ケシキ(K’shiki・マンダリンオリエンタル東京)/三越前

マンダリンオリエンタル東京38階のイタリアンダイニング。店名の通り抜群の眺望を誇り、床から天井まで一面の大きな窓から息をのむような東京の絶景広がります(写真は公式ウェブサイトより)。
グラスのスパークリングワインは1,700円~、フランチャコルタが2,000円、シャンパーニュに至っては2,400円~とぶっ飛び価格。さらに15%のサービス料と8%の消費税が乗ってくるので軽く鼻血が出そうです。フェッラーリはボトルで6,500円と相対的に安く感じました。
前菜にイカのグリルをチョイス。このイカがコテンパンに旨く、シンプルな調理ながらマルゴット美味しいです。敷き詰められたズッキーニもシャレオッティで、山羊のチーズやピスタチオのソースも賑わしい味わい。
グリーンピースのスープは豆の味が濃厚で良いのですが、やや塩気が足りないか。もう少しの塩分か、チーズのコクを添加したほうが私好みでありました。
イタリアンレストランとしてはパンのレベルが極めて高い。手前はタマネギのパンであり、タマネギの旨味と甘味が愛想の良い味覚を響かせています。奥のオリーブのパンもゴンとしたアクセントのあるオリーブであり心に残りました。
パスタ料理はナポリ風ラザニアを注文。ラザニアは自宅で作ると面倒この上ない料理であるため、外食で出会うと積極的に注文するようにしています。

たっぷりのミンチ肉にこれでもかというほどのたっぷりチーズ。なんとも解かり易い味覚であり、これを不味いという人はそういないことでしょう。ゆで卵も食欲をそそる可愛らしさ。本日一番のお皿でした。
連れのメインはベジタリアンメニュー。トミーノチーズのグリルと季節野菜。トミーノとはピエモンテ州で作られるカマンベールに良く似たチーズであり、加熱して食べるととっても美味しい白カビです。
私は牛肉のブレゼ、猟師風。ブレゼとはいわゆる蒸し煮のことであり、コラーゲン質の多い肉を使うことが多いです。じっくりと煮込まれることにより肉汁が循環し身が柔らかくなる。上質な牛肉であるためパサつくこともなく、慈悲深い味覚にしみじみ。
デザートは『ケシキのクラッシックティラミス』をチョイス。これはまあ、普通のティラミスですね。どちらかと言えば無骨な味わいでした。
連れは『レモンクリームとビスケット 柚子 レモンとオレンジのピール』を注文。アマゾンエコーをふたつ重ねたような特大のココットにたっぷりと。
中は三層構造となっており、底からたっぷりのレモンクリームにレモンのジュレ、ビスケット。「もうおなかいっぱい残りあげる」とのことで1/3ほどお手伝いしましたが、これが実に爽やかかつ食べ応えがあり、先のティラミスよりもコチラが正解でした。
折り目正しいビスコッティに濃厚なコーヒー。最後の最後まで外しません。ごちそうさまでした。
コース代金自体は4,300円なのですが、酒代や15%のサービス料と8%の消費税が乗って、7,000円近いランチとなりました。それでもそれぞれの料理の味わいは真っ当でありポーションも文句なし。サービスも15%を取るだけあってしっかりしています。さすがはマンダリンと納得のランチ。大人の初デートにぴったりなお店でしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。
十年近く愛読している本です。ホームパーティがあれば常にこの本に立ち返る。前菜からドルチェまで最大公約数的な技術が網羅されており、これをなぞれば体面は保てます。