デビッドセニア/淀屋橋

ここ数年間で一番印象が強いお店。ずっと笑顔でいられるフレンチ。結婚式の打ち合わせで大阪に行くついでに、発売されたばかりのミシュラン頼りに予約を試みるもどこも満席。ただ、当店は改装中のため選考から漏れてしまい、幸か不幸かミシュラン非掲載。なんとか予約できました。
オーナーシェフはニース生まれのデビッドセニアさんで、この前までザリッツカールトン大阪のメインダイニング"ラベ"の一番偉い人。奥様は日本人で、リッツ主催の料理教室で知り合ったそうな。

私は平日昼間にスーツ着てひとりでカウンター席だったので 「あなた、料理人でしょ?ちがう?でも同業でしょ?」やっぱひとり客は怪しいのでしょうか。。。

「名前は?○○(私のファーストネーム)ね!今日はキミがVIPだ!おう、みんな、いいか?○○さんだ。うまいもんつくるぞ!」 みたいな感じでのっけから超盛り上げてくれます。スタッフの皆さんが入れ替わり立ち代り「ヨロシク!」と握手しに来てくれたり。このカウンター席、最高だったなぁ。オープンキッチンにモロに面してるから、フレンチのフルコースが作られていく過程が全部見えるのが新鮮。

ほぉ、と思ったことは
  • 下ごしらえ命。開店前にほとんど料理ができている。 
  • シェフが盛り付けの見本を作って、その通りに弟子たちがピンセットで盛り付けていく。
  • シェフはあまり調理をしない。総指揮という感じ。指示をすごく出している。(もちろん下ごしらえで一杯作っているのかもしれませんが) 
  • パティシエは完全分業/永世中立。シェフもあんまり口出ししない。
  • 超体育会系。「さっさとしやがれ!ドゴッ!(蹴った音)」とか普通。 
食べるタイミングが難しい。他のテーブルの皆さんは盛られた皿をスタッフが運んできていただきますですが、カウンター席の私は、デカいお皿をゴトっと置かれて、シェフであるデビッド本人がソースでお絵かきしながら盛り付けを進めて行きます。「これなー割とウマい魚なんだぜ。ホレ。あーいいよそのまま食べて」みたいな感じで調理途中のボールの中からスプーンで味見させてくれたりします。
一番(私が)酷かったのはコレ。「おい、いいか。この席はあっちのテーブルから見えないから特別にキャビアを大盛りにしといてやる。バレないように食べるんだぞ。」ってなことでこんなに山盛りしてくれて、大満足で食べていたんですが、「え、マジ?もう食べた?あーもうまだソースかけてなかったのに!あー、もう!しゃーねーなーもう一個作ってやるよ~」 ってな感じで2つ食いしてしまいました。(ちなみにソースかかってるほうが3倍ぐらいうまかった。料理って不思議)

しかし彼の色彩感覚や創造性にはほんと脱帽。最初冗談でグルグルお絵かきしているのかと思いきや、、、



完成形はこんなに素敵なお皿に仕上げてきます。美味しい料理は時間とお金をかければ誰でも作れるけど、こういうアートなお皿は私が100回生まれ変わっても創れないですね。
ちなみにこのキャビアは「ちょっと余ったからあげる」とのこと。
「○○は結婚してないの?来年!?どこで挙げるの?」という話の流れで大阪のリッツだよと答えたのですが、「おー、オレの前の職場じゃん!いいねいいね。あそこは良いホテルだよ。働いてて気持ちよかった!みんなによろしく言っといてなー!」とのこと。従業員が誇りを持てるってのは良いですね。
「フランス来たことある?パリだけ!?全然ダメ。パリなんて良いとこないよ。南仏が超おすすめでっせー。」と、パリをボロクソに言ってました。来年モナコに行く予定なので、ついでに足を伸ばしてニースまで行ってみようかしらん。

次々と供される料理たち。おいしい!と伝えると、「Yeah!! Give me five!!」とハイタッチ。ノリノリです。作り手からしても、客の反応を直に感じられるので、カウンター席ってのは良いかもしれませんね。コーヒーにアイス入れてくれたり、メロンをメガ盛してくれたりと、何かとオマケが多い席で相当満腹になりました。

「○○今日はホントにありがとう!これ、お土産のパンね。あと名刺。ケータイ書いてるから何かあったら電話して!」"何か"って何だ?ともあれ、好かれたみたいで私もとても嬉しい。地階にあるのにわざわざ外まで見送りに出てくれて、何度も何度も握手して下さいました。うーん、いい思い出!
日英仏のちゃんぽんでの会話でしたが、言語なんてあんま関係ありませんね。いただきます。おいしい。ごちそうさま。これだけ伝われば十分。とにかく楽しく、美味しいお店。超オススメ。特にカウンター席。大阪帰る度に絶対行くぞー!



関連記事
大所のホテルブランドであればリッツカールトンが好き。その街にリッツがあれば極力泊まるようにしています。




従業員の面接を、宿泊客と同様にもてなすリッツ・カールトン。ドアマンとピアノの生演奏が志願者を迎えるとか冗談みたい。そりゃあ凄いサービス集団が生まれるわけです。


関連ランキング:フレンチ | 大江橋駅東梅田駅なにわ橋駅