カヌチャベイホテル&ヴィラズ/名護 vol.2

ゆうべの食事は別エントリにて。不完全燃焼でその後飲みに行くこともなし。

起きたら豪雨で全てに絶望した後、朝食を摂りにカートで移動するとずぶ濡れ。カートは一応屋根はありますが、横殴りになると完全にAUTO。

朝食会場では元気なお子様たちが縦横無尽に走り回り、それを注意しているつもりなのか、大声でがなりたてる大人たち。食べ物の品数は少なく、全てはコンビニ食レベル。すごくつらい思いをしました。
 ビュッフェのおかわりから戻ってくると、我々の座席は別の客に居座られてマジなんなのこのリゾート。
こんなにラブリーな皿を持ちつつ「あそこの席、私たちがまだ食事しているんですが」とスタッフに申し出る。恥ずかしい。滅びよカヌチャ。米軍は辺野古だけでなくカヌチャまで潰してください。
部屋に戻ると雨がキレイに止み、微妙に景色が良くてムカツクのである。あ、写真中央右側にうっすら見える陸地が辺野古ね。

それにしても久々に最低なリゾートホテルでした。全然ダメ。ハードはそこそこ良い分、ソフトのダメなところが引き立ってしまう。従業員がほんとイケてないんですよね。笑顔が全くなく、あーはやく仕事おわんねーかなー、という態度がにじみ出ています。客層もさっぱり。3世代にわたって10人単位で訪れるファミリーがザラなので安っぽいテーマパーク状態。テーマパークのほうが常識を弁えた若者たちが多い分、まだ居心地が良い。めちゃイケとかで当リゾートを見るときはいつも豪華で楽しそうで憧れていたのに、実態はこうだったのか。。。
気を取り直して那覇へ向かい、国際通りの裏路地へ。
この食堂の評判がソコソコ良かったので訪れてみると
ゴーヤが苦すぎてちょっとむり。
そばは標準的な味ですが1,000円と高い。今回の旅は完全に呪われている。
市場の魚も恨めしそうな顔してはります。
台湾のカキ氷で無理やり満足するとかもうコンセプトが乱れまくり。日記自体も雑になってきましたスイマセン。
正直飛行機に戻ってからの食事が一番満足できた。じゅーしー(沖縄風炊き込みごはん)やら角煮やら、沖縄料理弁当っぽくてすごく良かった。味噌汁は魔法瓶から注がれるのでちょっとさげぽよなのですが、味はちゃあんと美味しいのです。羽田からは運転があるのでお酒はガマンガマン。
もっと食べたいぜ感がにじみ出ていたのか、CAさんが「今このスープ期間限定やで」ということで、トマト系のリゾットを〆に頂きました。美味しかった。

ANA国内線プレミアムクラスはプラス8,000円で一瞬ビビりますが、やっぱすごくいいですね。支払う価値アリ。出発前はラウンジでゆっくりできて、優先搭乗で、座席はめちゃめちゃ広くて、ちゃんとしたお酒が揃ってて、食事もつまみもちゃんと出て、サービスも良くて、客席数に対するトイレの数が多くて並ぶことなんて絶対に無くて、客層が良くて。

というはずなんですが、今回の復路便に限っては客層が最悪でした。ここにも3世代にわたる7~8人の家族連れが…。しかもその首長っぽいおっさんがすげー品が無くて貧乏臭い服装でオマエラ完全に泳いで帰れ的な一族です。クソガキどももすげーうるさい。すげーうるさい。注意する親たちもすげーうるさい。

ああなんでこんな目にあわないといけないんだ神様僕を助けてとは言いませんからせめて邪魔だけはしないでくださいと祈り続けると、ようやく着陸態勢。はあ、やっとこの飛行機降りれると思いながら東京の夜景を眺めると、前の前の席に座ってるクソガキが「これ壊れてる!これ壊れてる!外してくれよ!うおー!うおー!」と尋常じゃない騒ぎ方をし始めて、こいつ完全に頭イカれてるんじゃないかいくらなんでも不自然に騒ぎすぎだろ若干気味が悪いなあと思った瞬間に「ドン!」という着地の衝撃とともに聞こえる「グチャ」という音。げーマジかあのガキなんかこぼしたのかよ。

…。

臭い。

完全にウンコや!

いやまじこれほんとまあ最悪ですよなにこれあーなるほどね腹痛いか何かでずっとトイレ行きたくてあんなに騒いでいたわけね素直にトイレ行きたいと言えずにだからあんなに不自然に騒いでいたわけねそんでもって着地の衝撃にびっくりして肛門がゆるんでしまったわけねANAだけに。そういえば昔くだらない友人が「ANAとJALが合併したらアナルだな」というくだらないことを言っていたのを思い出すぐらい完璧なウンコだわこの匂い。

長い長いタキシングを終え、シートベルト着用サインが消えた瞬間にクソガキ(本当の意味でもクソガキである)のオヤジも大慌てでCAにおしぼりだのビニールだの阿鼻叫喚ですなんなのこの快適な空の旅私たちの翼を選んでくださいましてありがとうございましたとかキャプテン黙れ。それにしても到着直前で良かった。出発直後でコレくらってたら「短い空の旅ではありますが、どうかごゆっくりおくつろぎ下さい」とか言われた瞬間ガチでパラシュート無しでスカイダイビングしたかもしれません。さらにこの便は(ビンですよベンじゃないですよ)夜遅くに羽田に着くので一晩かけてじっくり清掃できるからよかった。これ真昼間で行ったり来たりする飛行機だったらどうなるのゲロゲロ。


関連記事
この年は1年で10回沖縄を訪れました。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。



カヌチャベイホテル&ヴィラズ/名護 vol.1

ハトポッポーが大暴れしたため辺野古の行く末がさっぱりわからなくなったのですが、アベノミクスになった途端にこれですよ。
是非はともかく、実行力というか執行力というか物事を前に進めるパワーはすごいなあと感心しました。
ご覧のとおり、辺野古の埋め立ては既存のキャンプシュワブをちょちょいと延長する工事。「辺野古埋め立て」ばっかりクローズアップされてるけれど、どこがどれぐらい埋め立てられるのかはきちんと理解しないといけない。「辺野古反対!オスプレイ!」と盲目的なのはよくありませんね。

で、どこが埋め立てられるかというと、大浦湾を挟んでカヌチャの目の前なんですね。もちろん現在もカヌチャの対岸にはキャンプシュワブの街並みが広がっているのですが、そこにデデーンと飛行場ができるとなれば、カヌチャにとってもさすがに厳しい。ということで、辺野古がマジで埋め立てられた場合には防衛省がカヌチャをまるっと買い上げてくれることになってるんですって。カヌチャ的にもそろそろ古くてダサいリゾートになりつつあるから、うまいこと高値で買ってくれないかなー、なんて希望があるとかないとか。

お買い上げの後にどうなるのかまでは存じ上げませんが、有名で評判も良いリゾートなんだから、無くなる前に行かなきゃ!!というわけで、大急ぎで飛行機とホテルを予約し、土日だけの1泊沖縄旅行でございます。
私は極度の心配性なので、出発2時間前に空港着とかザラ。
7時からビールで背徳的な雰囲気がたまりません。
機内でも酒盛りは続く。近所の人たちみんなスパークリングワイン頼んでました。みんな仲間である。
食事は美味しいんだけれども、なんとなくショボイ。朝と昼と夜とで食事の豪華さが異なるのは納得がいかない。同じ料金なのに。
クリームチーズとエビのスープが美味しかったけれど、こういう写真って難しいですね。
羽田から那覇まで2時間30分ですが、食前酒を楽しんで、ゆっくり食事をとって、コーヒーまで飲んでいたらあっというまに着陸態勢。もうちょっと飲みたいのに。
那覇からはカヌチャのシャトルバスで2時間。沖縄って広いですよね。チェックインしてすぐに和食レストランで沖縄そば。旨し。
しかしなんとも言えないダサさである。ロビーに入った瞬間、「あ、ムリかも」って感じてしまいました。スタッフの服装に統一感が無く、ごちゃごちゃと置物飾り物が多く、スタッフからは笑顔が感じられずメッシである。あ、メッシってのは「目が死んでいる」の略ね。
ロビーだけで全てを判断するのもアレなので、滞在中は自由に使えるカートでリゾート内を探検。カートでぐるりと一周した10分弱でそれほど広いってわけじゃなかったです。カートいらん。
コンビニ的なお店にはなかなかきちんとワインを揃えてあった。

目玉のガーデンプール。うーん、なんとなく汚い。使わなくなったテーブルとかを重ねて端に置いていたり、ヒビ割れやシミをそのまま放置してあったりと、脇が甘すぎる。
ビーチも葉っぱやら木の枝やらが散乱。掃除しろ掃除。遊泳可能区域をフロートで小さく小さく区切っていたのがイマイチ感に拍車をかける。

部屋は広いんだけれども、なんとなく薄汚れてる。
ジャグジーは取ってつけたようなオモチャ。ぜんぜんブクブクしなかった。
1泊何万円も取るくせに、このアメニティの貧弱さは酷い。東横インのシャンプーみたい。無駄に風呂場が広いのも意味不明。

ゴルフコースはさすがに美しい。コース内を普通に散歩したかった。

結婚式用のチャペル。リゾートでの結婚式って、新郎新婦とその友人の品は良くて、親族では血の繋がりが薄くなっていくにつれ下品になりますよね。じーさんばーさんおっさんおばはんあたりがレストランで騒いでて悲しくなった。
ご当地アイスとビール。ブルーシールってビッグディップなのかフォーモストなのかはっきりして欲しい。サーティーワンだのバスキンロビンスだの、アイス業界はほんとややこしい。

辺野古に沈む夕日。たくさんのゲストが浜辺でうっとりしていました。
さてさて夜の始まり。こうやって写真だけ見るとすっげーイケてるリゾートですね。


関連記事
この年は1年で10回沖縄を訪れました。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。



ラ パルムドール/名護

カヌチャのメインダイニング。カヌチャはシニアとキッズに優しいリゾートで、つまりそのいずれにも該当しない私は完全にアウェイ。喧騒を逃れるとしたら当レストランに来るしかありません。広い店内には我々を含め3組のみの客。自動的に窓際の席を用意して頂けました。
しかしなんとも言えないダサさである。アルミサッシと椅子のテカり具合と机の直角っぷりが原因?
前菜はニンジンのムースっぽいやつですが、量が少なすぎて良くわかりませんでした。
連れの前菜。エビとクスクス。「不味くはないけれども何の印象にも残らない」とのこと。
私はアグー豚のパテドカンパーニュ。よくもこんなに薄切りにしてくれたな。不味くはないけれども何の印象にも残りませんでした。
カブにこれまたアグー豚のベーコン。ベーコンはコクがあって美味しいけれど、いかんせん量が少なすぎる。。。
メインは仔牛のフィレ肉にフォアグラ、そして謎のパイ重ね。パイは完全に意味不明の食べづらいだけでした。しかしロッシーニとしてみれば中々美味しかった。量もしっかりあるし。
デザートについてもよくわからない。なにこのギョーザの皮を揚げたみたいなやつ。しけってるんですけど。

というわけで、不満です。まあリゾートのレストランなんてこんなもんでしょうか。毎晩毎晩数組しか客がいないんじゃ、やる気も出ませんよね、料理人も。



関連記事
この年は1年で10回沖縄を訪れました。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く手がけています。
TACが世に出した一風変わった沖縄本。もはやガイドブックではなく参考書の域です。非常に情報量が多く、かつ、うまく整理されており読みやすい。大判ではないので持ち歩きやすいのも素晴らしいです。オールカラーの割に高くない。数多ある沖縄ガイドブックの中では突出した存在です。


関連ランキング:フレンチ | 名護市

俺の割烹/銀座

「また俺の○○シリーズができたらしいから、確認してきて」はい喜んで。

というわけで俺の割烹。俺のフレンチのはす向かいにあります。平日16:30でフレンチは10人ほど並んでいましたが、当店は並ばずに入れました。ただ、当店はハコがデカいから単純に行列で人気は測れないかもしれません。、1Fは立ち飲み、2Fは立ち飲みとジャズ生演奏でミュージックチャージ、3Fはテーブル席とジャズ生演奏でテーブルチャージとミュージックチャージとかなり迷走気味。
 牛モツの白味噌煮込み。モツはホルモン屋さんで出るようなプリプリなモツではなく、スーパーのこてっちゃん的モツ。それでも臭みは無く、味付けも悪くない。
 伊勢エビの具足煮。湯葉と菜の花がよかった。タケノコはイマイチ。イセエビはまあまあ。味付けは味噌仕立てで美味しい。かなり満足。
和風アクアパッツァ。これはウマい!すごく上品な味わい。青海苔の風味がたまらん。魚丸々一匹にハマグリやらエビやら入りまくって980円。これはすごい参りました。ヘンにアクアパッツァなんて言わないで、日本語の料理名をつければ良いのに。

というわけで考えを少し改めます。「割烹界に価格破壊を!」みたいな呼び込みに釣られて行ってみると、こんなん割烹じゃねえ!ってなりますが、単にそこそこうまくて安い立ち飲み屋に行くと思えばすごく満足できます。ただ、メニューに当たり外れはあるかもしれません。銀座しまだと重複したメニューが多く(実際に島田さんが当店の陣頭指揮をとっているらしい)、カラスミそばみたいなイケてないメニューを意図的に外して注文したからこそ満足できたのかもしれません。和風アクアパッツァは文句ナシに満足できるので、皆さん是非どうぞ。

また行こうと思います。そんなに並ぶことがなければいいんだけど。



関連記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。


関連ランキング:割烹・小料理 | 新橋駅銀座駅内幸町駅

ビルズ/表参道

いよいよこの日がやって来ました。ビルズ最終章。ディナーを予約してコース料理。スパークリングワインで乾杯して最後の闘いに臨みます。
 前菜はマスカルポーネチーズ?とカボチャ?のペースト。野菜はまあまあ美味しい。カボチャのペーストは若干カレー味で悪くない。私は基本的になんでも漬けすぎるきらいがあって、つけ麺ではつけ汁が無くなりただの味気ない麺となり、バーニャカウダでは終盤野菜スティックと化すタイプなのですが、当店のこの皿はペーストが大量だったので、最後まで味濃い目で楽しめました。
 金目鯛のカルパッチョ。おおーまさかこんな高級食材が出てくるとは。すごくテンションあがった。しかし味は全然ダメ。雑に塩コショウオリーブしてよくわからん野菜のっけただけ。丁寧さが全く感じられない。金目鯛ちゃんがかわいそう。
 何かの肉のパスタ。店員がさー、オーディションあるのかってぐらい美男美女揃いなんですけど、サービスが全然なってないですね。ガチャンって皿置いて終わり。もうちょっと説明して欲しいなー。最後まで何の肉かわからなかったけれど、独特の臭み(良い意味で)があって美味しかったです。パスタも歯ごたえが絶妙でgood。
 連れのメイン。豚肉の何か。すんごいボリューム。少し頂きましたが、八角が効いていて東南アジアの煮込み料理みたいでした。「オーストラリアでこういう料理を出すと、ウケるのかもしれない」と中々鋭い一言。
 私はサーモンのロースト、を注文したはずなのですが、予想と全然違う料理。ぐううー美味しくない。期待を裏切らない美味しくなさ。なんつーか、パクチー入りの肉じゃがの汁でシャケを煮てキュウリとリンゴの千切りを載せたカンジ。海原雄山なら店の者を呼べレベル。そういえばワイングラスがやたらでかいコップですげー飲みにくい。ほんとこのあたりからうまい具合にトーンダウン。フェードアウト。クールダウン。
ジンジャービスケットでのアイスクリームサンド。これがまたなんというか、全然美味しくない。ビスケットは砂糖の塊。アイスはスーパーカップ。これならハーゲンダッツをカントリーマアムで挟んだ方が6倍美味しい。
真打登場。スペシャリテのパンケーキ。通算4回これを食べましたが、やはり全くもって美味しくない。最初に食べた時に「美味しくない」と率直な意見を述べたら、周りの評判に逆張りするのがカッコイイと勘違いしてる厨のように扱われ、それが悔しくって全店舗巡りました。私はビルズに一体何万円つぎ込んだんだ。そして結論、美味しくない。美味しくない。全然全然美味しくない。なんで食べログじゃあんなに評判良いんだよーこんちくしょー。

しかし一方で、レストランとしてはアリかなとも思えてきました。雰囲気は間違いなく良いし、デザート以外のフードはそれ程高くないし(むしろ酒は安い)。夜にきちんと予約して、並ばずに入店してコースを楽しむのであればまた行っても良いかも。

…。行くか。
というわけで、マジでやってみます。
残りはオーストラリア3店舗、イギリス1店舗、ハワイ1店舗!



関連記事
私はビルズが日本に上陸してすぐ、食べログ4点を超えていた頃から一貫して「まずい」と言い続けています。もちろん店舗ごとのブレが内容に全ての店舗にお邪魔しましたが、評価は変わりませんでした。大炎上で大変でした。まずいものはまずい。どうして素直な感想を言うと怒られるのか。情報を食べるのではなく、自分の感性で判断する世の中がいいなあ。


関連ランキング:カフェ | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅