ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2018年8月21日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ Chez TAKA  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★天本 ★てんぷら前平 ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   
★epoque+ azabu

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★喃喃 ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ スペード ポトローズ マルシェデジュウバン クラフトワインエヌ ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★火鍋三田 ★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 ちかっぱ博多 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

新香飯店(しんこうはんてん)/麻布十番

麻布十番の中心から、仙台坂はナニワヤ方面に向かう途中にある中華料理屋。下町風情が満開の、どの街にも必ず一軒はあるような気軽な中華料理屋です。
間口に比して奥行きがあり、かなりの席数を誇ります。ピークタイムであっても3割の入りですが、客の出入りは激しくそれでも常に3割を維持しているので、トータルの客数はかなりのもの。
グランドメニューの他、ランチのお得なセットが7~8種。油淋鶏に目を付けると「10分近くかかりますが大丈夫ですか?生のお肉から調理を始めるので」と自信たっぷり。望むところです。
きっかり10分で油淋鶏セットが到着。わーお、想像していたよりも大迫力。場末の中華料理屋で1,000円超えは高いなあと思っていたのですが、このボリューム感なら全く問題ありません。
主題の油淋鶏。なるほどガリっとした外皮にジューシーな鶏肉。まさに揚げたての逸品。やや温度が強く所々焦げてはいますが、それはアクセントとして前向きにとらえましょう。たっぷりのネギが含まれたネギソースにも深みがあり、つまり、すごく美味しいのである。
スープは醤油ラーメンのスープ的なスープです。定食のスープとして味わうには悪くないですが、ラーメンのスープとしてはやや単調かもしれません。
サラダは量はそれなりにあるものの鮮度に問題あり。変色が進んでおり食欲が減退します。まあ、街の中華料理屋のオマケのサラダとはそういうものである。
冷奴はパックから出しただけです感が満載で家庭的。
ライスも一般的な定食屋のそれと同等でした。いずれにせよ、この立地この金額でこれだけの量ならびに質を楽しめるのは嬉しいですね。ガッツリとした男メシ。喫煙可でもあるため、あまり女性的なイメージはありませんが、悪くないお店です。
夜にはお得な生ビールセットやハッピータイム(アワー?)も開催されているようで、チョイ飲みにも良さそう。ご近所さんにとっては使い勝手の良いお店です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
当店の近所の中華料理店は下記の通り。どの店も圧倒的にランチがお得です。十番で中華は昼がオススメです。
  • 火鍋 三田 ←なんて素敵な地獄絵図。暑い夏に最適なレストラン。
  • ナポレオンフィッシュ ←中国の少数民族料理。今までに無い調味料の使い方!当店に限っては夜も良いです。
  • 飄香 ←夜は高級店ですがランチは驚くほどリーズナブル!
  • 永新 ←単品モノは高いですが、スープの旨さに悶絶!
  • 登龍 ←ギョーザが1人前2,000円という地獄。
  • 御膳房 ←ここもランチ。ランチコースもありますが、一番安いセットメニューで充分。
  • 萬力屋 ←チェーン店ですが結構おいしくリーズナブル。
  • 富麗華 ←中国飯店グループの旗艦店。ですが、高いだけです。
  • 紫玉蘭 ←富麗華のセカンドライン。ランチは800円~と一気にお得に。
  • 新香飯店(しんこうはんてん) ←ランチの油淋鶏は中々のもの。
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。雑誌なので売り切れ注意!

関連ランキング:中華料理 | 麻布十番駅赤羽橋駅

白(つくも)/奈良駅

志賀直哉は随筆「奈良」において「食ひものはうまい物のない所だ」と言い放ちましたが、当店はミシュラン2ツ星。JR奈良駅より徒歩5分ほどの住宅街にひっそりと佇む和食店。「白」と書いて「つくも」と読みます。「百」から一を取って「九十九(つくも)」です。九十九ラーメンの「つくも」ね。
佐々木琴子似のマダムの接客に癒やされながら席に着く。西原理人シェフは「嵐山吉兆」で研鑽を重ねた後、ニューヨークの「嘉日」ならびにロンドンの「UMU」で料理長を務めた後に帰国。奈良の地で独立し、あっという間に人気店の仲間入り。
雲子(白子)を炙ってキックオフ。トロンとした官能的な味覚に春菊の大人の苦味がたまりません。左上は立派なお茶の葉だそうで、それを調味料として用いるのは面白い試み。
飲み物は最初から日本酒。奈良の地酒がわかりやすくラインナップされており、順番に楽しむことができました。いずれも1合1,000円程度と良心的。「風の森」の純米大吟醸がお気に入り。
白菜のスープは白味噌や酒粕で調味されており、コッテリと濃厚な味わい。香り付けに白トリュフを用いるという思い切りの良い店主。色とりどりの野菜の下には野性味あふれる大和豚が鎮座していました。
先日閉幕した第70回正倉院展にインスパイアされ、その宝物を模したお造り。シマアジ・真珠貝・イクラです。ねっとりとした舌触りのシマアジがいいですね。しかしながら味はさておき、シェフは盛り付けに凝りすぎるきらいがあり、この料理にありつくまで相当の時間を要しました。食べるリズムも味覚のうちと捉える私にとっては若干のストレスです。
特大の海老を天ぷらで。ただ大きいだけでなく、身質の凝縮感というか密度というか、噛みしめるたびにギュッとした食感と風味を楽しむことができる最高の海老でした。生麩を揚げた付け合せも食べごたえがありバッチグー。
長野県は小諸産の蕎麦を用いたお蕎麦。まずはシンプルに塩でいただき、その後めんつゆを追っかけで被せていきます。間違いなく美味しいのですが、なぜこのタイミングで蕎麦を出すのかは疑問。いち太のように〆に出して欲しかったな。
焼き物は大和鴨。醤油板(醤油の出涸らし的な副産物。もちろん食べることができる)を用いて香りを移し、加えてもろみ醤油でフィニッシュする。猛々しい鴨の肉質と旨味。程よい甘味を湛えた脂身。西洋料理などを含め、ここ数日で最も旨い鴨肉でした。
肉の下にはつくね的ミンチ肉が。天然の卵黄ソースと共に一口で頬張り、モグモグと咀嚼するたびに旨味と幸福が溢れ出てきます。本日一番のお皿でした。
食事に入る前にサラダ。サラダといっても菊芋のピュレや旬のズワイガニが敷き詰められていたりと、早い話が酒のツマミである。それにしても盛り付けに時間がかかりすぎである。丁寧なのは良いことですが、駆け抜ける歓びを乱してまで凝る必要は果たしてあるのかどうか。
食事が到着。ライスは奈良県産のヒノヒカリ。ゴハンのお供としてキンキの煮付けが出るのが最高に嬉しいです。というか、煮付けをツマミに酒を飲み、ゴハンはお漬物と赤出汁で頂きました。
ゴハンをおかわりすると、オマケがついてきます。何でも牛肉と松茸を山椒と味噌で炊いたものであり、味濃いめ原理主義の私にとっては最高のオカズです。
さらにゴハンをおかわりすると、今度は海苔を敷き詰めた後にシラスを散らしてくれました。このシラスが丸々と太って実に美味。
甘味は大台ケ原(紅葉の名所)をイメージしたきんとん。サツマイモをビーツやカカオなど天然の着色料で自由自在に色付けし、目の前で裏ごししていく様は最高のパフォーマンス。
料理は1.2万円とリーズナブル。酒も安く、これだけを銀座で飲み食いすれば3万円近く取られるのではなかろうか。

ただし先にも述べましたが、課題はスピード感ですね。東京の2回転が当たり前という芸風に慣れた身としては、手持ち無沙汰に感じた局面が多々ありました。そもそも十数席にも及ぶゲストを同時に相手にするのは無理があるのではなかろうか。6席にして2回転にしたほうが、作り手も食べ手もストレスが少なく済むような気がします。が、これはあまりに東京的な発想かもしれません。

いずれにせよ、料理は美味しくカリテプリに優れており、接客も良ければ客層も良い。奈良に訪れる機会があれば是非どうぞ。オススメです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
和食は料理ジャンルとして突出して高いです。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの和食ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い和食なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。


関連ランキング:懐石・会席料理 | 奈良駅近鉄奈良駅

伊豆の旬 やんも/表参道


コチラで大絶賛されていたお店。同じくこの本で紹介されていた表参道「鳥政(とりまさ)」のランチが心から素晴らしかったので、今回も期待に胸を膨らませてお邪魔します。
伊豆の食材、とりわけ魚介を多用する和食店。前述の本には「開店時間の11時半を目指して駆け込まないとあっという間に行列」とあってビビっていたのですが、平日12:15に訪れて2組待ち合計数分待ちと拍子抜け。
なるほどすぐに入店できた理由がわかりました。外観からは考えられないほどの大箱であり50席近くあるのではなかろうか。カウンター・テーブル・座敷など様々なタイプの席が用意されており、ディナーでの使い勝手も良さそうです。
着席後すぐに供される食事。待っている間に注文を取りに来て、見切り発車で調理に着手するなど手際が良い。私は「さば味噌漬焼」を注文しました。
焼き魚としては信じがたいボリュームの鯖がやってきました。ヒトコトで言うとナイスバディ。神々しく輝く味噌の照りがやばたんまる。絶妙に焼かれた皮目の香りがプンプンで、食べる前からあげぽよです。

味はもう、文句なしに旨いですね。史上最強の焼魚定食です。星付き和食店の1皿としてしれっと出されれば、まさか1,000円代のランチと気づくことは絶対にできません。
小鉢のきんぴらごぼうもかなり美味しい。これはもう、普通の定食屋のレベルを遥かに超え、きちんとした和食店と評して問題ないでしょう。
お漬物も恐らくは自家製であり、素材の味が感じられる真正な味わいです。
味噌汁も出汁の風味が響き、具材もたっぷり。新鮮なネギがワシャワシャと加入しているのが最高ですね。おまけにお代わりOK。ここは表参道の良心です。
ライスは意外に普通でした。魚を始めとした他の料理のレベルが高い分、相対的にイマイチに感じてしまったのかもしれません。しかしながらお代わりOKではあるため満足度は高くなる。とどのつまり、私はグルメ(美食家)ではなくグルマン(大食漢)なのだ。
このあと表参道で働く女の子に少し会ったのですが、「お昼どこで食べた?やんも!?いいな!」と目を輝かせてしまうほど、表参道界隈で働く人々に愛されているお店。定食は複数種類用意されており、近くに住んでいるのであれば日替わりで通い詰めたいほどです。オススメ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

近くのお店(表参道)
表参道ヒルズ(安藤忠雄)、トッズ表参道ビル(伊東豊雄)、コーチ表参道(OMA)、根津美術館(隈研吾)、ディオール表参道(SANAA)など、表参道の名建築34作品についての解説。第一線で活躍中の建築家が現代建築のエッセンスを平易な言葉で素人向けにレクチャーしてくれます。

地鶏割烹 稲垣/麻布十番

十番商店街を歩いていると親子丼の写真と目が合う。比内地鶏の親子丼。実に旨そうな触れ込み。
テナントはアルティジャーノ リックの上のフロア(写真は公式ウェブサイトより)。焼き場を取り囲むカウンターが数席にテーブルがいくつかという小さなお店です。
魅かれた通りに親子丼を注文。「大」だと200円アップですが、ゴハンだけでなく具材などすべてのボリュームがアップすることだったので、望むところです。
注文後数分で親子丼の大サイズが到着、なるほどこれは紛うことなき大サイズ。代官山「こけぴよ」の親子丼とは段違いのスケールです。
まずはお椀から。味噌汁ではなくすまし汁。このスープが何ともオールドスクールで、実家のお雑煮の味わいに類似しており心なごむ。具材もたっぷりであり、きちんとした1品として成立していました。
小鉢はポテサラかなあ。オマケながらも中々に美味しく、夜のツマミ陣にも期待が持てます。
本題の親子丼。鶏肉は秋田比内地鶏。玉子の量もトロっと感は申し分なし。肉の炊き加減も硬すぎず柔らかすぎず程よい弾力があります。何よりゴロゴロとたっぷり入っているのがすごく良い。ゴハンの炊き加減も好きなタイプであり、つゆだくな割り下と共に王道中の王道の親子丼を堪能。
正真正銘の大サイズであるためかなりのボリューム。山椒や一味(?)で味変しながら最後の最後まで美味しく頂けました。
フラっと訪れた割には(失礼)、相当美味しい親子丼で大満足です。他のランチメニューとしてチキンカレーも気になる。何より夜のメニューが旨そうだ。次回は夜に、焼鳥を堪能しながら酒を楽しみに来たいな。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番には日本料理店も結構多いのですが、割高であることが多いです。外すと懐が大ダメージを受けるので、信頼のおける口コミと、味覚が似た友人の感想に頼って訪れましょう。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:居酒屋 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅