ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」「◎(費用対効果が極めて良い)」の4つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」「費用対効果が極めて良い」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

マウイ・マイクス(Maui Mike’s Fire-Roasted Chicken)/カイルア(ハワイ)

このグルメ本における最高得点のお店はヴィンテージ・ケーブ・クラブ(後述)。次に点数の高いお店がパイオニア・サルーン(後述)および当店です。

ワイアヒについて論じられていたのですが、さすがにカイルアからは遠いからなあとググってると、なんと偶然、カイルアにも出店していることを知りました。ありがとうインターネット。
カイルア・タウンからは車で10分ほど。歩きやチャリでは厳しいかもしれません。思っていたよりも大衆的な外装でありやや拍子抜け。
メニューは6種類のみとシンプルな構成です。
地元の鶏を冷凍することなく新鮮なまま用いることが自慢。
注文を済ませるとトランプが手渡され、これが番号札変わりになります。ありそうで無いオペレーション。
カウンター越しにロースターの写真を撮っていると、店員さんがわざわざ写真を撮り易いように開けてくれました。

「中に入ってきて撮っていいよ!」とまで言ってくれたのですが、別の店員が「さすがにそれはまずいっしょ」と、最終的にはNG。いずれにせよ、感じの良いお店です。
「ハーフ・チキン」と「マイクス・メルト」を注文。「ハーフ・チキン」にはソースが2種とサイドがひとつ、「マイクス・メルト」にはソースが1種とサイドがひとつ付きます。
「ハーフ・チキン」。ローストチキンの半身です。これは旨い。新鮮と自信を持つだけあって、瑞々しい肉質です。わかり易い味付けに、水分を上手に取り込んだジューシーな肉。1,000円を切ってこのレベルとは俄かには信じ難い。

ポテトは標準的。1ドル追加してフレーバーを付けてもらいましたがあまり印象は変わらず。
ソースはBBQのスモーク味とスイート味、ハニーマスタードの計3種を用意してもらいました。いささか人工的な味。チキン自体に味があるのでこれはほとんど使わず、フレンチフライの味変用に少し用いるだけに留める。
「マイクス・メルト」。ボードには「サンドイッチ」と書かれていたので、トーストにチキンやチーズが入ったものかと思いきや、ホットドッグスタイルでした。

それにしてもポテトの量が尋常でない。いずれかひとつに留め、もうひとつのサイドはコールスローにすれば良かったと後悔。
パンの切れ目にスパイシーなソースが塗られ、その中に鶏のほぐし身がギュウギュウに詰め込み、チーズがドロりとかけられています。

チキンの味はロースト・チキン同じくグッド。ソースもビビッドな味わいで良い。パンはいかにも業務用で愛想がない味わい。チーズにも深みがなく平板な味わいでした。

やはりこのお店はローストチキンだ、と胸を張ってオススメしたいところですが、妻は「骨が一杯あって食べるのが面倒。サンドイッチのほうが食べやすくていい」とのこと。この記事を読まれた方は、ご自身の価値観に照らし合わせて選んでみて下さい。
この本も先日の東京カレンダーと同様に極めて有益であり、穴が開くほど読み込みました。ひとり500ドルを超えるレストランとファストフードが同列に語られている部分など、ところどころ違和感がありますが、全体としてみれば納得感のある評価です。

「あなたはゴチャゴチャと細かいこと言わないで、食文化に乏しいハワイにおいて、こういう本が出せるようになったってだけで快挙なんだから」と妻。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。


関連ランキング:バーベキュー | カイルア(オアフ島)

ヒバチ(The HIBACHI)/カイルア(ハワイ)

カイルアでは有名なポケ専門店。日本のガイドブックには載っていなかったのですが、現地のグルメサイトでは度々登場しています。
入って左は飲料の売店。ワインが直射日光に晒されているため、それ程お酒に思い入れは無さそうです。
入って右手がポケならびに焼き物のデリ。ポケだけでなくBBQリブやなどの焼き物も売られています。店名の通り、お店としてはこちらも主力なのでしょうが、なぜかポケで有名になってしまった当店。
アヒポケは数種類味があって、色々と詰めてもらうことができます。1ポンド(≒450グラム)で25ドル弱。ちょっと高い。ただしアヒ(マグロ)でない魚、例えばサーモンなどであれば20ドルを切ってきます。もちろん1ポンドを買う必要はなく、重さを指定すれば秤で計ってその料金分のみ購入可能。ゴハン付きのポケボウルであれば10ドル弱。
店内に飲食スペースは無く、お店の外に簡単なテーブルセットがあるのみです。そう、レストラン使いするには難しいので、ガイドブックにも載せ辛いのでしょう。
「スパイシートビコ」「ジンジャーショウユ」「リムククイ」の3種を詰めてもらいました。偶然にも当店の人気トップ3をチョイスできた模様。
「ジンジャーショウユ」はジンジャーの味わいに乏しく印象に残らず。「リムククイ」はもっと海藻を前面に出して欲しかった。意外にも一番美味しかったのは「スパイシートビコ」暴力的な味付けであるものの、わかり易く美味しい。

旅行者向けのお店ではなく、地元の方向けのお店でしょう。ワイキキにも美味しいポキ屋は沢山あるので(後述)、ワイキキから日帰りで来る方にとっては優先度は低いかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。


関連ランキング:デリカテッセン | カイルア(オアフ島)

2週間のハワイ旅行で出来ること<2日目>~肥満体に叩き起こされた話~


■ブーツ&キモズ(Boots & Kimo's)/カイルア(ハワイ)
ベスト・オブ・ホノルル賞を受賞した大人気の朝食店。もともとはオムレツ屋なのですが、オーナーしかレシピを知らないというマカダミアナッツ・パンケーキが日本のメディアで取り上げられ、パンケーキの名店として名を馳せました。詳細は別記事にて。


■カイルア・ビーチ・パーク(Kailua Beach Park)/カイルア(ハワイ)
カイルア中心部から歩いて20分ぐらい。結論から述べると素晴らしいビーチです。「パーク」であるため、駐車場やトイレ・シャワー・BBQ場も完備。
9時に到着。視界に数人しかおらず、青い海と空を独占。
ちょうど良い日陰があったので仮眠。まさにスヤスヤと気持ちよく眠っていると、ゴチャゴチャとした金切り声に惰眠を妨げられる。うるさいなあと起き上がると、デブのブス体脂肪に大変恵まれた豊潤な体系の、しかしながら顔の造りは標準からは大きくかけ離れた個性的な目鼻立ちの日本人女性でした。妙に機内持ち込み荷物が多くて、しかも飛行中に荷物入れをやたら開け閉めするタイプです。

どうしてこういう女はギャアギャアとうるさいんだろう。日本の公共の場においても、うるさい奴がいるなあと思って見遣ると、かなりの確率で容姿に恵まれない方であり、美人であったためしがない。

美人は放っておくだけでみんなに構ってもらえるけど、そうでない方は自ら目立たないと振り向いて貰えないからそうなってしまうのでしょうか。アピールしないとパスは来ない。そういう意味で、その努力は認めます。だがしかし、「おなかすいたー!さっきスーパーがあったから買い出し行かない?スパムむすび食べたい!」だからお前は太るのだ。


■バズ(BUZZ'S ORIGINAL STEAK HOUSE LANIKAI)/カイルア(ハワイ)
ランチは大統領用テーブルへ案内される。クリントン夫妻ならびにオバマ一家がこのテーブルで食事をしたとのこと。詳細は別記事にて。


■ラニカイ・ビーチ(Lanikai Beach)/カイルア(ハワイ)
カイルアビーチから歩いて15分。全米ベスト・ビーチの常連です。なるほど息を呑むほどに美しい。カイルアビーチから陸続きですぐそこなのに、海の色がミルキーに変わってくるのが面白いですね。
ただし難易度は高い。まず、駐車場がありません。路中をする不届きな輩も多く地元民がかわいそう。更衣・シャワー施設やトイレが無く、ライフガードも居ません。日を避ける木なども無いので、パラソルでもない限りすぐにダウンしてしまうことでしょう。また、猫の額ほどの広さであるため、カイルアに比べると圧倒的に混雑しています。「昔は誰もいない秘境みたいなビーチだったのに。お母さんが知ったら胸を痛めるわ」と妻。


■ターゲット(TARGET)/カイルア(ハワイ)
カイルアの中心地にある大型スーパー。意外とワイキキは大型スーパーへのアクセスが悪い。たくさんのスーパーが集まりその全てが徒歩圏内というカイルアはスーパーマーケット・マニアにオススメです。ちなみにターゲットはアラモアナセンターのノードストローム跡地に2017年秋に新規出店するとのこと。
昨日は充電が切れそうになって肝を冷やしたので予備バッテリーを購入。セールで13ドル。ワイン1杯より安い。
SIMフリーのスマホもセールで60ドル弱。これには15分も迷ってしまう。ほ、欲しい。これさえあれば、世界中どこへ行っても、空港に着いてすぐ自販機でSIMを買うだけでネットに繋ぐことができる。飲み会の6,000円は1秒も迷わないのに、モノになるとどうしてこんなにも悩んでしまうのか。


■ラニカイ・ジュース(LANIKAI JUICE)/カイルア(ハワイ)
地元農家から直接買い付けた、新鮮で熟したフルーツのみを使用し、フレッシュジュースやスムージー、アサイーボウルを提供してくれるお店。詳細は別記事にて。


■ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)/カイルア(ハワイ)
自然食品、オーガニック・フード、ベジタリアン・フード、輸入食品、各種ワインなど、比較的高級志向の強いスーパーマーケットです。巨大な成城石井みたいな感じ。
その中でも当店は地元産の野菜に注力。ハワイで生まれ育った野菜が大量に陳列されており心躍る。
量り売りのサラダやデリも美味しそう。うちの近所に出店して欲しいなあ。
面白いのはピーナッツバター。その場で豆から作ることができるのです。これぞ最強の無添加。ただし旅行者は部屋でパンとピーナッツバターを食べる機会が少ないので断念。
ハワイの地ビールが一同に会す。こういう、コンセプトのあるお店っていいですよね。私が成城石井を愛する理由はここにあります。


■ダウン・トゥ・アース(Down to Earth)/カイルア(ハワイ)
ホールフーズをより右翼的にしたスーパー。動物性のものは一切置いていないという徹底ぶり。「昔このスーパーって、『オーガニックという儀式めいた、いかがわしい店』って扱いだったのに。時代は変わるものね」と妻。
「本日の比率」のような掲示板があり、全体の3割がローカル産で、全体の8割がオーガニックとのこと。ほかの大型スーパーに比べると、非常にこじんまりとしており、内外装はセンスに欠けるというか、平たく言うとダサいです。そこがまたオーガニック感を煽るので心地よいダサさでもあるのだけれど。


■セイフウェイ(Safeway)/カイルア(ハワイ)
カリフォルニア州を本拠とするアメリカ2位のスーパーマーケット・チェーン。ハワイ進出は1963年です。
ホールフーズやダウン・トゥ・アースのように振り切っておらず、無難なスーパーでした。ただし、カパフルにあるセイフウェイは哲学が滲み出ている店舗であり、後述したいと思います。


■ラニカイ・ブリューイング・カンパニー(Lanikai Brewing Company)/カイルア(ハワイ)
喉が渇いたのでたまたま見つけたブルワリーへ。色々とチャラく印象的。詳細は別記事にて。


■ロングス・ドラッグス(Longs Drugs)/カイルア(ハワイ)
マツキヨよろしく医薬品よりも日用品がメインの巨大ドラッグストア。
面白いのはお土産コーナー。ハワイのお菓子や食品が上手にまとめられているので、バラマキ土産選びにはちょうど良いです。


■カイルア・ナイト・マーケット(The Kailua Thursday Night Farmers' Market)/カイルア(ハワイ)
多くの観光客がカイルアに来る際はワイキキからの日帰りが多いので、夕方以降にお目にかかる殆どは地元民。昼と夜の雰囲気が大きく異なる街。詳細は別記事にて。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。