ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★ふくだ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作   

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ ChezTAKA スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★プリンチピオ アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

タァナムタイ/刈谷

刈谷駅北口にはためく巨大なタイ国旗。 ご当地グルメ『北京飯』で有名な半熟堂のすぐ近くです。
ランチメニューカオマンガイやグリーンカレーなど、タイ料理の代表選手が10種ほど。サラダやスープ、コーヒーまでついて880円均一なのはリーズナブル。
セットのサラダはコンビニレベルで普通です。それでも量は結構あり、コンビニで200円以上は要することを考えればお買い得。
スープはタイ料理のエスプリを感じるというよりは、中華料理屋のそれに近いです。ウェイパー的な味覚で安定的。
パッタイを注文。 乾麺のライスヌードルを戻したものに、玉子や干しエビ、ニラ、モヤシ、エビなど。ケチャップのような風味が強く、あまり好きなベクトルではありません。しかしながらポーションはたっぷりであり自然と腹も膨れ自動的に満足してしまう自分がいる。やはり量は正義である。
デザートは缶詰をそのまま開けたようなフルーツであり、シロップ漬けのまんま味。それならそうと、せめてフルーチェにして欲しかった。
 コーヒーの味覚に拘りはみられず、形ばかりといったところです。
値段が値段だけに多くを期待してはいけませんが、やはり値段相応といったクオリティでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
2017年は延べ1ヶ月ほどバンコクに滞在しました。安くて美味しいタイ料理。在住者に勧められたお店ばかりなので、大きく外すことは無いでしょう。
中級者向けのタイグルメ本。バンコクリピーターやタイ料理マニア、タイ在住日本人のほか、現地のレストランオーナーやフードジャーナリストなど、バンコクを知り尽くしたグルメたちのとっておき情報が満載。グルメに関して言えば観光客向けのガイド本とは比べ物にならない情報量です。オススメ!

関連ランキング:タイ料理 | 刈谷駅

酒処 つがる/品川


特大のベーコンステーキで有名な当店。本来は夜の居酒屋のはずですが、近年はランチの定食のほうが有名になりつつあります。
ピークタイムは行列必至であるため、開店前から並ぶ作戦。開店は11:30なのですが、3~4分前には入場させて頂けました。入店後は事務的に奥へ奥へと詰め込まれ、ブロイラーの気持ちが少しだけわかります。
食べログの口コミで予習したところによると、「2枚はお買い得だが普通は食べきれない」とのことだったので、おとなしく1枚で注文。隣の客は勇猛果敢にも2枚を注文したのですが、即座にホールスタッフから「ウチのベーコンはホント量多いけど大丈夫ですか?」との指導が入り、1枚への変更を余儀なくされていました。
ちなみにもう片方の隣客は豚生姜焼を注文しており、これはこれで美味しそう。恐らく彼はベーコンステーキを幾度と無く食べ尽くしたモノノフなのであろう。
納豆・海苔・生卵はセルフサービスで各自1つづつ頂くことができます。
注文後数分で到着。私はファーストロットでの注文だったので、注文後少しだけ待ちました。しかしながら列に並んでいる客に対しては着席前にオーダーを取っていたので、見切り発車で調理を開始し、着席と同時に提供するシステムなのでしょう。
味噌汁はまあ普通です。
マカロニサラダ(?)もまあ普通。というか美味しいマカロニサラダを食べたことが無い。どなたかマカロニサラダであればココ!というお店があればご連絡下さい。
さて本題のベーコンステーキ。厚さ1cm、長さは20センチほどはあるでしょうか、板チョコぐらいの容積はありそうです。焦げ目が良い意味で香ばしく、塩気も強い。思っていたほど脂は強くなく、肉々しさを楽しむといった印象。なるほど確かに一般人であれば1枚で充分かもしれません。
ライスは丼いっぱいでかなり多い。先のベーコン、生卵、納豆、海苔で味変しつつ完食。

確かに料理としての費用対効果は高いのですが、気持ちの良い食事かどうかは別問題。とにかく回転率重視であり、「スマホのゲームは控えてください」「もう下げてもいいですか?」のように、客を圧迫面接するというホスピタリティの欠片も感じられないサービス精神です。そういうお店だと理解した上で訪れましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
品川は心からグルメ不毛の地ですね。気取った店はことごとく割高です。エスニック料理屋は割に納得感がある。

「ハイパーローカルなシティカルチャーガイド」を標榜するオシャレな本。今号のターゲットは品川です。とにかく地元に密着した情報が満載で、グルメコーナーは一見の価値あり。別冊の天王洲アイル特集など、色々と目のつけどころが面白い本です。

関連ランキング:居酒屋 | 品川駅北品川駅天王洲アイル駅

大昌園食堂/十和田市(青森)

バラ焼き。何かのB級グルメグランプリで立派な賞をとった、十和田市が誇るソウルフードです。その名の通り牛バラ肉にタマネギを加え、醤油・にんにく・唐辛子・砂糖などで調味したタレをかけ、鉄板の上でグッチャグチャに混ぜながら焼く料理です。
十和田市の焼肉屋のほとんどで供されるこのバラ焼き。当店はガイドブックでは必ず取り上げられる有名店であり、朝から晩まで休みなしの通し営業、かつ、日曜日も営業と、観光客にとっては有り難い存在。
16時というヘンな時間に訪れたためにガラガラかと思いきや、いくらか地元客が入っています。奥の個室では大勢のお父さんたちが大宴会中で微笑ましい。

ちなみにバラ焼きは十和田市が有名ですが、発祥の地は三沢市の米軍三沢基地近くにある食堂『赤のれん』が発祥の店らしいです。戦後、牛肉はまだまだ高価で一般の人々の手には入りにくい存在でしたが、三沢では米軍払い下げ品として赤身以外のバラやモツが比較的安く手に入ったそうな。
基本的には焼肉屋であり、そのうちのひとつのメニューとしてバラ焼きがあるという位置づけ。それでも15時までならライスや味噌汁がついて800円というオトクなメニューがあったりと、やはりバラ焼きが特別な存在であることは間違いなさそうです。

我々は数時間前にたっぷりランチを摂ったばかりだったので、ほんの味見程度にと、バラ焼きを単品で2人前注文。車であったため飲み物は頼まなかったのですが、特に嫌な顔はされませんでした。というか、後述しますが基本的に感じの悪い客あしらいなので、これぐらいどうってことないです。
注文後数分で肉とタマネギが到着。オバチャンが問答無用で鉄板の上に具材を展開し、そのまま立ち去って行きました。せっかくなので写真を撮っていると、芝居がかった溜め息をつきながらオバチャンが戻っておいでになり、「ああもう!混ぜて混ぜて!混ぜないと焦げるから!」と指導が入ります。
厚切りのタマネギと薄切りのバラ肉とでは火の通り具合が異なるので、火が通りつつある牛肉を火力の弱い端へと追いやり、中心部でタマネギをじっくり焼きます。するとまたオバチャンが我々のテーブルを訪れ、「ああもう!牛肉とタマネギは一緒に焼かなきゃ、タマネギが飴色にならないでしょ?」と、2枚目のイエローカードを出されました。イラッとジャパン。うるさいなあ。そんなにこだわりがあるなら突っ立ってないで、お前が調理しろよ。
その後も彼女たちは(オバチャンは2人いたのである)看守よろしく我々の一挙手一投足に目を光らせ続け、再びツカツカと我々の元へと戻り、ガチャンと火を消し、食っていいぞと言わんばかりに顎をしゃくりあげました。後の血の日曜日事件である。
味は予想していた通りというか、今あなたが想像している通りの味覚です。牛丼屋のアタマをややピリカラに味付け、汁が無くなるまで炒めたような味わい。不味くはないが、旨くもない。ただし牛肉の脂の質が極めて悪く、翌朝の胸焼けと膨満感を覚悟する。
店内の床は飛び散った脂でヌルヌルとしており、換気もなっておらず立ち込める焼け焦げた香りが白煙となって店内に立ち込めます。服に匂いが付いてはたまらんと、滞在時間十数分で退散。
値段が値段なだけに味についてはあれこれ言えませんが、それにしてもこの店員の対応は何とかならんもんか。肉とタマネギを炒めただけの単純な料理なんだから多少焦げようが九牛の一毛ではないか。1ミリの焦げも許容できぬというのであれば、奥であんたらが調理して皿に盛って出してくれ。

『おもてなし』という言葉はこの店の辞書には存在せず、国際オリンピック委員会の偉い方がこの店に来ないことを祈るばかりです。安い肉に安い金を払ってがっついて食べ、とっとと出ていくような使い方のお店でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
それほど焼肉は好きなジャンルではないのですが、行く機会は多いです。有名店で、良かった順に並べてみました。
そうそう、肉と言えばこの本に焼肉担当として私のコメントが載っています。私はコンテンポラリーフレンチやイノベーティブあたりが得意分野のつもりだったのですが、まあ、自分の評価よりも他人の評価が全てです。お時間のある方はご覧になってみて下さい。

関連ランキング:焼肉 | 十和田市

叙々苑/麻布十番

今月の東京カレンダーは麻布十番特集!十番のお店は結構行ってるつもりでいたけど、全く知らないお店もいくつかあってドキドキ。十番はお店の入れ替わりが激しいからキャッチアップが大変だぽよ。
さて、その十番は地味に焼肉激戦区であり、チェーン系・独立系双方の焼肉レストランが百花繚乱。したがって、叙々苑のようなどこにでもある焼肉屋はついつい後回しになりがちです。
「わざわざ十番にまで来て焼肉?しかも叙々苑?」という考えが一般的なのか、やはり店内はガラガラ。ぽつらぽつらと訪れる客はいずれも近所の人品骨柄卑しからぬマダム&ムッシュという雰囲気。平たく言うと穴場です。
ランチは1,500~5,300円と幅が広い。全てのメニューにスープ、サラダ、ナムル、キムチ、ライス、コーヒー、デザートがつきます。これは食べる前からリーズナブルな予感。
私は2,100円のステーキランチを注文。 いわゆる焼肉屋は注文後すぐに提供されることが多いですが、当店はオーダーを受けてから結構時間がかかります。しかしながら、後述するように、いずれも丁寧な調理であるように見受けられたので好意的に解釈。
主役のステーキ。150グラムはありそうな大判サイズであり、サイドメニューが色々ついて2,100円は極めてお買い得。ややもするとスーパーで肉買って家で焼くよりもお得かもしれません。 オマケの海老もオマケの割に結構旨い。
当店は炭火ではなくガスコンロ方式。焼肉業界には炭火焼き原理主義者が実に多いですが、私はどっちでもいいやというスタンス。ガスコンロのほうが火力が安定し、メイラード反応を操り易いという印象。肉を半分食べたところで「網をお取替えしましょう」と、ランチ定食にしては随分と親切な仕組みです。
スープが美味しい。焼肉屋のランチのスープはやっつけ仕事であることが多いですが、当店のそれはきちんと料理として成立しており、別売りで販売することができるレベルでした。
サラダも同じくレベルが高い。品の良いチョレギサラダという体であり、香りもよく程よい塩気も食欲をそそります。
想像通りナムルセットも実に美味しい。ケチな焼肉屋であればこの一皿で800円近く請求されても納得してしまうほどのクオリティです。
ライスの量は大中小から選ぶことができ、私は中でお願いしたのですが、それでも丼いっぱいの量であり食べ応え抜群。味もいい。上質な米を緻密に炊き上げた逸品。本日一番のお皿です。
キムチは酸味が強く私の好きなタイプではないのですが、それは好みの問題であり、キムチとしては非常に高いレベルに達していると感じました。繰り返しますが、この享楽的な焼肉定食が2,100円というのは極めてお買い得。
連れはビビンバ肉重ランチ。1,500円です。サイドメニューは私のステーキランチとほぼ同じ。ナムルセットが重の中に組み込まれており、また、温泉卵がつくのがお洒落ポイントです。
主題であるビビンバ肉重。ナムルやライスの美味しさは前述の通りですが、肉の量がちょっと物足りないかもしれません。一口味見させてもらいましたが、肉の煮込みが強く脂も抜けてしまっている印象。これは私のステーキランチの大勝利である。
デザートにヨーグルト。これがカスピ海ヨーグルト的なトロっとしたタイプであり地味に旨い。
圧巻はコーヒー。酸味主体のフルーティな1杯で、十番のどの喫茶店よりも旨いコーヒーではなかろうか。ここまできちんとしたコーヒーをカフェで楽しむとなると5~600円は覚悟しなければなりませんが、叙々苑様の手にかかると食後のオマケで楽しむことができるのです。恐るべし、叙々苑。
帰りにブレスケアまで頂きました。いやはや実に素晴らしい焼肉ランチでした。叙々苑とはバブルの申し子でありミレニアル世代にとってはオワコン扱いされることが多いのですが、なるほど焼肉一本で一世を風靡しただけの実力がここにある。

欠点が何一つ見当たらない。闘いは強い所で勝つのではなく弱い所で負けることが多いことを考えると、当店の網羅性には外さない強さがある。次回は夜に訪れてみたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番は隠れた焼肉激戦区。突出したお店は無い一方で、優等生が多い印象です。
  • 焼肉 おくむら ←ランチでは都内トップクラスの費用対効果。ハラミが旨いんだ。
  • 焼肉苑 ←十番いや日本全体で見たとしてもお得なランチ。
  • みやび ←ランチがお得。スープのおかわり無料がバッチグー。
  • 叙々苑 ←欠点が何一つ見当たらない。
  • コソットエスピー ←お洒落だが割高。
  • 韓日館 ←文字通り震え上がるチーズダッカルビランチ
  • ブルズ ←半個室なのでのんびりできる。
  • 山本牛臓 ←サムギョプサルが良い。レタスとエゴマはお代わり無料♪
  • おんがね十番 ←ランチだとオイキムチとカクテキが食べ放題♪
  • 鳳仙花 ←老舗の超有名店。
  • 純豆腐 田舎家 ←店員含め本格派。
  • 三幸園 ←ランチの焼肉丼が特徴的。
  • 栄来亭 ←創業は1965年、麻布十番で初めてできた焼肉屋。
  • 花十番 ←+220円でユッケジャンスープがお買い得。
  • Kintan ←雑穀米が美味しい。
  • 一番館 ←何この量!?カンナムスタイルかよ。
  • 新鮮ホルモン ランボー ←味と量と価格のバランスは十番焼肉業界でトップ
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:焼肉 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅