ルグドゥノム ブション リヨネ/神楽坂

神楽坂って異常にフランス人とかフレンチレストランが多いですよね。どこ行くか迷っちゃう。本日はココ、ルグドゥノム ブション リヨネ。絶対に覚えられない店名です。ミシュラン一ツ星。私が知る限り、もっとも割安感があるフレンチレストランです。ランチの一番安いコースだと前菜+メイン+ドリンクで2,000円弱なんですよ。ドリンクはコーヒー、ジュース、ワインから選択できます。ワ、ワインだと……っ?
 ワインだよね(平日昼)。

 結局真ん中のコース2,850円に500円追加して食べたかった皿に変えてもらう。
アジのマリネ。直径15センチ。アジの下にはナスがぎっちり敷き詰められていて食べ応え抜群。
ブータンノワール。ブータンノワールは豚の血のソーセージで、腸にラードと豚の血と肉の切れっ端と香辛料を詰め込んだソーセージ。聞くとゲゲゲ!血!?ってな感じですが、これがなんともクセになる味なんですよねー。家じゃ絶対に作れないので、メニューにあれば必ず頼むようにしています。ただ、昨年あたりに豚の血から何かの菌が検出されて、ユッケやレバーと共に、地味に禁止になったはず。冷凍とか遠い国から輸入した血なら良いのでしょうか。
デザートまで手抜き無し。おいしゅうございました。

3,350円か。素晴らしい。白木屋で飲み食いしても同じ値段。マックのハンバーガー33個。うまい棒335本。モノの値段って難しい。



近所のお店
神楽坂に特化したグルメ本は以外と少ない、というか紙媒体ではほぼ皆無。本書はKindleからでも読みやすく、コンパクトにまとまっているので使い勝手が良いです。安いですし。