モナリザ/東京

大規模商業ビルに入ったお店がなんとなくイケてなくて割高。たまたま予約が取れてしまったから行くか、的にあまり乗り気じゃない訪問。
サーモンとウドにトマトのスープ。全然美味しくない。特にトマトのスープ。市販のトマトジュースのほうが美味しいと思います。酸っぱすぎて食欲が削がれてしまう。それにしても、この皿を出すまでに入店して30分かかるってどーいうこと?
左側がホワイトアスパラガスに生ハム、右側はホワイトアスパラガスのムースに甘エビ。左側は凡庸でしたが右側はとても美味しかった。しかしこの皿が出るまでに入店後50分である。
パンに焼印。意外とこういうことやるお店って少ないですよね。しかし味は普通。
春野菜やら山菜やらキノコやらとぶくぶくソース。このソースが無味すぎて自分の味覚に自信を無くしてしまいました。季節感を出す点は評価できますが、肝心の味が全然ダメ。苦い。
仔牛のフィレ肉のベーコン巻き。美味しいけれど、なんの工夫もない。誰でも作れる。
デザートはまずまず。右下のイチゴちゃんがかわいいですね。
全然ダメです。がっかりだ。あと、食器とかパンにやたらお店の名前が刻印されててうるさく感じてしまう。皿出しも遅いし。サービスもバイトみたいな子ばっかだし。途中から懐疑的に臨むのは止めてなんとかいい所を探そうとしましたが、何一つ見当たりませんでした。悲しい。



関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。


関連ランキング:フレンチ | 二重橋前駅東京駅大手町駅