カリフォルニア vol.01

東西冷戦真っ只中、ソ連首相として初めて訪米したフルシチョフは次の様に述べました。「アメリカ資本主義に見るべきものは何もないが、カリフォルニアの空気は素晴らしい。」

旅程が結構複雑なため、格安航空券は諦めANAで直接予約。チケット代が70,000円で、おお、意外と安いじゃんと思いきや、サーチャージも70,000円で、結局140,000円に。なんだかね。

最近の遠距離路線はオンデマンドで映画が見れるので良いですね。機内食のデザートにハーゲンダッツが出てきました。ハーゲンダッツってよくよく考えると大して高くないのに、驚異的に高級感ありますね。ハーゲンダッツさえ出れば文句なし、みたいな。
LA着。コンバーチブルをレンタル。「新車ですよ~。良かったね。」みたいに言われたけど、傷付けたりしたらバレバレだから逆にプレッシャー。ま、アメリカはレンタカーの傷に寛容だからなんとかなるか。ちなみに、持参した衣類はゼロ。着ている服が全てなので、着替えを買いにLA郊外のアウトレット、オンタリオミルズへ。久々アメリカを運転する割に片道100km以上と少々冒険です。屋根開けて高速をぶっ飛ばすと気持ち良いけれどもうるさい。
しかしアウトレットはアウトレット品質なので、グッっと来るものがなく、何も買わないのであった。機内で一睡もせず、そのまま起きっ放しでの長距離運転だったので、案の定眠かった、というか寝てたと思う。今後このようなプランは控えます。
夕方からは友人と合流。車がイカツすぎ。


「アメリカっぽい食事がしたい」という、漠然とした私のリクエストを見事に叶えてくれました。スープもサラダもオニオンフライもばっちりアメリカ。また、機内で観た映画"ハンコック"の主人公が、やたらミートボールスパゲッティを食べていたので、つられて私もオーダー。特にうまくはない。やはりアメリカはパスタが全然ダメ。まぁこれも含めてアメリカっぽい食事なので、大変満足満腹でした。


「カリフォルニア」シリーズ目次


関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。