ホノルル・ビア・ワークス(Honolulu Beer Works)/カカアコ(ハワイ)


ホノルルにおけるクラフトビールの急先鋒。当店で飲むだけでなく、多くの飲食店にも卸しているという実力派。
青が映える倉庫がカッコイイ。まさに時代の先端を行くマイクロ・ブルワリー。
コチラで醸造している10数種の地ビールを提供する用意があります。
店の奥に進むと、手の届きそうな距離にタンクが見え心躍る。
お庭もあります。ここで仲間と輪になって浴びるようにビールを飲みたいな。
さて本題。ビアフライト。ハワイ(アメリカ?)では小さな試飲用グラスで色々と試すことを「フライト」と表現することが多いです。当店はひとりあたり1杯2ドルのテイスティンググラスで6杯までを注文することができ、専用の器具でお持ちしてくれます。
絵になるなあ。パリのpascadeのプレゼンテーションを思い出す。
第一印象は「全般的に薄い」でした。何かの賞を取ったIPAはなるほど品の良い苦味で印象的でしたが、薄い。やはり南国で飲みたくなるビールは勢い淡くなりがちなのでしょうか(「エールだのIPAだのわけわかめ」という方はコチラで解説)。

私はヨーロッパ系というか、麦の味わいがダイレクトに感じられるコクのあるビールが好きなので、ここのビールを日本のビアバーで見つけた際に自ら注文するかどうかは自信がありません。ここで飲むから意味があるんだ、と自らを説得する。
平日の真っ昼間にスノボで来て、外を眺めながらビールを飲み、パソコンを操作する青年。百科事典に「リア充」という項目があるのであれば、是非ともこの写真を掲載したいものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。


関連ランキング:ビアバー | アラモアナ