ミシュラン星付きレストランを300軒食べ歩いた結論

お邪魔したミシュラン星付きレストランの数が300に達しました。

記念事業的に全記事1,300本を見直し、「★★★(感動的)」「★★(季節ごとに行きたい)」「★(記憶に残る)」の3つの観点で整理しました。

「高級レストラン"また行きたい"偏差値」と整合が取れていない部分もありますが、「また行きたい」感情と、「感動的」「季節ごとに行きたい」「記憶に残る」感情は別物なんだなと、あまり深く考えないで頂ければ幸いです。

高級レストラン"また行きたい"偏差値

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 客単価1万円以上 or ミシュラン星獲得
  • 主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の格付けではありません。
70 ガストロノミー ジョエル・ロブション 

麻布十番グルメまとめ

  • 金額は1人あたりの食事代+サービス+税。酒は除く。
  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 に色分け。
  • ★はオススメ。取り消し線は閉店。
【ディナー】
<10,000円~>
★ALLIE ★嘉YOSHI グリグリ  エレネスク ル クラヴィエール 有栖川 HAL PINOT ブルガズアダ エルブランシュ  
ピアットスズキ ケ パッキア   
富麗華
★かどわき ★ふくだ ★あらいかわ 哲庵 よこ田 畑中 たきや 幸村 秦野よしき 尾崎幸隆 東郷 おざき 割烹喜作 六覺燈 麻布六角   

<5,000~9,999円>
★カラペティ・バトゥバ! ★ラリューン ★麻布れとろ ★RRR ★ルエ ヴェル ロール イグレック モワルーズ ChezTAKA スペード ポトローズ マルシェデジュウバン ビストロコティディアン
★カーザヴィニタリア ★プリンチピオ アルティジャーノリック ヴィノヒラタ イル・マニフィコ 
★火鍋三田 ★ナポレオンフィッシュ ブルズ コソットsp 石頭楼 飄香
★嶋家 旬菜本多 あそこ はじめ いぐち 中目黒いぐち上ル 鶏繁 りゅうの介 あら喜 あみ城 KAPPO R 瀬尾
★鉄板バンビーナ ★ワカヌイ ワカヌイラムキュイジーヌジューバン ウルトラチョップ インティライミ Chef's Table  旬熟成 TERRA ヒツジサンライズ アパッペマヤジフ   

【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

きよみず/二番町(松山)


2018年から愛媛がミシュランガイドの対象地域に加わりました。さっそく愛媛グルメツアーの開催開催。松山が地元の友人に相談し、厚かましくも彼の実家にお泊め頂く段取りです。
一足先に松山に飛んだ私。まずはお一人様でミシュラン1ツ星和食「きよみず」へ。創業40年の老舗。屋号は初代が京都清水の料亭で修業したことにちなむそう。先述の友人一家が常連のお店であり、彼ら一族の顔の広さが伺えます。
暑い1日だったので、まずは生ビールで喉を潤します。2代目の胸元にはソムリエバッジが輝いており、酒類には一家言ありそうです。そのせいかビールサーバのメンテナンスも行き届いており実に旨く、たまゆら苦味と爽快感に浸りきる。
ビールとは別に食前酒。梅酒のワイン割でしょうか?キュっと冷たく、酸味と甘みがちょうど良い。
先付にイトウリ(素麺カボチャ)のホタテ和え。水っぽい味覚になりがちな瓜ですが、当店のそれは明確な味付けであり、ホタテの風味がしっかりと伝わって美味しかったです。
左から牛肉しぐれ煮、じゅんさい酢、ウリの漬物(?)、鮎、鱧の子、カボチャ。海鮮推しの和食店なので期待していなかったのですが(失礼)、牛肉しぐれ煮が滅法旨かった。ぐっちゃんちゃんに煮込まれ牛や何かわからない、ということはなく、しっかりと牛肉のレゾン・デートルを感じる一口。
地酒飲み比べセット。これだけ飲んで1,200円です。真ん中の初雪盃(はつゆきはい)が私好み。フルーティで品の良い甘さ。白ワインを思わせる余韻。
お造りはハモ、スルメイカ、マコガレイ。ハモはそれほど好きな食材ではないので中くらいの味わい。スルメイカはコリっヌメっとした食感に奥行きの甘さがグッド。マコガレイは関東では高級とされていますが、このあたりではカジュアルに食べるらしいです。こちらも筋肉質な食感に深みのある旨味が良かった。
お椀もハモ。先述の通り私はそれほどハモを好まないので意見差し控え。スープそのものも、もう少し輪郭のある調味のほうが私は好き。
太刀魚を利休焼きで。利休焼きとは胡麻をたっぷりまぶして焼く調理法のことであり、千利休が胡麻を用いた料理を好んだからだそうな。
カウンター席であるため、初代ならびに2代目と軽快なトークを交わしていたのですが、私の瞳に邪の光が一片もないことに気づいたのか、さらに地酒を1杯サービスして頂けました。得する性格である。母によるモンテッソーリ教育のおかげに違いない。
箸休めに干し貝柱とワカメの飯蒸し。モチ米を合わせて蒸した料理であり、食中に炭水化物に出会うとは初めての試みです。ベチャベチャしておらず食感を大切にした蒸し具合であり結構好き。
炊き合わせはヤングコーン、小芋、タコの柔らか煮。このヤングコーンは絶品ですね。一般的なそれよりもやや大ぶりで粒が大きく、トウモロコシであることがはっきりと理解できる食べごたえです。タコは期待通り酒が進む。本日一番のお皿でした。
食事に入るためお漬物。昆布に若干のスパイスを感じ味覚が豊かで面白かった。この一皿も立派なおつまみ。
食事は穴子飯。炊いた穴子をカットしアルデンテのゴハンに混ぜ込みます。お米が旨いですねえ。炊き加減も申し分なく私好み。欲を言えばおかわりして腹いっぱい食べたかった。
噂には聞いていましたが、愛媛の味噌汁は甘い。全国的には米味噌が主流ですが、愛媛は裸麦の一大産地でもあるため、味噌汁を作る際には麦味噌を用いるそうな。また、歓迎・親愛の情が強いほど料理の砂糖の味付けが濃くとのこと。
甘味は羊羹。小豆がゴリっと残った粗挽きタイプであり、素材感に溢れた味わいです。
シャーベットは複数種類から選ぶことができ、わさびシャーベットをチョイス。生クリームの乳脂肪の奥からワサビの風味が仄かに香り、フランスあたりで売り出せばウケそうな味覚です。
飲んで食べて7千円と少し。これはお買い得ですねえ。料理だけなら5千円ポッキリ。これだけ上質な和食を頂きこの値段で済むのは地方ならでは。瀬戸内の魚介パワーを感じたランチでした。




このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
和食は料理ジャンルとして突出して高いです。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの和食ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い和食なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。

関連ランキング:京料理 | 勝山町駅大街道駅警察署前駅

喫茶レストラン縄(なわ)/麻布十番

麻布十番駅6番出口すぐ。沖縄風(?)の洋食屋、縄。ここから歩いて5分ほどのところにアルファインというSM専門のラブホテルがあるのですが、それに関連しての縄ではないと思います。
歴史を感じさせるカジュアルさ。客層はだらしない服装をした男ばかり(私は半ズボンにビーチサンダル)であり、麻布十番のエアポケット的存在。
日替わりランチのA定食、すなわち「豚肉と玉ねぎのカレー炒め」を注文。その他、ピラフ&ナポリタンセット、うどん&ピラフセットなど、糖質オフなどどこ吹く風といったハードボイルドなメニュー構成です。
デロンデロンに炒められた豚肉および玉ねぎ。カレーせんべいのような味付けであり、ノスタルジアを感じさせます。目玉焼きの火入れは完璧であり、母親の手料理を食べているような安心感。
味噌汁は具沢山。豚肉や卵、ネギなどがたっぷりと入っており、なかなか美味。
お漬物は出来合いのものですが、塩気ははっきりとしており、後述の山盛りゴハンの良い友です。
ライスはドカンと1合サイズ。炊き加減ならびに味わいは中くらいですが、なるほどガテン系のゲストが多い理由が良くわかるポーションです。
私のランチは790円とまあまあの費用対効果。卓上のメニューを見ると驚くほど品数が多く、それほど高くない。気の置けない仲間と夜に宴会するのも、意外に悪く無いかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番には日本料理店も結構多いのですが、割高であることが多いです。外すと懐が大ダメージを受けるので、信頼のおける口コミと、味覚が似た友人の感想に頼って訪れましょう。
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:喫茶店 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

嘉っとび寿司ざぶん/刈谷(愛知)

刈谷駅南口駅ビル(?)内に入居する寿司屋。
回転寿司的なタッチパネルがありつつも、回転するレーンは無いという、一風変わったオペレーションです。タッチパネルを操作すると目の前の職人さんのパネルがピンポーンとなり、それを職人さんが確認して寿司を握ります。目の前に人がいるのに直接声をかけることはせず、タッチパネルで会話する。まさに21世紀である。
大瓶で喉を潤しながら注文した握りの到着を待つ。この手の業態にしては酒類が豊富でした。
この日のハマチは250円。それなりに美味しくはありますが、くら寿司やスシローの倍おいしいかというと違います。
活魚切り出し軍艦。平たく言うと刺身の切れ端を軍艦にしたもの。見栄えこそはよくありませんが、180円という価格は他のにぎりに比べると相対的に悪くありません。
生しらす軍艦は180円。強い塩気と程よい苦味が酒を誘い結構旨い。中々の費用対効果です。
モンゴウイカのゲソの醤油麹あぶり。たっぷりのゲソに深みのあるタレを塗りつけガスバーナーで炙ります。これが、旨い。醤油の香ばしい香りと筋肉的な跳躍を感じるイカのたくましさ。本日一番のお皿です。これが2カンで130円って凄いぞ。
本日のサービス品ということで、300円が180円に値下げされていた牛タン炙り。これはイマイチですね。牛タンの質が悪くコンビニ弁当のそれと同等です。サービス品という文言につられた私が浅はかでした。
先ほどの印象を神事、モンゴウイカのゲソを再注文。今回はタレ抜き炙り抜き(10円引き!)なのですが、先ほどのような感動は得られませんでした。
あら汁は濃い目の赤出汁にアラがゴロゴロと入っており上々の仕上がりです。内臓が温められ満腹感が支配する。
穴玉子巻という、アナゴとギョクを巻いた、ありそうでない一皿。しかしながら味わいは回転寿司屋のアナゴとギョクを巻いた味であり、良くも悪くも予想通りでした。

食事だけだと1,700円と、一般的な回転寿司店に比べると少し高いです。かといって味が良いというわけでもない。この手の寿司屋に美食を求められるということは少なく費用対効果が全てだと思うので、ちょっと中途半端なコンセプトのように感じました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

関連ランキング:寿司 | 刈谷駅

CRISTA(クリスタ)/表参道

みんな大好き、私も大好きT.Y. Harbor。その系列店である表参道Beaconが2016年夏に閉店し、同年秋にCRISTA(クリスタ)としてリニューアルオープン!
「テラス席で昼から飲もう!」がテーマだったのですが、山火事のように暑い昼下がりだったので、一旦は室内席に避難。天井にゆとりがあり最高も採光で、室内ながらも開放感に溢れています。
渋谷から歩いて来て干からびそうな私を見かねてか、スタッフが何を説明するよりもまず秒でキンキンに冷えたお茶を持ってきてくれました。これがホスピタリティというものである。2杯3杯と立て続けに空けても嫌な顔ひとつせずにどんどんお代わりを注いでくれるのが嬉しかったです。
汗が引きお茶で身体が潤ったころに女性陣も到着。「まずはビール、話はそれからね」 と、ウィートエールを注文。小麦の風味が支配的であり、円やかでドライという心地よい矛盾。こちらも一気飲みです。

「あたしの友達にすごいグルメがいるんだけどさ、彼が『タケマシュランってサイト、知ってる?あそこの記事はかなり信頼できる』って絶賛してたわよ。有名になったものね」肌を撫でるような声で彼女は囁く。
テラス席が空いたとのことで、席を移動。風のヌケもよく日光も上手く遮られ、30℃を超えてはいましたが快適快適。

「あなたって本当に何やってるか謎だよね。大体なんで平日の昼間っからあたしたちと一緒になってビール飲んでるわけ?ゆうべも美味しそうなもの食べてたみたいだし」ほほう、ゆうべの話をするのかね。ゆうべといえば、ずっと気になっていた女の子と初めてふたりで食事に行き、「ついこの前、離婚したんです」と激白されテンアゲになったばかりである。
私はクリスタバーガーを注文。「U.S.A. プライムビーフ」を用いているとのことですが、味わいは中くらいでした。ちょっと粒子が細かすぎるきらいがあり、粗挽き原理主義の私からすると、歯ざわりならびに噛みごたえに少々物足りなさを感じました。

付け合せのワッフルフライはものすごく美味しい。SM嬢のタイツのように目の粗いフライドポテトが目にも食感にも楽しかった。2018年6月度わが心のフライドポテト第1位である。

「ホントそういう、ギリギリセーフを狙っていくの、上手いよね。でも別に何もない。絶妙なちょうど良い感」「わかる。バーとかでさ、オトコが背もたれに手とか置かれるじゃん?あれがひとつの分水嶺かも。こっちも自然とカラダが向けばアリ。不快感があったらナシ。別に嫌いってわけじゃないんだけど」なるほど、来週別件ご新規さんとカウンターで食事に行く機会があるから試してみよう。
ポテトのツマミ感に抗えずクラフトビールをもう1杯。今回はIPAでホップの香りが強烈。標準的なビールよりも骨格のある味わいであり、豊富な苦味が爽快感を演出してくれます。

「うーん、あなたの場合はちょっと違うカモ。だって特定の分野でポジションを確立してるでしょ?だから、その分野の駆け出しの女の子なんてチョロいと思うけどなあ」チョロい、甘美な響きである。
付け合せのパンも地味に旨い。関連のbreadworks(ブレッドワークス)のものなのかなあ。単なるランチセットのオマケパンというよりは、お金を出して買ってもよいぐらい、私好みのものでした。

「この歳になると、顔とか収入とかよりも『自分が興味のある分野でその人が活躍しているか』が重要になってくるかも。あたしにとって、金融とかってマジで興味の無い話だから、その分野でいくら有名人で何億円稼いでいたとしてもプーって感じ。あたしにとってはただのオッサンでしかない」
「おう、撮るか?」と、皿を傾け私のほうへ向けてくる連れ。イケメンかよ。一般的なラムチョップの1.5倍近くのポーションがあり、ものすごく美味しそうでした。

「結局あなたが一番楽しい思いしてるんだもんなあ」つまらなそうに口をすぼめる彼女たち。私からは常にプラスイオンが出ているのだ。
セットのコーヒーはお願いした瞬間に出てきたので、恐らくは淹れ置きでしょう。酸味とエグ味が目だったので、アイスコーヒーで飲んだ方が良かったかもしれません。

「わ、もうこんな時間!あたしこのあと、土地見に行くんだよね。買おうと思ってさ」こんなランチの切り上げ方は初めて聞きました。これがマイナス金利時代のグータンヌーボーである。

お会計はひとり5,000円弱。ラグジュアリーホテルと同程度の雰囲気とサービスを享受してこの価格はリーズナブル。ディナーで真面目に飲み食いすると2万円近くするでしょうから、まずはランチで肌感覚が合うかどうかを確かめてから訪れましょう。表参道での、ちょっとリッチでセンスのよいデートにどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
焼肉ではなく、洋風の肉料理をまとめました。ステーキやローストビーフがテンコ盛り。赤ワイン片手にガブガブ楽しみましょう!
レストランでの火入れを家庭で再現することに主軸を置いた稀有な本。「焼く」「揚げる」「ゆでる」「蒸す」「煮込む」「混ぜる」「漬ける」など、基本的な調理ほど論理的に取り組む必要があることを得心しました。肉の基本。これを知ると知らないでは大きく姿勢が異なります。