モンド/自由が丘

自由が丘駅から歩いて15分。土地勘が無いひとは迷うでしょう。住宅街にあるというか住宅レストラン。写真はNGだと。

前菜はホワイトアスパラガスとサクラマスのサラダ。平均的な味。ホワイトアスパラガスが小ぶりなのが残念。やっぱごんぶとなやつをシンプルにオランデーズソースだけで食べるのが最強なんでしょうホワイトアスパラガスは。

スープ?としてイカ墨とジャガイモのカプチーノ仕立て。ジャガイモはエスプーマ(食材を秘密の器械でムース状にすること)してます。エスプーマ、あんま好きじゃないんですよね。食感が無くなって味しかしなくなる。ジャガイモならちょっとザラザラ舌触り残るぐらいでいいのに。

パスタはカバテッリ(手打ちのショート)を牡蠣とブロッコリーのソースで。これはすごく美味しい。カバテッリの食感、牡蠣の風味、ブロッコリーの色合い、どれをとっても抜群。もっとたくさん食べたかった。

メインはイベリコ豚の炭火焼き。美味しいけれど、とても普通。印象が全く無い。イベリコ豚焼いたやつなんて絶対に美味しいんだから、もっと冒険してもいいのに。パンはいろんな種類があって楽しかった。

ドルチェは苺のタルト。ただのタルトじゃなくて、イチゴとカスタードクリームをどうにかしたものを、球状のチョコレートで覆ったもの。カトラリーでその球面を突き破って食べる。おもしろい。たぶん一番手が込んでる。ってかこんなところで冒険してないで、メインで頑張ってくれよ。

自由が丘の住宅街にある一軒家レストランで雰囲気あるし、皿自体も美味しい。でも、何か物足りない。値段倍にして食材の質をあげてもっと先鋭的にしたらおもしろいレストランになると思うんだけどなー。ちょっと普通なんだよなーこのままだと。

http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13054007/

関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しく高くないことが多いのが嬉しい。以下、飲んで食べて15,000円の優良店をまとめました。
十年近く愛読している本です。ホームパーティがあれば常にこの本に立ち返る。前菜からドルチェまで最大公約数的な技術が網羅されており、これをなぞれば体面は保てます。