ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈   

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ ChezTAKA スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★プリンチピオ アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

オレキス(OREXIS)/白金高輪

白金高輪駅すぐにある高級腕時計屋のようなファサードのお店。店名はギリシャ語で「欲求」ひいては「食欲」を意味します。西麻布「ザ・ジョージアンクラブ」のマネージャー兼ソムリエを務めた方が独立開業。北参道の大人気店「L'Octave Hayato KOBAYASHI(ロクターヴ ハヤト コバヤシ)」のシェフが前にいたお店です。
店内は濃紺。映画館に遅刻して入ってきたかのように真っ暗で目が慣れない。大人の色気がある空間なのですが、快晴の真夏日のランチにお邪魔するにはちょっと違和感。夜が似合うお店です。
ハウスシャンパーニュはアヤラ。上質なブドウの旨味がひしひしと伝わる骨格のある1杯でした。
アミューズは野菜のマリネ、と聞いていたのですが、ちょろっとしたピクルスのようなものがチョイチョイあるだけでした。決して不味いわけではありませんが、これを1皿とカウントするのは無理がある。であればロブションの1番高いコースは100皿を超えるのではあるまいか。
パンは小麦の凝縮感があり美味しいです。オリーブオイルが添えられるのですが、これほど旨いパンであれば是非バターで食したかった。
魚料理は鮎。旬を感じる旨味であり、脇を固める野菜たちもグッド。なのですが、どうにもこうにも量が少ない。つい先日、名古屋のイル コラッツィエーレ(il corazziere)で鮎がたっぷりと入った絶品パスタを食べたばかりなので、どうしても比較してしまいます。
メインは牛ホホ肉。愛知の下村さんという方が生産している「下村牛」とのこと。なるほど王道中の王道といった味わいであり、ベーシックに美味しかった。しかしやはり量が少ない。
連れとグラスで1杯づつ。いずれも1杯1,300円と良心的な価格設定でした。
デザートはピスタチオのクレームブリュレ(?)。ピスタチオの風味が濃厚で美味。サクランボには山椒のようなスパイシーなニュアンスが感じられ面白い。しかしやはり量が少ない。
小菓子は竹炭を練りこんだ真っ黒なカヌレ。これは手堅く力強い味わいでいいですね。本日一番のお皿です。
深みのあるコーヒーで〆てごちそうさまでした。

ランチでコース料理を食べ酒を2杯飲んで6,000円と少し。雰囲気や客層、サービスを考えればこんなもんでしょうか。しかしながらこの量の少なさは何とかならんものか。味は悪くないだけに惜しい。
ヘンなタイミングで食欲が刺激され引っ込みがつかなくなったので、近くのベーグルの名店「マルイチベーグル(MARUICHI BAGEL)」でカロリーを追加しよやく胃袋が落ち着きました。



このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

関連ランキング:フレンチ | 白金高輪駅泉岳寺駅白金台駅

牛たん焼き 仙台辺見/麻布十番

麻布十番駅4番出口を出てすぐのビル2Fにある、十番ではトップクラスに目立つお店です。当然に何年も前から存在は知っていたのですが、よくあるチェーンの牛タン専門店と見做して何となく後回しになっていました。
この日は軒先にメニューが立てられていることに気づき、じっくりと読み込んでみると、十番のこの立地でこれだけの料理が1,000円かそこらで食べることができるのは、チェーン店と言えども実にリーズナブルではないかとの結論に思い至る。
ビル2Fにあるため気づきませんでしたが、このお店、超人気なんですね。近辺で働く人々がひっきりなしに訪れ、タイミングに拠っては待ち順列まで生じていました。
メニュー構成が複雑で何を注文すべきか5分近く悩み続ける。結論として最も目立つ位置に記載されていた「サービス牛タン定食」を注文。ランチ限定で1,150円です。

ちなみに仙台が牛タンで有名なのは「進駐軍がタンやシッポを食べなくて、その余りモノを用いて県民食にまで昇華させた」が通説ですが、厳密には進駐軍は解体された牛肉の正肉を輸入していたようで、「タンやテールは進駐軍の余りモノ」という理解は誤っているそうです。
牛タンにはテールスープ。澄んだスープに若干のゼラチン質、程よい塩気。食欲を刺激するに程よい前菜です。
メインの牛タン。右側のタンと左側のタンで明らかに肉質が異なりました。右翼はそもそも分厚く脂と赤身のバランスがちょうど良い。ザクザクとした歯ごたえで食べ応えあり、一般的に我々が想像する牛タン焼きの味です。

左翼はちょっとどうでしょう。風味こそは濃厚であるものの、薄切りかつグニグニと心地よくない食感が気になりました。部位指定で注文できるのかな。今度聞いてみよう。
牛タンには麦飯。水分が少なめに炊かれており、フワフワというよりはサラサラと書き込むタイプです。さっぱりと食べやすくもあり、普段炭水化物をガブガブ食べない私としても「大盛りにすれば良かったかな」と後悔するほどの美味しさでした。
麦飯にはとろろ。程よく醤油風味に味付けられており、パラリと海苔でフィニッシュされています。絵的に美しくないので載せませんが、麦飯に流し込んでドロドロネバネバと共に一気に掻き込む至福のひと時。
浅漬けもお忘れなく。ゲンコツほどの量があり、脱水分量を考えると結構な野菜摂取量ではあるまいか。いわゆるランチセットのミニサラダよりは余程食べ応えがありました。

お会計は税込で1,200円程度。いいですねえ。少なくとも焼肉屋で割高な牛タンを食べるより満足度が大きく、専門店だけあった味わいも豊か。数年間敬遠していたこれまでの私をこのピンチケ野郎と罵ってやりたいほど、食後感が良かったです。今度は夜に、牛タンをツマミに飲みに来るのもいいかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番は隠れた焼肉激戦区。突出したお店は無い一方で、優等生が多い印象です。
  • 焼肉 おくむら ←ランチでは都内トップクラスの費用対効果。ハラミが旨いんだ。
  • 焼肉苑 ←十番いや日本全体で見たとしてもお得なランチ。
  • みやび ←ランチがお得。スープのおかわり無料がバッチグー。
  • 叙々苑 ←欠点が何一つ見当たらない。
  • 新興苑 ←韓国大使館向かい。日本語が通じず異国情緒満点。
  • 大昌園 ←川崎の有名店が都内に初進出。
  • コソットエスピー ←お洒落だが割高。
  • 韓日館 ←文字通り震え上がるチーズダッカルビランチ
  • ブルズ ←半個室なのでのんびりできる。
  • 山本牛臓 ←サムギョプサルが良い。レタスとエゴマはお代わり無料♪
  • おんがね十番 ←ランチだとオイキムチとカクテキが食べ放題♪
  • 鳳仙花 ←老舗の超有名店。
  • 純豆腐 田舎家 ←店員含め本格派。
  • 三幸園 ←ランチの焼肉丼が特徴的。
  • 栄来亭 ←創業は1965年、麻布十番で初めてできた焼肉屋。
  • 花十番 ←+220円でユッケジャンスープがお買い得。
  • Kintan ←雑穀米が美味しい。
  • 一番館 ←何この量!?カンナムスタイルかよ。
  • 新鮮ホルモン ランボー ←味と量と価格のバランスは十番焼肉業界でトップ
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:牛タン | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

ミシュラン3ツ星を50年以上維持する3軒のレストランを巡る旅 vol.1~ストラスブール~

恒例のフランスグルメ紀行。今回はストラスブール、リヨン、ディズニーランドを巡ります。パリに訪れないあたり通っぽいですが、ちゃっかりディズニーに訪れるあたりミーハーです。女に産まれていれば、好きな色はおそらくピンクでしょう。


■シェフ 三ツ星フードトラック始めました
機内では映画をたくさん観ました。中でもお気に入りはこの映画。シェフがブロガーにブチギレてしまい、一部始終をYouTubeに流されてしまって大変なことになります。ここまで激しくはなかったにせよ、それに近い経験を私はしたことがあるので苦笑い。ああ、隣卓のカップルよ、どうして我々のことを動画で撮っていてくれなかったんだ。


■フランクフルト空港
さて今回はフランクフルトからバスでストラスブール入りするという、一風変わったルートです。それでも航空会社が手配するバスであり(フランクフルトまではANAで、そこからはスターアライアンスのルフトハンザ)、バスに乗るのにチェックインカウンターで搭乗券を発行するという奇妙な体験をしました。
搭乗券に座席番号は記されているものの、実際には適当に座ることになります。電源もあり快適。「wifi有ります」の表記はあったのですが、うまく接続することはできませんでした。海外あるあるです。もちろん後述のSIMカードがあるから大きな問題ではありません。


■SIMカード
今回はヨーロッパ全域で使えるSIMカードを日本のアマゾンで事前購入。9GBで2500円ぐらいでした。国や地域を移動していくにつれ、通信業者がポチポチと自動で切り替わっていくのが面白い。やはりSIMフリースマホは海外旅行革命とも言えるほどの便利さです。


■Le Grand Hotel/Strasbourg
ホテルはストラスブール駅の目の前にありアクセス良好。我々は初のストラスブールであり、夜に到着して見知らぬ土地をあまりウロウロしたくなかったので、このホテルをチョイス。フランスのホテルとは思えないほどのクオリティの高さです。幸先の良い出だしとなるホテルでした。詳細は別記事にて。


■Kuhn/Strasbourg
最初のディナーはアルザス郷土料理店へ。店員から、「え?そんなに注文するの?マジで多いけど大丈夫?」と真剣に止められました。詳細は別記事にて。


■ストラスブール駅/Strasbourg
サッカー場のような駅舎。ガラス張りのファサードなのですが、その内側にはアルザス=ロレーヌ地方がドイツ帝国だった時期に作られた駅舎がすっぽりと鎮座しています。何とも豪快な歴史的建造物の保護作戦である。


■ラ・プティット・フランス(la petite france)/Strasbourg
イル川の本流が4つに分かれる地帯にある、白壁に黒い木骨組みのアルザス特有の建物(コロンバージュ)が立ち並ぶ街並み。
ドイツやスイスの街並みのようでもあり、絵本をそのまま切り出したような風景です。
ちなみに「ラ・プティット・フランス(la petite france)」という地名は「フランス人的な地域」が由来。かつてこのあたりに性病患者専用病院があったため、「フランス人のように淫らな」という、ドイツからの蔑称がそのまま知名になったそうな。


■ストラスブール大聖堂(Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg)/Strasbourg
1176年から1439年まで、260年もかけて作られた大聖堂。高さ142メートルで、かつては世界一の高層建築であり、現在は教会としては世界第6位の高さです。2000年のクリスマスの時期にアルカイダがこの大聖堂に隣接する市場を爆破する計画を立てていましたが、何とか未然に防ぐことができました。テロという惨劇が普通に訪れる恐怖がヨーロッパにはある。
ということで、ストラスブールの見どころはこの程度でした。「地球の歩き方」で5ページしか割かれていない(内2ページはホテルとレストランの紹介)だけあって、実際に散策してみても、ほんの数時間で全てが完了してしまいます。もちろん美術館や博物館を隅から隅まで見て回ればもう少し時間は必要となるでしょうが、普通の観光客であれば半日、長くて1泊で充分な街でしょう。


■Le 1741/Strasbourg
〆のランチはミシュラン1ツ星フレンチへ。東京にあれば超トップクラスのレストラン。国境近くの何でもない田舎にこんなに素晴らしいお店があるとは、フランスの底力を見ました。詳細は別記事にて。



このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。

TWO ROOMS GRILL|BAR(トゥールームス)/表参道


青山の商業ビルAO(アオ)の5階、隣り合った2つのビルの同じ高さのフロアをブリッジで結んだKLのアレのようなレストランです。サンフランシスコを拠点とする、「エイト(8)」というデザイン集団が手がけた内装は開放感と温もりに溢れ、めちゃくちゃカッコイイ。
自慢は原宿駅方向を望むテラス席。意外に高層ビルが少なく見晴らしが良いですね。

グランドハイアットのオークドアのサービス隊長だった方が関与しているようであり、そのためかスタッフやゲストに外国人が目立ちます。芸能人も多く、この日だけでも私が認知した限り2人の知った顔がいました(以上、写真は公式ウェブサイトより)。
5月とは言え暑い1日だったので、まずは生ビール。ちなみに生ビールは1,000円、グラスシャンパーニュは2,400円と、超ウルトラ高級ホテルのメインダイニング級の価格設定です。

「友達が婚約したって報告してきてさ」 軽蔑の意を含んだ声色で彼女は言った。おめでたい話じゃないか、と言いながら無理やりグラスを重ね合わせる。その女の子と私との間には何の関係もない赤の他人ですが、昼間からアルコールを乾杯する口実にはなり得ます。
連れはスプリッツァー。一般的には白ワインを炭酸水で割るだけのカンタンなカクテルなのですが、当店のそれは色とりどりのフルーツが含まれておりオシャンティです。

「うーん、絶世の美女ってわけじゃあなくて、地味なOLなのに、急にインスタの羽振りが良くなってさ。心配になって直接会って話を聞いたのね。そしたら婚約相手は投資コンサルタントらしくって…」投資コンサルタント、と私はひとり繰り返す。

「突然高級ホテルとか、高級レストランとか、高級車とか、バカでかい指輪とかをアップするようになってさ。それが、『婚約者に買ってもらった』とは絶対に言わないのね。『カレは投資のパートナーなの。共同出資よ』って言い張るわけ。近々に投資用のマンションを買うんだってさ」なるほど、これは結婚詐欺の良い練習問題である。
スペシャリテ(?)のシーザーサラダ。フレッシュなロメインレタスに粉雪のようにチーズをふりかける。そのチーズの量が度を越していて、もはやサラダというよりは酒のツマミに感じてしまいました。風が吹くとチーズが飛ぶ。これはこれでありよりのあり。

婚活サイトや出会い系アプリが発達した昨今、職業や年齢からある程度の収入や住宅ローンを組める金額などが推定されやすくなったため、詐欺師たちの活動が効率的になりつつあります。ターゲットは30代の生真面目な独身OL。『あたしってまだまだイケる』感を煽るのがコツ。バリキャリであればあるほど自分に自信がありプライドも高く、人に相談するということが無いため騙し易いそうな。

詐欺集団はもっともらしい節税スキームを披露し、今後の結婚生活をイメージさせ、最初の第一歩として投資用のマンションを購入させる。もちろん投資用のマンションを販売する業者はグルであり、実際の相場よりも数倍で購入させた後は、性格の不一致なり何なりで破談に持ち込むという手口です。

ポイントは被害者女性が自ら判断を下していることですね。婚約を承諾したのは自分であり、ローンを組むのも自分自身。そのように契約させる雰囲気を醸成するのが勘どころ。ある意味詐欺というよりは、マインドコントロールに近い手法なのかもしれません。
パンのお味はまあ普通なのですが、先の粉チーズとドレッシングを塗りたくって食べると結構旨い。

連れがパスタセットを注文しようと、本日のサラダは何かと外国人店員に尋ねるのですが、「本日ノpastaハ、イカ、デス」としか答えない。私からトマト系ソースか、オイル系かソースか、しまいには何色か?などのようにベーシックな単語を用いてゆっくりと聞き取り易い発音で繰り返し聞いても「イカ、イカ」としか情報は得られません。これでサービス料10%か。要塞のように冷ややかに店員を睨みつける彼女。葉山庵Tokyoでの「コレハアマイ!コレハアマイ!コレハアマクナイ!コレハアマイ!」事件を思い出しました。
答えはバジルソースでした。バジルは英語やんけ!しかしながらサイコロ状にカットされたイカがゴロゴロと入っており結構美味しい。濃厚なバジルソースには手堅い旨さがあり、麺の茹で加減も悪く無い。なかなかレベルの高い料理であるだけに、スタッフのサービス能力の低さが悪目立ちします。

「あたしのココロが荒んでるから素直に祝福できないのかなあ。もしこれが、純粋な恋愛だったらどうしよう」うーん、詐欺に合うぐらいならまだマシで、長い目で見た場合、純粋な恋愛のほうがタチが悪くないでしょうか。もし仮に私が石油王だったとしても、心底惚れた相手に対してそのような品の無い物量作戦で口説いたりは絶対にしません。
私のメインはBBQ グリルバーガー。上質な牛肉を粗挽きにし、ミディアム・レアで仕上げたパティが実に旨い。200グラムというボリュームも嬉しい限り。タマネギ風味のソースも後を引く美味しさです。ただしサラダとコーヒーがついて3,400円は割高。

そもそも金銭感覚の不一致は価値観の不一致であり、ひいては夫婦関係の不一致に繋がるものでしょう。年収数千万の男性と年収数百万の女性が30歳を過ぎて結婚して上手くいくはずがない。親友5人の平均年収が自分の年収だ、とは良く言ったもので、金銭感覚が異なる人種との関係は、いずれ破綻をきたすものである。
付け合せのポテトが旨い。ジャガイモ丸ごとを5ミリ間隔ぐらいにスライスし、そのままワイルドに揚げるだけなのですが、イモの素朴な味わいがじんわりと響きクールです。

タイタニックではジャックが死んだから悲恋の傑作として成立することができるけれど、仮にふたりとも生き残った場合、全くの異国の発展途上国で、大金持ちのニートの女と、手しか書けない売れない画家がふたりでひとつの道を歩むことは極めて難しいと考えざるを得ないでしょう。
食後の飲み物にはアイスコーヒーをチョイス。これが冒頭の生ビールに匹敵するほどの量で、まともに味わえば1時間はもちそうな代物です。味はまあ中くらい。

僕が警察を装って、彼女に電話を1本入れようか?警察のものですが、結婚詐欺グループが捕まって、彼らのターゲットリストにあなたの名前があったんですけど大丈夫ですか?って。

ふたりでランチセットを食べ、酒を1杯づつ飲んで9,000円弱。予見していたことではありますが、費用対効果が良くないですね。繰り返しになりますが、このサービスレベルの低さでサービス料10%は納得がいきません。ただし圧倒的な割高感があるためか、客層が一定程度保たれており、空間と客層を買うという意味では悪くない選択かもしれません。

「うーん、でも、その子のプライドを傷つけたくないからなあ。だからさ、あたしに良い考えがあるの。あなたにも少しだけ協力してもらうことになるけど」彼女は悪戯を思いついた少年のような笑顔を浮かべて言った。

~つづく~


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。