ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ ChezTAKA スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★プリンチピオ アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★火鍋三田 ★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

Johnnie's Brasserie(ジョニーズ ブラッセリー)/名駅(名古屋)

JRゲートタワー13Fレストランフロアにある大箱レストラン。席数は143であり、11時のオープン直後は空いているものの、正午が近づくにつれて7~8割は埋まるという中々の集客力。
「アメリカン・ブラッセリー」がコンセプトらしいのですが、「アメリカン・ブラッセリー」が何なのかはよくわかりません。内装は結構かっこよく、採光も充分で開放感に溢れます

スタンディングのバーカウンター、ハイチェアのテーブル、テーブル席、ソファ席など様々なタイプの席があり使い勝手も良さそう。
メインを選ぶと前菜ビュッフェがつくというプランをチョイス。ただし前菜ビュッフェと言ってもサラダが4種あるだけであり、いわゆるオカズ系というわけではありません。
「ジョニーズシーザーサラダ」と「フムス」。前者はスペシャリテらしいのですが、一般的なシーザーサラダと大差なし。後者も標準的な味覚でした。
こちらは「スモークサーモンのコブサラダ」。コブサラダというよりはコールスローに近い味覚です。スモークサーモンが気前良く入っていて結構おいしい。
注文後数分でメインが到着。まだ前菜ビュッフェを数口しか食べていない時点での提供であり、ものすごいスピード感です。

「キハダマグロの炙り ニース風 バーニャカウダソース」という料理名なのですが、あまりニースでは見ることの無い料理のような気がします(サラダニソワーズってこと?)。ソースには八丁味噌を用いているとのことですが、その風味はあまり感じられず。サラダとしてはまあまあ美味しいのですが、キハダマグロが3ピースしか入っておらず、メインディッシュとしては心もとない。
メインに食べ応えが無かったので、前菜ビュッフェをもう1皿。ツナとペンネのサラダであり、炭水化物で強引に腹を膨らませた感があります。
特大カップのコーヒーをガブガブ飲んでごちそうさまでした。

選んだメインディッシュが良くなかったのか、ちょっと物足りないランチでした。前菜ビュッフェでサラダはたっぷり摂れるので、メインには肉の塊のようなものを注文したほうが良いかもしれません。



このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
仕事の都合で年間名古屋に200泊していたことがあり、その間は常に外食でした。中でも印象的なお店をまとめました。

食通たちが鰻の魅力とこだわりを語り尽くす一冊。よしもとばなな、沢木耕太郎、さくらももこ、椎名誠、村上龍、村上春樹、島田雅彦、五木寛之、遠藤周作、群ようこ、などなど最強の布陣が送るアンソロジー。

とんき/目黒


豚組食堂の記事をアップした際、わざわざメッセンジャーでコメントを寄越してくれた美女。「目黒の『とんき』ご存知ですか?周りのトンカツ好きがみんな好きなので、是非行って見てください!」リクエストから1週間と空けずに訪れるフットワークの軽い私。
ランチ営業はなく16時~23時ごろまでの営業のみという、立ち飲み屋のような稼働時間のトンカツ屋。開店は1939年と、都内屈指の老舗です。
16時ちょうどにお邪魔したつもりが、既に10人ほどのゲストが着席済みでした。その後もひっきりなしに客が訪れ、16:30には壁沿いの椅子に待ち人が生じていました。平日のこの時間に行列ができるってすげえなあ。

ちなみに揚げ油で満たされた大鍋がいくつもあり、空調が追いついておらず熱中症になりそうなほど暑かったです。体温調整が苦手な方はお気をつけて。
注文から15~20分でロースかつ定食が到着。普段はヒレかつを好む私ですが、当店のロースかつはそれほど脂が強くないとのことだったので、あえてロースを選択。

ちなみにメニューはヒレかつ、ロースかつ、串かつの3種だけであり、上だの特上だの限定だのややこしいラインナップはありません。こういう潔いメニュー構成は大好きです。
主役のロースかつ。秋葉原『丸五』大門『のもと家』のような黄色がかった揚げ色とは一線を画し、ガリっと焦げ茶色の高温上げです。
お椀が豚汁なのが嬉しい。ロース肉がゴロゴロと入っており飲み応えも抜群。さらには飲み終わった瞬間にお店の方が「おかわりは?」と声をかけてくれ、気持ちよく2杯目に突入することができます。
お漬物や
ゴハンは一般的な定食屋のそれと同等です。しかしながらゴハンについても豚汁と同じく、私が1杯目を食べ終わるや否や、「おかわりは?」と声をかけてくれました。
本題のトンカツですが、赤身は残らず思い切り強烈に火を入れている印象。衣と肉が分離しがちではありますが、そのザクザクとした食感は新手のスナック菓子を食べているかのようで私のタイプ。前評判に違わずロースながら嫌な脂身は感じることもありません。
豚汁・ライス・キャベツまでおかわりしてコミコミ1,900円。大満足です。外国人のゲストも多く、確かに欧米系の人間にとってはこれだけの肉料理を食べて税サ込みで20ドルを切るという価格設定は驚愕なのかもしれません。80年の歴史は伊達じゃない。ピークタイムを外してどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:とんかつ | 目黒駅不動前駅

レミニセンス(Reminiscence)/大須観音(名古屋)

矢場町駅・大須観音駅いずれもから徒歩10分ほど。白川公園そばにある、名古屋最高峰と誉れ高いレストラン。シェフはカンテサンスならびにハジメという東西両横綱のもとで修行したのち、30歳の誕生日に独立。コンセプトは「余韻と記憶」。
白を基調とした清潔で健康的な店内。窓際の特等席をご用意して頂け、薄暮から夜の始まりまでのグラデーションを楽しむことができ、心地よかったです。ちなみに当ビルの1Fには人気の食パン専門店「乃が美」が入居しています。
コース1本勝負13,500円。ワインペアリングが泡込みで8種10,000円(ハーフサイズ・ショートコースなどもあり)。これに税サが乗って、ひとりあたり3万円弱という明朗会計。
泡で乾杯。シャンパーニュがペアリングにも含まれているのが嬉しいですね。リンゴを思わせる爽やかな香りにボリュームのある果実の味わい。そしてミネラル。樽由来のバターの香りもたっぷりあります。
アミューズはウニ。投げやりなアミューズを出すお店が多い中、当店のそれは綿密に設計されたひと口でした。ウニの量がたっぷりで、質もいい。海苔の風味と相俟って最高の出だしです。
この手の料理としてはレアな火入れの車海老。じっとりとした甘味が味蕾を多い尽くします。他方、カラっと揚げたお頭は最高級のかっぱえびせん。ソースの複雑性はもちろんのこと、ナッツやハーブ、クスクスなどの縁の下もグッジョブです。
すごいリースリング。私はつい先週までアルザスに滞在しておりリースリングばかり飲んでいたのですが、このようなベクトルのものを飲んだのは初めてです。コクと深みがありつつも酸味が豊か。印象的な1本でした。
スープはトマト主体。こちらもスープとしては構成要素が極めて多く、記憶できないレベルです。それでいて不思議と一体感があり、まとまりのある味わい。
パンが旨い。1種限定なのですが、モチモチしっとりとした食感が特徴的で、ポン・デ・リングの質を極限にまで突き詰めたような味わいです。
鮎。迫力のあるプレゼンテーションで、どこからどう見ても鮎と360度目が合う。コロッケ状態のものにもギッチリと鮎が詰め込まれ、全体としてはパクチーなど意外性のある食材が散りばめており、ほろ苦い風味と相俟って大人の味わいです。鮎でこのような料理を構築できるのは世界中見渡しても稀でしょう。
鮎に合わせるタカヒコ・ソガのピノ主体。果実味と酸味が豊かで筋肉的な跳躍が感じられます。しかしながらいわゆるビオっぽい風味と、日本人が日本で作ったワインらしい風味がことさら強い。好みが分かれるワインでしょう。ちなみに買い葡萄が混じっているためドメーヌ・タカヒコは名乗らないそうです。
フォアグラはテリーヌ仕立てで。タマネギの甘味を添加し、トップのパリパリっとした食感が食べる軽快さを演出します。そうだよな、フォアグラってこれぐらいの量がちょうどいいよな。ゲンコツサイズで食べるものではありません。
脂質の豊かなフォアグラにシュナンブランを合わせる妙技。おおー、これはありよりのありですね。軽いフォアグラにはこれぐらいの程よい甘みがちょうど良い。
お口直しにグレープフルーツのグラニテ。味はもちろんのこと、一輪の花を添えるセンスに憧れる。
鰻の白焼きが信じ難いほど旨い。鰻そのものが上質であり、その上を行く調理です。香ばしく、円みがある。付け合せの野菜(特にゴボウ)もすばらー。ちなみにシェフは、当店オープン直前に、あつた蓬莱軒でも修行していたそうな。貪欲にも程がある。
ボトルが登場しただけでニヤついてしまう。なぜこんなワインがペアリングで出せるのか理解に苦しむ。ワインそのものとして完璧に美味しく、また、鰻とのマリアージュもお見事です。

お手洗いから戻ると、連れが、私がお手洗いに立つ前の姿勢のままワインの香りを取り続けており、ああこの人は本当にワインが好きなんだなと愛おしくなりました。ちなみに彼女は私の10倍ぐらいワインに詳しく、「2.5本ぐらいまでは記憶があるかなあ」という程の酒豪です。
会話に現を抜かし過ぎ、料理の写真を撮り忘れてしまいました。このような失態は2年以上前のキャーヴ・ドゥ・ギャマン・エ・ハナレ以来であり、いずれも超楽しい夜なのです。料理は甘鯛。うろこ焼きの箇所は食感がパリパリパリピであり食べる楽しみを刺激します。ソースもクリアながら深みがある。
ソムリエが「話がわかる奴らだ」と察してくれたのか、ブラインドでの対決をご提案頂きました。私は自信を持って「これは、白ワインである」と回答。100%正解です。ちなみにワインはムルソー。良いワインなのですが、若干トゲが感じられ、甘鯛に勝ってしまったかもしれません。やわらかく樽がきいたブルゴーニュのほうが私のタイプ。
メインはラム。表面は香ばしく、内面は脂身と程よい水分を湛え、極めてジューシー。肉そのものにはディズニー映画のようなわかりやすさがあるのですが、ソースが複数種取り揃えられており、また違った一面が感じられます。
お次もブラインド。今度は真面目に村まで当てにいこうということで、私はポイヤック、彼女はサンジュリアンと、カベルネ主体の左岸まで意見は一致。正解はプロヴァンスのカベルネシラーでした。どうだ、私の舌など実にいい加減なものである。他方、カベルネ比率は50%を超えており、大体合っていると言えば合っているのも私の舌である。
デザート1皿目はパイナップル。生はもちろん、ロースト、ジュレ、ソルベなど7種類の変化球を投げ分けます。非常に濃厚かつ多様性に富んだ味覚であり、ここまで上手に才能を引き出してもらえたパイナップルも幸せであろう。
メインのデザートは桃。メレンゲとアーモンドの生地の中には桃そのものやマスカルポーネなどなど。ルイボスティーのジュレはありそうでない工夫なのですが、これが面白いほど良く合って記憶に残りました。
まさに桃。シロップ漬けの香りに仄かなハーブ、メロンのニュアンス。樽香が嫌らしくなく程よく液体に溶け込み、私が考え得る限り最高の組み合わせです。それにしても本当に良いペアリングだ。
小菓子にも手抜きナシ。シェフの幼少時代の好物へのオマージュということで、雪見大福、プッチンプリン、チョコケーキ、きのこの山。きのこの山が印象的。カカオの風味がきちんと立っていました。伊勢丹あたりがフランスの名ショコラティエと組んで、そういうイベントやるのもいいかも。コアラのマーチとか楽しそう。
コーヒーは大変ありがたい豆を専門家が丁寧に丁寧に焙煎し、ハンドドリップで綿密に淹れられたもの。なるほど旨い。コーヒーだけでも世界と勝負できるレベルです。輪郭のある柑橘系の香りにカカオのニュアンス。素晴らしい1杯でした。

飲んで食べて3万円弱。フロリレージュ的な食後感。空間の良さはあちらに軍配があがるのは仕方ないとして、料理とワインのタッグを考えれば当店の勝利でしょう。

料理は1皿に詰め込む味覚が非常に多い。素材としての構成要素が極めて多く、全てにおいて複雑で奥行きがあり、それでもバラバラとならず不思議なまとまりがあって、設計どおりに物事が進んでいく感覚。モノによっては若干難解で、ある程度ゲストに経験を求めるお店なのかもしれません。

ワインも1万円のペアリングとしては見事。結構な冒険をするものの、決して外すことはありません。何より予算がある程度見えてからお邪魔できるのが客としては嬉しいですね。

噂に違わず非常に満足度が高く、記憶に残ったレストランでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
仕事の都合で年間名古屋に200泊していたことがあり、その間は常に外食でした。中でも印象的なお店をまとめました。

食通たちが鰻の魅力とこだわりを語り尽くす一冊。よしもとばなな、沢木耕太郎、さくらももこ、椎名誠、村上龍、村上春樹、島田雅彦、五木寛之、遠藤周作、群ようこ、などなど最強の布陣が送るアンソロジー。

関連ランキング:フレンチ | 大須観音駅矢場町駅伏見駅

KAPPO R(カッポウ・アール)/麻布十番


恵比寿の人気店が麻布十番に進出。十番の街中では目立つ場所に位置しており、ずっと気になっていたのです。年中無休で朝5時まで営業と、使い勝手も良さそう。
スパークリングワインで乾杯。なのですが、量も少なく質もイマイチ。ハンデキャップを負ってからのスタート。ちなみに店内はいくつかのカウンター以外は全て個室。酒の値段もそう高くないし、ガブガブ飲ませたい合コンなどには良いかも。
手始めに3種盛り。左からイカの酢味噌、シーチキン(マグロでなく白身魚?)、冷たい鶏肉に鶏スープのジュレ(?)。このあたりの説明は特になく、料理に思い入れはあまりないのかもしれません。そしてやはり味わいも中くらいであった。
スーパードライは480円と十番最安値に近い価格設定ですが、サーバのメンテナンスがなっておらず美味しくありません。瓶ビールもいくつかあったので、そちらを選択したほうが外さないでしょう。
刺身はクログチ、マグロ、タイ。マグロとタイはスーパーで売られているものと同等のクオリティですが、クログチは実に美味しかった。地方によってはカマガリと呼び、「釜ごとご飯を借りるほど美味しい」の意だそうな。
日本酒は1合800円~と、先述のビールと同様に十番ではトップクラスにリーズナブル。サクメシのつもりがなんやかんやでふたりで3合も飲んでしまいました。
焼き物は京ダラの西京焼きと豚の岩塩焼きのあわせ盛り。西京焼きはそう悪くなく、上質な定食屋のそれと同等なのですが、豚肉はイマイチですね。それほどレベルの高い肉でない場合、シンプルな調理は難しいものがあります。
串揚げを5種。左からフグの白子の大葉巻き、ヤングコーン、豚肉タマネギ、レンコンのはさみ揚げ、裏側に天使海老。

フグの白子の大葉巻きが美味しい。トロりと溶ける官能的な味覚に大葉の爽やかさがベストマッチ。レンコンのはさみ揚げは、中にカレー風味の挽肉が挟まっており、これを美味しいと思えない日本人はまずいないはず。加えて天使海老は期待通りの美味しさでした。
小松菜と桜えびのおひたし。小松菜はサッパリと仕上がっており、桜海老は特大サイズでグッドです。
煮物はサトイモとカボチャ。悪く無いのですが、外食しているという昂揚感に乏しく、実感のオカンの手料理を食べているかのようです。それなりに旨いが金を取るべきではない。
〆の食事は鶏雑炊。これは旨い。今回は食べていませんが、当店のスペシャリテは水炊きなだけあって、鶏のスープが実に旨い。ゼラチン質が口と舌にひっかかる感じがすごくいい。本日一番のお皿でした。
デザートは白玉プリン。シンプルな味覚ではありますが、後を引く美味しさです。量がたっぷりあるのもいいですね。

飲んで食べてひとりあたり7,000円チョイ。まあ、十番の居酒屋という意味ではこんなもんでしょうか。満腹にはなったのですが、バイブスに響くようなことはありませんでした。水炊きを注文すればまた違ったのかなあ。食事を目当てというよりは、個室で酔っ払いに行くつもりで行きましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番には日本料理店も結構多いのですが、割高であることが多いです。外すと懐が大ダメージを受けるので、信頼のおける口コミと、味覚が似た友人の感想に頼って訪れましょう。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:水炊き | 麻布十番駅赤羽橋駅