ブラッスリーオザミ/有楽町

ブラッスリーってビアホール的にビールがおいてあって手頃な大衆居酒屋と理解していたのですが、当店はワインしかなく、飲んで食べて1人12,000円で鼻血が出そうになりました。いや、別にその金額とるのは構わんよ。ただね、ブラッスリーと名乗るのはナシでしょういくらなんでも。

結論から入ってしまって恐縮です。銀座丸の内界隈の中堅フレンチの王者、オザミグループのお店です。
 パンは普通。リエットはまあまあ。ただし量が少ない。
 ウニ、カニ、タマネギのムース、オマールのジュレ。これは抜群に美味しかった!北島亭のアレを超えているかもしれません。
 馬肉のタルタル。美味しいけれど、インパクトに欠ける。馬肉である必要もないかも。

 ラム。美味しいけれど、よくあるラム。
デザートも普通。
全てが普通。値段は高い。7,500円なら許す。でも12,000円だからもう絶対行かない。それなら同じ金額払ってまともなレストラン行くっつーの。



関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。


関連ランキング:フレンチ | 有楽町駅二重橋前駅日比谷駅