入船寿司/奥沢

鮪が漁業規制となる前に、有名な大間の鮪を、一度じっくり食べておきたいとかねてより切望しており、いよいよチャンス到来。大間の鮪の旬は11月~1月初旬らしいです。鮪は色んな所を移動するし、真冬の大間は流氷やらシケやらでそもそも漁に出られず、したがって、旬の時期はごくごく限られるとのこと。

東京の寿司で鮪と言えば、ここ、入船。鮪に限って超有名店。築地での鮪セリでの至上最高値は2,020万円らしいのですが、その元凶はこの店。狙った鮪は絶対にゲットする、鮪に命を賭けたオヤジです。せっかくなので、"鮪にぎりづくし"コースをお願い。もちろん全て大間産。
つまみは全く印象なし。


まずは赤身。個人的に赤身はそれ程好きではないのですが、 ここまで味がどっしりとした赤身は初めて。うまいんだ。
中トロダブル。
ま、普通の中トロですね。スーパーで買う中トロとそんなに差は無い。
お椀も印象なし。
大トロダブル。
大変美味しいんですが、 スーパーで買う中トロとそんなに差は無い。
大トロに更に脂が乗って、もはや形にならないトロの軍艦。すごい脂。口の中で一瞬でシュパっと消えてしまいます。
トロタク。 タクアンとトロの手巻き。私としてはタクアンは余計。
ヅケ。お察しの通り、私はヅケも好きじゃない。でもこのヅケは文句無し最高。
ほんと、赤身にしっかりと味があるんですよ。
卵とお漬物で休憩。

大トロの炙り。タレと塩。前述の大トロを炙っただけじゃないと思う。おそらくもっともっと極上のトロ。これは本当に美味しかった。現実離れしたウマさ。異常だ異常。口に放り込んだ瞬間にぶじゅぶじゅと溶け崩れていく中で、軽く炙った風味がふんわりと広がります。参った~。

〆にもういちど大トロ。大トロの炙りのインパクトが強すぎて、もはや普通の味わいでした。

満腹になることなく、16,000円。郊外にある住宅地の寿司屋でこの価格か。ちょっと、、、高いよなぁ。。。ちなみにフツーのランチにぎりセットは1,000円ちょっとなので、このお店がボっているわけじゃないと思います。

鮪はコストパフォーマンスが極めて悪い食材ですね。それでもあの大トロの炙りは衝撃的。採算を度外視してでも一度経験する価値はあると思います。中途半端なトロであればスーパーやらで充分ですが、本物の赤身と超トロを食べるのに金に糸目はつけない場合に限って良いお店です。


関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。


関連ランキング:寿司 | 奥沢駅自由が丘駅緑が丘駅