エディション コウジシモムラ/六本木一丁目

ミシュラン二ツ星獲得→星無しに転落→ミシュラン二ツ星獲得とアップダウンの激しいレストラン。というか何があった?ミシュランと喧嘩した?野次馬根性丸出してものすごく興味を持ってしまうこういうお店って。
アミューズは特に印象なし。
前菜。スペシャリテの「海水で軽く火を通した牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレ 岩海苔風味」。この皿は方々で大絶賛されていて、「ホンマにそこまで美味しいんかいな?牡蠣はポン酢かけてジュルっていくのがええんちゃうの?」と懐疑的に接してしまいましたが、これは本当に美味しかった。ジュレの塩加減が絶妙で柑橘の風味もばっちり。ガツーンとわかり易い味です。

フォアグラのテリーヌ。これはどうでしょう。ベリーやらなんやらで甘ったるくなって非常にもったいない。ラムみたいにクセのある食材にベリーを合わせるのは許容できますが、焼いただけで充分美味しいフォアグラをこういう目にあわせる必要はないと思う。
カダイフを纏った的鯛。揚げずに焼いているとのこと。サックサクですいすい食べれます。シンプルであっさりしてる。個人的にはちょっと物足りない。
うずらのロースト。完全につくねですね。すごく美味しいけれど、フレンチのメインディッシュにつくねかよ!と少し風格に欠けます。
ライチ風味のココナッツアイスの下に色んな果物が隠れています。これ、食材を重ねるんじゃなくて、全部をプレゼンテーションすべきだと思う。見た目で損してる。
カカオウォーター。質の良いカカオをこれまた質の良いお水に長いこと漬け込んで抽出するらしいのですが、うーん、別に美味しくない。ミスドのチョコシェイクのほうが美味しい。
アイスやらガナッシュやらチョコシャーベットやら。これはすごく良い。チョコレートっていうコンセプトはひとつなのに、まったりアイス、サクサクラスク、ひんやりシャーベット、たまにオリーブオイルやら塩やらと、すごく複雑に食べ進むことができます。もっと食べたい!
食後にハーブティー。聞いたことの無いハーブがたくさん入っていて面白かった。
オリーブ入りのフィナンシェに
アボカドのムースにグレープフルーツをトッピング。ミニャルディーズにこんなムースが出てくると嬉しくなりますね。

そういえば、サービススタッフのレベルがすごく高かったと思います。ホールの総監督みたいなおっちゃんのレベルが高すぎる。サービスでおお!と思う機会ってすごく珍しいので、すごく貴重。シェフの料理に対する思想とか哲学とかを、我々にもわかりやすく解説してくれるのがすごく良い。しかも全然嫌味な感じじゃなくてね。

とても満足。また機会があったら来ようと思います。という冷静なコメントに私は留まるのですが、連れは「うめーうめーサイコォォォオウ!うぎゃーまた来たい!」と大騒ぎしていました。皿数とかポーションはたっぷりあるのに、軽くてサクサク食べれるので、女性にとって最高に素晴らしいお店なんだと思います。

最後はシェフがお見送りに来てくれたのですが、クマみたいにぼってりとした体型でウケた。なのにどうしてあんなに調理は繊細なの!?



関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。


エディション・コウジ シモムラフレンチ / 六本木一丁目駅神谷町駅六本木駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5