ガネーシャダイニング(Ganesha Dining)/東麻布

赤羽橋駅近く。大通り沿いに目立つ看板がデカデカとあるので、存在そのものは長いあいだ認知していたのですが、ちょうど昼どきに通りかかったので、数年越しの気がかりを現実にすることとなりました。
入店して驚き。満卓です。日時は平日の12:30。住宅街にあるお店なのですぐに入ることができるだろうとタカをくくっていたのですが、5分ほど待つことになりました。
北インド料理をテーマにしたお店だそうで、いわゆるインドカレー屋の一般的なメニュー構成です。私はスペシャルランチセット1,340円を注文。
スペシャルランチセットには飲み物が付帯し、なんとビールやワインなどもチョイスできるのです。このあたりの夜であれば700~800円は取られそうな量のビールが自動的についてくるなんて幸せ。
セットのサラダは普通です。ドレッシングにフルーツの風味が効いていたのが印象的。
プレートが届きました。スペシャルランチセットは先述の飲み物とサラダの他、カレー2種にタンドール料理が2種、ライス、ナンがつきます。ライスとナンはおかわり無料。
左はシシカバブ(ぶつ切りにした肉の串焼き料理)。何の肉だろう。スパイスとタマネギが多く判然としません。羊では無いような気がする。右はタンドリーチキン。スパイスが響きビールと共にナイスゴーなのですが、鶏そのものの質はあまり高くなく深みに欠けました。
バターチキンカレー。非常に甘味が強く驚きました。第二印象はトマトの酸味で、余韻にバターを感じます。私にはちょっと甘すぎ、また、トマトの濃度が強すぎに感じました。私はバターが支配的なカレーが好きなのだ。
ホウレンソウのカレー。こちらは中々の辛さであり、食べ進めていくうちに汗が吹き出てきます。ただし複雑性には欠け、ただただ辛さばかりが目立ったようにも思えます。
ライスは全然美味しくないですね。ただちょっと黄色いというだけであり、米もイマイチだしサフランの風味も感じられない。
ナンはふんわりとして良い口当たりなのですが、人工的な甘さが感じられ胸につかえます。おかわり無料でも、これを2枚食べるのはキツいだろうなあ。

私の味覚とは相性が悪いお店でした。同じ東麻布のインドカレーであればスーリヤのほうが好き。また、カレーというジャンルで語ればラメンサのほうが断然好き。ただしビールを含めての費用対効果はそれほど悪く無いので、まずはランチで好みを把握するのも悪く無いでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
東麻布におけるオススメのお店をまとめました。東麻布は歩いてすぐそこの麻布十番に比べてリーズナブルな佳店が多いですね。
  • ローブ ←麻布界隈、いやむしろ都内でもトップクラスに好きなお店。
  • ラ リューン ←クラシックで美味。高くない。
  • ラメンサ ←ランチのカレーが絶品。テラス席でビールを飲む幸せ。
  • ゑびすや魚店 ←東麻布で100年近く続く魚屋が、魚屋料理とお酒を楽しめる居酒屋を営業
  • 旬菜本多 ←リーズナブルな和食。感動は無いけれど満足。ランチが超お得。
  • 蘭麻 ←夜は1万円超えの高級店ですが、ランチは1,000円代。追加料金でお願いできるカレーが最高に美味。
  • ビストロチック ←ランチのパスタが美味しい。店員同士が仲良さそうで微笑ましい。
  • Mixology Bar Source 2102 ←コーヒーカクテルが絶品。こんな美味しいカクテル飲んだことありません。
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。