アクアパッツァ/広尾

アクアパッツァとは、魚介類をトマトやオリーブと一緒に白ワインで煮込んだだけのシンプルなイタリア料理。しかし東京でアクアパッツァと言えば「広尾にある老舗のイタリア料理店」としてのほうが話の通りは良いかもしれません。しかし「老舗には星をあげない」という謎のルールに則り、ミシュランで星を得てはいません。
最初にバーニャカウダ。数年前から突然流行りだしましたね、バーニャカウダ。最近では居酒屋ですら置いてある。しかし当店のこれはマジでうまい。野菜の質がすごすぎる。特にレンコン。じっとりと迫ってくるような舌触り。
比内地鶏のスープとラビオリ。博多の水炊き屋で最初に出されるスープみたい。でもこれってイタリアン?ってカンジですが、美味しいので問題ありません。
パンはまあまあ。しかしオリーブオイルが抜群に良い。香りが鼻から体中に拡がっていく。
金目鯛のカルパッチョ。あさりの出汁を濃縮したエキスを散りばめてあって、その風味にうっとりする。コンセプトはイタリア料理だけど、完全に日本人の嗜好に照準を合わせています。
タラバガニの炭火焼をカニミソとジュノベーゼソースで。当然に美味しい。良質な食材をわかりやすく調理するって意外と難しい。ホームラン競争でホームラン打ちづらいのと同じ。しかし当店は場外ホームランである。
イセエビのリングイネ。説明不要。思い出しただけでヨダレが。
スペシャリテのアクアパッツァ。魚はフッコ(スズキのちっちゃいの)。しかしまあ、なんでこんなシンプルな料理が感動的な皿に昇華するのか。肉厚なのに、ふっくらとした口当たり、それでいて歯ごたえが感じられる。魚の味がする。バジルもトマトもオリーブオイルもどれも個別的にわかりやすい味なのに、絶対に真似できない調和。恐れ入りました。
 シャラン鴨。これもねえ、どこにでもあるすごーく普通でシンプルな料理なんですが、うまい。
デザートは多品種盛り合わせ攻撃。文旦のジェラート、柿と小豆、アールグレイのクッキーにパンナコッタなどなど、日伊折衷ドルチェというかなんというか、ここにおいてもベースはイタリア、ターゲットは日本人。素晴らしいですね。イタリア料理食べにいくといつもデザートで(フレンチと比較して)物足りなく感じるのですが、当店では全くもって大満足。

大当たりです。老舗ってすごいですね。浮き沈みなくずーっと人気を維持する。SMAP的安定感。

「広尾のアクアパッツァなんてあまりに有名すぎて、どーせ時代遅れなイタリアンじゃん?」みたいな態度で臨んで大変申し訳ありませんでした。東京のイタリアンなら一番好きなお店かもしれない。「一番好きな映画はタイタニックです」って言うのがなんとなく恥ずかしいように、「一番好きなイタリアンは広尾のアクアパッツァです」とはなかなか公言し辛いけど。

立地も雰囲気も客層も良い、それでいて堅苦しくない。値段もそんなに高くない。グルメ入門編として最適なお店であり、色々と食べ歩いた末、再び戻ってくるお店だと思いました。



関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しく高くないことが多いのが嬉しい。以下、飲んで食べて15,000円の優良店をまとめました。


関連ランキング:イタリアン | 広尾駅恵比寿駅