尾花/南千住

行列と知名度では東京一の鰻屋。ちなみに私は鰻がそんなに好きでなく、スーパーの中国産をレンジでチンしたやつで満足できてしまうのです。名古屋の有名店"あつた蓬莱軒"や"いば昇"でも無感動。そんな折に友人が「先週尾花行ってさー。14時に並び始めて入店したのが16時だぜ~。でも、信じられないほどうまかったなぁ。今までの鰻はなんだったんだ。」といたく感動していたので、私もチャレンジしたくなったのです。 

それにしても本格的な鰻屋は回転が悪いですな。注文を受けてからさばき始めるんで、席に着いてから1時間待ちは当たり前。その待ち時間で、"白焼き"や"う巻き"で一杯やって、ほろ酔い加減の所でうな重!ってのが粋らしいですが、白焼き3,300円、う巻き1,800円、うな重4,000円と、粋になるにも色々とお金がかかるようです。 


 私はおとなしくうな重だけを。うん、確かにウマい。ホクホク。超柔らかい。今まで食べた鰻の中ではダントツ一番だ。でも、やっぱし全然テンションあがらないし、確か蓬莱軒の際も似たような感想だったので、やはり私は鰻がそんなに好きではないと確信しました。


関連記事
和食は料理ジャンルとして突出して高いです。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの和食ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い和食なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。


関連ランキング:うなぎ | 南千住駅三ノ輪橋駅三ノ輪駅