ハワイ vol.1

私はどーも日本のクリスマスのシステムに納得がいきません。なんでうまくもないレストランが何万円にも跳ね上がるのか。なんでヘンに高くなったのシティホテルに泊まるのか。挙げればキリがありません。というわけで、ハワイです。これならみんな楽しい。私も楽しい。ラブ&ピース。

浮かれている間にハワイ着。ハワイへは大体どの便も明け方に到着するので毎回朝日が幻想的。航空会社の演出に違いない。降りた瞬間すぐに感じる熱気と香り、だらしなさ。あー、やっぱ、ハワイだな。機嫌が悪い人はハワイに来ればいい。この瞬間が一番テンションあがるのです。カラカウアに飛び出すと朝早えーからぜーんぶ店閉まってるけどノープロブレム。私はハワイにいるというだけで満足なのです。

ワイキキビーチを散歩しているとあっという間に空腹に。よーしせっかくアメリカ来たからタコベルだ。10時開店だから10時ちょっとすぎに行くと案の定準備中。「あと5分」というアメリカ人に気をつけろ、それは大体30分だ。こりゃ待てんということで、ちょっと妥協しバーガーキング。ワッパーどーん。でけー。うめー。ナイスカロリー。

あっという間に日が傾いたのでディナーは王道鉄板焼@田中オブ東京。ネーミングセンスの無さからなんとなく敬遠されがちですが、私は好きでハワイ来るたびに必ずお邪魔します。包丁投げたり火柱立てたりのパフォーマンスもわかりやすくて良い。外人大喜び。はらいっぱいくって1人50ドル程度。東京なら1.5万円。超満腹酔っ払いでホテルに戻って時差ボケも手伝い2秒で眠りに落ちました。

翌日は連れの友人のお友達に合流。車でホテルまで迎えにきてくれて、やあやあ出迎えご苦労ナイストゥミーチュー。カリフォルニアピザキッチンでランチして、シナボン見つけたから買い食いして(こいつらまだ食うのかよと引かれた。アメリカ人に勝利)、母校や昔のたまり場を巡ったりして皆さん本当に嬉しそうでした。うんうん、おれはいいことをした。喜んでくれておれも嬉しいぜ。ホテルまで送ってもらってお別れ。サンキューまた来ます。

さて、ばんごはんは「ロイズ」。このレストランは結構評判なのですが、ワイキキから東へ40分と遠いのが難点。コンシェルジュに予約してもらうと、「え、あそこまで行かなくてもワイキキに最近できましたよ」「ワイキキは嫌なんです」「(ニヤリ)なるほど。うふふ。私もそう思います。じゃ、予約しておきます。」との反応。お、こいつわかってるじゃんみたいな感じでちょっと嬉しそう。やはり現地の人からすると、ワイキキは良くも悪くも特殊な街みたいですね。私はワイキキも好きなんですが。

タクシーつかまえて行き先を告げると、「え、あそこまで行かなくてもワイキキに最近できましたよ」「ワイキキは嫌なんです」「(ニヤリ)なるほど。うふふ。私もそう思います。じゃ、向かいます。」と同じ反応。

到着してカードで払おうとすると途端にゴネ出す運転手。「うあー、カードっすか、まいったな。いや、実は自分今日、ほんとは非番なんすよ。だから現金で…」「現金など持っとらん。カードじゃないとダメ」「あー、でも、そのカード、キャッシングとかできますよね」「カードったらカード」「じゃ、現金とカード、半分づつでどうでしょう?」半分づつってなんだよ。なんて斬新な提案。まあ、手数料の関係とか、今日まさに現金が必要とか、あんたの事情もわからんでもないが、そもそもカードOKのサインなんて出さないでおけばお互いに嫌な思いしなくて済むのに。

タクシー降りるとスタッフ皆さん笑顔でお出迎え。超満員。やっぱ人気みたいです。すごいのは客がみんな外人。ハワイでこんなにアメリカ人に囲まれることは今までなかったからびっくらこいただよ。
2階のテーブルへ案内されると全面ガラス貼りで景色が素敵。ビーチに沈む夕日と食前酒にちょっと酔う。オープンキッチンから聞こえてくる喧騒や食器のカチャカチャが程よいBGM。いいねぇ。これがほんとの幸せだ。
食事にはアヒポキ、バターフィッシュのソテー、ラムのグリルを頂きました。アヒポキってのはアヒ=マグロ、ポキ=細かくということで、マグロのヅケに海草を和えてハワイ風。ゴマ油が新鮮。バターフィッシュってのはバターフィッシュだと説明されてよくわからんかったけど、4種類のソースが絶品。彩りも素敵。こういう食べ方も良いですね。メインはラム。余は満足じゃ。

あー、今日もたくさん食べた。いい一日だったと幸せに包まれてたのにまーた運転手がカードでゴネやがる。「カードならカードって最初に言ってくださいよ。それによって配車変わるんだから」。あのねあんたね、なんで客がレストランにタクシー呼んでもらう時にカード使いますとかいちいち説明せにゃいかんの?でもみんなこんなカンジってことは、ハワイのタクシーは普通カード使わないの?


「ハワイ」シリーズ目次

要点の絞られた密度の高い本。3泊5日でオアフに絞って観光する方に最適です。何より安い。パンケーキについては日本未上陸品に限定して特集しているので、最先端の先端を走ることができます。


関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。