エレゾハウス/神泉

狩猟ならびに肉の解体・熟成・加工・流通までを一貫して行う北海道の食肉料理人集団『エレゾ』。
『生産狩猟部門(ELEZO・FARM)』『枝肉熟成流通部門(ELEZO・MARCHE・JAPON)』『シャルキュトリ製造部門(ELEZO・PARTY)』『レストラン部門(ELEZO・TABLE)』の4ブランド構成であり、今回はそのレストラン部門が展開する松涛の『エレゾハウス』へ。ちなみにスタッフ全員が料理人兼ハンターらしいです。
話題づくりのためか、色々とややこしいルールがあります。文面が日本国憲法のように難解(特に箇条書き2点目第2文)。私の拙い国語力では「食べログやRettyに料理の写真をアップするな」とだけ理解できました。
ちなみに『紹介制』とは謳っているものの、「東京カレンダーを見て」と言えば予約できたり、「一見さんウェルカム期間」などもあるので、実質的には誰でも行けるレストランです。
料理とワインでひとりあたり25,000円だったので、食事は15,000円、ワインは10,000円ぐらいの比率でしょうか。乾杯はグラスのシャンパーニュ。この後は全てオーストラリアのシロメ社のワインです。
1皿目はコンソメ。南部鉄器のような器から恭しく注がれ、芳醇な香りが立ち込めます。ちなみに出汁のもとはエゾジカ。非常に筋肉質な味わいで旨味が強くスッポンのよう。コラーゲンを最初に飲んで、内蔵を保護する役割もあるそうな。
お次はエゾジカのブーダン・ノワール。豚ではなくエゾジカ。お味は上々。ブラインドで食べればエゾジカとは思えないチャーミングな味わいです。ちなみにエレゾは放牧豚も取り扱っているようなので、それを用いたブーダン・ノワールと食べ比べ、みたいなのをやるのも楽しいかもしれません。
シャルドネをアンフォラ(原始的な陶器みたいなやつ)で熟成させたもの。悪く無いですが、個人的には普通の木樽熟成のもののほうが好き。
北海道産の牡蠣に冒頭のエゾジカコンソメのジュレ、下に敷かれるのはカリフラワーのムースです。美味しいは美味しいのですが、冒頭のスープと全く同じ味なので、ときめきはありません。
シャルキュトリ盛り合わせ。手前は短角牛とフォアグラ、中は鹿の舌と心臓、奥は鹿にピスタチオ、左は短角牛のサラミです。鹿の舌と心臓がいいですね。トマトの風味が味蕾を刺激し、単調になりがちな盛り合わせに彩りを添えています。加えて山菜を用いたピクルスが地味に旨い。
ヴィオニエ。おお、これは好きだ。果物の盛り合わせを手渡されたような華やかな香りに樽熟成の香り。
鹿のサルシッチャに生ハム。サルシッチャがコンビニのフランクフルト級の容積を誇り食べ応え抜群。しかしながら非常に滑らかな口当たりであり繊細さすら感じます。味は濃くわかり易い調味。付け合せのラタトゥイユが名脇役。
ワインはピノ。非常にバランスが良く教科書のような味わいです。オーストラリアらしさは微塵も感じられず美味しかった。
メインはエゾジカのローストの食べ比べ。左はオス2歳モモ、中はメス2歳心臓、右はメス3歳背中です。それぞれ部位が異なるので比較はできませんが、個人的には左オス2歳モモのピュアな味わいに心を打たれました。このシルクのような口当たりに刺身のような噛み応えが本当に肉なのか、ひいては鹿なのかと思えるほど興味深い味わいです。
ワインはシラー+ヴィオニエ。ワイン単体としては深みがあって良いのですが、あれだけ肉を食べるのだからもっと迫力のある、例えばシラー単一とかボルドーブレンドのようなものと合わせたかった。
デザートはブドウのみ。うーん、これは物足りない。そういえばパンも一切出なかったな。シャルキュトリと合わせて食べれば旨いだろうに。
コーヒーを飲んでごちそうさまでした。先にも述べましたが、お会計は料理とワインでひとりあたり25,000円。これはめちゃくちゃ高い。ハコも料理もワインもサービスも完璧なフロリレージュと変わりません。感覚的には8,000円の料理に5,000円のペアリングで税サ加えて15,000円ぐらいの印象です。
料理は美味しいは美味しいのですが、エゾジカが続きに続いて正直飽きます。「いや、そもそもそういうコンセプトの店だから」というツッコミはおっしゃる通りなのですが、ジビエ主体であったとしても、例えばラチュレのような華やかさがあっても良いのではないか。

「紹介制」を謳う排他性や狩猟に拘る教条主義を鑑みると、ちょっと普通には取り扱い辛いレストランです。一回転したスーパーグルメの方は、話のタネに是非どうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
「好きな料理のジャンルは?」と問われると、すぐさまフレンチと答えます。フレンチにも色々ありますが、私の好きな方向性は下記の通り。あなたがこれらの店が好きであれば、当ブログはあなたの店探しの一助となるでしょう。
日本フレンチ界の巨匠、井上シェフの哲学書。日本でのフレンチの歴史やフランスでの修行の大変さなど興味深いエピソードがたくさん。登場する料理に係る表現も秀逸。ヨダレが出てきます。フランス料理を愛する方、必読の書。

関連ランキング:フレンチ | 渋谷

倶楽湾(クラワン)/田町

富麗華を旗艦とする中国飯店グループのレストラン。田町駅から徒歩7~8分の芝浦側と、ちょっと珍しい立地です。私は港区スポーツセンターに行く前にお邪魔しました。
ランチは11:30オープン。開店とほぼ同時に訪れたのでスムーズに着席しましたが、あっという間に全席が埋まり、次第に行列が延びていきます。この場所でこの集客は実力が充分にある証明に他ならない。
きちんとした中国茶が供されます。これが、旨い。お金取って良いレベル。
私は「今週のランチ」を注文。自動的に前菜が付与され、これは豆腐に刻んだザーサイ(?)をトッピングし、中華系のタレで味付けます。爽やかながら奥行きのある味わいで美味しい。こんなに小さな皿で心がグっと捕まれます。
ザーサイ。街場の中華料理屋にありがちな、出しゃいいんでしょ出しゃ的な投げやり感は皆無であり、これ単体で料理として成立する美味しさです。
酸味とトロみがついたスープ。相当に具沢山でありオマケのスープとは考えられないほどのレベルの高さです。メインにはまだ辿り付いていませんが、このお店は本物だと確信。しかもこのスープと後述のライスはおかわり自由という気前の良さ。
メインには水煮牛肉。「水煮」とありますが、水で煮るあっさりとした料理では決してなく、唐辛子や花椒を使った辛い味付けの典型的な四川料理です。

スープが格別。出汁をベースに唐辛子や花椒、豆板醤など多種多様なスパイスが立ち、様々な味覚が百花繚乱。辛さと痺れのバランスが図に当たり、記憶に残る味わいです。
牛肉は火を通すと硬くなるものですが、この料理のそれは胎児のように柔らかい。肉そのものの質も良く、先のスープの複雑性と相俟って、死ぬほど美味しい一皿でした。
ライスはスープや水煮牛肉のクオリティに比べると普通です。
300円を追加して点心も頂きました。左はエビシュウマイで、右は何だろ、しっとりとした生地を楽しむような一口。美味しいのですが、先の水煮牛肉ひ比較すると見劣りし、追加する必要は無かったかもしれません。
杏仁豆腐も付帯します。こちらも滅法美味しくて、街場の寒天主体の味の無いゼリーのようなものに比べると天地の差。これだけでデパチカで売り出せる旨さでした。
お支払いは1,550円。点心を追加しなければ1,250円で済む計算です。これは素晴らしい費用対効果ですね、行列の長さにも得心がいきました。私はそれほど中華料理について詳しいわけではなくあまり多くは語れないのですが、あの水煮牛肉の美味しさは確かです。メニューの数も豊富なので、何度でも通いたい。オススメです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
それほど中華料理に詳しくありません。ある一定レベルを超えると味のレベルが頭打ちになって、差別化要因が高級食材ぐらいしか残らないような気がしているんです。そんな私が「おっ」と思った印象深いお店が下記の通り。
1,300円としてはものすごい情報量のムック。中国料理を系統ごとに分類し、たっぷりの写真をベースに詳しく解説。家庭向けのレシピも豊富で、理論と実戦がリーズナブルに得られる良本です。

関連ランキング:中華料理 | 田町駅三田駅芝浦ふ頭駅

デリツィエ(DeLIZIE)/赤羽橋

東麻布は桜田通り沿い。東京タワーはすぐそこの立地。風格のあるファサード、かつ、外から店内が見えない構造だったので、ずっと気になっていました。まずはランチでセンスを探る。
店内はカウンター6席テーブル30席と結構広い。天井が高く非常に開放的なつくりです。カジュアルながらもセンスの良い内装です。きちんとしたコース料理はもちろんのこと、料理1皿とワイン1杯でもOK。おひとりさまカウンターもアリという、使い勝手の良いお店です。
ランチのサラダ+パスタは1,000円。その他色々つくと2,000円と、わかりやすいメニュー構成です。この日の選べるパスタは4種でした。
注文後、マッハで供されるサラダ。このサラダがシンプルながら実に旨い。恐らくはシェフの自家製ドレッシングであり、ビリっと酸味がきいた味覚であり、葉物野菜全体に上手く味がまわっています。ハムも中々レベルが高い。
パンはあっさりとしたフランスパンなのですが、外皮はバリっと、内側はもっちりとしており教科書のような味わいでグッドです。欲を言えば後述のパスタのソースをたっぷり漬けて食べるために、もっと量が欲しかった。
スパゲッティは小海老とブロッコリーのトマトクリームソースで。まず、麺の茹で具合が完璧であり、まさにアルデンテという食感です。ソースはコクのある乳がベースでトマトの甘味とコク、酸味が上手に乗っています。その風味の豊かさは、上質なバターチキンカレーのソースを想起させる。小海老の量も中々に多く、非の打ち所が無い味わいでした。
1,000円のパスタランチという意味では、都内トップクラスに安定した味わいだと思います。これは夜にも期待できる。近々改めてお邪魔してみようと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
東麻布におけるオススメのお店をまとめました。東麻布は歩いてすぐそこの麻布十番に比べてリーズナブルな佳店が多いですね。
  • ローブ ←麻布界隈、いやむしろ都内でもトップクラスに好きなお店。
  • ペリーニ アダージオ ←まさに隠れ家、デートにもバッチリ。
  • ラ リューン ←クラシックで美味。高くない。
  • ラメンサ ←ランチのカレーが絶品。テラス席でビールを飲む幸せ。
  • ゑびすや魚店 ←東麻布で100年近く続く魚屋が、魚屋料理とお酒を楽しめる居酒屋を営業。
  • 旬菜本多 ←リーズナブルな和食。感動は無いけれど満足。ランチが超お得。
  • 蘭麻 ←夜は1万円超えの高級店ですが、ランチは1,000円代。追加料金でお願いできるカレーが最高に美味。
  • ビストロチック ←ランチのパスタが美味しい。店員同士が仲良さそうで微笑ましい。
  • Bar 510 ←夏のカキ氷が最高。チャージ500円とリーズナブル。
  • Mixology Bar Source 2102 ←コーヒーカクテルが絶品。こんな美味しいカクテル飲んだことありません。
  • サマンサタバサ社員に贈る、東麻布おすすめランチ7選! ←住友不動産麻布十番ビルから徒歩5分程度のオススメランチスポット。
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。

関連ランキング:イタリアン | 赤羽橋駅芝公園駅神谷町駅

丸万焼鳥(まるまんやきとり)/宮崎

宮崎イチの割烹「ふじ木」で解禁されたばかりの伊勢海老を堪能した我々。「もう少し飲み食いしたいよね、しかも郷土料理を」ということで食べログで検索。アドリブですぐに地元客の情報にアクセスできるのがインターネッツの美点です。
「爛漫」というチキン南蛮の名店もすぐ近くにあり魅力的だったのですが、和食のフルコースを食べた後にはあまりにハードコア。したがって、軽くつまんで軽く飲むスタイルの鶏肉が良かろうと、当店をチョイス。食べログ百名店にも選出されている有名店です。
カウンター席を奥に抜けると座席が広がります。この雰囲気が実に良く、親戚の家やサークルの合宿に来たような和やかな空気に満ちており、地元の方が喫茶店のように使っているように見受けられました。22時を過ぎてはいますが泥酔客はおらず客層が良い。
生ビールを注文。メニュー表や価格表のようなものは一切ないお店なので値段は不明です。食べログで予習した情報を基に「ヤキとタタキをひとつづつ」と注文。
秒でキュウリが供されうろたえる。おそらくはお通しという位置づけなのでしょう。切って塩をふっただけの一皿であり、切って塩をふっただけの味わいです。
こちらも問答無用で提供されました。おそらくは鶏の出汁のスープ。悪くは無いのですが、ややパンチに欠けた味わいであり、お湯っぽいです。
「ヤキ」が到着。地鶏のモモ肉を焼いたものであり、骨からは肉がバラされた状態で提供されます。もちろん骨付きでのオーダーもOKで、通な方は食べ進める過程において「追い焼き」をお願いするそうな。

観光客の我々がまさに思い描いていた宮崎の地鶏焼であり、真っ黒なビジュアルに興味をそそられ、炭の香ばしい香りに食欲をそそられる。マガモのような歯ごたえと脂。何回もの咀嚼に耐えうる圧倒的な歯ごたえ。いつまでも浸出し続ける旨味。
柚子胡椒で味変。ちなみに柚子胡椒とは胡椒でも何でもなく、唐辛子を粗刻みにし、ユズの果皮と塩を入れて磨り潰し、熟成させたものです。結構塩味が強く、また、たっぷり用いるとタイ料理を食べた時のようなお腹ゴロゴロ感があります。入れすぎ注意!
「タタキ」。「ヤキ」の黒焦げになってない身にたっぷりのポン酢とネギがかかっており、いわゆる東京の人間が想像する「タタキ」とは少し異なる。冷製であるため「ヤキ」に比べると歯ごたえが際立ち、また、脂も主張も強くなるので、好みが別れるかもしれません。私は断然「ヤキ」のほうが好き。
ふたりでビールを1杯づつ、タタキと焼きをひとつづつ、席料を加えてトータル3,500円程度。ひとりあたり2,000円を切ります。これはいい。地元客が軽くカフェ使いする気持ちが少しだけわかりました。

その他のメニューは鶏の出汁茶漬けと白米しかなく、メニューが限られているためマジ食いは厳しいですが、2次会や0次会にはうってつけのお店。遅くまで営業しているようですし、宮崎観光後の「もう1軒」に是非どうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

関連ランキング:焼き鳥 | 宮崎駅