遊心(ゆうしん)/藤沢

藤沢駅近くの飲食店ではトップクラスの老舗ではないでしょうか。仏蘭西料理遊心。OPAの裏手の雑居ビル2Fに位置します。
店内は雑然としており、とりとめのないインテリアです。小物にはホコリが積もっていたりとお世辞にも清潔なお店とは言えません。トイレも和式ですし。
理解するのが難解なメニュー構成。矍鑠としたシェフに説明を求めると、この日のスープはカブとのことだったので、「魚のポワレ野菜ぞえ」を注文。
田舎風パテ。あらゆるお洒落にノンポリな外形の前菜です。しかしながら肉の味が濃く脂とのバランスも確かであり、期待していなかっただけに(失礼)非常に満足度の高い一皿でした。手前のマヨネーズソースにもひと手間かかっており、奥のピクルスもそれ単体として実に美味しい。
チーン、とオーブントースターの音が鳴り響きノスタルジアを感じさせるパンたち。これはまあ普通です。バターには手をつけず。
メインのサワラのポワレ。じっとりとした脂が豊かな皮目に絶妙な香ばしさを引きたてる迷いの無い火入れ。2種のソースも伝統的な味わいで実に奥深い。これはワインが進む味覚です。「野菜ぞえ」と称する割に野菜の量が少ないのが残念。
デザートはコンビニスイーツに毛が生えた程度ですが量はそれなりであり、1,800円のランチセットということを考えると悪く無い一皿です。
料理以外の部分に目をつぶることができれば、実に費用対効果の高いお店です。都内からわざわざ来るというわけではありませんが、是非一度、夜のフルポーションにチャレンジしてみたいと期待が膨らんだランチでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。


関連ランキング:フレンチ | 藤沢駅石上駅