ヴィアンド(Viande)/神楽坂

前回までのあらすじ。値札を見ずに物欲を満たすTバック女子を、作品の感想を200行のLINEで寄越す映画ヲタクに紹介することになりました。
食事というよりも会話メインの会となりそうだったので、気軽なビストロ?バル?をチョイス(写真は食べログ公式写真より)。飯田橋と神楽坂の中間地点。坂を登り切った脇道の路地裏にあるお店。
20時にお店に入ると店内は満席(写真は食べログ公式写真より)。我々は予約をしておいたので難なく入店できましたが、ウォークインの客がひっきりなしに訪れ、予約客でいっぱいである旨を店員から告げられ、肩を落として去っていく光景が散見されました。必ず予約して行きましょう。
ハートランドは680円。美味しいのですが、お店の雰囲気ならびに小さいグラスであることを鑑みれば少々割高のような気がします。

Tバックと映画ヲタを引きあわせ、挨拶もそこそこに映画トークのゴングが鳴る。私は数日前にミャンマーから帰ってきたばかり。機内で『インクレディブル・ファミリー』『デッドプール2』『オーシャンズ8』『あさひなぐ』を観たよ、と話を向けると、「あ、オレ、『インクレディブル・ファミリー』は公開日にひとりで劇場に観に行った」「あたし、『デッドプール2』は劇場で3回観ています。全部ひとりで」なにこのひとたちきもちわるい。
漬けカンパチとリンゴ根セロリのレムラード。レムラード(Rémoulade)とはフランス料理に使われるマヨネーズから派生したソース。マヨネーズにマスタード、ピクルス、ケイパー、ハーブなどを加えて作ります。サラダ部分がシャクシャクして美味しい。カンパチも良いでのすが、もうすこし量が欲しかった。
パンは実に普通です。パン代を別途取るのであれば、もう少しちゃんとした自信作にしてほしいところ。
うさぎ・フォアグラ・イチジクのポーピエット。ポーピエットとは肉の薄切りあるいは魚の薄い切り身で野菜やひき肉などの具を巻いたもの。蒸したり揚げたりして仕上げます。なるほどフォアグラとイチジクの風味が溶け合い見事な味わい。うさぎの味覚も清澄で美味しかった。ただもう少し量を。
「邦画はあんまり観ないなあ。わざわざ劇場に足を運んで観る気がしない」とのことだったのですが、私は特にこだわりはなく雑食性。この前は『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』を観たばかり。

内容はさておき、広瀬すずがめちゃんこ可愛かったよ、と感想を述べると、「そういえば〇〇さん(私の名)って、広瀬すずに似てますよね」と馬鹿にされました。冥土の土産に聞かせてやろう、ここが貴様の墓場になる。
ここから先のふたりの会話には全くついていくことができず。だって外人の名前ばっかしなんだもん。唯一得た有益な情報は、『デッドプール2』にはブラピとマットデイモンが実はカメオ出演していたことでした。ぜんぜん気づかなかったなあ。
秋刀魚とレモンのアヒージョ。これはサンマが美味しいですね。サンマの食材としての可能性に敬服した1皿でした。オリーブオイルとレモンはどうでしょう。あまり香りが立っておらず印象に乏しい。
半熟たまごとトリュフのココットグラタン。料理名こそは魅力的ですが、これは全然美味しくなかった。トリュフの香りは無いに等しく、中途半端な火の通りの卵に妙に堅い質感のベシャメルソース。専業主婦がノリで作った創作料理のような味わいでした。
牛ハラミステーキとポテトフライ。こちらはグッド。筋肉質で健康的なハラミが噛みしめるほどに旨い。大振りにカットされたポテトもガリっと揚がっており、マスタードをたっぷりと塗りたくって頬張る背徳感よ。本日一番のお皿です。
話題はマーベルやDCなどのアメコミ文化へと転ずる。「じゃあ俺が今から〇〇の役やるから、そっちは△△ね。ぶしゅー!!」「ぐわんぐわんぐわんみょーん」「やっべーその手つきマジリアル!超ウケる!超ウケる!」ウケません。なにこのひとたちきもちわるい。
赤海老とずわい蟹のリングイネ アメリケーヌソース。こちらも料理名こそは魅力的ですが
、パスタとしては中の下という印象。甲殻類の濃密さは皆無であり、レトルトのパスタソースよりも味が薄い。カニの風味に至っては皆無であった。
生ハム3種の盛り合わせ。これはまあ、既製品を切って出すだけなので素直に美味しかった。
4時間近く滞在してひとり1万円ぐらい。うーん、ちょっと高いなあ。いずれの料理も味がイマイチで量が少ないため、結果的に沢山注文しないと満足感は得られず、結果的に高くついてしまいました。生ハムと安いワイン2~3杯に留めるような、二次会的な使い方に向いているお店でしょう。もしくは飲み放題付きプランで宴会するとか。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
麻布十番と同様、小さな街ながら魅力的なレストランが数多ある神楽坂。この街で生活を送れば充実した食生活になること間違いなし。一度住んでみたいです。
神楽坂に特化したグルメ本は以外と少ない。本書はモテたい人向けの飲食店情報が中心。高級店やバーなどの紹介が多く、神楽坂らしさが凝縮されています。グラビアの田中みな実の雰囲気が妙にマッチしてる。

関連ランキング:居酒屋 | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

常盤屋べんべん/赤羽橋

東麻布商店街を右に折れて少し歩くと出現する広島風お好み焼きの専門店。
平日ランチメニューは一番右の看板。4種あり、すべてのメニューにゴハンと味噌汁が付随します。私は店名を冠した「ときわ屋焼」を注文。990円です。
注文後7~8分で供される「ときわ屋焼」。あれ?イメージしていたものと違う。。。
想像していた料理は小麦粉を水で溶いたものを薄く伸ばして焼いた生地の上に山盛りのキャベツをのせてフタをして蒸し焼きにし、肉と揚げ焼きした中華麺を組み込み玉子で覆ったものだったのですが、供されたものは所謂オムそばです。なるほど確かに私が注文したのは「ときわ屋焼」であり、広島風お好み焼きではなかった。
麺は「広島から取り寄せている厳選された生麺」とのことですが、スーパーで市販されている中華麺と大差なし。ソースやマヨネーズで強く調味されているため、ブラインドで食べれば判断は難しいことでしょう。
味噌汁は長時間煮込まれているためかワカメが変色しつつあります。
ライスは小サイズ。なのですが、焼きそばとライスを食べ合わせるには度胸がいる。餃子などサイドメニューがあれば話は別なんだけどなあ。
この質この量で990円は割高ですね。旨いラーメン屋がライス付きで600円で提供することを考えれば、580~680円程度であってほしいところ。一方で、夜にソースとマヨネーズをツマミにビールを飲む、という使い方であれば悪くないかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
東麻布におけるオススメのお店をまとめました。東麻布は歩いてすぐそこの麻布十番に比べてリーズナブルな佳店が多いですね。
  • ローブ ←麻布界隈、いやむしろ都内でもトップクラスに好きなお店。
  • ペリーニ アダージオ ←まさに隠れ家、デートにもバッチリ。
  • ワカヌイ ←東京タワー至近。ランチが実にリーズナブル。
  • ラ リューン ←クラシックで美味。高くない。
  • ラメンサ ←ランチのカレーが絶品。テラス席でビールを飲む幸せ。
  • ゑびすや魚店 ←東麻布で100年近く続く魚屋が、魚屋料理とお酒を楽しめる居酒屋を営業。
  • 旬菜本多 ←リーズナブルな和食。感動は無いけれど満足。ランチが超お得。
  • 蘭麻 ←夜は1万円超えの高級店ですが、ランチは1,000円代。追加料金でお願いできるカレーが最高に美味。
  • ビストロチック ←ランチのパスタが美味しい。店員同士が仲良さそうで微笑ましい。
  • Bar 510 ←夏のカキ氷が最高。チャージ500円とリーズナブル。
  • Mixology Bar Source 2102 ←コーヒーカクテルが絶品。こんな美味しいカクテル飲んだことありません。
  • サマンサタバサ社員に贈る、東麻布おすすめランチ7選! ←住友不動産麻布十番ビルから徒歩5分程度のオススメランチスポット。
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

やました/徳島

徳島は海産物王国にも関わらず鮨の名店が少ない。食べログのランキングを上から辿り自然と行きついたお店が当店です。徳島イチの飲み屋街「栄町」にあり、カウンター7~8席に個室と、ある意味銀座っぽい立ち位置です。
ハンドルキーパーの私はノンアルコールビール。妻のビールの泡の肌理が実に細かく、その喉越しの良さを想像し嫉妬する。初めてのお店なので当店の実力を最も知ることができる「おまかせ」をオーダー。
特に説明無く黙って供される前菜。煮タコやカラスミなど酒のツマミ。ああ、お酒が飲みたい。
お造りは左上から時計回りにカンパチ、クエ、アオリイカ、ウニ、ヒラメ、ヨコ(マグロの幼魚)。見た目は豪華ですがこの1皿を2人でシェアするためその喜びも2分の1です。徳島県産のウニが良いですね。その他はまあ一般的な鮨屋で食べるそれと同様です。ちなみに当店の魚は冷凍物は用いておらず全てが天然だそうな。
サワラを焼いたもの。なんと、この皿まで2人でシェアせよとのこと。魚の切り身を2人で分け合ったのは生まれて初めてです。魚もそうですし、付け合わせの茶色いやつまでシェア。
白甘鯛。こちらもシェア。謎のシェアリングエコノミー絶賛開催中。もしかすると大将には私の妻が見えていないのかもしれません。あるいは「シックス・センス」のように、私は既に死んでいるのかもしれない。
驚きました。なんと茶碗蒸しまで2人で1杯です。大学生の自炊でもこんな真似はしないでしょう。私が風邪でもひいていたらどうするつもりなのだと憤っていると「どっちがどれだけ食べたのかわからなくなるじゃない!」と、妻が心配していたのは量であった。

具材はアワビや百合根など私の好きな食材ばかりなのですが、さすがに茶碗蒸しのシェアはちょっと。。。ちなみにスプーンはきちんと2本供されたので、「ゴースト~徳島の幻~」説は否定されました。
クエ煮付け。茶碗蒸しをシェアした我々は、煮付けを分け合うことぐらいへいちゃらです。しかしながら骨ばかりで可食部は少なく「もういいや、全部あげる。骨とるのめんどくさい」と、つむじを曲げる妻。
バビョーン!なんとお椀まで2人で1杯です。間接キス必至!バクテリアの交換開始!我々は夫婦だから良いようなものの、これが微妙な関係のふたり、例えば上司と部下や、接待だったりすると、おお神よ、それは悪夢以外の何物でもないですぞ。倍払うからもう1杯欲しい。もしくは半分量でいいから2杯に分けて欲しい。洗い物が増えるのが嫌なら私が洗います。
にぎりに入ります。まさかにぎりも2人で1カンかと覚悟していたのですが、無事ひとり1カン供されました。当たり前のことが当たり前に遂行されるだけで嬉しくなる。

タネそのものは脂タップリ旨味タップリで美味しい。ただしシャリが全然ダメですね。ギュウギュウのカッチカチに握られており、オニギリに刺身を乗せただけのような握りです。
カタクチイワシ。ほほう、アンチョビのあの魚を握りにするとな。もちろん人生初の体験であり楽しみにしていたのですが、びっくりするほど不味くて鼻血が出ました。オイルサーディンを生で食べているような感覚。
ムツ。赤ムツ(のどぐろ)を除いて、あまり生では食べることのない系統の魚ですが、カタクチイワシと同じ感想でした。そもそもネタがパッサパサ。天然物がどうのこうの言う以前に、食材の管理を真面目にやって欲しいです。また、いくつ食べてもシャリが良くないですね。温度でや口の中でホロリと崩れる感覚、タネと混然一体となる過程までを全くイメージできていません。
〆鯖。タネそのものは悪くないですが、やはりシャリはベッタベタのカッチカチ。シャリの上にタネが乗っているだけの陳腐極まりない握りであり、言葉を選ばずに述べると海外の地方都市にある日本料理屋のそれと大差ありません。
マグロ。タネはまあまあですが、握りとしてはペケ。加えて先の〆鯖から料理の説明を放棄し自分の世界に閉じこもる店主。見りゃわかるだろ、という意味でしょうか。
説明が無いため何処の中トロか何トロか不明です。それでもやはりタネだけについて言えばまあまあ。

そうそう、大将に余裕が全くないのも気になるところです。厨房はぐっちゃぐちゃにとっ散らかっており、レモンは転がりツメは跳ね跳び箸はまな板から落ちる。こんなにてんてこ舞いになり醜態を晒すのであれば、オープンキッチンなどやめてしまえば良いのに。そもそもなぜ客は4人しかいないのでここまでテンパるのか。一挙手一投足ごとにため息をつくのは客が不安になるので心から止めてほしい。
イクラ。私が補正したためそれなりに整っていますが、粒がこぼれ落ちるわ(意図した「こぼれ」では決してない)飯粒は飛び散るわ海苔は剥がれるわで、土曜の昼の手巻き寿司以下の軍艦です。

バイトの使い方も上手くないですね。彼女は心を失った機械のように皿を洗い続けるだけであり、その存在価値はそれ以上でもそれ以下でもありません。客から酒の注文をとったり済んだ皿を下げたりと、活躍の場は無限大であるだろうに。
車海老。個体そのものはビッグサイズであり食べ応えがあります。が、やはりシャリが。。。加えてガリが無くなっても追加してもらえず、皿に飛び散ったタレを拭くこともない。このお店は他の鮨屋のサービスや立ち振る舞いなどを知らないのか。
穴子。いったん炙っているのですが、その過程において1枚の肉がバランバランと砕け散っている瞬間を目撃してしまいました。もうたくさんだ。早く東京に帰ってビリーズブートキャンプの続きをやりたい。
大将が最後の最後に「いかがでしたか?」のような声をかけてくるのですが、そのような見せかけの愛想を振りまかれても深まるのは親睦どころか溝ばかりである。妻の彼に対する態度も自己破産した友人に対する態度のようによそよそしい。

久々に酷い鮨を食べました。私のような半可通ですら業腹となる食後感であり、「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」を観た後のような絶望的な感覚が当店にはあります。

支払金額は酒抜きでひとりあたり1万円を超えました。費用対効果の悪さもさることながら、そもそも鮨屋ひいては飲食店として成立していない。帰りの道すがら「せっかくの旅行なのに、なんという店を選ぶのだ」と、そこから先は文字にするのがはばかられる言葉で妻から罵倒されました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

関連ランキング:寿司 | 阿波富田駅徳島駅

えびすの安兵衛/恵比寿

恵比寿の行列店。22:30ごろに到着し、15分ほど待って着席。「今日は凄く空いてる。1時間待ちとかザラだから」とは常連のコメント。
当店は、もともとは高知市の繁華街から少し離れた川沿いで5~6席ほどの小さな屋台だったらしいのですが、今やその屋台は50人も座れるようになり、高知市内に数店舗展開し、ついには東京進出です。

ちなみに当店が契機となって高知の屋台では餃子が主流となり「酒を飲んだ後は屋台の餃子で〆る」文化が生まれ、「屋台餃子」として高知名物のひとつになったそうな。
メニュー数は多くはありません。らーめんの安さに目を奪われますが、「ココはとにかく餃子!何枚でも食べれるから、とにかく餃子!」とは常連の評である。
名物の「やかんビール」を注文。ビールを屋台で飲むのは三軒茶屋の「ちさとちゃん」以来。体感的にジョッキ3~4杯は入っているような気がします。もちろん普通のジョッキもあって、やかんビールは実際のところお得なのかどうかわかりませんが、人は雰囲気の奴隷なのだ。
ニラ玉。これは新しい。一般的なニラ玉は全卵を用いたニラの炒め物ですが、当店のそれは卵は卵黄のみ、ニラは一旦湯がいてゴマ油であえてあります。ナムルのようで後を引く美味しさ。酒のツマミにちょうど良い。こんど家でも作ってみよう。
焼餃子が到着。注文を受けてからひとつひとつ丁寧に皮で包み、鉄のフライパンでカラッと焼き揚げる逸品。パリパリざくっとした食感が食べる楽しみを煽ります。

餡は豚肉・キャベツ・ニラ・ニンニク・ショウガあたりでしょうか。一般的な餃子よりも野菜の比率が高くサクサクと軽い。見た目ほどの重苦しさは無く、まさにいくらでも食べ続けることができ、店内は追加注文も盛んで、文字通り飛ぶように売れていきます。
自家製チャーシュー盛。焼餃子とは対照的に非常に動物的な味覚であり極めて脂っぽい。中々の厚切りであり、茹でモヤシで口腔内を調えながらなんとか平らげる。絶品というほどではありませんが、このボリューム感で500円を切るというのは中々の費用対効果です。1次会組が食べるにちょうどよいカロリーかもしれません。
こちらは水餃子。一般的には焼餃子と水餃子は造形が異なり、後者は生地が厚く食感を楽しむ料理であることが多いのですが、当店のそれは焼餃子と同じ形。
生のまま食べても良いし、タレに漬けて食べても良いし、専用のスープと共に食べてもOK。焼餃子は独特の食感に注意が向きがちですが、水餃子の場合は純粋に餡の味わいに集中できるような気がしました。総合力としては焼餃子のほうがレベルが上ですが、たまには味変も良い。
飲んで食べてひとり2千円前後。や、安い。恵比寿という街でこの費用対効果であれば、そりゃあ人気が出るわけだ。お酒を飲む前提のお店であり意外に回転が悪く待ち時間が全く読めないので、時間に余裕がある際にどうぞ。「終電を過ぎると急に空いてくる」とのことであり、その時間帯は生ビールは半額らしいので狙い目です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindleだとポイントがついて実質500円ちょい。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

関連ランキング:餃子 | 恵比寿駅広尾駅