フジヤ1935/堺筋本町

ミシュラン3ツ星!!よーやく予約とれたぜええ!珍しくスペイン料理です。抜群なスペイン料理って食べたことないから期待大。
チョコのトリュフの形、キノコのトリュフの風味。シャレのつもりでしょうが、全然美味しくないぞ。クリのビスケットに至ってはビスコ以下。意図がわからない。

気泡がたくさん入ったトリュフパン。まずい。最初からなぜこんなに小麦粉で攻めてくるのか。
牡蠣にタピオカって見た目グロすぎだろ。しかも生きたままの牡蠣をオーブンに入れてナンタラカンタラで、自称「絶妙な火加減」らしいけど、ぬるいだけ。キリっと冷やすかジュウジュウ焼くかにすればいいのに。
白子の何か。グロい。。。おいしくなーい。
マナガツオも別に普通。ソースに味がしない。 シャケ弁のシャケのほうが美味しい。
マッシュルームのパスタ。どーしてこんな鰹節みたいにするかなあ。良いと思ってやってることが全部裏目に出てると思う。
メインはクッパ城から直送、血の池地獄です。

デザートはなんとか美味しかった。これまでが酷かったから、相対的にアレなだけかも。
どの皿も一貫して不気味でした。果たしてスペイン料理だったのでしょうか?てゆーかそもそも美味しくないんだよね。ポールボキューズは言いました、「美味しいもの、それが、料理」。彼の定義に当てはめると、これは料理じゃない。面白さ先行で色々と工夫をする前に、まずは「美味しい」を目指すべきです。

シェフが挨拶に来て、割と長くベラベラ話しかけてきたのですが、これが苦痛で仕方が無かった。全く満足してないのに「美味しかったです」とか言って嘘つきは泥棒の始まりだし、閻魔様にタン抜かれるし。でもまさか正面から「美味しくない。陶芸家なら自分で割るレベル。奇をてらわず、まずは美味しいものを目指したまえ」とは言えないし。

ミシュランの評価基準がよくわからーん。

関連記事
一時期スペイン料理にハマって有名店は片っ端から訪れました。印象に残ったお店を大公開!


これは名著!なぜスペイン料理が料理界を席巻したのかが手に取るようにわかります。日本が観光立国となる手がかりも随所に散りばめられており、高城剛って懐が深いなとシミジミ。