ザ・ブセナテラス/喜瀬 vol.1

以前ご紹介した際に説明が手抜きすぎだと叱責を受けたので、改めて当ホテルの素晴らしさについてお伝えしたいと思います。あ、ちなみに私はブセナの特殊関係人であるとか、ステマであるとか、そういうのではありません。ただ好きなだけです。
世界に通用するスッゲーリゾートホテルを作ろうというコンセプトのもと、公私がタッグを組んだ三セクによる開発。部瀬名岬全体を贅沢につかった滞在型リゾート。その甲斐あってか、2000年沖縄サミットの会場ともなりました。色んな雑誌のホテルランキングで常に上位にランクイン。
岬の入り口のセキュリティーを抜けると、ヴァニアンツリーがお出迎え。交差点でもないのに無駄にラウンドアバウト。
贅沢な芝生使い。日本の公園って「芝生のため立入禁止」とかいう意味不明な看板が多いので、これは嬉しい。芝生は走り回って寝転がるために存在する。
部屋はこんなカンジ。豪華というよりは、シンプルで清潔。開放的。
お風呂ものぞき放題でいやーんのび太さんのエッチ状態。
リピーターには特製ちんすこうをプレゼント。同じものがショップで780円で売られててびびった。ちんすこうのくせに生意気な。
お決まりですが、アメニティはロクシタン。



プールの配置が素敵だなあ、と、毎度感心してしまう。

プライベートビーチもすごく良い雰囲気。

コンビニもありますが、値段は全くコンビニエントでは無い。
シーサーを作ったり、陶芸をしたりする工房も。
運動もガンガンできまっせ。


ダイビングショップも一応ありますが、あまりダイビングって雰囲気にならないこのホテルに泊まっていると。
日が暮れてきてますます良い雰囲気に。
パターゴルフとか
テニスも楽しむことができます。
マジックアワーにはプールサイドでサックス奏者が生演奏。
敷地が広大なので、巡回シャトルバスも走ってる。
昼の終わり、夜の始まり。
ライブラリー、と銘打ってはいますが、まともな図書館ではなく、気取った写真集ばかり。
なんでもないカフェも雰囲気が良い。
未成年入店不可のバー。生演奏で生歌で演ってます。驚きのカバーチャージ無し。
カクテルも1,000~1,500円と格安。浮かれてこんなにトロピカルなものを頼んじゃいましたてへぺろ。一応泡盛を使ったカクテルです。

関連記事
この年は1年で10回沖縄を訪れました。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。