かねます/勝どき

銀座しまだを酷評してしまいました。文句ばっか言っててもアレなんで、あと数千円足せば段違いに美味しい立ち飲み屋を今回はご紹介。勝どきの再開発でできあがったでっかいマンションの1Fに入ってる、元祖高級立ち飲み屋。エルブジのフェラン・アドリアが来日した際に、ミシュラン三ツ星の和食店を差し置いて真っ先に訪れたお店ということで一躍有名になりました。
 酒はハイボールとビンビールと黒生と日本酒のみという、潔いセレクション。普通の生ビールが無くて黒生が置いてある店は私の知る限り、ここだけです。濃いことで有名なハイボールを注文。確かに他店より2倍ぐらい濃いと思う。ちなみにハイボールなら恵比寿のバーマーサというバーが美味しいですよ。氷が入ってないハイボールです。新鮮。
 蒸しアワビ。ちゃんとしたアワビである。旨し。
 ウニの牛肉巻き。なんですかこのレアルマドリードみたいな組み合わせ。美味しくないわけがない。ずるい。反則すぎる。
 箱寿司。寿司というものの、ごはんは申し訳程度にうすーく敷かれているだけで、殆ど海鮮盛り合わせ状態。エビが特に良かった。
アナゴ焼いたやつ。うまーい。

さて、これだけ食べて飲んで、7,700円。立ち食い30分一本勝負!みなさんどう思われますか?ちょっと割高かなあと私は感じました。味は間違いなく美味しいので文句は無いのです。ただ、私は育ちの良いロマンティックな人間なので、タバコをスパスパ吸ってるおっちゃんとギュウギュウ詰めで立ち食いとかやっぱ苦手。雰囲気の良いお店でゆっくり食べたいです。



関連記事
和食は料理ジャンルとして突出して高いです。「飲んで食べて1万円ぐらいでオススメの和食ない?」みたいなことを聞かれると、1万円で良い和食なんてありませんよ、と答えるようにしているのですが、「お前は感覚がズレている」となぜか非難されるのが心外。ほんとだから。そんな中でもバランス良く感じたお店は下記の通りです。
黒木純さんの著作。「そんなのつくれねーよ」と突っ込みたくなる奇をてらったレシピ本とは異なり、家庭で食べる、誰でも知っている「おかず」に集中特化した読み応えのある本です。トウモロコシご飯の造り方も惜しみなく公開中。彼がここにまで至るストーリーが描かれたエッセイも魅力的。