エルルカン ビス/湯河原

ミシュランが湘南エリアに進出したのは嬉しいのですが、和食ばっかりなんですよね。フレンチでは以前紹介したプランデルブと当店のみ。しかし、当店は湘南エリアに含まれてはいるものの、住所は湯河原なのである。静岡はすぐそこ。

湯河原駅から車で15分くらいでしょうか?車一台通るのがやっとな山道をぐんぐん登る。
怪しい。果たして道はあってるのでしょうか?
看板発見。極めてわかり辛い。
 フジヤマのような傾斜角度の坂道を下り、ようやく駐車場を発見。
 そこから100mほど歩き、ようやくお店に到着。
 なにこの雰囲気のすごさ。うかい亭クラス。ミシュランよ、よく来たな。

 とんでもない山奥なのに、50席近くある店内は満席。すごい人気。
 アミューズはチーズ味の揚げたやつと、豚のリエットが入ったシュークリームと、オリーブ。味付けがしっかりしていてワインを飲みたくなるけど、今日は車で来たから飲まれへんねん。
 前菜はシメサバの燻製。美味しいけれど、スーパーのシメサバを炙ったらこうなると思う。抜群に美味しいシメサバを食べたことがありません。下に敷かれたナスはすごく美味しかった。
 米沢牛のグリルサラダ。これは抜群に美味しかった。サラダ?だまらっしゃい、これは、生肉である。2012年上半期で最も美味しい皿だったかも。
 真鯛にカブ。これはとても普通。何も印象に残らない。
 蝦夷鹿を焼いたやつ。これはとんでもなくうまかった!肉自体の味がどっしりしてて最高!

と、まあ、味と店の雰囲気だけで言えば完璧なのですが、そうは問屋が卸さない。皿出しがね、遅すぎるんですよ。1品出すのに40分近くかかる。のんびり食べても皿と皿のインターバルが20分。テンポ悪すぎ。我々だけのテーブルだけじゃなく、どのテーブルのお客さんもイライラしてました。
 最後の焦らして焦らして出てきたゴハン(なぜゴハン?)がイカの足がちょろちょろ入ったもの。全然美味しくない。40分待ってこれですか?しかも、注文する時に「お苦手な食材ございますか?牡蠣、大丈夫ですか?」と聞かれていたので、これは牡蠣を土釜で炊いたやつとかが出る?とか期待していただけに怒っちゃうぞ。
 さらに散々待って出てきたデザート。ピスタチオのアイスにチョコムース、栗のスープ。これも抜群に美味しいから怒りのやり場に困る。プリンまで手抜き無しで美味。

久しぶりに評価に困ったお店です。まだかよまだかよイライライラ→うめえ!→まだかよまだかよイライライラ→うめえ!→∞です。どんだけツンデレやねん。



関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。


関連ランキング:フレンチ | 湯河原駅