レストラン ル・ミディ/高山

高山のレストランは観光客向けの飛騨牛ステーキ屋ばかり。うーん、もうひとひねり欲しいなあと調べに調べまくってようやくたどり着いた当店。シェフはフランスの有名店をいくつも経験されていたそうで、期待が膨らみます。

ホームページを熟読すると、良いワインであればあるほど値付けが安い。酒屋で買うのと変わらんかったりするので、よし、せっかくだから高いのを頼もうと心に決めて来店です。
 パリの街角のビストロそのもの。
 グラスのスパークリング片手にメニューを熟読。ううむ、わかりづらい。同一の料理が名前を変えて色んな箇所に登場しており、MECEの真逆を行く。どフランスな料理は見当たらず、結局は飛騨牛ステーキを推していたのでがっかりです。
 ステーキだけを注文するのは芸がないので、少しでもフレンチのエスプリを効かせようとタルタル。
薬味が届いて
ぐちゃぐちゃに混ぜる。うん、美味しい。ただ、量の割に高いかも。
 パンはごくごく普通です。
 スープ。印象無し。まずくは無いが、うまくもない。

で、お目当てのワインなのですが、ホームページに載せてあったワインリストと全然内容が違う。全くもって貧弱。辛うじて残ってあった目ぼしいものは、ホームページの1.5倍の価格。お店の方に、話が全然違うじゃん、と説明を求めても的を射ず。これはジャロにチクっても良いレベル。
 もう選びようがなくなったので、お店の方に完全にお任せすると、存外に美味しかった。ただ、妥協に妥協を重ねた1本だったので、なんだかね。
 メインは飛騨牛の極上部位を200g。「せっかく高山まで来たんだから」と一番高いものを注文したのですが、脂が多すぎで3口ほどで気持ち悪くなりました。いや、お店は悪くないですよ。私のチョイスが良くなかったんだと思います。
 デザートは追加料金を払ってスペシャリテのプリン。重みのある舌触りのカボチャがこってりと甘くとても美味しかったです。
 オマケで牛乳のアイスも頂きました。さっぱりとして良い。
コーヒーで〆てごちそうさまでした。

注文の仕方を間違えました。飛騨牛の主張がキツすぎて、シェフの実力を測りかねる。とにかく胸焼け。しかも私と連れふたりとも同じメニューにしてしまったので、「半分食べて」とか厳しすぎる。残さず食べたけどね。「飛騨牛にこだわらなくていいから1万円でフルコース」とか、「飛騨牛でできるアラカルトを全部」とかが、正解の注文方法なのかもしれません。

あとやっぱ嘘は良くない。もちろんワインには在庫という概念があることを重々承知しておりますが、それにしても全滅は酷い。それなら最初からホームページとかに書かないで欲しいです。こちらはその情報源を信頼して予約したのにな。がっかりです。



関連ランキング:フレンチ | 高山駅