格からは考えられないほどの美味しさです。都心の気取った焼肉屋で1,000円を超えて出されても文句は全く無いレベルです。
ラム。決して質が悪いというわけではなく、スーパーで買うラム肉などよりは余程美味。ヒツジサンライズでは100グラム程度で2,800円を請求され気を失ってしまいましたが、当店では150グラム程入って500円かそこらです。モノの値段って、難しい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
私はヒールからスニーカーまでイケるクチです。三ツ星店もいいけど、場末の飲み屋街も魅力的。
おひとり様大歓迎の名酒場100軒を掲載。ひとり客の割合・男女比・ビールの値段などを「酔い処早見表」として整理されており読み易いです。紙媒体だと1,000円近くする本が、Kindleだとたった500円でお買い得!

関連ランキング:居酒屋 | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

デ・ソト・バール・ノザキ(De Sot Bar Nozaki)/麻布十番

麻布十番から飯倉方面へ徒歩5~6分。ランチ焼肉の名店みやび高い費用対効果を誇るジャスミンタイなど、良いレストランが集まるグルメビルの一角にあるイタリアン。六本木すずなも同じビルにあります。
ランチはパスタのセットが3種。1,100円で、サラダとフォカッチャが付きます。
セットのサラダ。新鮮なレタスにきちんと調味が周っており美味。もう少し素材に多様性やボリュームがあればもっと嬉しい。
フォカッチャは大きめサイズでほんのりと温かい。ごくシンプルな仕立てではありますが、素朴な小麦の味わいが実に旨い。
パスタが到着。うーん、インスタ映えない。アーリオオーリオ(オリーブオイルにニンニクを加え、風味が全体に行き渡るように弱火で加熱したオイルソース)がベースのスパゲッティに、カジキとキャベツが具材として組み込まれているのですが、もうちょっと派手にトッピングしてくれたほうが私は好き。味は可もなく不可もなく無難。
「コーヒーと紅茶のどちらか~?」と問われたので、あれ?付いてるんでしたっけ?と聞き返すと、「付いてはないが、お出ししている」と難解な回答。つい先日、TSU・SHI・MIで凄く嫌な思いをしたので用心深くなってしまいましたが、当然に無料でした。
明るい店内で居心地も良いのですが、ランチの出来は平凡なものでした。うーん、これならチックのパスタランチに行っちゃうなあ。直感的にもっと引き出しは多そうなお店なので、なんなら値上げして、メニューに幅を持たせて欲しいところです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番はイタリア料理屋も多い。ただし、おっ、と思えるお店は少数です。個人のお店のランチが狙い目ですね。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。