ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」「◎(費用対効果が極めて良い)」の4つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」「費用対効果が極めて良い」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

シナーダ/牧志(沖縄)

人妻を家族が待つホテルまで送り届けたのち、ブラブラと歩きながら宿へ戻る。
牧志公設市場の南に差し掛かったころ、突如出現する爽やかなティファニーブルー。Si nadaというお店です。
ビーチにあるセンスの良いカフェのような内装なのですが、なんと驚き、当店でもせんべろ開催中。しかも「A:ドリンク4杯」「B:ドリンク3杯+1品」「C:ドリンク2杯+2品」という良心的な選択肢。
せんべろセット以外にも単品メニューも結構あります。いずれの料理も手が込んでいそうなのですが500円を超えることはありません。
前払い制の明朗会計。1,000円を差し出すと、ビールとドリンクチケット(?)一枚が手渡されました。私はCセットを注文したので、このチケットをもとにもう1杯の飲み物を注文することができます。
おつまみ2品はマカロニとオニオンのサラダにサーモンの塩麹和え?前者はコンビニのお惣菜と同レベルですがこの価格なので文句は言うまい。後者は控えめに言って絶品。食べ応えのあるたっぷりのサーモンに、程よい塩気と発酵感がたまりません。
2杯目はカクテル各種、焼酎、泡盛、日本酒、サワーなど百花繚乱なのですが、せっかくの雰囲気なのでスパークリングワインを注文。おそらくカヴァでコンパクトな味わいではあるものの、この雰囲気の中でこれだけ飲み食いして1,000円は牧志の奇跡。

女性おひとりさまでも全く問題の無い居心地の良さなので、一人旅の方も是非どうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
この年は1年で10回沖縄を訪れました。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

土香る/国際通り(沖縄)

家族旅行を楽しんでいる人妻が「ちょっと会社の先輩が来てるから」と嘘をつき、家族をホテルに置いて出てきてくれました。彼女が閻魔様に舌を抜かれませんように。
しかも彼女がお店を予約しておいてくれるという好待遇。国際通りから一本わき道に入ったところにある、島野菜が自慢の沖縄料理屋です。
私にとって沖縄最初の夜であるため、やはりオリオンビールで始めたいところ。連れはいきなり泡盛ロックで開始。「家族といると全然飲めなくってさ。はあ!?明日はダイビングで朝早い?最低3杯は飲むんだからね!」彼女にはどうも調子を狂わされる。
お通しの手の込みように驚く。ミミガーの煮こごりが秀逸。味わい深いゼラチン質の奥にコリコリとした食感が弾みます。

彼女は少年のようにこんがりと焼け、健康を具現化したような存在となっています。美しいデコルテに思わず触れたくなる。すごく素敵だ、安室奈美恵かと思ったよ、と素直に感想を述べると「最高の褒め言葉として受け取っとくわ」
島おくらの和え物。なるほど内地のヘナチョコなオクラに比べると瑞々しくネットリとした舌触り。彼女と同様、沖縄は生きとし生けるものに生命力を与えるのかもしれません。
ドラゴンフルーツのつぼみの天ぷら。このような食べ物がこの世に存在することを初めて知りました。味わいは中くらいですが、この一皿は食べログクーポン(記事下のリンク参照)を提示して無料で手に入れたものなので、あれこれ言うまい。
島ゴボウの天ぷら。味が濃い。味付けが濃いのではなく、ゴボウそのものの味が濃い。ホクホクとした歯ごたえに繊維を感じ、東京では得がたい逞しさがここにはあります。
私はラムトニック。県産ラムのトニック割りです。ラムの原材料はサトウキビであり、サトウキビ栽培と言えば沖縄県のお家芸。もっと流行しても良さそうなものだけど、あまり有名じゃないですね沖縄産のラム。
連れは硬派にも泡盛ロックを続ける。しかしながらピュアな泡盛とは異なり、樽で長く寝かせたものを。一口頂きましたが、なるほどウイスキーのような迫力のある樽香。ブラインドで飲めば泡盛とはわからないことでしょう。
県産シイタケをシンプルに炙る。これは思いがけず普通であり期待ハズレ。しっかりと恋ダシで煮込んだほうが良かったかもしれません。
私は蒸留酒をそれほど好まないのですが、彼女にインスパイアされて泡盛をロックで。強い度数が五臓六腑に染み渡る。
タイのカルパッチョ。沖縄名ではややこしい名称がある魚なのでしょうが、内地の我々にとってはタイという理解で充分でしょう。こちらも歯ごたえがあり筋肉質な個体ですが、先日の鳴門の鯛に比べると見劣りしてしまう。
連れの泡盛への進入角度が収まらず、ついにレアものの古酒にまで手を出します。「だってあたし、今夜が沖縄最後だし。久しぶりに会ったけど、やっぱりキミといると楽しい」店員さんおかわりお願いします今夜はワンチャンあるかもしれません
もずく天ぷら。もずくそのものは美味しいのですが、衣と油がイマイチでした。もう少し衣を薄く油を質の良いものにすれば、もずくの美味しさがダイレクトに伝わったかもしれません。


お会計を済ませお店を出ようとすると、店主が名刺を手に挨拶に来てくださいました。何かの質問に彼女が「あ、いえ、彼はお友達なんです」と答えると、店主が「じゃあ、もうすぐお二人はご結婚されるんですね」と強烈な質問をぶっこんできました。

彼女が何と回答するのか全身を耳にすると「違います違います全く違います。あたしはもう結婚してて、彼も結婚してるから」とキッパリ。そんなに否定しなくてもいいのに。

このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
この年は1年で10回沖縄を訪れました。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

関連ランキング:ステーキ | 美栄橋駅県庁前駅牧志駅

パーラー タコス・タコス/牧志(沖縄)

沖縄では「せんべろ」が大ブーム。「せんべろ」の由来は「千円でべろべろになれる」であり関東では赤羽立石野毛、大井町などにそのようなお店が大集結。そしてここ数年の沖縄においてもせんべろ酒場が大ブームとなっているのです。
特に牧志公設市場の南側に「せんべろ」が多い印象なのですが、その中でも「サンライズなは商店街」の浮島通りに近い場所にある当店。
18時まであれば合計1,000円=ドリンク3杯+タコス+おつまみ、と発狂価格。今回は残念ながら19時過ぎの入店になったのでアラカルトでの注文です。
「はいっ!おつかれさん!」とにこやかに供されるオリオン生は250円。東京では700円近くして当然という雰囲気である中、圧倒的な費用対効果の高さが那覇にあります。
「こうちゃん風タコス」を注文すると、「初めてならビーフタコスのほうがいいよっ」と軽快にアドバイスを下さるご主人。ご助言に従うと注文を受けてから丁寧にシェルを焼き始めます。焼く、というよりも揚げ焼きに近いようなカラっとパリパリ感。

肉は結構なボリューム。スパイスがしっかりときいておりお世辞抜きで美味しいです。野菜もたっぷりと挟み込まれており、大きく口を開けてかぶりつく至福のひと時。サルサソースで味を変えながらものの数分で貪り食ってしまいました。これで250円。
私のオーダーを処理した後、店主はテラス席に陣取る常連客と共に酒を酌み交わし始める。酒の価格はどれも300円かそこらなので、客も気前良く店主に酒を勧めています。いいなあ、この雰囲気。ピっと500円玉を差し出し次の店へ。なんとも気持ちの良いひとときでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
この年は1年で10回沖縄を訪れました。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。

関連ランキング:メキシコ料理 | 牧志駅安里駅美栄橋駅

ヘイフンテラス(ザ・ペニンシュラ東京)/日比谷

Hei Fung Terrace。ザ・ペニンシュラ香港の中国料理「スプリングムーン(嘉麟樓)」の姉妹店。香港出身のシェフが織り成す正統的な広東料理のお店。
シャンパーニュはHervé Malraud Extra Brut。繊細な泡立ちにブリオッシュの風味。黒葡萄が結構入っているのか、優雅ながらも味わい豊かな泡でした。
お通し(?)に胡桃の飴炊き。コクのある脂に程よい甘味がベストマッチ。腹が膨れていけないと思いつつも、ついつい手が伸びてしまいます。
点心盛り合わせ。トウモロコシを模した物体は蒸し餃子。食べ応えのあるエビに優しい穀物の味わいが良く合います。奥のシュウマイは鶏肉主体。大層滑らかな餡であり、仄かに香る魚介の香りも面白い。右下はトマト。質の高い和牛がザクザクと放り込まれており、明達という感銘を受けました。
焼き点心。左は金華ハムの叉焼まん。隠し味にパイナップルで本日一番のお皿です。他方、右の金華ハムのパイはイマイチ。妙に油っぽく内臓が疲れる味わいでした。
茄子の胡麻味噌辛味炒め。タレが絶品。これだけを麺にからめて食べたいぐらいです。具材の茄子とズッキーニは標準レベル。味付けは文句なしなのでもう少し具材をパワーアップさせて欲しいところです。
食事は桜海老と青唐辛子入りもずく麺。これも中途半端。先に同じく味付けは良いのですが、倹約的な桜海老の使い方や青唐辛子の感度の低さなど課題の多い麺でした。
デザートは金木犀のゼリーに仙草ゼリー。ソースはココナッツミルクです。恐らくややこしい甘味なのでしょうが、解かりづらい味わいであり唇が寒い。
プーアル茶をのんびりと頂きごちそうさまでした。

最初の点心の時点ではさすがペニンシュラと声を上げたほどなのですが、そこからはキレイに右肩下がりで残ったのは不満足。これだけの値段を取るのだからもう少し量とバリエーションを。おだやかな接客とおもてなしはさすがのペニンシュラ・クオリティ。そういう意味では接待向けのお店なのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
それほど中華料理に詳しくありません。ある一定レベルを超えると味のレベルが頭打ちになって、差別化要因が高級食材ぐらいしか残らないような気がしているんです。そんな私が「おっ」と思った印象深いお店が下記の通り。
1,300円としてはものすごい情報量のムック。中国料理を系統ごとに分類し、たっぷりの写真をベースに詳しく解説。家庭向けのレシピも豊富で、理論と実戦がリーズナブルに得られる良本です。

関連ランキング:広東料理 | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

葉山の花火を海上から観た結果www

「出会いの場を提供する」といういかにも怪しげなビジネスを展開する起業家に「葉山の花火大会を船上から見れるんだけど、一緒にどうかな」とお誘い頂きました。

「先約がありまして、友達ひとりお連れしても良いですか?」とたずねると、「どうせ女でしょ」と、さすが出会いの場を提供する起業家は察しが良い。
京急で100分、新逗子駅へ。そこから徒歩20分で葉山マリーナ到着。本当はタクシーやバスが便利なのですが、花火大会であるためタクシーはつかまらず、バスについては2台待ったもののいずれも寿司詰め状態で乗ることができませんでした。
船舶オーナー関係者限定のエリアに潜入。何度かゴハンをご一緒したことのある、読モ兼美人と合流。この日彼女は当イベントのために仕事を休み、船やスタッフとの打ち合わせならびに飲食物の手配など、全ておひとりで済ませていてくれたのです。何この利他的な精神。葉山のマザー・テレサここにあり。
船室がキレイ。私がダイビングで乗る船とは雲泥の差です。この後、イケメンDJがiPhoneと船の音響を赤外線で繋ぎ、イケメンなEDMを流してくださいました。
たっぷりのビールと共に出港。
泡で乾杯。それにしても、どこの人たちはうして平日の夕方から葉山沖で酒など飲んでいられるのか。ちゃんと仕事してるのかと心配になる。
水面に映えるルージュのようなワンピース。私の連れのパリピ感が止まらない。ちなみにみんなで首からさげているのはライフジャケットです。
花火が始まるまではクルージング。江ノ島近くまで訪れ、七里ガ浜や由比ガ浜を通り抜ける。海辺には花火観覧の場所取りに必死な人々がチラホラ。イビサでは指をくわえながら陸から船の人々を見ていましたが、我々はたっぷりのツマミとサブウェイで優雅な海上ピクニック。
間近で観る花火はひたすらに圧巻。上を向きすぎて首が痛くなるレベルです。打ち上げ数は1,200発と小規模な花火大会ではありますが、花火の価値は数で決まらないと確信。
自然と湧き上がる拍手。私は東京の花火大会はもちろん、大阪のPL花火や秋田の大曲花火大会まで足を運んだひとかどの花火通なのですが、今回の花火が最も深く記憶に刻まれました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。