トラットリア トペ/新栄町(名古屋)


TRATTORIA TOPE。ヤマザキマザック美術館に併設された立派なイタリアンレストラン。
カウンター席に通して頂きました。ランチはコースとパスタセットの2択より。せっかくなのでコースを選択。
まずは小桃のピクルス。品の良い酸とカリカリとした食感が今後の展開を期待させてくれます。小桃と言えば酒肆ガランスを思い出しました。最近行ってないなあ、また行きたいなあ。
パンは普通です。
前菜盛り合わせ。
やばばばばば、タマネギのスープが絶品。甘い甘い大地の味に率直な生命力を感じます。
ブリのカルパッチョもいいですね。質の良い魚をシンプルに調理。
ニンジンのサラダはオレンジの風味をきかせて。爽やかな酸味がニンジンの土臭さを排除します。日本の子供はニンジン嫌いが多いですが、あれはニンジン初体験がファミレスの不味い付け合わせから入るからではないか。
鶏レバーと豚のテリーヌ。旨味に溢れ、ワインを注文したくなります。
ポルチーニのパスタ。文句なしに美味しいです。ただしこれは調理技術がどうのと言うよりも、ポルチーニの食材力に因るところが大きいかもしれません。また誰かイタリアに行く際にはポルチーニ買ってきてもらおうっと。
メインはマハタを選択。独特のむっちりとした食感が素晴らしい。味付けは極めてシンプルであり、食材の良さを素直に引き出されていました。
デザートはクラフティにヨーグルトゼリー、バジルのシャーベットです。

クラフティとはフランスの伝統菓子で、果物をカスタード液で焼いたものです。当店はチョコ主体で面白い。ヨーグルトゼリーはフランボワーズのソースが強烈すぎてヨーグルト感は無く残念。バジルソースは爽やかな苦味がすごくいい。デザートではなくメインの前に挟むのも良いかもしれません。
コーヒーで〆てごちそうさまでした。

これだけ食べて税サ込3,300円。見事な費用対効果です。ヘタなひつまぶしを食べるより全然いい。もう鰻は飽きたので、まとめ記事を作って鰻からは卒業しようかな。コリエドールでプロ目線のオススメレストラン情報もたっぷり仕入れたので、名古屋でも仏伊料理に絞っていこうかなあ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
仕事の都合で年間名古屋に200泊していたことがあり、その間は常に外食でした。中でも印象的なお店をまとめました。

食通たちが鰻の魅力とこだわりを語り尽くす一冊。よしもとばなな、沢木耕太郎、さくらももこ、椎名誠、村上龍、村上春樹、島田雅彦、五木寛之、遠藤周作、群ようこ、などなど最強の布陣が送るアンソロジー。


関連ランキング:イタリアン | 新栄町駅高岳駅