Benares/Berkeley Square

ロンドンはインド系の移民が多く、インド料理屋が非常に充実しています。旅行ではやっぱりフィッシュアンドチップスが食べたくなりますが、気分を変えてインド料理も良いものですよ。

当店はインド料理屋ながら、ミシュラン二ツ星という話題店。純粋なインド料理というよりは、インド料理をフレンチ的な提供の仕方にアレンジした(中華におけるヌーベルシノワ的な)もので、ロンドンの最先端の先端のレストラン。

ウェイティングバーで待っている時は、内装だけスタイリッシュで客の年齢層が低かったので、「あれ?なにこのグローバルダイニング(ラボエムとかモンスーンカフェとか)的なカンジ。もしかして失敗した?」と心配したのですが、メインダイニングに通されてびっくり70席近くの大バコが、ほとんどインド系の客で埋め尽くされているじゃないですか。この時点であげぽよです。
アミューズはチップスにタレをつける系。パイナップルとかトマトとかに、スパイスがビンビンに効いていて、美味しいというよりは新しい。おもしろい。
 続いてカレークリームが詰まったコロッケ。これもスパイスが強烈。アツアツで美味しいですね。
 ガーリックのナンに

 パテをつけて
 がぶり!
これはとても美味しかった。特に真ん中のタンドリーチキンのパテ。肉のうまみとスパイスの刺激とガーリックの香りで食欲がものすごく刺激されました。
 右端のバジルエビが美味しい。ただ、調理がどーのこーのじゃなくて、エビだから美味しい。中央のチキンはミートボール味。左端のラムは臭かった。
 ミネストローネ?これは全然美味しくない。アメリカの雑貨屋のチキンヌードルスープみたい。
 イカ。普通。あたりめのほうが美味しい。
 ラム。まずい。なんで食材かぶらせるかね?温度もぬるい。肉は臭い。怒りを覚えました。
 パンじゃなくてナン。普通です。
デザートはキャラメルアイスとバニラアイス。美味しいけれど、フレンチのデセールに比べれば貧弱。もっとインド料理的な部分をプッシュしてごまかせば良いのに。
 チョコムース。

これで二ツ星は甘すぎでしょう。インド料理っていうマイナーなジャンルだから二階級特進だと思います。どの皿もスパイスがふんだんに使われていて新鮮ではありますが、すごく美味しいかと言うと疑問。値段も高いし。これなら日本で1,000円食べ放題のカレーでいいや。

「北欧クルーズ」シリーズ目次

関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。


関連ランキング:インド料理 | ウェスト・エンド