タパスモラキュラーバー/日本橋

マンダリン38階。ミシュラン一ツ星。1日7名限定のディナー。2名の料理人が付き、小皿料理を2時間かけて30品ほど提供してくれます。















液体窒素を使ったり、謎の化学薬品を使って味噌汁を固めたり、肉に炭酸ガスを注入したり、フォアグラと苺を一緒に食べたりと色々頑張ってくれるのですが、食に関して保守的な私は納得できませんでした。 








料理人の身のこなしや言葉遣いも洗練されていなくて残念。一皿づつ料理と食べ方を説明してくれるけど、滑舌が悪くて聞き取り辛いし、いちいち「お味はいかがですか?大丈夫ですか?」訊ねてくるのが非常にうっとうしい。ぶっちゃけ微妙なんだけど、微妙って言ったら傷つくだろうし、何より周りのお客さんの雰囲気を壊すのは嫌だ、かといって嘘をついて閻魔様に舌を引っこ抜かれるのもゴメンなので、なるべく目を合わさないように、訊ねられないように頑張りました。なんで客がこんな気ぃ使わなあかんねん。 

食物を用いた化学ショーを観に行くという意味では良いのかもしれませんが、ホテルに食事を楽しみに行くという意味ではまだまだだと思います。 

※滑舌って常用語じゃないのね。変換できなかった。