ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

最終更新:2018年8月21日

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ Chez TAKA  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★天本 ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   
★epoque+ azabu

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ ChezTAKA スペード ポトローズ マルシェデジュウバン クラフトワインエヌ ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★アルヴェアーレ ★プリンチピオ ★ペリーニアダージオ ラセン アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★火鍋三田 ★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 すぎ乃 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

グランドキッチン(パレスホテル)/東京駅

「天気いいし、テラス席でビールでも飲もうよ」とのお誘いを受け、彼女の好きなパレスホテルへ。雲ひとつない秋晴れの昼下がりであり、外で飲むには絶好のシチュエーション。
しかし考えることは皆同じなのか、予約なしではテラス席に滑り込むことができず。「お客様のことなので確約はできないが、もう少しで退席しそうな雰囲気なので、ラウンジでお待ち頂ければ」とスタッフが提案してくれたので、店内のラウンジで飲みながら待つことに。
マスターズドリームはやはり旨い。1,300円と中々の値段ですが、ラグジュアリーホテルのラウンジとはそういうものである。彼女は乳母車装備だったのですが、やはりそこは多種多様な人物が出入りするホテル、何から何まで滞りなくスムーズに対応して下さいました。これがサービス料の意義だ。
結局、5分も待たずにテラス席に移動することができました。「今日の服装、どうしたの?妙にシックじゃない」え、きちんとしたホテルを指定されたから、それなりの恰好をしてきたつもりなんだけど。「メインダイニングならともかく、ロビー階のテラス席なんだから気にすることないって。ホラあそこ、中国人なんてジャージで来てるし。あたしだってスニーカーだもん」
しかし彼女のスニーカーはただのスニーカーではなく、恐らく私の頭の先から足の先まで買い揃えてもお釣りがくる代物であろう。
パンが抜群に旨い。ランチに付随する無料のパンとしては世界最高レベルです。正真正銘のバゲットに、バターたっぷりの柔らかパン。
ツマミにエビとマッシュルームのアヒージョ。先のバゲットに油をしみこませて食べると旨いのなんのって。海老もマッシュルームも大振りであり、タパスながらしっかりと食べ応えのある一皿でした。
オニオングラタンスープ。炒めに炒めてダークブラウンと化した玉ねぎと、大き目にカットし中くらい炒めた玉ねぎが混在。味の深みと食感に変化が生まれ、我がこころのオニオングラタンスープベスト10に入りました。
連れが注文したクラブハウスサンド。卵が目玉焼きではなくオムレツスタイルなのが面白いですね。ライ麦パンとの色合いの妙も見事であり、食欲をそそる断面です。
私はオリジナルビーフバーガー。肉の挽き方はもう少し粗いほうが私好み。また、パンの出来栄えが無料のそれに比べると数段劣るのが気になりました。他方、ポテトがホックホクで美味。恐らく冷凍のそれではなく、フレッシュなジャガイモを手作業でカットし揚げたものでしょう。
彼女の赤ちゃんをあやしながら、器用にハンバーガーをビールで胃袋に流し込む私。「ねえ、あなた、隠し子いない?本当は子育てしたことあるでしょ」と、不審げに眺める彼女。そう、私は特別小さな子供が好きというわけではありませんが、不思議と子供に好かれることが多いのです。
これは何の根拠も無い持論ですが、子供とうまくやっていくコツは、彼あるいは彼女をきちんと一人の人間として認めることだと考えています。乳幼児は身体や言葉が不自由なだけで、感受性や脳みその回転は成人とそう変わらないと信じている私。そのため、「ふゃぁ~~××ちゅゎああん、かぁあいぃでちゅね~」などという対応は全然ダメ。仮に自分が乳幼児だとしてそのような扱いを受ければ、人を馬鹿にしているのかと大声で泣き叫び続けてやる。
「こんにちわ」たまたま近くに来ていたということで、彼女の母親が立ち寄ってくれました。「いつも娘がお世話になってます。この子、友達少なくて、いっつも家で〇〇さん(私の名)の話ばっかりしているの。あたしもようやく会えたわ」三世代にわたっての篭絡が完成した瞬間である。
「でも、思っていたよりも口数が少ないですね。ブログとは少し印象違うかも」オカンもブログ読んどるんかい。「確かに、あんまり自分の話をベラベラ話すってカンジじゃないよね。でも、イエスかノーで答えられる質問とか、具体的な答えがある質問をすればきちんと返ってくるよ。ねぇ、最近いつセックスした?」オカンの前でやめろ。
「仕事の話とかも全然しないよね。これからあなたはどうするつもり?」どうって、何もするつもりはないよ。僕は今のままが一番いいんだ。希望なんて何もない。希望を持たない人間は失望することもないからね。「本当に?10年後は世界を牛耳ってたりして」それも悪くないけれど、きっと10年後もキミとこうやってお酒を飲んでるさ。オカンと一緒にね。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
ホテルでの食事は割高ではあるのですが、サービスも味も大きく外すことは無いので安定枠として確保しています。その中でも私のお気に入りは下記の通り。

ホテル業界の神と随一のマーケターの共著。サービスする側/される側の両視点があり、「ホテルマンが感動するお客さま」「少しでもお得に、上質な部屋に泊まる方法」などの話題も興味深いです。

関連ランキング:洋食 | 大手町駅二重橋前駅東京駅

アルゴリズム(l'algorithme)/白金

銀座レカンカンテサンスで腕を振るい、2017年にルビコン川を渡った深谷博輝シェフ。どの駅からも死ぬほど遠い陸の孤島にカウンター8席のみのフレンチレストランをオープン。
席につくと提示されるのはiPad。店のコンセプトなどを動画で説明し最後に料理名が表示されるのですが、このような演出や「フレンチ方程式」を標榜するあたり、若干こじらせてるのかと不安になる。
ワインペアリングは3杯4,500円~。最後にキッチリ明細を出してくれるのですが、このクラスのワインを1杯1,500円で提供してくれる計算です。飲まなきゃソンソン。
アミューズはクルマエビに「もものすけ」というサラダカブ。海老の濃密な甘味とカブのシャクっとした歯ざわりがベストマッチ。トッピングされた海老の殻(頭?足?)も特長的な風味を主張。サローネのあの一口を惹起させる美味しさです。
サワラに石川早生(サトイモ)、タマネギのコンフィにミル貝の肝のソース。サワラへのバランスの良い火入れに大地を感じさせるサトイモの味わい。それを取り巻く肝のソースが抜群に美味しく、肝のソースはアワビだけの専売特許ではないことを再認識。
このリースリングが抜群に良かったです。南方系の果物を感じさせる豊かな香り。酸は控えめで甘味が鋭くボリュームを感じさせる味わい。私はリースリングに目がない、という人種ではありませんが、この1杯は確実に心に響きました。
香茸のフラン。見た目はちょっとグロ系ですが味は確か。芳醇な山の香りに旨味が炸裂。その味わいは甘くもありまた鋭くもある。昨今のトリュフ松茸ブームに一石を投じる一皿です。
外皮はパリっ、内部はしっとり小麦の深い味わい。シンプルながら本物のバゲットでした。
ハモは一般的に骨切りしてボヨンボヨンした状態で食べることが多いですが、当店のそれは、いわゆる魚の切り身を揚げた状態で供されます。シェフは魚を扱う手管に長けている。肉厚のピーマンにソースはスパイシーなピペラード(バスク地方にみられる伝統的な家庭料理)を起用するのもすごく良い。
スジアラ。ハタやクエに似た魚であり、少し熟成させているのか程よく筋肉が収縮しています。はっきりとした食感がスーパーボールのように弾む。滑らか、かつ、ネットリとした甘味が実にセクシー。じわりじわり溢れる旨味も見事。ローズマリーのソースも秀逸。ここ最近口にした魚料理の中で一番の味わいです。
メインは鳩。まさに不変のアルゴリズム。丁寧に火を入れる。それだけ。美食はシンプルから生まれるとばかりに鳩の素晴らしさを単刀直入に表現した一皿でした。大ぶりの落花生も味のある存在であり、てんぷら前平でのそれと同様に、落花生に食材としての可能性を見出した瞬間です。
ワインは濃密なソースにビタっと合わせてエルミタージュ。濃厚かつスパイシーな1杯が先の野性味あふれる鳩ならびにそのソースにベストマッチ。
デザートに入る前にお口直し。野菜のコンソメなのですが、イチヂクの葉からもたっぷり出汁を取っており、ミントのような爽やかさ。後続車への期待感を煽る良い演出でした。
デザートはパリブレスト。フランスを代表する菓子のひとつであり、平たく言うとるリング状のシュークリームです。これが、旨い。サクサクとした触感にイチジクの後を引く甘味、プラリネ(焙煎したナッツ類)の芳醇な味わい。特にややこしいデザートというわけではありませんが、直球勝負に美味しかった。
小菓子も凝っており、ここでもイチヂクや柿など旬の素材が大活躍。お金があるからといって季節はずれのものを食べる意味はないのだ。
品行方正なエスプレッソで〆てごちそうさまでした。

以上を一通り食べて3杯飲んで12,500円。妙に安いと明細を読み込むと、なんと税金やサービス料、ひいてはミネラルウォーター代まで込みの料金でした。食べ物だけならコミコミ8,000円と奇跡の価格設定。前述の通りワインも割安。ここ数か月における食後感と支払金額のギャップにつき、最も隔たりがあったお店です。もちろん良い意味で。

ブラッスリーハルナよ、これが8,000円のフランス料理だ(粘着質?私はうっかりミスには寛容ですが、規則違反に対しては厳罰に臨むのです)。
冒頭に記した通り、「フレンチ方程式」とのお題目に若干の不安を頂きましたが、蓋を開けてみると、どクラシックな本物志向でした。シェフは意外にハッシュタグを井桁と呼ぶタイプなのかもしれません。ペアリングの方向性もすごく好き。日本酒など妙な取り合わせは一切出さず、フランス料理にはフランスワインだと実に説得力のある方程式。

デートにもってこいの雰囲気だし、何ならカウンター8席だけなので貸し切ってしまって友達同士でワイワイやるのもいいかもしれません。予約も今のところ取りやすい(「最近良いお店あった~?」と友人に尋ねられ当店を推挙すると、その週の土曜日に予約が取れたとのこと)。オススメです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
白金高輪は粒揃いの佳店が多いです。ちょっと不便な立地も良いんでしょうね、若い子たちを寄せ付けることが無くて。

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:フレンチ | 白金台駅白金高輪駅広尾駅

KINOE(キノエ)/恵比寿

新アトレ裏の坂の上にあるイタリアン。中村玄エビス新東記のすぐ近く。このあたり良さげな飲食店が密集しています。『リコスキッチン』の料理長として活躍した夏目シェフが独立。
グラスのスパークリングワインは1,000円かそこらなのですが、ランチ限定2,480円でスパークリングワイン飲み放題。値段の割に悪くない泡であり、普通に美味しく5~6杯頂きました。
ランチコースは最安値の2,800円のものを注文。プリフィックスであり、前菜ひとつメインひとつをメニューの中から好きな料理を選んでいきます。シェアもOKであり、メインを揃えてもらえるのならば2人で3皿の前菜を選んでも良いという自由度の高さ。
スペシャリテのカルパッチョは外せません。この日の鮮魚はマダイに戻りガツオ、シマアジです。魚の美味しさはもちろんのこと、野菜やハーブの使い方が良いですね。ポーションも大きく2,800円の料理の前菜としては抜群の完成度です。
パンはバゲットにバターとガーリックを。当然に食欲をそそる美味しさでです。香りが気になる方にはプレーンなパンも用意するとのこと。
子持ち鮎のコンフィ。誤解を恐れずに述べると頭の部分は若干ちんこに見えます。もう少し練れた表現があれば良いのですが生憎わたしは持ち合わせていない。それでも味は抜群。骨や頭蓋骨(?)までしっとりと噛み千切ることができる柔らかさであり、ほろりと苦い風味にたっぷりの卵が天井知らずの美味しさでした。
生ウニとトマトの冷静パスタ。なるほど見た目通りの美味しさではありますが、追加料金とするほど甘い感傷に浸ることはできませんでした。前述のカルパッチョや鮎のレベルが高すぎたのかもしれません。
メインは霧島の鶏。しっとりと水分を湛えた調理であり、人品骨柄は申し分ない料理です。ただしやはりこれまでの前菜群に比べるとパンチが乏しかったかもしれません。
ちなみに飲み放題の泡はロゼも選択肢にありました。プレーンなものと同様に意外に悪くない味わい。良く飲むグループであれば飲み放題にするよろし。
デザートにはラムレーズンのアイス最中をチョイス。アイス部分は濃厚かつパンチのある味わいなのですが、最中がちょっとアレですね。スガラボほどの生地を用意せよというのは酷かもしれませんが、お祭りのミルクせんべいのような食感が気になりました。
コーヒーもきちんとしています。以上、飲んで食べて7千円弱。摂取したアルコールの量を考えると悪くないディールです。当然に人気店でありランチで2回転するという繁盛ぶり。そのため2時間弱しか滞在することはできないのですが、皿出しのテンポは良く客あしらいも上手いので、さっさと出て行け風味は微塵も感じられず、居心地の良いお店でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。余所者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindleだとポイントがついて実質500円ちょい。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

関連ランキング:イタリアン | 恵比寿駅代官山駅