アーヴォ・カフェ(Arvo Cafe)/カカアコ(ハワイ)

ハワイ通の女の子から「ARVOってカフェが今、一番イケてるから」という情報を得ており、コーヒー1杯を飲むためだけにUberで向かいます。
現在のハワイで最もヒップな街、カカアコ。「昔は何にもない場所だったのに変わるものね」と妻。(ヒップかどうかはさておき)東京で言うところの品川港南口や豊洲のような変貌ぶりなのでしょう。
ARVO。そのカカアコにあるショッピングモール(?)「ソルト(SALT)」にあります。なるほど素敵なエクステリア。
客のほとんどは現地人であり、その半分はMac Bookを持ち込んでいるという、六本木ツタヤのような雰囲気。
オーナーはオーストラリア人であり、オーストラリアンスタイルのカフェらしいです。ちなみに奥様はモデル。私が何度生まれ変わっても実現することのできないハイセンス。
シンプルなメニュー構成。バクバク食事をするというよりは、クールに茶でもしばいとけという哲学。
私はカプチーノ。アメリカらしい巨大サイズ。日本のスタバで言うところのグランデ以上ベンティ未満。それでいて5ドル弱で済むのはお買い得。味は一般的なカプチーノ味です。
妻はラベンダーラテの冷製。ひとくち頂きましたが、ラベンダーやら何やらややこしい味わいで、私の味覚ではその本質を理解するに追いつきませんでした。
ちなみにコチラは私のカプチーノが到着する前に、間違えて持ってこられた飲み物。口をつけていないので何かはわかりません。
お店の移動販売用のチャリ(?)までカッコ良く見えてきます。ちなみに「ARVO」とはオーストラリアの方言で「Afternoon」という意味らしいです。しかしながら午後の早い時間には閉店してしまうのでお気をつけて。

お手洗いは店内になく、店員にパスワードを聞いて裏手に向かうのですが、そこまで歩いている途中に板野友美が写メ撮っているのを見かけました。

おお、インスタに上がってる。まさにこの瞬間を目撃。何か嬉しい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 食べログ グルメブログランキング

関連記事
旅行が好きです。油断するとすぐに旅に出ます。楽しかった大型旅行の先頭記事をまとめました。リンクに飛んでから、順々に次のページをめくって頂ければ幸いです。

Arvo Café
関連ランキング:カフェ | ダウンタウン / チャイナタウン