フロリレージュ/外苑前

ずーっと行きたかったけど予約が取れない取れない。たまたまHPを開いたらトップページに「○月○日、キャンセルがあり、席あります!」と書かれていたので、そっこーで電話でりざべーしょんですアルネ。シェフはカンテサンス出身。ミシュラン一ツ星。
アミューズはオリーブの何か。あつあつのふわふわで明石焼きみたいな食感。特に美味しくないし、意図がわからない。
パンの形が自宅の抱き枕にそっくりで噛み千切るのに罪悪感を覚えました。食器使いとか、オリーブを多用するあたり、カンテサンスを彷彿とさせますね。


スペシャリテのフォアグラとヘーゼルナッツのメレンゲ。フォアグラを一口サイズにカットして口にしてからすぐにメレンゲも食べるのがオススメらしいのですが、私の口にはあいませんでした。なぜフォアグラを甘く食べる必要がある?奇をてらわず、ストレートに提供すれば良いのに。。。
アンドゥイェット。このお店では、内臓を細かくカットしたものを豚肉でくるりんちょです。うーん、正直豚肉の味と食感しかしない。内臓がないぞう。味は悪くないのですが、もっと内臓を期待してたのでアウトです。
ガスパチョにシビレ。私は今日この日までシビレとリドヴォーを同一視していたのですが、違うんですって!どちらも胸腺・膵臓であることは間違いないのですが、リドヴォーは仔牛のもので、色々と厳格な規定があるとのこと。
デセールはアイスとブランマンジェとパイ。すごく普通。

どれもそこそこ美味しいのですが、意図がわからない調理もあり、なんとなくビミョー。なんでこんなに人気があるのか不思議。お店自体も狭っ苦しくて居心地悪いし。値段がそんなに高くないのが良いのかもしれません。



関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。


フロリレージュフレンチ / 外苑前駅表参道駅乃木坂駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0