ヒヨク之トリ/麻布十番


みんな大好きヒヨク之トリ。麻布十番住民から絶大な支持を得る焼き鳥屋です。
商店街の方面ではなく、新一の橋から狸穴方面。紫玉蘭の裏手あたりです。初めて来る人はちょっと迷うかもしれません。
ビールで乾杯。マスターズドリームってすごく美味しいですよね。香りが良くて、甘味があって、コクがある。
お通しの大根おろし。ちょっと醤油をたらして、口の中を整えるのに最適。
こちらもお通しのポテトサラダ。ゴロゴロと粗めに潰したジャガイモの食感を楽しみます。
ササミ。クリアな肉を軽く軽く火入れします。内側はかなりのレアであり私が大好きなタイプ。本日一番のお皿です。

「この手のササミがタイプなら、恵比寿の田崎っていう焼き鳥屋がいいよ。もっと生肉生肉してる」と2児の母(いつもの2児の母とは異なる2児の母です)。すぐに焼き鳥屋の名が浮かぶあたり、またメニューからツマミやサラダなど軟弱な料理を一切選ばず焼鳥のみで完結させるあたり、かなりの焼鳥通とみた。
さっそく日本酒へ。まずは岐阜の醴泉から。
砂肝。bistroあわの榎本加奈子のように細い砂肝とはレベルが違う。ザクザクとした歯ごたえを楽しむ日本酒の最良の友。
ネギマ。綺麗な鶏肉とジューシーなネギが手を取り合って胃袋を満たす。それにしても私はネギマが好きだ。サイト名をネギマシュランに変えても良いぐらいネギマが好きだ。
レバー。艶々と炙られた肝臓は色っぽくさえある。噛み締めるごとに鉄の味。ワインが飲みたくなりました。
手前はハツ。残念ながらおにまるのハツのほうが肉々しくて断然好き。奥は信玄鶏の塩ホルモン。限定品で早く注文しなきゃと焦りましたが、味わいは特に記憶に残っていません。
獅子の里。当店は日本酒が550円~と中々に良心的です。
つくね旨し。当店は塩味主体の焼き鳥屋なのですが、タレも全然美味しいです。
手前はちょうちん。ちょうちんとは殻と白身に覆われる前の卵黄。一口で丸ごとくわえ込むと黄味が弾け旨味が広がります。溢れ出る凝縮感。

奥は背肝(腎臓)。レバーに似た味わいですが、レバーに比べるとザラザラとした舌触りです。こちらも限定品なのですが、うーん、これならレバーの方が好きかな。
アスパラ巻きはとても普通でした。お弁当のおかずにオカンが良く作ってくれたことを思い出しました。
阿部勘。これはビシっとした辛口でいいですねえ。思わず背筋が伸び、真面目に飲もうと心に決める。
箸休めに漬物盛り合わせ。ゴボウのお漬物が名品。土臭さと酸味が絶妙で今年一番のお漬物かもしれません。
醴泉へ戻る。割にテンポ良く酒が進み、この時点で酔っ払いの完成。隣のテーブルの客は我々より1時間程遅く入店したのですが、我々よりも先に帰って行きました。
手羽先の味は悪くは無いのですが、食べるのが面倒ですね。まあそれは食材に罪は無く、注文する側に責任があります。ぼんぼちは尾骨の周りの肉。脂が多くジューシーでした。

評判に違わず素晴らしいお店でした。今回はたらふく飲み食いしましたが(「け、結構量多いですけど、大丈夫ですか?」と店員に心配された)、食事も酒も常識的な量に留めれば5~6千円に落ち着くと思います。

2児の母も上機嫌のほろ酔い加減で子供たちのもとへと帰っていく。私の周りのママたちは仕事や家族と上手く折り合いをつけている人が多いので、「保育園落ちた日本死ね!」とかあのあたりの心労に馴染みが無いんですよね。

唐突に提案ですが、1~3歳は保育園に強制収容っていうルールにするのはどうでしょう?そうすれば保育園足りないなんて許されないし、子供産んだからママは退職、みたいな流れも無くなりそう。育児ノイローゼとかも減りそう。財源はどこかの誰かが何とかしてくれる。

その保育園ので誰が働くって?パパですよ。子供が生まれたら強制的に夫は現職を停止。数ヶ月はそのための訓練を受け、1年間はその保育園で働くのです。徴兵制のように義務的に、です。

男は物事を上手にサボる達人だから、「男性の育児参加の時間が少なすぎる」とこれ以上論じても話は進まなくて(そのような論点に歩み寄る男性はそもそもイクメン)、完璧に制度化するのが手っ取り早いと思うのですが。なによりルールを遵守するのが日本人のお家芸なのだから。これが一億総活躍社会だウェーイ。

食べログ グルメブログランキング



Instagram


関連記事
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。


関連ランキング:焼き鳥 | 麻布十番駅赤羽橋駅神谷町駅

nest/麻布十番


麻布十番は夜が結構早くって、ワインが飲めるお店となると雰囲気エロいお店ばかりとなり、純粋にワインと食事を楽しめるお店がほとんど無いんですね。

ル バーラ ヴァン サンカンドゥはすごく良いんですが、夜中を開けるのは金曜日だけだし、カラペティバトゥバは火事で燃えちゃったし。。。

ということで、見つけちゃいました、良さげなお店。東京都民銀行の裏、天のやのビルの3Fです。
グラスワインは850円より。連れは泡、私は白で乾杯。

「で?いくら出してくれるわけ?」と近々独立を考えているソムリエール。10万円ぐらいかな?これで僕も立派な飲食店オーナーだ、と答えると、おともだちパンチで殴られました。
期待していたよりも樽感が弱く、もうちょっとガツンとしたほうが好みでした。

「株式会社?個人事業主?なにそれ食べれんの?」と、ワインには詳しいが資本主義には滅法弱い彼女。

自分の身銭を切らなければオーナーとは言えなくて、『出資してくれた株主の言うことは絶対』になるよ。借金して全額自腹でお店を出せば、君も晴れてオーナーソムリエールだ、と簡単に説明すると「あ、あたしそういうプライドないから、肩書きとかは何でもいい」
黒豚のパテ。結構な大きさ、かつ、ピクルスまで付いて850円。これはお値打ち。包丁で切れ目を入れてくれており、箸でつまめるのも手軽ですごくいい。

なんでも「食肉卸業を営む実家から届く鹿児島黒豚や黒毛和牛、薩摩鶏を気軽に楽しんで頂けるごはんやです」とのことで、肉料理に大層な自信。「肉屋のボロネーゼ」とか超うまそう。
連れは白。私は赤。チリのカベルネだけれどもおとなしい味わいで深夜に飲むには程よいボリューム感でした。

そう、それにしても飲食業界での「オーナー」の使い方って間違っていることが多いですよね。スポンサーがいて自分は全然お金出してないのに「オーナーシェフ」「オーナーソムリエ」と名乗る人がすごく多い。まあ、そういう商慣習なのかもしれませんが。バナメイエビみたいに。
フライドポテトは600円。「ほんとポテト好きだよね」と、確かに彼女と深夜に飲む際には必ずフライドポテトを注文しているかもしれません。

一口食べてびっくり、すごく美味しい。カリッカリでクリスピーに揚がっているのですが、内部にはきちんとホクホクとした食感が残る。クアアイナのポテトを3割増に美味しくしたような味わいです。

たっぷりの揚げニンニクにも心躍る。手づかみで皮を剥きかぶりつく背徳感。明日臭かったらごめんだよみんなたち。
〆にもう1杯赤ワイン。「で?いくら出してくれるわけ?」と畳み掛ける彼女。

それじゃあ、麻布十番で、立ち飲みで、7席ぐらいの小さなお店で、内外装にこれっぽっちもお金をかけない居抜きであれば考えとくよ。キミが社長の1人会社。従業員は雇わない。僕は多くを求めなくて、たまに飲みに行った際に株主優待してくれればそれでいい。あ、スペインバルがいいな、十番にスペインバルって無いから。その条件を全て満たしてくれるなら、15万円までは出資させてもらうよ。当初予定していた額の1.5倍だ。

もちろん私が経営に関与したり実際に働いたりすることは絶対になくて、単に株式会社に出資するだけ、すなわち株を買うだけの呑気な取り組みかもしれませんが、まあ、新しい試みは何だって楽しい。

たまに無償で皿洗いでも手伝おうかな。その場合、『オーナー皿洗い』っていう名刺でも作ってもらおうかな。

「今夜はありがとう。あなたが何の役にも立たないってことが良くわかったわ。良いお年を」

食べログ グルメブログランキング



Instagram


関連記事
麻布十番にはフランス料理屋がたくさんあるのですが、残念ながら割高でハズレなお店も多い。外さない安定したお店は下記の通り。
  • エクアトゥール ←天才によって創られる唯一無二の料理。
  • ALLIE ←ワインという食事の知的部分を担うソムリエの重要性を再認識させてくれるお店。
  • ラリューン ←クラシックな調理で正統派。むちゃ穴場です。
  • 麻布れとろ ←ここで合コンすれば幹事がモテる(と信じている)。
  • RRR ←ワインが割安。飲みまくれ!
  • ルバーラヴァン52 ←全般的に安い。2時間で追い出されるのが玉に瑕。
  • ブラッセリートモ ←和魂仏才、リーズナブル!
  • タストゥー ←トリュフを使ったデザートに身悶え。
  • 麻布十番グルメまとめ ←ほぼ毎日、麻布十番で外食しています。その経験をオススメ店と共に大公開!
東京カレンダーの麻布十番特集に載っているお店は片っ端から行くようにしています。麻布十番ラヴァーの方は是非とも一家に一冊。Kindleだとスマホで読めるので便利です。


清月/大曽根(名古屋)


大曽根駅から徒歩6分。当店も中心地からは離れているため行列などはなく、牧歌的な空気感が漂います。
店内はファミレス然とした佇まい。居酒屋か何かの居抜きなのかなあ。
上ひつまぶし4,200円を注文。普通のひつまぶしは3,150円。上にすると一気にプラス1,000円以上なのは中々強気の価格設定です。
それもそのはず、とにかく量が多い。1食あたりの鰻量では世界トップクラスのお店でしょう。ゴハンも多くおそらく1合近くあります。
当店は自動的に肝吸いが付いてきます。出汁の味が程よく強く、カツオの香りをはっきりと感じます。肝の味わいも上々であり、非常にバランスのよい肝吸いに感じました。
まずはそのままで。とにかく鰻の量が多いので、1杯目から強気に盛りつけることができます。

味わいは優等生。攻撃的な焼き目やデロデロのタレ、優しく包み込む柔らかさなど目立った特徴は無く、肝吸い同様にバランスの良い鰻です。
薬味たち。ネギが新鮮の山盛りなのは嬉しいのですが、海苔の盛り付けにテンサゲです。民宿の朝食じゃないんだから。
2杯目は薬味を乗せて。そうそう、当店はゴハンがとっても美味しいです。程よく硬く弾力があり、米を噛み締める歓びが感じられる。
お出汁は大容量サイズ。自分のペースで注ぐことができるでしょう。
ただし出汁の味わいはそれほど強くなく、鰻に対する味付けやタレも強くはないので、結果的にお茶漬けにすると焦点が定まらなくなってしまいました。

また、当店の美点はゴハンであるため、その食感を大切にしたいのであれば、お茶漬けでの食べ方は少量に留めるべきなのかもしれません。
お漬物は標準的。ただしお櫃同様に大容量。
4杯目となっても盛りのペースは変わりません。はっきり言って飽きてきた。普通の大人であれば上ではなく、普通のひつまぶしで充分でしょう。
4杯目を食べてもまだまだたっぷり残っている。切り札に山椒で味変大作戦。
禁断の5杯目。山椒の刺激でなんとか胃袋を拡張し、必死の思いで食べきることができました。

理不尽と言って良い程のスケールの大きさに終盤は腰が引けてしまいましたが、これは下調べもせず「上」を注文した私の責任です。普通サイズのひつまぶしを最初から注文していれば、中々にバランスが良く、使い勝手の良いお店。また来たい。

食べログ グルメブログランキング



Instagram


関連記事
仕事の都合で年間名古屋に200泊していたことがあり、その間は常に外食でした。中でも印象的なお店をまとめました。
名古屋は食の不毛地帯。特に欧米系の食事のセンスに乏しいです。そんな中、この本は比較的レベルの高いお店を上手に取りまとめています。


三福/金山(名古屋)


金山駅徒歩数分と好立地。
私はランチで健全な鰻を頂きましたが、夜はうなぎ関連を肴に日本酒を楽しみ、〆にうな重などを頂く使い方が格好良さそうなお店です。
当店の自慢は「釜まぶし」。おひつではなく、釜に入って供されます。
肝吸い付き。なのですが、非常に味が薄く、ゆうべの西本での肝抜き吸いのほうが旨く感じるほどでした。漫然と肝吸いだから味も間違いないだろうと考えるのは良くないですね。今後はどの店であっても自主的に肝吸いを注文することはやめることとします。
第一印象は、「あれ?鰻が少ない?」です。
ともあれ1杯目はそのままで。とても辛い。これまでの経験では甘ったるいタレを前面に押し出す鰻料理が多かったのですが、当店のそれは、たまり醤油系の味というか、強烈に醤油味を感じました。
お漬物は奈良漬と昆布。酒粕の鋭い風味が響き、日本酒が欲しくなりました。昆布も実にまったりとした味わいであり、夜のツマミのレベルの高さがうかがえます。
薬味の小ネギはたった今切られたがかりなのか非常にフレッシュ。ワサビも心なしか他店よりも新鮮な気がします。海苔は福づちのように事前に塗されているタイプでした。
やはりひつまぶし(釜まぶし)は2杯目が美味しく感じる。ところで食感はバリっというわけでなく、弾力もあるわけではなく、蒸されて羽根枕のようにフカフカというわけでもなく、良い意味でバランスの取れた、悪い意味で中途半端な食感です。
お茶漬けは正真正銘のお茶漬け。出汁ではなくお茶を注ぎます。
「今飲まれているお茶と全く同じですから、抹茶塩や山椒で調整してくださいね~」とのご助言。全く新しい試みで目新しくはあるのですが、味濃い目原理主義の私としては出汁で食べるほうが好みであり、その上最近は「ひつまぶしのお茶漬けは余計では無いか?」と疑念を持つようにもなってきたのでTBSです。TBSというのはテンション・バリ・下がる、の略です。
お茶漬けは嗜む程度に留め、2杯目を再現。今回は山椒を振りかけてみたのですが、これがリア・ディゾンのように華やかで爽快感あふれる山椒であり、ううむ、当店の正解はうな重に山椒をたっぷりと振りかけて食べることだったのではなかろうか。

メディアにも多数取り上げられ大変な人気店ではありますが、個人的にはこれといった特長を見出すことはできませんでした。夜に男友達とガバガバ飲みに来たらもっと楽しいのかな。

食べログ グルメブログランキング



Instagram


関連記事
仕事の都合で年間名古屋に200泊していたことがあり、その間は常に外食でした。中でも印象的なお店をまとめました。
名古屋は食の不毛地帯。特に欧米系の食事のセンスに乏しいです。そんな中、この本は比較的レベルの高いお店を上手に取りまとめています。


関連ランキング:うなぎ | 金山駅西高蔵駅東別院駅