北欧クルーズvol.01~ロンドン~

私はとても心配性なので、出発4時間近く前に成田に到着。マックで朝ごはん。マックって、利益率の低いメニューを意図的に目立たなくしてますよね。100円マックどこかなー?あー見つからないし、後ろで並んでる人は舌打ちしてくるし、ちょうど目に入った写真のセットでいいや!みたいに誘導してるとしか思えない。
機内でのおやつにロイズ。ここのポテトチップチョコはほんと美味しい。友人の結婚披露宴二次会のお土産がこれだった時、死ぬほど嬉しかった。
映画見たりガイドブック読んだりしているうちにヒースロー着。快適な空の旅でした。

ヨーロッパはシェンゲン条約によって国境の自由化を推進していますが、イギリスは島国なので加盟することなく、不法移民の流入を独力で防いでいます。そのせいで、ヒースローの入管は中々厳しく質問も多い。結果として待ち時間が長く長く長くなりますが、ロンドンオリンピックもあるし、そんなんあかんやん、ということで、最近色々と改善されたらしく、30分弱の並びで入国できました。ま、それでも長いほうですけど。

ホテルにチェックインした後はすぐに街歩き!デカいフォートナム&メイソンがあったので、早速お買い物。今年はダイヤモンドジュビリー(エリザベス女王即位60周年)なので、ジュビリーグッズがたくさん。
ジャムが600円ぐらいで売られてた。ここのジンジャーマスタードが結構好きなんですが、日本で買うと確か3,000円ぐらいしたはずなのに…。
夕食は二ツ星レストランのBenaresへ。インド料理です。イギリスにはインド系移民がたくさんいるからインド料理がとても充実しており、ミシュランの星までとっちゃうのです。詳細は別エントリにて。

しかし眠い。飛行機の中で殆ど眠らず、ぶっ通しで起き続けての夕食だったので苦しかった。たぶん食事中、所々寝てると思う。起き続ける自信が無い途中から「時間が無いから早出しでお願い」と嘘も方便攻撃して、ちょっぱやでごちそうさまおやすみなさい。


ロンドンに来るのは10年ぶり。看板が進歩しています。

2012年のピカデリーサーカス
2002年のピカデリーサーカス



「北欧クルーズ」シリーズ目次

関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。