ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈   

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ ChezTAKA スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★プリンチピオ アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

TWO ROOMS GRILL|BAR(トゥールームス)/表参道


青山の商業ビルAO(アオ)の5階、隣り合った2つのビルの同じ高さのフロアをブリッジで結んだKLのアレのようなレストランです。サンフランシスコを拠点とする、「エイト(8)」というデザイン集団が手がけた内装は開放感と温もりに溢れ、めちゃくちゃカッコイイ。
自慢は原宿駅方向を望むテラス席。意外に高層ビルが少なく見晴らしが良いですね。

グランドハイアットのオークドアのサービス隊長だった方が関与しているようであり、そのためかスタッフやゲストに外国人が目立ちます。芸能人も多く、この日だけでも私が認知した限り2人の知った顔がいました(以上、写真は公式ウェブサイトより)。
5月とは言え暑い1日だったので、まずは生ビール。ちなみに生ビールは1,000円、グラスシャンパーニュは2,400円と、超ウルトラ高級ホテルのメインダイニング級の価格設定です。

「友達が婚約したって報告してきてさ」 軽蔑の意を含んだ声色で彼女は言った。おめでたい話じゃないか、と言いながら無理やりグラスを重ね合わせる。その女の子と私との間には何の関係もない赤の他人ですが、昼間からアルコールを乾杯する口実にはなり得ます。
連れはスプリッツァー。一般的には白ワインを炭酸水で割るだけのカンタンなカクテルなのですが、当店のそれは色とりどりのフルーツが含まれておりオシャンティです。

「うーん、絶世の美女ってわけじゃあなくて、地味なOLなのに、急にインスタの羽振りが良くなってさ。心配になって直接会って話を聞いたのね。そしたら婚約相手は投資コンサルタントらしくって…」投資コンサルタント、と私はひとり繰り返す。

「突然高級ホテルとか、高級レストランとか、高級車とか、バカでかい指輪とかをアップするようになってさ。それが、『婚約者に買ってもらった』とは絶対に言わないのね。『カレは投資のパートナーなの。共同出資よ』って言い張るわけ。近々に投資用のマンションを買うんだってさ」なるほど、これは結婚詐欺の良い練習問題である。
スペシャリテ(?)のシーザーサラダ。フレッシュなロメインレタスに粉雪のようにチーズをふりかける。そのチーズの量が度を越していて、もはやサラダというよりは酒のツマミに感じてしまいました。風が吹くとチーズが飛ぶ。これはこれでありよりのあり。

婚活サイトや出会い系アプリが発達した昨今、職業や年齢からある程度の収入や住宅ローンを組める金額などが推定されやすくなったため、詐欺師たちの活動が効率的になりつつあります。ターゲットは30代の生真面目な独身OL。『あたしってまだまだイケる』感を煽るのがコツ。バリキャリであればあるほど自分に自信がありプライドも高く、人に相談するということが無いため騙し易いそうな。

詐欺集団はもっともらしい節税スキームを披露し、今後の結婚生活をイメージさせ、最初の第一歩として投資用のマンションを購入させる。もちろん投資用のマンションを販売する業者はグルであり、実際の相場よりも数倍で購入させた後は、性格の不一致なり何なりで破談に持ち込むという手口です。

ポイントは被害者女性が自ら判断を下していることですね。婚約を承諾したのは自分であり、ローンを組むのも自分自身。そのように契約させる雰囲気を醸成するのが勘どころ。ある意味詐欺というよりは、マインドコントロールに近い手法なのかもしれません。
パンのお味はまあ普通なのですが、先の粉チーズとドレッシングを塗りたくって食べると結構旨い。

連れがパスタセットを注文しようと、本日のサラダは何かと外国人店員に尋ねるのですが、「本日ノpastaハ、イカ、デス」としか答えない。私からトマト系ソースか、オイル系かソースか、しまいには何色か?などのようにベーシックな単語を用いてゆっくりと聞き取り易い発音で繰り返し聞いても「イカ、イカ」としか情報は得られません。これでサービス料10%か。要塞のように冷ややかに店員を睨みつける彼女。葉山庵Tokyoでの「コレハアマイ!コレハアマイ!コレハアマクナイ!コレハアマイ!」事件を思い出しました。
答えはバジルソースでした。バジルは英語やんけ!しかしながらサイコロ状にカットされたイカがゴロゴロと入っており結構美味しい。濃厚なバジルソースには手堅い旨さがあり、麺の茹で加減も悪く無い。なかなかレベルの高い料理であるだけに、スタッフのサービス能力の低さが悪目立ちします。

「あたしのココロが荒んでるから素直に祝福できないのかなあ。もしこれが、純粋な恋愛だったらどうしよう」うーん、詐欺に合うぐらいならまだマシで、長い目で見た場合、純粋な恋愛のほうがタチが悪くないでしょうか。もし仮に私が石油王だったとしても、心底惚れた相手に対してそのような品の無い物量作戦で口説いたりは絶対にしません。
私のメインはBBQ グリルバーガー。上質な牛肉を粗挽きにし、ミディアム・レアで仕上げたパティが実に旨い。200グラムというボリュームも嬉しい限り。タマネギ風味のソースも後を引く美味しさです。ただしサラダとコーヒーがついて3,400円は割高。

そもそも金銭感覚の不一致は価値観の不一致であり、ひいては夫婦関係の不一致に繋がるものでしょう。年収数千万の男性と年収数百万の女性が30歳を過ぎて結婚して上手くいくはずがない。親友5人の平均年収が自分の年収だ、とは良く言ったもので、金銭感覚が異なる人種との関係は、いずれ破綻をきたすものである。
付け合せのポテトが旨い。ジャガイモ丸ごとを5ミリ間隔ぐらいにスライスし、そのままワイルドに揚げるだけなのですが、イモの素朴な味わいがじんわりと響きクールです。

タイタニックではジャックが死んだから悲恋の傑作として成立することができるけれど、仮にふたりとも生き残った場合、全くの異国の発展途上国で、大金持ちのニートの女と、手しか書けない売れない画家がふたりでひとつの道を歩むことは極めて難しいと考えざるを得ないでしょう。
食後の飲み物にはアイスコーヒーをチョイス。これが冒頭の生ビールに匹敵するほどの量で、まともに味わえば1時間はもちそうな代物です。味はまあ中くらい。

僕が警察を装って、彼女に電話を1本入れようか?警察のものですが、結婚詐欺グループが捕まって、彼らのターゲットリストにあなたの名前があったんですけど大丈夫ですか?って。

ふたりでランチセットを食べ、酒を1杯づつ飲んで9,000円弱。予見していたことではありますが、費用対効果が良くないですね。繰り返しになりますが、このサービスレベルの低さでサービス料10%は納得がいきません。ただし圧倒的な割高感があるためか、客層が一定程度保たれており、空間と客層を買うという意味では悪くない選択かもしれません。

「うーん、でも、その子のプライドを傷つけたくないからなあ。だからさ、あたしに良い考えがあるの。あなたにも少しだけ協力してもらうことになるけど」彼女は悪戯を思いついた少年のような笑顔を浮かべて言った。

~つづく~


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

Le Kuhn/Strasbourg(フランス)

ストラスブールに何時に着くか時間が読めなかったので、ディナーは予約しておらず。ホテルに荷物を置き、トリップアドバイザーで近場の手頃なレストランを検索すると、徒歩数分のところにアルザス郷土料理のお店を発見。
見た限り客の全ては地元民であり、みなカジュアルな装いでおしゃべりに興じている雰囲気。席は8割方埋まっており、中々の人気店のようです。
グラスのシャンパーニュが8ユーロと、日本に比べると大変お得。やっぱり日本で飲むシャンパーニュってどう考えても高すぎると思います。

コースメニューもありましたが、せっかくなのでアルザスの郷土料理を「前菜+メイン」のアラカルト形式でお願いすることに。すると店員から、「え?そんなに注文するの?マジで多いけど大丈夫?」と真剣に止められました。どういうこと?「前菜+メイン」1皿づつって普通じゃない?
前菜にタルト・フランベ。アルザス地方の名物料理のひとつです。非常に薄いパン生地をフロマージュ・ブランなどのチーズもしくはクレームフレーシュ(サワークリームの一種)で覆い、薄くスライスした玉ねぎとベーコンをのせて焼いた、薄焼きピザに似た料理。これがシンプルながらすごく美味しい。マッシュルームの風味が濃く、ホワイトソース(?)の優しい味わいが後を引く美味しさ。
Kuhn風サラダ。ちょっと待て、これのどこがサラダだ。山盛りのザワークラウトの上に、オバケのように覆いかぶさるソーセージ。不味くはありませんが、これはちょっとやりすぎです。後の料理でザワークラウトが出るのだから、何かアドバイスしてくれてもいいものなのに。
先のサラダからヤバ系の兆しを感じたので、パンには手を付けず。
せっかくなので地元のリースリングをカラフェで。500ミリリットルで10ユーロちょい。酸味がメタメタに強くギョっとしましたが、この値段であれば文句は言えまい。
豚肩ロースが到着。うごご、なるほど冒頭に店員が「多すぎる」と言った理由がわかりました。筋肉質な成人男子の二の腕ほどの太さがあり、骨を除いたとしても300グラム近い可食部です。ザワークラウトもゲンコツ大ほどの大きさであり、卒倒しそうになる。
もうひとつのメインは「ザワークラウト+5つの肉」という雑な料理名だったのですが、なるほど二郎系のシュークルートでした。こちらも可食部換算で300グラム近く。先の豚肩ロースもそうですが、肉もキャベツも味が単調で数口食べると飽きてくる仕組みであり、決して不味いわけではありませんが、大蛇のような食欲をもってしてもウンザリする。
それにしてもどのような注文の仕方が正しかったのか。「前菜+メイン+デザート抜き」という注文方式で食べきれないというのであれば、メインだけを注文すべきだったのか。よくよく見ると、周りの地元民も皆、メインの半分近くを残しまくっています。うーん、さすがにもったいない。お店側はもう少し地球に優しくなるべきだと思うのだけれど。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

関連ランキング:フレンチ | ストラスブール

火鍋 三田/麻布十番

東京レストラン事情に精通する神童たちに教えてもらった火鍋のお店。新橋のハイバー高級中華料理「趙楊」の系列店なので期待大。十番・三田・田町・白金高輪からいずれも10分近く歩くので、ピンヒール女子はお気をつけて。
店内に充満するむせ返るようなスパイスの香り。色んな料理をチョコチョコ出すような軟派な店ではなく、火鍋1本で勝負するという男気溢れる芸風です。
火鍋で同じでおなじみ、2種のスープ。左は白湯、右は辛いスープです。白湯とは鶏ガラを中心に各種スパイスやハーブを加えながら出汁をとったスープ。「白湯」という字そのものに「スープ」という意味が含まれているため、「白湯スープ」という表現は厳密にはNGだそうな。シティバンク銀行な感じです。

前置きはさておき、この白湯スープが実に旨い。鶏のポタージュよろしく滋味に溢れ風味に奥行きがあります。そこらの鶏系ラーメン屋のスープなど足元にも及ばないほどのクオリティであり、具材を食べる前にスープだけでお椀3杯近く飲んでしまいました。

他方、辛いスープは見た目の通り大迫半端ない辛さであり、どちらかと言えば辛い食べ物が苦手な私にとって、味覚を吟味することは叶わず。白湯にチョイチョイたらして味変を楽しむといった用途です。
ハートランド生が580円と、この地域にしてはリーズナブル。ツマミも辛いことだし今夜はいっぱい飲んでやろうと目論んでいたのですが、あまりの辛さにアルコールを摂取することすら厳しくなり、火鍋のお供としてはひたすら水ばっか飲んでました。こんなに辛い思いをするのはバンコクのナーン以来である。
お通しは茹でピーナッツ。素朴でマイルド。

さて今回は5,500円のコースを注文。もうひとつの7,500円のコースは前菜がいくつかと、具材がもう少し高級なものになるとのことでした。
まずはレバーなどの内蔵たち。これそのものを味わうというよりは、最初にスープにぶち込んで出汁を取るという意味あいが強い。味は一般的なホルモン料理屋のそれと同等です。
魚介はエビ、ホタテ、真ダラ、イカ。これらも出汁を取るのが主目的なのですが、いずれも立派な個体であり、それぞれの素材がきちんと美味しかったです。
肉は鶏肉・豚肉・牛ロース。いずれも一般的な水炊きやしゃぶしゃぶ店のそれと同等ですが、当店はとにかくスープが抜群に旨いので、どのような素材を投入したとしても、どれもが素晴らしい料理となるのです。スープは追加でジャンジャン注ぎ足ししてくれるのも気前が良くてグッド。
野菜やキノコたち。エノキや春雨などはスープをたっぷり含むため、まことに美味しい。序盤にスープを飲みすぎたためか、大した量は食べてないのにこの時点で既に満腹。
こちらは白身魚のお団子です。スープの味に頼ることなく、下味がしっかりとついており、前向きなツミレです。
〆の中華麺。食べ方はもちろん自由なのですが、「辛いスープで一旦煮込み、下味をつけてから白湯で食べるのがオススメ」とのこと。
人の勧めには従うタイプ。まずは麺を辛いスープに投入し、なんて素敵な地獄絵図。
手元の器に白湯を注ぎ、先の麺をくぐらせます。ウヒョー!辛い!旨い!なんて危ない開放感!大した量は食べていないのですが、あまりの辛さに満腹中枢がイカれてしまい、もうこれ以上は食べれません級に腹くちくなりました。
デザートには自家製の杏仁豆腐。舌がザラつくほど重傷な甘さなのですが、今夜に限ってはこれぐらいがちょうど良い。手負いの舌のリハビリに最適。
食後は冷たいプーアル茶で心を休め、ごちそうさまでした。

いやあ、旨かった。大満足。しかもお会計はひとり1万円を余裕で切ります。ノリとしては天香回味に似ているのですが、より暴力的で激しく感じました。十番近辺における5月度MVP。これからの暑い夏に向かって最適なレストラン。ハコは小さいのでご予約はお早めに。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
当店の近所の中華料理店は下記の通り。どの店も圧倒的にランチがお得です。十番で中華は昼がオススメです。
  • 火鍋 三田 ←なんて素敵な地獄絵図。暑い夏に最適なレストラン。
  • ナポレオンフィッシュ ←中国の少数民族料理。今までに無い調味料の使い方!当店に限っては夜も良いです。
  • 飄香 ←夜は高級店ですがランチは驚くほどリーズナブル!
  • 永新 ←単品モノは高いですが、スープの旨さに悶絶!
  • 登龍 ←ギョーザが1人前2,000円という地獄。
  • 御膳房 ←ここもランチ。ランチコースもありますが、一番安いセットメニューで充分。
  • 萬力屋 ←チェーン店ですが結構おいしくリーズナブル。
  • 富麗華 ←中国飯店グループの旗艦店。ですが、高いだけです。
  • 紫玉蘭 ←富麗華のセカンドライン。ランチは800円~と一気にお得に。
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。雑誌なので売り切れ注意!

関連ランキング:中国鍋・火鍋 | 白金高輪駅三田駅田町駅

Le 1741/Strasbourg(フランス)

ストラスブールの旧市街中心からほど近く、イル川沿いに佇むミシュラン1ツ星店。店名の「1741」は「ミル セット サン キャランテ アン」と読みます。ちなみに1741年はストラスブールのアイコン「ロアン宮(ストラスブール司教の住居として建てられた宮殿)」が建てられた年。
ラベンダーの差し色が印象的な可愛らしいレストラン。家具やアメニティは全てエルメスで統一。カトラリーはクリストフルと、わかりやすい設定。
アミューズはアルザスの郷土料理を再構築したもの。左はタルトフランベ、中央は地元のチーズを筒状に、右はザワークラウトのタルト。これは旅行者にとってたまらない演出ですねえ。ゆうべの暴力的な郷土料理とはベクトルが真逆です。
地元の泡を1本。確か5〜6,000円ぐらいだったはず。やっぱりフランスはワインが安いなあ。東京のミシュラン星付きレストランでこの価格設定は珍しく、やはりこれぐらいの絶対価格に押さえてくれると気軽にガブガブ飲めてちょうどいい。
ジャガイモのポタージュに地元のチーズをクリスピーな状態でたっぷり振り掛けます。サクサクとした歯ざわりで、スープにはありそうで無い食感。ネギの風味もアクセントにちょうどいい。ある意味ジャガイモのすりながしであり、和食にも近い味わいです。
どうしてもラングスティーヌ(アカザエビ)が食べたかったので、私はアラカルトで注文。エビの造形を保った豪快な盛り付けを期待していたのですが、全くイメージと異なるプレゼンテーションで嬉しい誤算。果物や野菜が宝石箱のように散りばめられており、ヨーグルト主体の酸味のきいたソースが食欲を掻き立てる。ラングスティーヌそのもののも気前の良い量であり、私の選球眼に間違いは無かった。
妻はコース料理を注文。4皿出ます。こういう場合、1皿1皿のポーションは小さいものですが、前菜に出てきたウナギが定規のようなサイズで驚きました。1口頂きましたが、燻香がきいており、日本におけるウナギの調理よりも食感を大切にしている印象です。でもやっぱ蒲焼のほうが美味しいな。
妻の魚料理はオマール・ブルー。付け合せにはアーティチョークにホウレンソウ。クレマン・ダルザス(地元の泡)を用いたソースが出色。また、この価格帯でオマール・ブルーにありつけるのはフランスならではでしょう。日本であればこの1皿で軽く1万円は超えそうな料理である。

ちなみに私はアラカルト注文で、前菜とメインの2皿のみなので1回休みです。が、スタッフが「もしシェアするなら」と、私にもカトラリーを置いていってくれましたキャハ★。
私のメインは鳩。清澄で臭みなど一切なく、特級の美味しさです。部位ごとの味わいの違いも楽しむことができ、レバーがとりわけ美味。ちなみに真ん中はアスパラではなく、グリーンピースで作ったペースト。実に手の込んだ1皿である。
さらなる付け合せとして、たっぷりのグリーンピースと赤系ベリー、鳩のほぐし身をチーズ系のソースで。グリーンピース嫌いなら発狂しそうなほどの豆量であり、これはちょっとやりすぎだったかもしれません。
妻は乳飲み仔牛。彼女は私ほど胃袋が大きいというわけでなく、フルコースのメイン時にどれだけ素晴らしい料理を出されても迫り来る膨満感に気を使って平常心であることが多いのですが、この時はスイスイと喜んで食べていました。なんでもスモークが非常に強く食欲がそそられるとのこと。アスパラのプレゼンテーションも手が込んでおり、モリーユ茸、ニョッキの付け合せもいちいちレベルが高い。
妻の4皿目はデザート。チョコレートケーキにピーナッツのペースト、マンゴーのアイスでしょうか。若干繊細さに欠けた味覚であり、これはこれで美味しいのですが、乱暴な味わいとも言えます。めちゃ手が込んでいるかというと違う。「ひと口もらっといて文句タレてんじゃないわよ」
小菓子のレベルが非常に高い。特に右のチョコタルト。濃厚なカカオの風味にピスタチオの健康的な脂質。東京の菓子屋なら1,000円取られてもおかしくないクオリティです。
支払金額は合計で266ユーロ。1ユーロ130円計算で3.5万円弱。ひとりあたり1.7万円。ランチとしては高価ですが、質そのものを加味するとリーズナブルな価格設定です。というか私などアラカルト注文なので、ディナーでこの価格と考えればあげぽよです。

サービスも卒がなく、雰囲気が良い。ゲストに楽しんで貰おうという気持ちがひしひしと伝わってきます。東京にあれば超トップクラスのレストラン。国境近くの何でもない田舎にこんなに素晴らしいお店があるとは、フランスの底力を見ました。オススメです。ストラスブールを訪れた際は是非どうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

関連ランキング:フレンチ | ストラスブール