山葵野/伏見

今回のテーマは、『幻の魚"九絵"を食べよう』です。九絵ってのは文句なしに高級魚ですね。最近は価格が高騰しているらしく、キロ2万なんてザラらしいです。今回、このお店は28kgの九絵を仕入れたとのこと。可食部はどれぐらいとか考え出すと、計算するのが怖くなってしまいます。 
まずはお刺身で。ふぐと鯛のあいのこみたいな味。ネギとポン酢、もみじおろしでさっぱりと。鯛のほうが歯ごたえがあって好きかな。 
皮を使ったサラダ。扱いがフグと同じですね。皮といいつつも、身もたくさんひっついていて美味。 
九絵ステーキ。バターをちょっときかせて醤油をちょろり。これはうまかったなぁ。むちっむちっ、とすごい歯ごたえ。 
九絵鍋。脂っちゅうかゼラチン質がものすごい。でもグツグツ煮込んでしまうと、タラとかとそんな変わらないかも。〆はもちろん雑炊で。九絵というより味付けがとても良かった。 
結論。幻の高級魚を経験できてとても嬉しい。でも、大騒ぎするほどの味じゃない。「鯛のほうがうまいじゃん」という意味では、フグとベクトルが同じですね。



関連記事
仕事の都合で年間名古屋に200泊していたことがあり、その間は常に外食でした。中でも印象的なお店をまとめました。